芥川賞のすべて・のようなもの
第142回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

藤代泉
Fujishiro Izumi
生没年月日【注】 昭和57年/1982年☆月☆日~
経歴 栃木県生まれ。筑波大学第一学群人文学類卒。広告代理店勤務を経たのち、平成21年/2009年に文藝賞を受賞。
受賞歴・候補歴
  • 第46回文藝賞(平成21年/2009年)「ボーダー&レス」
  • |候補| 第142回芥川賞(平成21年/2009年下期)「ボーダー&レス」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第142回候補  一覧へ
「ボーダー&レス」(『文藝』平成21年/2009年冬季号[11月])
媒体・作品情報
誌名 「文藝」  別表記「ブンゲイ」「bungei」併記
巻号 第48巻 第4号  別表記冬季号/冬/winter
印刷/発行年月日 発行 平成21年/2009年11月1日
発行者等 編集人 吉田久恭 発行人 若森繁男 印刷人 北島義俊 印刷 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社河出書房新社(東京都)
総ページ数 (368) 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×20行
×2段
本文ページ 226~295
(計70頁)
測定枚数 207
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成21年/2009年11月・河出書房新社刊『ボーダー&レス』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 藤代泉 女27歳
選考委員 評価 行数 評言
池澤夏樹
男64歳
2 「(引用者注:「犬はいつも足元にいて」「ミート・ザ・ビート」と共に)青春=生活路線」
小川洋子
女47歳
20 「(引用者注:「ビッチマグネット」と共に)語り手たちはなぜか、肝心なところにくると自問をはじめる。(引用者中略)この自問の繰り返しが私には受け入れがたかった。問い掛けの声の響きには、書き手として、どこか甘えがあると思う。」
石原慎太郎
男77歳
8 「今一つ問題の核心に触れてこない。作品中しきりに吸われる煙草もいかなるメタファなのかよくわからない。
高樹のぶ子
女63歳
0  
黒井千次
男77歳
40 「最も強い読後感を与えられた」「テーマの重さと、それに愚直なまでに対決しようとする姿勢に注目した。」「隠されがちな歴史的課題ともいえるものの一つを、現在の光のもとに描こうとしている点に新鮮さを感じた。」「ただ、主人公の女性に対する甘えと身勝手は、どこかで「在日」の趙成佑に対する態度と重なるところがある筈なのに、それが平行線のまま終っているのは残念である。」
宮本輝
男62歳
8 「作者の才を感じさせるが、主人公と在日韓国人の友だちとの関係に血肉がない。(引用者中略)だが、材に恵まれれば、もっといいものが書ける人だと思う。」
山田詠美
女50歳
22 「主人公の頼りない、けれども確固たるNGとOKのはざまにある価値観のラインを、丁寧に描いている。」「しかしながら、若い世代の新しい在日の価値観を提示したとまでは思わない。〈ただ自分の塗られた色を見つめ続けるソンウの孤独〉などと思ってしまう日本人の主人公はステレオタイプで、またもや、手っ取り早く「文学的」だなあ、と呆気に取られたのでした。」
村上龍
男57歳
0  
川上弘美
女51歳
12 「作者が作中の人物たちに選ばせた距離のとりよう。そのとりようを表現する作中のさまざまなやりかたが、とても洗練されていました。でも洗練は、ちょっとこわい。作者にそのつもりがなくとも、小説の中のものごとが二項対立的にみえてしまうことがあるからです。」
選評出典:『文藝春秋』平成22年/2010年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ