芥川賞のすべて・のようなもの
第14回
予選候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

青山光二
Aoyama Koji
このページの情報は「直木賞のすべて」内の「候補作家の群像 青山光二」と同じものです。
生没年月日【注】 大正2年/1913年2月23日~平成20年/2008年10月29日
経歴 兵庫県神戸市生まれ。東京帝国大学文学部卒。日本文芸著作権保護同盟会長。
受賞歴・候補歴
  • |予選候補| 第14回芥川賞(昭和16年/1941年下期)「海辺の人」
  • |予選候補| 第15回芥川賞(昭和17年/1942年上期)「師弟邂逅」
  • |候補| 第35回直木賞(昭和31年/1956年上期)「法の外へ」
  • |候補| 第54回直木賞(昭和40年/1965年下期)『修羅の人』
  • 第13回小説新潮賞(昭和41年/1966年)『修羅の人』
  • |候補| 第5回平林たい子文学賞[小説部門](昭和52年/1977年)「竹生島心中」
  • |候補| 第77回直木賞(昭和52年/1977年上期)「竹生島心中」
  • |候補| 第5回泉鏡花文学賞(昭和52年/1977年)『竹生島心中』
  • 第8回平林たい子文学賞[小説部門](昭和55年/1980年)『闘いの構図』
  • |候補| 第15回泉鏡花文学賞(昭和62年/1987年)『母なる海の声』
  • 勲四等旭日小綬章(平成10年/1998年)
  • 第29回川端康成文学賞(平成15年/2003年)「吾妹子哀し」
処女作 「杏花」(『文学者』昭和15年/1940年10月号)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第14回参考候補  一覧へ

うみべ ひと
海辺の 人」(昭和16年/1941年12月・通文閣刊『八つの作品』より)
媒体・作品情報
測定媒体 昭和30年/1955年12月・現代社/現代新書『海辺の人』
総ページ数 209 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
47字
×17行
×1段
本文ページ 7~55
(計49頁)
測定枚数 84
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和30年/1955年12月・現代社/現代新書『海辺の人』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 青山光二 男28歳
選考委員 評価 行数 評言
久米正雄
男50歳
0  
小島政二郎
男48歳
0  
川端康成
男42歳
0  
宇野浩二
男50歳
5 「妙に面白いところがあるが、その妙に面白いところが欠点である、というような、妙な小説である。」
佐藤春夫
男49歳
0  
瀧井孝作
男47歳
5 「人妻の家出の場面を描いた作で、この題材には腹を立てながら読んだ。実に愚かな葛藤を描いてあるが、一面人間の真実が描いてあると思った。」「この人には何か熱と力があるらしいと思った。」
佐佐木茂索
男47歳
0  
室生犀星
男52歳
0  
菊池寛
男53歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



芥川賞 第15回推薦候補  一覧へ

していかいこう
師弟邂逅」(『新創作』昭和17年/1942年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「新創作」
巻号 第4巻 第5号  別表記5月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和17年/1942年4月22日 発行 昭和17年/1942年5月1日
発行者等 編輯兼発行人 佐々木翠 印刷人 奈良直一 印刷所 常磐印刷株式会社(東京市) 編輯所 新創作編輯所(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市)
発行所 豐國社(東京市)
総ページ数 102 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
25字
×20行
×2段
本文ページ 57~72
(計16頁)
測定枚数 37
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 青山光二 男29歳
選考委員 評価 行数 評言
瀧井孝作
男48歳
0  
小島政二郎
男48歳
0  
室生犀星
男53歳
0  
横光利一
男44歳
0  
宇野浩二
男51歳
4 「ちょっとは面白いが、凡作である。」
川端康成
男43歳
0  
久米正雄
男50歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第三巻』昭和57年/1982年4月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




ほう そと
法の 外へ」(『文學界』昭和31年/1956年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編輯」併記
巻号 第10巻 第5号  別表記5月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和31年/1956年4月20日 発行 昭和31年/1956年5月1日
発行者等 編集人 尾關 榮 発行人 池島信 印刷人 長久保慶一 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 文藝春秋新社(東京都)
総ページ数 180 表記上の枚数 目次 90枚 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×25行
×2段
本文ページ 30~53
(計24頁)
測定枚数 87
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和31年/1956年9月・三笠書房刊『法の外へ』所収
>>平成2年/1990年11月・徳間書店/徳間文庫『極道』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
直木賞 直木賞 35回候補 一覧へ
候補者 青山光二 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男59歳
12 「すぐに交りのことに及んだりするキタナイもので、(引用者中略)僕は直木賞からは最初に除外する。」
吉川英治
男63歳
3 「「法の外へ」にも、意見は出たが、」
小島政二郎
男62歳
0  
井伏鱒二
男58歳
0  
川口松太郎
男56歳
0  
永井龍男
男52歳
0  
村上元三
男46歳
0  
大佛次郎
男58歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和31年/1956年10月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  奈良
登場人物
赤堀発子(寅吉の妻)
赤堀寅吉(専門博徒)
小葉田(土建請負業、発子と肉体関係)
赤堀寿美雄(発子の息子、大学生)





しゅら ひと
修羅の 人』(昭和40年/1965年11月・講談社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和40年/1965年11月15日(第1刷)
発行者等 発行者 野間省一 印刷所 豊国印刷株式会社 製本所 大製株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 永田 力
総ページ数 264 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
22字
×20行
×2段
本文ページ 3~264
(計262頁)
測定枚数 577
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和57年/1982年4月・光風社出版刊『修羅の人』
>>昭和59年/1984年11月・角川書店/角川文庫『修羅の人』
>>平成6年/1994年8月・徳間書店/徳間文庫『修羅一代』に改題
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
直木賞 直木賞 54回候補 一覧へ
候補者 青山光二 男52歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男68歳
14 「面白く、また楽に読んだ」「ただ、この世界の人々に一種のヒロイスムが感じられたのに躓き、もう一歩作家としてのメスを冷やかに入れて欲しかったと思う。」
海音寺潮五郎
男64歳
11 「調べの行きとどいた面白い読物であるが、作者が努力しているにかかわらず、主人公が英雄になって来る。」「文学としては未だしと、ぼくは思った。」
小島政二郎
男71歳
6 「前半面白く、後半つまらなかった。しかし、面白いこと、うまいことに掛けては、「黄土の奔流」と双峰だろう。但し、(引用者中略)文学だろうか。」
源氏鶏太
男53歳
21 「登場人物の描き方は、ワキ役に至るまでよく描きわけてあり、しかも、それぞれに魅力がある。」「惜しいところで選に洩れてしまった。しかし、実力十分であるし、今後に期待したい。」
村上元三
男55歳
7 「最後まで押したが、主人公と扱った世界が直木賞に向かない、という理由で反対され、わずかの差で破れた。しかし、この作家には大きな期待を寄せているし、次作を待ちたい。」
中山義秀
男65歳
7 「読み物としては(引用者注:「虜愁記」より)面白く、登場人物の姿態も鮮明であるが、文学的な味わいと抒情性からいえば「虜愁記」におよばない。」
木々高太郎
男68歳
20 「私はこれをとれない。よたもん、やくざの世界をよたもん、やくざとして書くのでは文学ではない。」
松本清張
男56歳
0  
今日出海
男62歳
10 「一番筆力もあるし、彼の長い文学修業というものが積み重なって一層危げのない人だろうと思う。」
川口松太郎
男66歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和41年/1966年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 所払い」「第二章 京浜工業地帯」「第三章 羽衣亭」「第四章 花会」「第五章 親分誕生」「第六章 兄弟盃」「第七章 仁義の絆」「第八章 伊之の暖簾」「第九章 相次ぐ紛争」「第十章 嵐を前に」「第十一章 裏面工作」「第十二章 三羽烏」「第十三章 決戦の時到る」「第十四章 非常配備」「第十五章 組長出撃」「第十六章 勝利の悲哀」「終章 手打式」
時代設定 場所設定
大正  東京~神奈川
登場人物
尾形菊治(土木請負業尾形組の親方)
桜田巌(通称ゴンさん、尾形組の世話役)
吉野徳一(佐々岡組の世話役、尾形の幼なじみ)
松枝(徳一の妹)
村上六治(尾形の弟分)
絹子(六治の妹、「羽衣亭」勤め)
柳五郎(佐々岡組の代人、のち親方、絹子に恋慕)





ちくぶしましんじゅう
竹生島心中」(『別冊文藝春秋』138号[昭和51年/1976年12月])
媒体・作品情報
誌名 「別册文藝春秋」
巻号 第138号  別表記新春特大号
印刷/発行年月日 発行 昭和51年/1976年12月5日
発行者等 編集兼発行人 豊田健次 印刷人 澤村嘉一 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 376 表記上の枚数 目次 200枚 基本の文字組
(1ページ当り)
29字
×25行
×2段
本文ページ 240~306
(計67頁)
測定枚数 230
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和52年/1977年4月・文藝春秋刊『竹生島心中』所収
>>平成10年/1998年12月・双葉社/フタバノベルス『竹生島心中』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
直木賞 直木賞 77回候補 一覧へ
候補者 青山光二 男64歳
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男58歳
13 「少し前半がながすぎた。後半にきて面白くなる。誠実な筆致はわかるが、そこまでつよくひきずってゆく力がよわい。」
今日出海
男73歳
16 「作家修業の長い青山光二氏の作品などは今回の候補作品では秀れていた。また作家としての腕もあり、その生活や人生観の特異性ではやはり魅力のある作家であり、作品だと思う。」
松本清張
男67歳
5 「これ(引用者注:「つゆ」)にくらべるとおなじ心中ものでも(引用者中略)やはり旧時代のものという感じをまぬがれ得なかった。」
司馬遼太郎
男53歳
0  
源氏鶏太
男65歳
10 「ひたむきに書き上げた労作であり、日露戦争の頃の時代色をよく描いていて青山氏の小説づくりのたしかさが出ていた。」
村上元三
男67歳
6 「衛戌病院の部分が長すぎる。古い作家歴を持っている人なのに、この作者は、読みやすい文章を書くということを忘れてしまったのだろうか。」
石坂洋次郎
男77歳
4 「私はこの作品とかぎらず、心中物が好きでないので、推さなかった。」
柴田錬三郎
男60歳
3 「(引用者注:「魔笛が聴こえる」「喜望峰」「マンハッタンのバラード」の方が)「竹生島心中」(青山光二)よりも、面白かった。」
川口松太郎
男77歳
10 「決定的作品がなくて困ったが、(引用者中略)一応推した。」「小説としては「竹生島心中」が首尾一貫していたが、それもやや古さが目立つ。」
選評出典:『オール讀物』昭和52年/1977年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「一」~「十六」
時代設定 場所設定
明治三十八年~三十九年  大阪~滋賀県
登場人物
菅野義市(歩兵上等兵伍長、負傷後に帰郷療養)
北角葵(白髪染店の独り娘、赤誠婦人会会員)
森栄之助(葵のいとこで許婚)
真壁年子(義市の親友の妹)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ