芥川賞のすべて・のようなもの
第125回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/8/6

清水博子
Shimizu Hiroko
このページの情報は「直木賞のすべて」内の「大衆選考会-推薦候補作家の群像 清水博子」と同じものです。
生没年月日【注】 昭和43年/1968年6月2日~平成25年/2013年10月10日
経歴 北海道旭川市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第125回候補  一覧へ

しょほうせん
処方箋」(『すばる』平成13年/2001年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「すばる」  別表記奥付 「昴」併記
巻号 第23巻 第6号  別表記6月号/6月特大号
印刷/発行年月日 発行 平成13年/2001年6月1日
発行者等 編集者 片柳 治 発行者 狩野伸洋 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社集英社(東京都)
総ページ数 400 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×25行
×2段
本文ページ 136~192
(計57頁)
測定枚数 178
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成13年/2001年8月・集英社刊『処方箋』
>>平成17年/2005年2月・集英社/集英社文庫『処方箋』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 清水博子 女33歳
選考委員 評価 行数 評言
河野多恵子
女75歳
0  
石原慎太郎
男68歳
0  
古井由吉
男63歳
0  
宮本輝
男54歳
4 「粘着力のある文章だが、三行で済むことを十枚も書いてはいけない。」
日野啓三
男72歳
0  
池澤夏樹
男56歳
3 「ぼくも(引用者中略)『処方箋』に対して、共感なきまま技術的な批判をした。」
三浦哲郎
男70歳
0  
村上龍
男49歳
0  
黒井千次
男69歳
3 「精神の病いの向うに何かを見たいのに、それが現れぬもどかしさを感じる。」
選評出典:『芥川賞全集 第十九巻』平成14年/2002年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成13年/2001年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



『カギ』(平成17年/2005年4月・集英社刊)
大衆選考会 133回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
千駄木 平成17年/2005年6月23日 昨今、ブログなどのネット日記が大人気となっているが、そのネット日記を通じて、実生活で近い関係にあるもの同士が、間接的に互いの生活を干渉しあうという、新しい素材を料理した作品。谷崎潤一郎の諸作品に対するオマージュもあり、阪神エリアの風土も満喫できる一作。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第134回候補  一覧へ
「vanity」(『新潮』平成17年/2005年10月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「今年101年目の文芸誌」「THE SHINCHO MONTHLY」併記
巻号 第102巻 第10号  別表記10月号/1209号
印刷/発行年月日 発行 平成17年/2005年10月1日
発行者等 編集兼発行者 矢野 優 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 420 表記上の枚数 表紙・背・目次 170枚 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×26行
×2段
本文ページ 6~58
(計53頁)
測定枚数 176
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成18年/2006年2月・新潮社刊『vanity』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 清水博子 女37歳
選考委員 評価 行数 評言
河野多恵子
女79歳
0  
石原慎太郎
男73歳
0  
山田詠美
女46歳
3 「どうせなら、もっとあざといまでに虚飾(ルビ:ヴァニティ)を極めて欲しかった。」
村上龍
男53歳
0  
宮本輝
男58歳
0  
黒井千次
男73歳
3 「(引用者注:「どうで死ぬ身の一踊り」と共に)特色はあっても冗長の感を拭えない。」
高樹のぶ子
女59歳
0  
池澤夏樹
男60歳
0  
選評出典:『文藝春秋』平成18年/2006年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ