芥川賞のすべて・のようなもの
第145回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

水原涼
Mizuhara Ryo
生没年月日【注】 平成1年/1989年☆月☆日~
経歴 北海道大学文学部在学中。
受賞歴・候補歴
  • 第112回文學界新人賞(平成23年/2011年)「甘露」
  • |候補| 第145回芥川賞(平成23年/2011年上期)「甘露」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第145回候補  一覧へ

かんろ
甘露」(『文學界』平成23年/2011年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第65巻 第6号  別表記6月号
印刷/発行年月日 発行 平成23年/2011年6月1日
発行者等 編集人 舩山幹雄 発行人 明円一郎 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 328 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×25行
×2段
本文ページ 46~77
(計32頁)
測定枚数 103
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 水原涼 男21歳
選考委員 評価 行数 評言
小川洋子
女49歳
9 「もっとおぞましい小説であってほしかった。二度とこんな小説、読みたくないと思わせるほどのおぞましさが必要だった。」
山田詠美
女52歳
17 「どうにもこうにも擁護しようのない理解不能の比喩や描写が続出。これだけグロテスクなエピソードを扱うなら、もっと文章力を身に付けないと。あなたが純文学らしいと思っているものは、おおいなる錯覚。」
石原慎太郎
男78歳
8 「田舎の平凡で古い家での父親と心に障害を持つ姉との近親相姦を描いているが、古い家でのこうした深刻な閉ざされた劇の、主人公を含めて周囲の家族への余波が全く感じられないのはどういうことか。」
黒井千次
男79歳
7 「近親相姦の問題に足をすくわれて小説が崩れている。」
宮本輝
男64歳
5 「父子相姦というものを単なる小道具として使っていて、書き手の魂胆に不潔なものを感じた。」
高樹のぶ子
女65歳
10 「描かれる家族とその関係に、いまひとつ陰影が無く、こういう素材は妖しく湿潤な文体が必要だが、比喩表現において持って回った言い方ばかりが目立ち、匂いや色を伝えてこなかった。」
池澤夏樹
男66歳
0  
島田雅彦
男50歳
7 「(引用者注:石田千と共に)それぞれ自身が獲得したスキルのバージョンアップを図り、描く対象への感情的踏み込みと批評的突き放しのヒット・アンド・アウェイを徹底させれば、吉。」
村上龍
男59歳
0  
川上弘美
女53歳
7 「何かを鮮明に描こうとして、描ききれなかったのではないか、という印象を持ちました。とても明確なふうに書いているのに、どこかに靄がかかっている。」
選評出典:『文藝春秋』平成23年/2011年9月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ