芥川賞のすべて・のようなもの
第72回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/23

梅原稜子
Umehara Ryoko
生没年月日【注】 昭和17年/1942年10月4日~
経歴 愛媛県生まれ。早稲田大学文学部卒。中央公論社編集者を経て、執筆活動を始める。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第72回候補  一覧へ

なつ いえ
夏の 家」(『新潮』昭和49年/1974年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第71巻 第9号  別表記9月号/835号
印刷/発行年月日 発行 昭和49年/1974年9月1日
発行者等 編集兼発行者 酒井健次郎 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 276 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 62~90
(計29頁)
測定枚数 86
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和50年/1975年8月・文藝春秋刊『掌の光景』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 梅原稜子 女32歳
選考委員 評価 行数 評言
丹羽文雄
男70歳
0  
吉行淳之介
男50歳
2 「おわりの三ページがよかった。」
大岡昇平
男65歳
2 「未熟だが、女性の生き方と感覚に新味があると思った。」
井上靖
男67歳
4 「授賞作二篇のほかでは、(引用者中略)書ききれていないことが残念ではあるが、たいへん野心的な主題と組んだ(引用者中略)「夏の家」(引用者中略)を採る。」
永井龍男
男70歳
0  
瀧井孝作
男80歳
0  
中村光夫
男63歳
3 「稚拙なところが目立ちますが、現代の女性心理の一面がおのずからでているところに或る素質が感じられ、次作を期待させます。」
舟橋聖一
男70歳
6 「男との曖昧な性関係を、アンニュイな感じで手際よくまとめている。」「アパートの引越しなど日常的な身辺のことになると、筆が鈍くなる。」
安岡章太郎
男54歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和50年/1975年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第73回候補  一覧へ

てのひら こうけい
掌の 光景」(『文學界』昭和50年/1975年4月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第29巻 第4号  別表記4月号
印刷/発行年月日 発行 昭和50年/1975年4月1日
発行者等 編集兼発行人 西永達夫 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 138~165
(計28頁)
測定枚数 83
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和50年/1975年8月・文藝春秋刊『掌の光景』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 梅原稜子 女32歳
選考委員 評価 行数 評言
井上靖
男68歳
0  
大岡昇平
男66歳
0  
瀧井孝作
男81歳
0  
中村光夫
男64歳
0  
永井龍男
男71歳
2 「正直に云って退屈だった。」
丹羽文雄
男70歳
25 「当選作を別にして、(引用者中略)興味をおぼえた。」「(引用者注:「暮色の深まり」と共に)女心を描いていた。単なる抒情的なものでなく、三十女の心情をえげつないほどに抉り出したものである。女というものの本性をこのように抉り出した作品は珍しい。」「文学的にはいろいろと難点を残しているが、倦怠期という概念で見すごしにせず、堂々とそれに挑んだのは、みごとである。」
舟橋聖一
男70歳
3 「前回作のほうが出来がよかった。」
安岡章太郎
男55歳
0  
吉行淳之介
男51歳
4 「作者の独断偏見の面白さが、前作に比べて薄い。」
選評出典:『芥川賞全集 第十巻』昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和50年/1975年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第75回候補  一覧へ

つる
蔓の 実」(『群像』昭和51年/1976年4月号)
媒体・作品情報
誌名 「群像」
巻号 第31巻 第4号  別表記4月特大号
印刷/発行年月日 印刷 昭和51年/1976年3月5日 発行 昭和51年/1976年4月1日
発行者等 編集人 橋中雄二 発行人 三木 章 印刷人 澤村嘉一 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都)
総ページ数 324 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 38~72
(計35頁)
測定枚数 99
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和55年/1980年1月・講談社刊『渚には風もなくて』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 梅原稜子 女33歳
選考委員 評価 行数 評言
吉行淳之介
男52歳
0  
丹羽文雄
男71歳
0  
中村光夫
男65歳
6 「注目しました。」「前の二作にくらべて、一種の余裕がでてきています。これが幅ひろい完成にたっするか、または緊張を失ってしまうか、いずれにせよ、この次あたりにくる筈の勝負所と期待します。」
井上靖
男69歳
0  
永井龍男
男72歳
0  
瀧井孝作
男82歳
4 「末尾の場面、庭で茂った蔓の郁子の実を二人して採って賞美する所は何となく佳かった。」
安岡章太郎
男56歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和51年/1976年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第90回候補  一覧へ

しこくやま
四国山」(『新潮』昭和58年/1983年11月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第80巻 第12号  別表記11月号/946号
印刷/発行年月日 発行 昭和58年/1983年11月1日
発行者等 編集兼発行者 坂本忠雄 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 340 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 184~205
(計22頁)
測定枚数 65
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和59年/1984年4月・講談社刊『文学1984』所収
>>昭和59年/1984年5月・新潮社刊『双身・四国山』所収
>>平成5年/1993年10月・ぎょうせい刊『ふるさと文学館 第44巻 愛媛』所収
>>平成11年/1999年8月・角川書店刊『女性作家シリーズ23 現代秀作集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 梅原稜子 女41歳
選考委員 評価 行数 評言
丸谷才一
男58歳
0  
中村光夫
男72歳
6 「最後まで論議の対象になった」
吉行淳之介
男59歳
0  
大江健三郎
男48歳
7 「技法のたくみさに、仕上りのそつのなさを加えて、(引用者中略)まとまりの良いものだが、これから仕事をはじめようという新作家の、華やぎ、輝きとは無縁なのでもある。」
遠藤周作
男60歳
7 「当選作にたいしてわずかの差で受賞できなかった」「やや古風だが、丁寧で観察が行きとどいて好感の持てる作品だった。それが受賞しえなかったのは、作品の持つ長所が逆に迫力のなさにもつながったためだが、運が悪かったとしか思えない。」
丹羽文雄
男79歳
0  
安岡章太郎
男63歳
5 「(引用者注:女流の作品の)なかでは、(引用者中略)短篇小説らしくまとまっていて、私は一応この作品を推してみたが、なにぶん文章に魅力がなく、欠点が無いということが、トリエが無いということになって、」
開高健
男53歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十三巻』平成1年/1989年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和59年/1984年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ