芥川賞のすべて・のようなもの
第6回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

大鹿卓
Oshika Taku
生没年月日【注】 明治31年/1898年8月25日~昭和34年/1959年2月1日
経歴 本名=大鹿秀三(ヒデゾウ)。愛知県海部郡津島町生まれ。京都帝国大学経済学部中退、秋田鉱山専門学校卒。化学教師を務めながら詩を書く。兄に詩人の金子光晴がいる。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第6回候補  一覧へ

たんこうにっき
探鉱日記」(『中央公論』昭和12年/1937年9月号)その他
媒体・作品情報
誌名 「中央公論」  別表記表紙 「THE CENTRAL REVIEW」併記
巻号 第52年 第9号  別表記9月号
作品名 別表記 「探鑛日記」
総ページ数 578 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
52字
×19行
×1段
本文ページ 50~87
(計38頁)
測定枚数 82
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和14年/1939年2月・竹村書房刊『探鉱日記』所収
>>昭和16年/1941年11月・小学館刊『神楽歌』所収
>>昭和21年/1946年10月・湊書房刊『三つの恋』所収
>>昭和24年/1949年12月・白鳳書院刊『野蛮人』所収
>>平成13年/2001年9月・ゆまに書房刊『日本植民地文学精選集45 樺太編2 大鹿卓作品集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 大鹿卓 男39歳
選考委員 評価 行数 評言
川端康成
男38歳
4  
久米正雄
男46歳
11 「無条件で云えば、短篇では最も(引用者中略)感心した。」「併し此の三君(引用者注:大鹿卓、和田傳、中谷孝雄)の如き、一両年ならずして、いずれも将来文壇の中堅として、芥川賞などの必要なく、存在を続けて行くに違いない。」
室生犀星
男48歳
0  
横光利一
男39歳
0  
佐藤春夫
男45歳
0  
瀧井孝作
男43歳
0  
宇野浩二
男46歳
6 「『探鉱日記』も、『春の絵巻』も、別々の意味で、「今ひと息」という如き感がないであろうか。」
小島政二郎
男44歳
2 「心に残った。」
佐佐木茂索
男43歳
0  
菊池寛
男49歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第二巻』昭和57年/1982年3月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和13年/1938年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ