芥川賞のすべて・のようなもの
第24回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

伊賀山昌三
Igayama Shozo
生没年月日【注】 明治36年/1903年3月19日~昭和31年/1956年5月12日
経歴 別筆名=伊賀山精三。秋田県能代生まれ。専修大学附属商卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第24回芥川賞(昭和25年/1950年下期)「最後の人」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第24回候補  一覧へ

さいご ひと
最後の 人」(『文學界』昭和25年/1950年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編輯」併記
巻号 第4巻 第9号  別表記9月号
副題等 本文 「――東山裕之氏の日記――」
印刷/発行年月日 印刷 昭和25年/1950年8月20日 発行 昭和25年/1950年9月1日
発行者等 編輯人 鈴木 貢 発行人 池島信 印刷人 中田末男 印刷所 ダイヤモンド印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
総ページ数 164 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×24行
×2段
本文ページ 63~82
(計20頁)
測定枚数 61
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 伊賀山昌三 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男46歳
5 「日記体であることが不満だった。小説にして作者が苦しむべきところを器用にボロを出さずにまとめている。それが日記という形式のせいだと思われて、残念であった。」
石川達三
男45歳
4 「末尾にやや足りないものを私は感じはしたが、思考の幅がひろくて、これだけの素材を処理した手腕は相当なものだと思った。」
岸田國士
男60歳
7 「日記の形式で、一人の時代的な意味をもった人物の典型がなかなか巧妙に捉えられ、とくに、その人物の批判を透して、作者の背骨というようなものがはっきり感じられる好もしい短篇である。」「内容手法ともに、もっと新味がほしい。」
瀧井孝作
男56歳
9 「なかなかうまい小説で、日記の筆致がその年輩の人らしい教養と落着のうかがわれる文章で、これは大した手腕だと思いました。」「この人は、技法も、あの手この手を出す人のように思われて、尚もっと読んでみてからの方がよかろう、と考えられました。」
宇野浩二
男59歳
6 「新聞の三面記事(俗にトク種という記事)から思いついて書いたものらしいが、ところどころほんのちょっとうまいところがあるけれど、おわりの方で腕(つまり、才能)のないことを暴露した、未だし未だしである。」
佐藤春夫
男58歳
0  
舟橋聖一
男46歳
5 「この人の戯曲には、いいものがある。旧「劇作」の時代から、私は、愛読している。もう一息、粘ると、劇作家として成功するのではないか。その方が、伊賀山氏としては、本筋だろう。」
川端康成
男51歳
0  
坂口安吾
男44歳
4 「予選通過の作品らしいものは「最後の人」だけだろうと私は思った。この作品の文章には感心した。いかにも老人の文章をかきこなしている手腕凡庸ではない。だが作品として賞に値する名作とはいえない。」
選評出典:『芥川賞全集 第四巻』昭和57年/1982年5月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和26年/1951年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ