芥川賞のすべて・のようなもの
第1回
予選候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
マップ

候補作家の一覧へ
後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

内村直也
Uchimura Naoya
生没年月日【注】 明治42年/1909年8月15日~平成1年/1989年7月27日
経歴 本名=菅原実。東京市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。岸田國士に師事し、『劇作』同人。劇作、放送劇、戯曲翻訳を数多く手がける。
受賞歴・候補歴
  • |予選候補| 第1回芥川賞(昭和10年/1935年上期)「秋水嶺」
  • |候補| 第11回毎日出版文化賞(昭和32年/1957年)『ドラマトゥルギイ研究』
  • 第10回NHK放送文化賞(昭和33年/1958年度)
  • 第4回毎日芸術賞[放送部門](昭和37年/1962年度)「マラソン」の海外輸出・「煙立阿蘇外輪山」など
  • |候補| 第19回読売文学賞[戯曲賞](昭和42年/1967年)『内村直也戯曲集』
  • |候補| 第31回毎日出版文化賞(昭和52年/1977年)『築地座』(田村秋子・共著)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


芥川賞 第1回予選候補  一覧へ

しゅうすいれい
秋水嶺」(『劇作』昭和10年/1935年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「劇作」  別表記表紙 「演劇雜誌」併記
巻号 第4巻 第6号  別表記6月号
副題等 表紙 「(五幕)」
印刷/発行年月日 印刷 昭和10年/1935年5月26日 発行 昭和10年/1935年6月1日
発行者等 編輯兼発行者 菅原 卓 印刷所 駿河臺印刷所(東京市)
発行所 白水社(東京市)
総ページ数 127 表記上の枚数 編輯後記 166枚 基本の文字組
(1ページ当り)
55字
×20行
×1段
本文ページ 2~84
(計83頁)
測定枚数 196
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和15年/1940年8月・河出書房刊『現代戯曲 第5巻』所収
>>昭和26年/1951年7月・河出書房刊『現代戯曲選集 第3巻』所収
>>昭和30年/1955年11月・白水社刊『現代日本戯曲選集 第7巻』所収
>>昭和33年/1958年1月・筑摩書房刊『現代日本文学全集92 現代戯曲集』所収
>>昭和41年/1966年11月・白水社刊『内村直也戯曲集』所収
>>昭和61年/1986年8月・成瀬書房刊『秋水嶺』[限定版]
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 内村直也 男25歳
選考委員 評価 行数 評言
久米正雄
男43歳
0  
佐藤春夫
男43歳
0  
川端康成
男36歳
3 「予選に残した。」
山本有三
男48歳
0  
瀧井孝作
男41歳
0  
佐佐木茂索
男40歳
0  
菊池寛
男46歳
   
選評出典:『芥川賞全集 第一巻』昭和57年/1982年2月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和10年/1935年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要マップ || 候補作家の一覧へ次の回へ