芥川賞のすべて・のようなもの
第29回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/4/29

石濱恒夫
Ishihama Tsuneo
生没年月日【注】 大正12年/1923年2月24日~平成16年/2004年1月9日
経歴 大阪府大阪市出身。東京大学文学部卒。川端康成に師事する。作詞、翻訳など数多い。従兄に作家の藤沢桓夫がいる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第29回芥川賞(昭和28年/1953年上期)「らぷそでい・いん・ぶるう」
  • 大阪芸術賞[文芸](昭和60年/1985年)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第29回候補  一覧へ
「らぷそでい・いん・ぶるう」(『文學雑誌』20号[昭和28年/1953年4月])
媒体・作品情報
誌名 「文學雑誌」  別表記表紙 「文學雜誌」 奥付 「文学雑誌」
巻号 第20号
作品名 別表記 表紙兼目次 「らぷそでい・いん・ぶるう」 本文 「らぷそでぃ・いん・ぶるぅ」
印刷/発行年月日 印刷 昭和28年/1953年4月15日 発行 昭和28年/1953年4月20日
発行者等 編集発行人 長沖 一 印刷人 若葉幸嗣 印刷所 丸和出版印刷株式会社(神戸市)
発行所 文学雑誌発行所(芦屋市)
総ページ数 106 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
25字
×23行
×2段
本文ページ 58~106
(計49頁)
測定枚数 138
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 石濱恒夫 男30歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男48歳
0  
宇野浩二
男61歳
8 「「困りもの」だ。」「読むのに、ほとほと持て余した。」
石川達三
男48歳
0  
佐藤春夫
男61歳
0  
岸田國士
男62歳
3 「計劃された文体の効果は惜しくも的を外れている。新しくと努力しただけ古く見えるような誤算に満ちた作品である。」
瀧井孝作
男59歳
4 「第一章は、何かふくざつな濃い味があって面白かったが、第二章以下は、又余りにさばさばしたもので、潤いがなく感興も淡かった。」
舟橋聖一
男48歳
6 「今回の最年少で、安岡よりも若い。小説は達者になりそうだが、多発的な好奇心が、まだ整頓されていないので、形式も素材も、半煮えで且つお粗末である。」
坂口安吾
男46歳
0  
川端康成
男54歳
4 「才能の豊かな作家と考えている。」「その曲の構成に倣ったのであろうか。材料を多く書きこみ過ぎ、工夫を凝らし過ぎたかもしれない。」
選評出典:『芥川賞全集 第五巻』昭和57年/1982年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和28年/1953年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ