同人雑誌評の記録
昭和29年/1954年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19541月号 評者 瀬沼茂樹 タイトル 同人雑誌評 総冊数70冊あまり
鈴木清和 (1) 「妻」 『白痴群』
豊田一夫 (1) 「白い俘虜」 『愛生』秋季文藝特集
島比呂志 (1) 「おとこ妻」
北山雪雄 (2) 「癌」 『文藝首都』
高橋有恒 (1) 「蔓草」 『現象』
香月徳男 (1) 「原画」 『作品』
- 「夜と人と」 『同志社文學』
岡部哲夫 (1) 「年輪」 『龍舌蘭』
相馬庸郎 (1) 「離郷」 『歯車』
染井寛一 (1) 「しゆうしやんぼーい」 『三河文藝』
堀川譚 (2) 「第三交響曲(「グァム島敗残記」の一部)」 『文學生活』
有馬頼義 (2) 「月光」
高橋彰一 (2) 「奇妙な関係」 『信天翁』
新井佐次郎 (1) 「普賢象」 『希望』
小島衛 (1) 「窓」 『地下水』
冬木好 (1) 「落日」 『駱駝』
奥野健男 (2) 「丹羽文雄論」評論 『早稲田文學』
鈴木幸夫 (1) 「堀辰雄抄」
- - 『gala』[詩誌]
- - 『アルビレオ』[詩誌]
- - 『時間』[詩誌]
- 「現代詩と新詩運動の立場」 『列島』
19542月号 評者 瀬沼茂樹 タイトル 同人雑誌評
小島信夫 (3) 「丹心寮教員宿舎」 『同時代』
曾野綾子 (4) 「鸚哥とクリスマス」 『三田文學』
和田芳恵 (2) 「老猿」
鬼頭恭而 (1) 「百日紅」 『一座』
秋本義勝 (1) 「間借り」 『文藝四季』
奥野数美 (1) 「追いつめられて」
秋庭武之 (1) 「保安要員」 『人間像』
土村伸 (1) 「白い蝶蝶・蕎麦の花」 『詩と眞實』
小寺正三 (1) 「狐客」 『大阪作家』
桑山裕 (1) 「裸の骨」 『壁』
蒲池観一 (1) 『石のいのち』詩集
神保光太郎 (1) 『青の童話』詩集
金井直 (1) 『金井直詩集』詩集
日野利春 (1) 『ひゞかぬもの』詩集
金井直 (1) 「街」 『薔薇科』
谷川俊太郎 (1) 「物音」「言葉」「遠さ」 『地球』[詩誌]
秋谷豊、扇谷義男
扇谷義男 (1) 「へまな媾曳」 『花』[詩誌]
長島三芳 (1) 「砂丘の上に」
蒲池観一、乾直恵
- 後記 『三田文學』
19543月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
富士正晴 (1) 「仮想VIKING50号記念祝賀講演会に於ける演説」 『VIKING』50号
東島敏夫 (1) 「青春の戯画」 『緑門』創刊号
安部通宏 (1) 「城のある風景」
堅分仲太郎 (1) 「罪業」 『omnis』創刊号
三上英也 (1) 「スタンダール・ノオト」評論
- - 『でいれったんと』
堀井更生 (1) 「猿人」 『冬濤』
津山昌 (1) 「白痴」エッセイ 『コスモス』2号
津山昌 (1) 「悲境」三幕物戯曲 『現代文藝』(コスモス改題)3号
吉村守 (2) 「長い棟の下にも」 『隊商』12集
織田隆一 (1) 「暗い水平線」 『九州作家』1月号
薗部一郎 (1) 「青い季節」 『水戸文學』10号
横原碇 (1) 「歳月」 『文學山河』12号
大橋正博 (1) 「短篇抄」 『信天翁』4号
志摩公夫 (1) 「海のトレモロ」遺稿 『文學無限』1月号
矢島進 (1) 「光と翳りと」 『文學基點』
佐々木基一 (1) 「作家凡庸主義」 『文學藝術』7号
小久保実 (1) 「私小説の問題」評論 『VILLON』8号
小久保実 (1) 「私小説と読者」評論 『文學思潮』10号
田口左衛 (1) 「鎖と眼と旗と」 『コギタンス』6号
榊田哲弘 (1) 「我が胸の底を流れるもの」
赤塚行雄 (1) 「モヤモタ期精神史」 『江古田文學』1月号
- 「内灘特集」 『北陸文學』5号
(無署名) (1) 「或る工作隊員の手記」ルポルタージュ
- - 『まつかわ』
浜野健三郎 (1) 「私版スサノオ紀」連載第一回 『文學者』1月号
千葉伸 (1) 「詞曲(ゆうから)
鬼生田貞雄 (2) 「黒い羊」完結 『作家』2月号
- - 『フィガロ』
- - 『麵麭』
- - 『環礁』
- - 『海』
19544月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
遠藤周作、服部達、など 「『近代文学』の功罪」座談会 『三田文學』3月号
日野啓三 (1) 「大審問官論」評論 『近代文學』3月号
宮崎恭司 (1) 「奇蹟」連載中 『草原』3号
大西一孝 (1) 「戦争と平和」未完 『東北山脈』9、10、11号
佐藤鉄章 (1) 「季節風の彼方に」 『北方文藝』9号
江波恵子 (1) 「村の歳末」
片岡繁男 (1) 「聖ジョワンの水」 『九州文學』2月号
玉塚跣 (1) 「濁った日の記録」 『九州作家』2月号
藤井重夫 (3) 「善界」 『文學十人』3号
水城顕 (2) 「不具の記憶」 『無名派』4号
斎藤武治 (1) 「暗い谷間」 『實存主義文學』3号
木下清 (1) 「青い空の下で」
- 巻頭言
田所泉 (1) 「この暗い雪雲の下に」ルポルタージュ 『ひとで』20号
黒井力 (1) 「頭の上」
倉本兵衛 (1) 「椅子の上の動物」 『くろおぺす』5号
- - 『日通文學』
- - 『國鐵文學』2号
- 編集後記 『東北山脈』11号
大川和子 (1) 「マルチン・ルーテル」戯曲 『新作品』6号
佐々木武観 (1) 「漁人」戯曲 『北海文學』1号
小松宏光 (1) 「慈善事業」戯曲 『文學1953年』2号
杉本春生、秋谷豊、唐川富夫、小野連司、松永伍一、など 「現代におけるリリシズムの問題」詩論 『地球』11号
浜田耕作 (1) 「怪談」 『近代文學』3月号
- - 『新創作』第三次2号
- - 『一派』1号
- - 『泥文學』1号
- - 『軌跡』1号
19545月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
松原元信 (1) 「或いは嘘かも知れない事件」 『塔』4号
平沼秋一 (1) 「沼底の神話」 『江古田文學』4月号
斯波信夫 (1) 「孤独の巣」 『文學者』3月号
見島正憲 (1) 「人間の芽」
三井節雄 (1) 「父と子」
村松定孝 (1) 「現代日本文学の課題」第一回
曾野綾子 (5) 「遠来の客たち」 『三田文學』4月号
井上光晴 (1) 「三号桟橋」 『近代文學』4月号
大橋幸人 (1) 「聖子と純子」 『文學生活』13号
有馬頼義 (3) 「成仏」
堀川潭 (3) 「肉体の復活期」
半沢良夫 (1) 「VENUS」
八匠衆一 (1) 「いま一つの世界」 『作家』4月号
豊田穣 (2) 「季節はずれの人人」連載第二回
小谷剛 (1) 「翼なき天使」連載第二回
稲垣足穂 (2) エッセイ
亀山巌 (1) 「南海物語」
川田禮子 (1) 「狐狸の里」 『九州作家』3月号
平山富美子 (1) 「袋小路」
黒田村三郎 (1) 「蔭の領域」
田代節子 (1) 「めでたい話」 『龍舌蘭』3月号
黒木淳吉 (2) 「晩秋の基地」
中山正道 (1) 「烏と鶯の唄」
白井光男 (1) 「未完の像」
上原和 (1) 「堀辰雄の文学」評論・連載第三回
大西昭夫 (1) 「文学の鬼伝説」評論 『千里山文學』3月号
- 特集「文藝映画」 『道標』5号
佐藤龍太 (1) 「青い絵」 『北方文學』2号
分銅志静 (1) 「朝あけ」 『秋田文學』11号
魚尾よくお (1) 「浮標」 『千代田文學』創刊号
- - 『熔岩地帯』春季号
- - 『酩酊船』2号
- - 『正午』創刊号
- - 『IOM』3月号[詩誌]
19546月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
西村直次郎 (1) 「少年時代十章」 『九州作家』4月号
石山滋夫 (5) 「火の壁」
斎木寿夫 (1) 「黒雨」 『作家』5月号
小俣恒四郎 (1) 「陥没地」
豊田穣 (3) 「季節はずれの人々」連載
小谷剛 (2) 「翼なき天使」連載
北杜夫 (1) 「幽霊」連載 『文藝首都』4月号
神津拓夫 (1) 「偏光」
中村信三 (1) 「夜の空」
安芸由夫 (2) 「処世の天才」
西山安雄 (1) 「父の病歴」 『文學藝術』8号
南良太郎 (1) 「後悔動物」 『現象』6号
古賀孝之 (1) 「愚かにされた人々」
井口泰次郎 (1) 「媒壁」 『日通文學』4月号
川上宗薫 (2) 「空隙」
増沢正博 (2) 「お米さん」
伊達弘邦 (1) 「向日葵と白壁」
粕谷栄久 (1) 「秋」
はら・てつし (1) 「牛飼村の人人」 『私鐵文化』春季号
吉村正巳 (1) 「赤い雪の降る夜」 『國鐵文藝年度賞作品集』第5回
重森直樹 (1) 「女の論理」
橋本幸男 (1) 「猫」
山内重昭 (1) 「雪の夜のえぴろうぐ」戯曲
木崎国二 (1) 「現代の恐怖」戯曲
岩場一夫 (1) 「虹の記録」戯曲
渡邊秋哉 (1) 「暗い岬の中から」
- - 『列島』3・5月合併号[詩誌]
中村信三 (1) 「階段」 『地標』創刊号
安田満 (1) 「蝙蝠館」
亀井勝一郎 (1) 「思いつくまま」エッセイ 『詩と眞實』創刊号
亀井斐子 (1) 長歌二篇
宮地佐一郎 (1) 「野中一族始末書」
東伸二 (1) 「或る筋書」 『OMNIS』2号
福島昭午 (1) 「施浴」 『人間像』29号
黒羽英二 (1) 「エア・ベースの近くで」 『Q』2号
北村鐵 (1) 「亡霊」
和芝明 (1) 「魔力」
白井更生 (1) 「赤い風車」 『無名派』5号
清水みつご (1) 「黒い蝶」 『GIVALA』3月号
- 「編集放記」
埴能理夫 (1) 「ペニアの神」 『意匠』4月号
堀田珠子 (2) 「砂の城」 『青銅時代』12号
龍文雄 (1) 「天皇の時間」未完 『再現』2号
長谷川寛 (2) 「胚芽」 『白痴群』6号
有吉佐和子 (1) 「落陽の賦」
伊達弘邦 (1) 「遙かなる歩み」
19547月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
- ジョセフィン・ベーカーについての文 『作家』6月号
- ジョセフィン・ベーカーについての文 『歯車』2号
荒木太郎 (3) 「堅田にて」 『文學者』5月号
岩波千城 (2) 「思想全集」
上坂高生 (1) 「新聞」
河原冬蔵 (1) 「狐狸」
正木啓二 (2) 「海の色」
竹田助雄 (1) 「焦土」 『文藝首都』5月号
坂三吉 (1) 「若い悪魔」
三宅一良 (1) 「金星台」
花井章太郎 (1) 「不就学生徒」 『作家』6月号
鎌原正巳 (2) 「土佐日記」 『文學草紙』47号
梶山季之 (3) 「実験都市」 『エスポワール』6月号
中田耕治 (2) 「われらの時代に」
宇留野元一 (1) 伊藤整『火の鳥』の批評 『現在』6号
- 編集後記
島尾敏雄 (1) 「地蔵の耳(「東北昔ばなし」)」
松島秀三 (1) 「日本近代文学の特異性」評論 『歯車』2号
山田昭夫 (1) 「広津和郎論」評論 『札幌文學』13号
仲塩徹也 (1) 「評論三篇」評論 『姫路文學』6月号
小島輝正 (1) 「巡査の話」 『くろおぺす』5月号
横山蘇光 (1) 「秘かな報酬」 『女人文藝』2号
志条みよ子 (1) 「ダリヤはあかし」
地引喜太郎 (2) 「消えない日」 『文學精神』2号
大西一孝 (2) 「戦争と平和」 『東北山脈』12号
村上笹雄 (1) 「マラッカ海点描」 『文脈』7号
島村泰喜 (1) 「青春片影」 『九州文學』5月号
林逸馬 (1) 「危険な娘」連載
飯尾憲士 (1) 「エルサレムの朝霧」 『東九州文學』2号
三樹春生 (1) 「赤道飛行」 『南日本文學』7号
江口榛一 (1) 寄稿 『明大文藝』5月号
江口榛一 (1) 寄稿 『駿臺文藝』創刊号
松原晃 (1) 「後の月」 『日通文學』5月号
加納正吉 (1) 「朝火事」
庄野秀 (1) 「薄日(うすれび)」 『新作品』7号
小畑迪雄 (1) 「転機」 『文學奔流』創刊号
明石重信 (1) 「接触反応」 『文藝四季』5巻1号
岩松次郎 (1) 「魚拓」長篇の一部 『麵麭』3号
長谷部淳 (1) 「繋がれた日乗」 『戀人』8号
杉森久英 (1) 「動物的な・余りに動物的な」エッセイ 『下界』創刊号
榛葉英治 (1) 感想
宇留野元一 (1) 「青春遁走」
竹内良夫 (1) 「虚色」
緑川貢 (1) 「受胎啓示」
19548月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
岡田孝一 (1) 「同人雑誌の反省に寄せて」 『作家』7月号
- 特集「現代について」 『現代評論』創刊号
日野啓三 (2) 「後進国における現代の課題」マニフェスト
中島可一郎 (1) 「ニシワキジュンザブロウ論」評論 『今日』創刊号
川杉敏夫 (1) 「自我の行方」評論 『現代詩評論』5月号
斎藤克 (1) 「現代詩と近代主義」評論
- - 『製作』1号
佐々俊之 (1) 「恋童」 『文藝首都』6月号
小倉俊夫 (1) 「擬製弾」
小野津幸子 (1) 「遊戯場」
岩下俊作 (1) 「縄」長篇第一回 『九州文學』6月号
前田敦夫 (1) 「娼婦の庭」 『九州作家』6月号
岩井護 (2) 「人間の樹」
畠山林蔵 (1) 「蟻」 『隊商』13集
村上尋 (1) 「青い落葉」
永松習次郎 (2) 「霧」
中川清 (1) 「初心」
今村延孝 (1) 「罠」 『日通文學』6月号
富士正晴 (2) 「どの日も同じ」 『近代文學』6月号
中村佐喜子 (1) 「米とパン」 『表現』創刊号
佐古純一郎 (1) 「実験としての反逆」評論
松原純一 (1) 「『舞姫』論」評論
中嶋洋典 (1) 「井伏鱒二」評論
田中信幸 (1) 「黒い記憶」 『風貌』創刊号
野崎三男 (1) 「失った影」
小柳俊正 (1) 「重い軋みの底には」
大谷晃一 (1) 「淘汰」 『神話』創刊号
志摩直人 (1) 「壮士伝」
石上菫 (1) 「失いの図」 『馭者』創刊号
岡秋庭 (1) 「紅暦」 『内海文學』復刊1号
高橋数 (1) 「狂哭の記録」
黒井力 (2) 「敗戦を十代はじめでむかえた僕等について」エッセイ 『ひとで』21号
真船依子 (1) 「黒い手」 『赤絵』12号
花田歌 (1) 「楠竝木」 『女人像』6月号
山本栄一郎 (1) 「凶運の暦」 『千里山文學』6月号
大西昭夫 (2) 井伏鱒二論
小畑迪雄 (2) 「暗い影」 『文學奔流』2号
中須賀哲明 (1) 「都会」
小泉太郎 (1) 「黄土」
羽田眠吉 (1) 「温室」 『文學雑誌』21号
魚尾よしお (1) 「葉洩れの月」 『赤鉛』3号
落合茂 (2) 「わいせつの周囲」 『壁』3集
川上宗薫 (3) 「その掟」 『新表現』15号
太田明 (1) 「妄執」 『文學無限』2号
富山文雄 (1) 「悪徳譚」
菊池正 (1) 「伝説の町」 『作家群』7号
森本俊正 (1) 「女患者」
阿万為人 (1) 「四季構図」 『龍舌蘭』8号
黒木清次 (1) 「旅の人」
甲斐洋 (2) 「『愛』の悲しみ」長篇の一部
森田雄蔵 (2) 「肝臓」 『一座』6号
木野工 (1) 「まだ見ざる我が子へ」 『冬濤』8号
三好文夫 (1) 「ウカルシナと云う男」
堀井更生 (2) 「エトロフ戦記」
19549月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
田中亨 (1) 「国運」 『文學者』7月号
- 『小説作法』と『贋の季節』をめぐる合評座談会
- 二葉亭四迷『浮雲』の共同研究 『姫路文學』7月号
斯波俊夫 (1) 「茉利子」 『近代文學』7月号
藤原定、長谷川四郎、村松剛、吉村博次、など 「リルケ特集」
森田寛 (1) 「荒涼たる人々」 『文藝首都』7月号
長瀬美恵子 (1) 「渇き」
伊藤沆 (1) 「鬼が棲む家」戯曲 『作家』8月号
浅田晃彦 (1) 「虜囚」
- 「名古屋グループ特集」 『日通文學』7月号
戸崎敏造 (1) 「意識」
- 「神戸グループ特集」 『日通文學』8月号
青木重夫 (1) 「傷痕」
八重樫実 (1) 「ふいるむ先生」 『凍原』15号
橋崎政 (1) 「花のある感覚」
佐藤鉄章 (2) 「季節風の彼方に」第二部連載 『北方文藝』10号
都筑均 (1) 「審判」 『九州作家』7月号
田中艸太郎 (1) 「溺れるもの」
江藤孝之助 (1) 「原生動物」 『東九州文學』3号
岩永光生 (1) 「十六時二十四分」 『佐世保文學』4号
土村伸 (2) 「渦紋」 『詩と眞實』62号
川上美和子 (1) 「雑沓」 『文學季節』8冊
片岡繁男 (2) 「炎の音」 『白磁』2号(佐賀市)
犬山国博 (1) 「祖母の死前後」
福田紀一 (1) 「めくら・かめら(「失われた都」第二部)」 『Viking』53号
太田浩 (1) 「竹内勝太郎の詩」評論
林一郎 (1) 「影の部分」 『くろおぺす』6号
小久保実 (2) 「嘉村礒多(私小説の問題)」 『文學思潮』12号
堀田珠子 (3) 「病葉」 『青銅』13号
水谷昭夫 (1) 「最後の幕は血醒い」
吉田克 (1) 「罰」 『雑踏』5号
三上英也 (2) 「淡水魚類」 『OMNIS』3号
古賀剛 (2) 「深き淵より」長篇の一部 『法政文學』4号
沢一人 (1) 「お伽噺・殺人」 『立教文學』6号
牧浦一郎 (1) 「春の悪魔」 『明大文藝』6号
草地みち子 (1) 「一本道」 『駒澤文學』3号
桜井義夫 (1) 「鎮魂歌」 『水戸文學』6月号
薗部一郎 (2) 「広津和郎論」評論
- - 『秋田文學』10号
安田武 (1) 「政治と文学について(田宮虎彦と堀田善衛)」評論 『貌』創刊号
梶野豊三 (1) 「被治者」
伊藤一太良 (1) 「稗搗節とチエホフ」
碇稔 (1) 「蠢めきつつ」
塩田一将 (1) 「非命」
笠原伸夫 (1) 「堀田善衛論」評論 『古代都市』創刊号
平勢光夫 (1) 「娑婆の神話」
市原健志 (1) 「闇の年齢」 『蜂窩』創刊号
千崎美也 (1) 「或るアルバイト学生の一日」 『新群童』創刊号
鈴木鎮平 (1) 「俘虜の時代」 『人間群』創刊号
庄野雅司系 (1) 「仮面の中の死」
中務保二 (1) 「黄河」 『山陽文學』1集
武本龍介 (1) 「オリーブの実」
田栗奎作 (1) 「零の天国」 『壁』創刊号
志沢正躬 (1) 「旅」 『海』創刊号
能島廉 (3) 「嘘発見器」 『新思潮』10号
泉修 (1) 「ロマン・ロマン論」評論 『文學基點』2号
京谷葉介 (1) 「R・M・リルケ論」評論
195410月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
- 後記 『新創作』3号
- 後記 『再現』3号
龍文雄 (2) 「天皇の時間」連載
こまつ・しょうすけ (1) 「ソヴェトにおける文藝批評家の位置」 『神戸文學』8号
久保田義夫 (2) 「春の蚊」 『詩と眞實』64号
川田禮子 (2) 「国栖家の一時期」 『九州作家』8月号
鍋島俊美 (1) 「少年の武器」「白い城」 『さぶりえ』5号
大塚信乃 (1) 「三吉堂書店」 『無門』5号
- - 『軌跡』8号
- - 『VIKING』54号
小谷剛、豊田穣 連載長篇 『作家』9月号
荒川法勝 (1) 「白い縞」
花井章太郎 (2) 「兵站病院」
堀内幸枝 (1) 「木綿傘に包まれて」
岩本修蔵 (1) 「男の名」
柳田宏 (1) 「白い手」 『日通文學』9月号
高橋秀男 (1) 「巡礼」
田代儀三郎 (4) 「上野克巳君の死」エッセイ
田辺耕一郎、など 「原爆障害者の実態」座談会 『廣島文學』9月号
- 松川事件発生満五年特集 『まつかわ』12号
石母田正、園部三郎、白井健三郎、武谷三男、など 「死の灰の下の特集」 『希望』9月号
安部公房、など 「実存から歴史的現実へ」対話
木島始 (2) 「死の蛆」
三谷茉沙夫 (1) 「新戦後派文学(ネオ・アプレゲエル)の基点」 『現代』1号
横光象三 (1) 「高原」
進藤純孝 (1) 「過失」評論
北原節子 (1) 「赤い花」 『炎舞』1号
吉村泰 (1) 「新聞記者の三日間」
鈴木鎮平 (2) 「俘虜の時代」 『人間群』1号
永浜徳 (1) 「混血児」 『風土』1号
蒔田健次郎 (1) 「溶けた偶然」 『顔』1号
- 島村藤村論特集 『文學史』1号[研究誌]
三好行雄 (1) 「春の構図」評論
越智治雄 (1) 「藤村の変貌」評論
高橋クニ子 (1) 「『破戒』の生れるまで」評論
野村喬 (1) 「『破戒』についての新意見」評論
林逸馬 (2) 「阿蘇山」 『九州文學』8月号
山崎礼三郎 (1) 「暖かい冬」 『東北山脈』13号
- - 『岩大文學』6号
市江彌門 (1) 「散る花の下で」 『北大季刊』6号
福村勝典 (1) 「黄色い蟹」 『文學叙説』8月号
中峯真武 (1) 「小さな蟹」 『新創作』3号
大瀬東二 (1) 「脈搏」 『白痴群』7号
臼井国雄 (1) 「遠い旋律」長篇の一部
伊達弘邦 (2) 「三十三号室」長篇の一部
宮入弘光 (1) 「天女と死骸」 『軌跡』8月号
細田源吉 (1) 「業」 『路』7月号
木下順一 (1) 「康子」 『なるしす』3号
本橋一人 (1) 「歳月の彼方は」 『東京文藝』20号
島村俊 (1) 「牡丹」 『青磁』2号
真木章 (1) 「路地の中」
木村不二男 (2) 「北国の牧歌」 『山音文學』2号
木村不二男 (2) 「島木健作」 『人間像』31号
佐々木徳次 (1) 「オイディプス物語」
三上善三郎 (1) 「緑青色の眼」 『無名群』6号
神崎信一 (1) 「小さな再会」 『文學山河』14号
四条三津彦 (1) 「黒い蝶」 『胎動文學』3号
中部川信一郎 (1) 「夜の塔」
正野三郎 (1) 「小面」 『雅樂谷』2号
田坂元 (1) 「戦争と平和について
―小説以前の小説
『木馬』10号(広島大学附属高校)
195411月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
安岡章太郎 (1) 「逆立」 『三田文學』復刊10月号
曾野綾子 (6) 「燕買い」
- 「驢馬の耳」
谷田昌平 (2) 「椎名麟三論」 『近代文學』10月号
安川茂雄 (1) 「石上玄一郎論」
進藤純孝 (2) 「新しい倫理のために(武田泰淳論)」
岩崎勝海 (1) 「鬼の火」 『歯車』3号
松島秀三 (2) 感情論
中島義勝 (1) 短歌論
そらの・つきこ (2) 「そこに一夜」 『作家』10月号
岡田孝一 (2) 「揺れる樹々」
武田幸也 (1) 「雑草」 『文藝首都』9号
小倉俊夫 (2) 「結婚のおどろき」
土村伸 (3) 「なぐる」 『九州文學』9号
石川信 (1) 「ある恋の行方」 『九州作家』9号
田野辺薫 (1) 「原色系」
矢動丸広 (1) 「途切れる時代」 『佐世保文學』5号
- - 『土曜人』66号(佐世保)[詩誌]
木村不二男 (3) 「酋長(ニシパ)の家」 『札幌文學』14号
助川徳是 (1) 「癒さざる人間」
- 編集後記
大西雄三 (1) 「ユーラの祈り」 『浮標』7号
市江彌門 (2) 「木下闇」
由岐淳介 (1) 「赤いカンナ」
鳥居省三 (1) 「三島由紀夫論」評論 『北海文學』9号
- 特集「アイヌ文学」 『朔風』15号
佐藤喜一 (1) 「アイヌ民族を描いた文学」評論
柚木衆三 (1) 「郷土文学の新しい視点」評論
タケベ・トシオ (1) 「ながいうらみのうた(長恨歌)」 『VIKING』55号
三沢玲爾(訳) (1) 「死人のとむらい」T・S・エリオット『荒地』冒頭部
越知保夫 (1) 「小林秀雄論」 『くろおぺす』8号
二宮尊道(訳) (1) T・S・エリオット「大聖堂の殺人」
比沼悟 (1) 「拒絶」 『近畿文學』5号
山田慧 (1) 「ソーフトネス」未完 『季節』1号
南雲香代 (1) 「軌道」 『塔』1号(塔文学会)
桜井義夫 (2) 「傾斜林」 『塔』1号(塔の会)
鈴村満 (1) 「檻」 『盆地』6号
- 「スターリンの文学についての仕事」「新しい勤労詩の問題」 『湘南文學』13号
稲毛悦 (1) 「ある挿話」 『文學藝術』9号
野崎三男 (2) 「澱」 『風貌』2号
田中信幸 (2) 「この夜に告げて」
船山幸子 (1) 「御所人形」 『詩と眞實』3号(詩と真実の会)
宮地佐一郎 (2) 「武市兄弟の仇討」
内田栄一 (1) 「夜景」 『群雀』8号
鎌原正己 (3) 「薄明」 『麵麭』4号
桐野立郎 (1) 「軍靴の響き吾が家にも」連載 『文藝手帖』9号
田中文雄 (1) 「楽屋」 『新人』2号
永井龍三 (1) 「残燈」 『千代田文學』2号
江頭淳夫 (1) 「小組曲」 『ピュルテ』2号
芦沢麗子 (1) 「傷痕」 『文學奔流』3号
- - 『國鐵文學』4号
村田満 (1) 「生きている街」 『日通文學』10月号
田代儀三郎 (5) 「第三文壇論」評論
網本実 (1) 「変なようで変じゃない」戯曲二幕四場 『アオトン』創刊号
奈街三郎 (1) 「手の鳴る方へぼくは行く」長篇第一回 『長編少年文學』
近田武 (1) 「フランス古謡と音楽」 『季節』創刊号
浅古和良 (1) 「サン・テクジュペリ頌」
- - 『梟』創刊号
関山進三 (1) 「テレーズ・デケイルゥ論」 『新文藝』創刊号
埴原一丞 (1) 「暗い谷間をさまよう人」 『文學無限』5号
重信常喜 (1) 「生きたい心」
195412月号 評者 荒正人 タイトル 同人雑誌評
久保田正文 (2) 「民主主義文学の十年間」評論 『文學藝術』10号
大原恒一 (1) 「商品としての文学」評論
濱田新一、奥野健男、など 特集「伊藤整と中野重治」 『近代文學』11月号
井上光晴、埴谷雄高 -
神田啓三 (1) 「小林多喜二と志賀直哉」評論 『駿臺文學』1号
三岸雪夫 (1) 「太宰治私論」評論 『城』3号
木下常太郎 (1) 「モダニズムをめぐる詩の問題」評論 『三田文學』11月号
小久保実 (3) 「歴史の不在証明―私小説の問題」評論 『千里山文學』3号
修立彌 (1) 「私小説に関する五つの覚書」評論 『作家』11月号
上原和 (2) 「私小説論」評論 『龍舌蘭』9号
星野慎一、米本三爾 「詩人伝について」
曾田文子 (3) 「低地の人々」 『作家』
堀川潭 (4) 「若き日の片影」 『文學生活』14号
遠藤周作 (1) 「アデンまで」 『三田文學』
富士正晴 (3) 「仮想VIKING50号記念祝賀講演会に於ける演説」連載第七回・終了 『VIKING』56号
原田種夫 (2) 「竹槍騒動異聞」 『九州文學』10号
林逸馬 (3) 「一茶園」未完
川田禮子 (3) 「茨の記憶」
島一春 (2) 「自転車の居ない村」 『詩と眞實』65号
甲斐洋 (3) 「愛の悲しみ」長篇の一部 『龍舌蘭』9号
椎名猛夫 (1) 「万華鏡」 『隊商』14号
山田道保 (2) 「傷痕」
中川清 (2) 「実践者」
村英三 (1) 「雪の幻想」
阿部忍 (1) 「野犬」
野原操 (1) 「川のほとり」 『信天翁』6号
高橋彰一 (3) 「春霞」
木村久邇典 (1) 「鬼の腕」
川島通明 (1) 「蛾」
大高正博 (2) 「蚊遣り」
菊田義孝 (1) 「姉弟」
水戸迪 (1) 「氷炭」
古賀敬記 (1) 「渋柿園」 『地標』2号
淡路清 (1) 「抛物線」長篇第一回 『Schloss』2号
羽沢馨三 (1) 「変貌の日に」 『新人』3号
市尾卓 (1) 「顔と光と風」 『季節風』5号
西村滋 (1) 「訣別」 『新表現』16号
神尾春海 (1) 「二百円」
後藤杜三 (2) 「長夜」 『南北』4輯
鈴木亨 (1) 「暖流」 『街』5号
葉山しげ子 (1) 「百日紅」 『文藝手帖』10号
土田節 (1) 「香水」 『環状線』10号
朝日豊 (1) 「嫌!」 『でるた』4号
四条三津彦 (2) 「壊れた胸」 『胎動文學』4号
金子緑枝 (1) 「シベリヤ抑留記」長篇の一部 『どんぐり』51号
多治川二郎 (1) 「飛散」長篇の一部 『關學文藝』16号
伊東鬼志郎 (1) 「奇禍」 『北海文學』10号
浜元博 (1) 「無力な神」 『南日本文學』8号
早川崇 (1) 「最初の壁」 『陸橋』11号
洲之内徹 (1) 「女難」 『文脈』8号
石崎晴夫 (1) 「海の蝶」長篇第一回
高橋栄 (1) 「願望」 『前夜』4号
田中悠 (1) 「樹氷」
大貫芳樹 (1) 「曇天」
野地菁子 (1) 「冬の歌」
龍文雄 (3) 「天皇の時間」長篇第四回 『再現』
- - 『今日』2号[詩誌]


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1953年へ翌 1955年へ