芥川賞のすべて・のようなもの
第53回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/5/25

清水幸義
Shimizu Kogi
生没年月日【注】 大正14年/1925年☆月☆日~平成27年/2015年10月6日
経歴 大阪府生まれ。京都大学法学部卒。高校教諭を務める。昭和34年/1959年~平成26年/2014年まで『VIKING』同人。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第53回芥川賞(昭和40年/1965年上期)「十津川」
  • |候補| 第27回毎日出版文化賞(昭和48年/1973年)『紀行西南の役』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第53回候補  一覧へ

とつがわ
十津川」(『VIKING』173号[昭和40年/1965年4月])
媒体・作品情報
誌名 「VIKING」  別表記表紙 「VIKING CLUB 神戸・東京」併記
巻号 第173号/第19巻 第4号
印刷/発行年月日 発行 昭和40年/1965年4月30日
発行者等 編集人 北川荘平 発行人 桑原 昭 印刷人 本 伍郎(神戸刑務所)(明石市)
発行所 VIKING CLUB(桑原方)(芦屋市)
総ページ数 90 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 2~21
(計20頁)
測定枚数 69
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 清水幸義 男(40歳)
選考委員 評価 行数 評言
石川達三
男60歳
13 「私は最初から「十津川」と「剣ヶ崎」を推すつもりだった。当選二人でもいいと考えていた。」「文章は堅実で規格正しく、地味ではあるが信用できる。色気ぬき(原文傍点)で是だけの作品を書けるのは立派だ。当選作として大衆受けはしないが、この地道な努力は買うべきだと思った。」「この作品と当選作「玩具」とをくらべて、どちらに作品の幅、大きさ、匂い、文章の緊密さ、味わいの深さを感じるだろうか。」
丹羽文雄
男60歳
0  
瀧井孝作
男71歳
3 「小説にも紀行にも程遠い、これは平凡な筆だ。」
高見順
男58歳
9 「小説というより紀行文だとニベもなく言ってしまえない、何か心をひかれるものがあった。同時にそこに不満もまつわっている。」「語り手の「私」が無色透明なのもあじけなく、同じ意味で文章もまたもうすこし個性的であることが望まれる。」
石川淳
男66歳
0  
井上靖
男58歳
0  
中村光夫
男54歳
4 「しっかりした筆で、気持よく読めますが、(引用者中略)紀行文の形をとった小説と見るには工夫がたりません。」
永井龍男
男61歳
2 「小説という意図のもとに書かれたかどうか。その辺があいまいに感じられた。」
舟橋聖一
男60歳
0  
川端康成
男66歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第七巻』昭和57年/1982年8月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和40年/1965年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ