芥川賞のすべて・のようなもの
第3回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

鶴田知也
Tsuruta Tomoya
生没年月日【注】 明治35年/1902年2月19日~昭和63年/1988年4月1日
受賞年齢 34歳5ヵ月
経歴 福岡県小倉市(現・北九州市)生まれ。福岡県立豊津中学校(現・育徳館高校)卒。全国各地を転々とし、昭和2年/1927年より『文芸戦線』同人。民主主義運動等に加わる。太平洋戦争後、日本社会党に入党。
受賞歴・候補歴
  • 第3回芥川賞(昭和11年/1936年上期)「コシャマイン記」
  • 第4回小学館児童出版文化賞(昭和30年/1955年)『ハッタラはわが故郷』
個人全集 『鶴田知也作品集』(昭和45年/1970年12月・新時代社刊)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第3受賞  一覧へ

「コシャマイン 記」(『小説』昭和11年/1936年2月号)
媒体・作品情報
誌名 「小
巻号 第1巻 第2号  別表記2月号
作品名 別表記 「コシヤマイン
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和11年/1936年1月25日 発行 昭和11年/1936年2月1日
発行者等 編輯兼発行印刷人 伊藤永之介 印刷所 辻印刷所(東京市)
発行所 歩行社(東京市)
総ページ数 64 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
32字
×23行
×2段
本文ページ
  • 30~47
  • 63~63
(計19頁)
測定枚数 63
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号
>>昭和11年/1936年10月・改造社刊『コシヤマイン記』所収
>>昭和13年/1938年7月・書物展望社刊『芥川賞全集 第3巻』所収
>>昭和15年/1940年10月・朱雀書林刊『芥川賞全集1』所収
>>昭和24年/1949年6月・小山書店刊『芥川賞全集 第1巻』所収
>>昭和27年/1952年7月・河出書房刊『現代日本小説大系 第55巻 昭和10年代10』所収
>>昭和31年/1956年12月・河出書房刊『現代日本小説大系 第57巻 昭和10年代10』所収
>>昭和33年/1958年3月・筑摩書房刊『現代日本文学全集87 昭和小説集(二)』所収
>>昭和40年/1965年4月・現代芸術社刊『芥川賞作品全集 第1巻』所収
>>昭和44年/1969年4月・講談社刊『日本現代文学全集105 現代名作選1』所収
>>昭和45年/1970年1月・集英社刊『日本文学全集88 名作集3』所収
>>昭和45年/1970年9月・中央公論社刊『日本の文学79 名作集3』所収
>>昭和45年/1970年12月・新時代社刊『鶴田知也作品集』所収
>>昭和48年/1973年3月・筑摩書房刊『現代日本文学大系91 現代名作集1』所収
>>昭和49年/1974年☆月・中央公論社刊『日本の文学79 名作集3』[アイボリーバックス]所収
>>昭和50年/1975年6月・集英社刊『日本文学全集88 名作集3』[豪華版]所収
>>昭和51年/1976年4月・家の光協会刊『土とふるさとの文学全集9 歴史の視野』所収
>>昭和51年/1976年5月・みやま書房刊『コシャマイン記』所収
>>昭和55年/1980年5月・講談社刊『日本現代文学全集105 現代名作選1』[増補改訂版]所収
>>昭和55年/1980年11月・立風書房刊『北海道文学全集 第11巻 アイヌ民族の魂』所収
>>昭和57年/1982年2月・文藝春秋刊『芥川賞全集 第1巻』所収
>>昭和58年/1983年7月・立風書房刊『日本文学の中の<北海道>』所収
>>平成5年/1993年7月・ぎょうせい刊『ふるさと文学館 第1巻 北海道』所収
>>平成7年/1995年5月・筑摩書房刊『新・ちくま文学の森9 たたかいの記憶』所収
>>平成21年/2009年4月・講談社/講談社文芸文庫『コシャマイン記・ベロニカ物語』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 鶴田知也 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
菊池寛
男47歳
8 「一番「コシャマイン記」に感心した。」「古いとか新しいとか云う事を離れて、立派な文学的作品であると思った。」「殆んど満場一致で入選したことは、嬉しかった。」
佐藤春夫
男44歳
4 「古朴な筆致の取材の悲痛なのと相俟って異彩のある文学をなしているのを喜ばしく思う。結末の期待に反して事もなく敗北するあたりなども味が長い。」
小島政二郎
男42歳
6 「このエピックと、文体とがよく一致していて、素朴愛すべき調子を出している。そこに美しさを感じた。」「この作品が群を抜いている。」
川端康成
男37歳
2 「二篇入賞ならば、(引用者中略)先ず選びたい。」
室生犀星
男47歳
12 「この哀れな歴史のやうな物語は今どきに珍しい自然描写などもあり、何か、むくつけき抵抗しがたいものに抵抗してゐるあたり、文明と野蛮とのいみじい辛辣な批判がある。」「委員諸氏の推せんせられた各作家を通じて最も小説的に傑れたものであることを信じる。」「小喧しく云はずに推す。」
瀧井孝作
男42歳
3 「筋書のような感じもするが、昔風の史話として面白い作だと思う。」
佐佐木茂索
男41歳
2 「面白かった。鴎外の或種の翻訳物を読む感じがあった。」
選評出典:『芥川賞全集 第一巻』昭和57年/1982年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和11年/1936年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ