芥川賞のすべて・のようなもの
第46回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/4

久保輝巳
Kubo Terumi
生没年月日【注】 昭和3年/1928年3月15日~
経歴 宮崎県都城市生まれ。慶應義塾大学図書館学科卒。図書館員を務める。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第46回芥川賞(昭和36年/1961年下期)「海の屑」
  • 第14回文學界新人賞[佳作](昭和37年/1962年)「栞の秋」
  • |候補| 第47回芥川賞(昭和37年/1962年上期)「白い塑像」
  • |候補| 第48回芥川賞(昭和37年/1962年下期)「こどもの国」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第46回候補  一覧へ

うみ くず
海の 屑」(『群青派』4号[昭和36年/1961年7月])
媒体・作品情報
測定媒体 『文學界』昭和36年/1961年10月号
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編集」併記
巻号 第15巻 第10号  別表記10月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和36年/1961年9月20日 発行 昭和36年/1961年10月1日
発行者等 編集兼発行人 小林米紀 印刷人 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
総ページ数 238 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×25行
×2段
本文ページ 215~231
(計17頁)
測定枚数 62
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『文學界』昭和36年/1961年10月号再録
>>昭和53年/1978年4月・皆美社刊『海の屑』所収
>>平成6年/1994年12月・ぎょうせい刊『ふるさと文学館 第52巻 宮崎』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 久保輝巳 男33歳
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男67歳
3 「素直な筆だが、まだ淡いようだ。文学にキツイ冴えが出るのを待つ。」
石川達三
男56歳
0  
中村光夫
男50歳
7 (引用者注:「解禁」「めじろ塚」「海の屑」は)みなそれぞれにいい気になっていて、それが作品に生きていない感じです。素朴で細工のない「海の屑」が一番気持よく読めるのはそのせいでしょう。」
丹羽文雄
男57歳
0  
永井龍男
男57歳
6 「成長期にある中学生の眼が、まっすぐ一篇を貫いている。夾雑物がなく、候補作中私の一番好きな作品だったが、序章という感じが残らないではない。」
舟橋聖一
男57歳
0  
井上靖
男54歳
5 「少年から青年への移行期のナイーブな気持がよく描けていて、教師との関係も厭味なく、総じて好感の持てる作品であった。」
井伏鱒二
男63歳
2 「問題になりそうだと思ったものを三つ(引用者注:「海の屑」「鯨神」「解禁」)選んでみた。」
佐藤春夫
男69歳
3 「いかにも少年の作らしい純朴に好意の持てるもの」「ただそれだけの消極的な価値で多く論ずるには足りなかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和37年/1962年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第47回候補  一覧へ

しろ そぞう
白い 塑像」(『龍舌蘭』22号[昭和37年/1962年4月])
媒体・作品情報
測定媒体 昭和53年/1978年4月・皆美社刊『海の屑』
形態 四六判 上製
総ページ数 299 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×16行
×1段
本文ページ 103~144
(計42頁)
測定枚数 63
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和53年/1978年4月・皆美社刊『海の屑』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 久保輝巳 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男51歳
0  
瀧井孝作
男68歳
4 「この人のものは、前回の予選作「海の屑」の方が未だしもよかったが。」
石川淳
男63歳
0  
永井龍男
男58歳
0  
石川達三
男57歳
0  
舟橋聖一
男57歳
0  
井上靖
男55歳
3 「前作の印象が残っていて、期待して読んだが、前作の持ったきらきらした青春の輝きはなかった。」
井伏鱒二
男64歳
0  
丹羽文雄
男57歳
0  
川端康成
男63歳
0  
高見順
男55歳
3 「後日を待ちたい気持」「「海の屑」の方が、できがよかった。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和37年/1962年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第48回候補  一覧へ

くに
「こどもの 国」(『文學界』昭和37年/1962年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編集」併記
巻号 第16巻 第9号  別表記9月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和37年/1962年8月20日 発行 昭和37年/1962年9月1日
発行者等 編集兼発行人 小林米紀 印刷人 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
総ページ数 246 表記上の枚数 目次 100枚 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×25行
×2段
本文ページ 214~238
(計25頁)
測定枚数 99
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和53年/1978年4月・皆美社刊『海の屑』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 久保輝巳 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男68歳
3 「軽いものだが、同人雑誌小説のうまい程度だろう。」
石川達三
男57歳
0  
高見順
男55歳
2 「前作と全く違う印象なのが私には意外だった。」
中村光夫
男51歳
5 「三度の登場だけに、たしかな力倆は感じられますが、いずれも前の作品と同じところで、あるいはそれより下で低徊している風なのは歯がゆい気がします。」
石川淳
男63歳
0  
舟橋聖一
男58歳
6 「道徳とか良心とかをまるで別扱いにして、故意に無関心のようなのは面白い。然し、小説の終りへ来て、ハンケチを川へ投げてみたり、ネズミを焼いてみたりして、精々小道具を使う割に、効果が出ない。」
川端康成
男63歳
0  
丹羽文雄
男58歳
4 「文章にまったく神経を使わない例」「もっと書きようがあったはずだ。最後まで面白く読んだだけに、惜しいと思った。」
井上靖
男55歳
0  
永井龍男
男58歳
4 「おもちゃ箱の中で、こわれた人形が遊んでいるような印象をうけた。もっともそういう風に意図して書いたら、もっと別の作品が出来たであろう。」
選評出典:『芥川賞全集 第六巻』昭和57年/1982年7月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和38年/1963年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ