芥川賞のすべて・のようなもの
第76回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

神山圭介
Kamiyama Keisuke
生没年月日【注】 昭和4年/1929年8月☆日~昭和60年/1985年1月16日
経歴 本名=金子鉄磨(カネマロ)。神奈川県横浜市生まれ。東京大学文学部卒。在学中より雑誌『現代文学』に参加。卒業後、中央公論社に勤めるかたわら執筆活動を行う。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第76回芥川賞(昭和51年/1976年下期)「鴾色の武勲詩」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第76回候補  一覧へ

ときいろ ぶくんし
鴾色の 武勲詩」(『文學界』昭和51年/1976年9月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第30巻 第9号  別表記9月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「とき」
印刷/発行年月日 発行 昭和51年/1976年9月1日
発行者等 編集兼発行人 豊田健次 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 目次 220枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 30~103
(計74頁)
測定枚数 224
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和52年/1977年5月・文藝春秋刊『鴾色の武勲詩』所収
>>昭和59年/1984年8月・文藝春秋/文春文庫『鴾色の武勲詩』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 神山圭介 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男41歳
0  
丹羽文雄
男72歳
0  
安岡章太郎
男56歳
5 「(引用者注:「陽ざかりの道」「冬の光」と)甲乙つけ難い力量を感じさせる作品であるが、(引用者中略)主人公の兄、或いは妹との拘わりが不分明であるのは、作品をいちじるしく弱めていた。」
吉行淳之介
男52歳
2 「大もとの計算を謬った。力のある失敗作だから、次作を期待したい。」
中村光夫
男65歳
0  
遠藤周作
男53歳
0  
瀧井孝作
男82歳
0  
井上靖
男69歳
0  
永井龍男
男72歳
6 「敗戦時の特攻隊の転変について記述が過剰ではなかったか。点の入らぬラグビー試合を観戦しているような棘立ちをおぼえ、終章にいたって一息した。」
選評出典:『芥川賞全集 第十一巻』昭和57年/1982年12月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和52年/1977年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ