同人雑誌評の記録
昭和30年/1955年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19551月号 評者 浅見淵 タイトル 同人雑誌評 総冊数20幾冊
奥野健男 (3) 「太宰治論」評論 『三田文學』7月
佐古純一郎 (2) 「“青麦”の問題」評論 『表現』11月
桂芳久 (2) 「石の潤い」 『三田文學』12月
久羅永造 (1) 「漂う顔」 『日通文學』12月
加藤富康 (1) 「環境」 『蜂窩』2号
有馬頼義 (4) 「眠られぬ夜」 『文學生活』44号
国井長次郎 (1) 「村を出る」
村上兵衛 (5) 「星落秋風」 『新思潮』11号
芦沢麗子 (2) 「傷痕」 『文學奔流』3号
島村進 (1) 「無線塔」 『現實』7号
赤木けい子 (1) 「碧眼女」 『文藝首都』11月
佐藤愛子 (1) 「埋れた土地」 『三田文學』
伊藤文隆 (1) 「白い波濤」 『明大文藝』7号
吉村嘉 (1) 「昨日の風」 『群蜂』12月
北川晃二 (1) 「一日の恋」 『九州作家』11月
川原田幸一 (1) 「地上へ」 『文藝日本』12月
大塚英喜 (1) 「医師の場合」 『文藝首都』
竹島茂 (1) 「ある女店員のこと」 『新思潮』
田島楢良 (1) 「浮草」 『日通文學』
西堂灯吉 (1) 「夜汽車」 『文學者』11号
島村恒 (1) 「偽物」 『小田原文學』1号
河村延久 (1) 「うめ」 『季節風』5号
原石寛 (1) 「浮草」 『小田原文學』
鬼生田貞雄 (3) 「擬態」 『現象』
神津拓夫 (2) 「晩鐘」 『一座』7号
能島廉 (4) 「駒込逢初町」 『新思潮』
伊南淳彦 (1) 「空の風景」 『白門文學』14号
二木順 (1) 「衛太子の死」 『草原』4号
林熊生 (1) 「戎三郎」 『九州文學』11月号
鳥井足 (1) 「華やかな挽歌」 『作文』12月
19552月号 評者 浅見淵 タイトル 同人雑誌評 総冊数50冊近く
佐古純一郎 (3) 「小林秀雄に関する31章」評論 『表現』12月[評論誌]
小松伸六 (2) 「文学の牙」評論 『下界』2号
小田仁二郎 (1) 「塔の沢」 『文學者』12月
瓜生卓造 (2) 「南緯八十度」
松山忠 (1) 「雪空」
水谷光江 (1) 「老嬢健在」 『文藝首都』12月
山上英一 (1) 「不毛区画」
鎌原正巳 (4) 「曼陀羅」 『文學草紙』48号
三宅勇三 (1) 「晩年」
渡辺喜恵子 (1) 「暗い夜」 『下界』
榊原慶明 (1) 「颱風眼」
平松麻子 (1) 「盲点」
池田岬 (1) 「まずい弔辞」
宮地佐一郎 (3) 「野中太内の死」 『詩と眞實』4号
小野才八郎 (1) 「冬の蛇」
戸川雄次郎 (2) 「受胎告知」 『作品』8号
本間剛夫 (1) 「二世軍属」
松田十起夫 (1) 「高原へ」 『新早稲田派』4号
金子明彦 (1) 「長袴抄」 『黄土』創刊号
児島新次郎 (1) 「港町にて」
小寺正三 (2) 「煙」 『大阪作家』12月
立木文乃 (1) 「臨終」 『女人像』11月
三浦哲郎 (1) 「誕生記」 『非情』創刊号
小沼輝樹 (1) 「妾になるまで」 『不在』2号
平木国夫 (1) 「借家法」 『人間像』32号
19553月号 評者 浅見淵 タイトル 同人雑誌評
菱田五郎 (1) 「汚れた旗」エッセイ 『檸檬』4号
村松剛 (1) 「心理主義の不毛」エッセイ 『三田文學』2月号
三浦朱門 (6) 「礁湖」 『三田文學』
桜田つねひさ (1) 「自作農」 『現在』3号
飯倉良 (1) 「枯野道」
塙英夫 (3) 「失却星」 『文學者』1月号
新田次郎 (1) 「凍傷」
武田芳一 (1) 「鉄の肺」
森山純吉 (1) 「部屋」 『季節』2号
坂口松彦 (1) 「赤い米」
青木志津夫 (1) 「波音」 『檸檬』
石浜恒夫 (1) 「スタジアム序景」 『文學雑誌』22号
磯田敏夫 (1) 「大阪落語」
冬木好 (2) 「ガラスの恋」 『駱駝』7号
高山麦子 (2) 「赤狐」 『壁』4号
山形悦郎 (1) 「硝子と真珠」
桂万里 (1) 「子供の広場」
落合茂 (3) 「途中下車」
赤井ひとみ (1) 「ひだりの耳」 『貌』2号
浅沼慎平 (1) 「神の死んで了った女の死」
岩松次郎 (2) 「脅迫者」 『麵麭』5号
中村佐喜子 (2) 「肉体の悔い」 『表現』1月号
桑田忠親 (1) 「善法の手取釜」
川原田幸一 (2) 「海辺の町にて」 『新表現』17号
丸茂正治 (1) 「ヤロビ妻」 『法政文學』5号
吉村正己 (2) 「赤犬」 『國鐵』68号
田中定治 (1) 「風の中」
武田喜美子 (1) 「木ひきの女たち」 『日通文學』1月号
中沢茂 (1) 「続からまつ顛末」 『札幌文學』15号
佐藤嘉文 (1) 「灰色の女」
大谷晃一 (2) 「反抗について」 『神話』2号
志摩直人 (2) 「ロッテ事件」
松田又七 (1) 「赤城へ」 『城』1号
葉山晃 (1) 「失った日」 『ぱるてのん』1号
荻野雅弘 (1) 「雨あがりの日」 『新九州文學』6号
吉岡昭蔵 (1) 「曇天の富士」 『蒐集』1号
19554月号 評者 浅見淵 タイトル 同人雑誌評
川上宗薫 (4) 「仮病」 『三田文學』3月
蟻川茂男 (1) 「週末」戯曲一幕物
梶繁理 (1) 「ドライ・フラワーズ」 『南北』5号
丸山萌子 (1) 「深淵」
安西篤子 (1) 「ふく子の旅」
藤野東伯 (1) 「夜の躑躅」
片岡久恵 (2) 「外面似菩薩」 『文學者』2月
三井節雄 (2) 「花」
田中亨 (2) 「風塵抄」
石原慎太郎 (1) 「灰色の教室」 『一橋文藝』復刊1号
野守康子 (1) 「のうぜんかづら」 『文藝日本』2月
曾田文子 (4) 「玉あられ」 『作家』3月
三浦哲郎 (2) 「ブンペと湯の花」 『非情』2号
竹岡準之助 (1) 「檜扇」
高橋有恒 (2) 「鏡の位置」 『作品』2月
垣花浩一 (1) 「彫塑」
広瀬進一 (1) 「草萠え」
志多秀夫 (1) 「代償」 『とろろ』1号
矢代堅二 (1) 「斜面」
星川道之助 (2) 「跡地」 『隊商』15号
小松郁子 (2) 「鹿屋」
小堺昭三 (1) 「乾いた顔」
清田昌弘 (1) 「徴発」 『文學奔流』4号
望月敦子 (1) 「こぼれたインク」
亀井淳 (1) 「宣伝販売」 『形象』2号
林青梧 (1) 「歴命」 『環状線』3月
小島惇 (1) 「ある日の外出」
道山昭次 (1) 「貧の系譜」 『文藝廣場』2月・療養文藝特集号
吉成稔 (1) 「杖」 『愛生』1月(岡山県愛生園)
檀原隼人 (1) 「天倪」 『新人文學』5号
岡崎利孝 (1) 「裸色」
桜井健一 (1) 「秘密のある基地」 『東京文藝』22号
山本桂一郎 (1) 「隆代」 『葉脈』復刊1号
清水浩 (1) 「薔薇の門」
大森澄 (1) 「中年者の夫婦」 『小田原文學』2号
19555月号 評者 浅見淵 タイトル 同人雑誌評 総冊数64冊
谷田達彌 (1) 「光子」 『文學草紙』49号(東京)
松村肇 (1) 「葡萄」
鎌原正巳 (5) 「故宮の人」
佐藤鉄章 (3) 「季節風の彼方に」連載完結 『北方文藝』12号(大館)
井上謙 (1) 「鯉幟」
分銅志静 (2) 「歳月」
藤野登久子 (1) 「檜扇」 『文學者』3月(東京)
花村守隆 (1) 「重い霧」
西条倶吉 (1) 「襤褸と死者」
竹田敏彦 (1) 「未来人」 『三田文學』4月(東京)
加藤勝代 (2) 「盲女年譜」 『表現』2号(東京)
新関岳雄 (1) 「橇の話」
堀川潭 (5) 「ある航空隊司令の末路」 『文學生活』15号(東京)
半沢良夫 (2) 「昏迷」
国井長次郎 (2) 「ひょっとこ面」
松原一枝 (1) 「二人妻」 『詩と眞實』5号(東京)
宮地佐一郎 (4) 「清照の恋」
斎宮繁雄 (1) 「流される人々」 『作家』4月(名古屋)
霜多正次 (1) 「宣誓書」 『文學藝術』11号(東京)
鈴木清次郎 (1) 「おばあちゃん」
山本儀一 (1) 「古風な胸像の下で」 『作家群』9号(東京)
大和禎人 (2) 「使節譚」
富田騰夫 (1) 「苔寺」 『文學無限』6号(東京)
石川邦夫 (1) 「湖」 『季節風』6号(東京)
茂木照夫 (1) 「真剣勝負」
阿万鯱人 (1) 「雑草」 『龍舌蘭』10号(宮崎)
王塚跣 (1) 「冒された人達」 『九州作家』3月(小倉)
松本光明 (1) 「輓歌」 『ヴァイキング』60号(神戸)
梅地周平 (1) 「流刑地」 『文藝廣場』3月(東京)
野島久子 (1) 「鉄格子の中から」 『新人文學』6号(東京)
黒井力 (3) 「冬の実」 『ひとで』23号(東京)
阿部道彌 (1) 「喪主とその周辺の人々」 『象形』7号(仙台)
柏隆介 (1) 「喪心」 『水戸文學』12号(水戸)
芳賀赳夫 (1) 「雲」 『創作』5号(山形)
杉村栄 (1) 「愛情過多」 『文藻』5号(東京)
梁雅子 (1) 「倒映」 『明日』1号(大阪)
鈴木助次郎 (1) 「院ノ庄」
南石武 (1) 「破産鉱区」 『筑豐文學』9号(直方)
小寺平吉 (1) 「氷雪と灯と」 『室蘭文學』7号(室蘭)
森義男 (1) 「死んだ男」 『土曜人』71号(宇都宮)
大塚滋 (1) 「酸倉庫」 『亞流』1号(大阪)
19556月号 評者 浅見淵 タイトル 同人雑誌評
森田素夫 (1) 「暗い眼窩」 『文學者』4月(東京)
戸川雄次郎 (3) 「小さな十字架」
藤沼逸志 (1) 「グトネ」 『三田文學』5月(東京)
柊純一郎 (1) 「ねなしかづら」 『文藝首都』4月(東京)
橋本哲二 (1) 「いちじくの樹」
並木脩 (1) 「供養米」 『農民文學』1号(東京)
佐藤洋二 (1) 「路上の怒り」 『社會主義文學』4号(東京)
川原衛門 (1) 「奥地の人々」
岡田徳次郎 (1) 「銀杏物語」 『作家』5月(名古屋)
原田種夫 (3) 「勝敗」 『九州文學』4月(福岡)
火野葦平 (1) 「ヨーロッパ旅日記」連載
駒田信二 (1) 「瓶の中の世界」 『赤門文學』復刊1号(東京)
永見喬介 (3) 「浦上天主堂」
加藤勝代 (3) 「馬のにほひ」
- 「伊藤整の方法」三人合評
小幡基治 (1) 「くろいかげ」 『麵麭』7号(東京)
伊藤文隆 (2) 「梅」 『明大文藝』8号(東京)
鈴木妙枝子 (1) 「蛾」
高橋彰一 (4) 「星空」 『信天翁』7号(東京)
関方哉 (1) 「葛城」 『詩と眞實』71号(熊本)
佐々木亨 (1) 「はげいとう」 『岩大文學』8号(盛岡)
梨沢兼康 (1) 「渡船場」
辻本美知子 (1) 「金さんの歯型」 『ヴァイキング』61号(神戸)
神川昭 (1) 「ゆきがかり」 『蒐集』4月(京都)
奥井幸雄 (1) 「冬の木立」 『列島』1号(東京)
赤坂冲 (1) 「雪の十字架」
中谷史郎 (1) 「衝撃」 『新九州文學』8号(佐世保)
石川汲子 (1) 「水蜜」 『風土』3号(神戸)
中島桓 (1) 「F」 『文學世代』1号(東京)
辻史郎 (1) 「幻の中で」 『浪漫文學』4月(東京)
安田宏史 (1) 「輸血仲介業」 『無名群』4月(弘前)
安楽寺章 (1) 「古い地図」 『土曜人』72号(佐世保)
本橋一人 (2) 「季節はずれの風」 『東京文藝』23号(東京)
早川圭 (1) 「軍歌演習」 『神戸文學』10号(神戸)
吉田貞夫 (1) 「引揚げ婆さんと息子」 『日本文學』3号(東京)
邦明夫 (1) 「セレベス島」 『灰』1号(東京)
高ひろし (1) 「枯死抄」 『文藝立川』11号(立川)
鳥居省三 (2) 「“桜島”論」評論 『北海文學』15号(釧路)
19557月号 評者 平野謙 タイトル 同人雑誌評 総冊数40冊超
熊王徳平 (1) 「無名作家の手記」随筆 『作家』6月号
川田禮子 (4) 「糸を捲くあいだ」 『九州作家』5月号
鬼頭恭而 (2) 「累代」 『一座』8号
谷崎照久 (1) 「箱」 『詩と眞實』72号
阿部文彌 (1) 「死の処置」 『文藝四季』13号
朝日豊 (2) 「緊張」 『でるた』5号
永松習次郎 (3) 「苺」 『大和田文學』7号
星川道之助 (3) 「初秋」
真壁喜久夫 (1) 「真夏」 『セント・ポール文學』創刊号
幸田正文 (1) 「首飾り」 『東北山脈』14号
藤原誠一郎 (1) 「佐賀」 『文脈』10号
鈴木矩夫 (1) 「平衡定点」 『室蘭文學』8号
服部達 (1) 「母」 『北狄』3号
川端要蔵 (1) 「愛」 『内部』創刊号
竹崎有斐 (1) 「硬い石」
堀田珠子 (4) 「幻夜」 『集團55』創刊号
三浦大一 (1) 「崩れた画像」
薬師寺章 (1) 「画の法則」 『浪漫群盗』
椎寺康二 (1) 「学生運動」 『造型』創刊号
大社雅子 (1) 「まがり角」 『表現』5号
田中穣 (1) 「黒い太陽」 『作品』5月号
清水康 (1) 「その位置」 『現世代』13輯
白鳥昇朗 (1) 「虚実の美と悪と」 『人間像』34号
血脇啓寿 (1) 「かくれんぼ」 『創潮』創刊号
菅原漠 (1) 「研究授業」 『千里山文學』5号
西村滋 (2) 「ズボンについて」 『新表現』18号
牧義也 (1) 「カノン」 『軌跡』5月号
津崎敏 (1) 「死ねなかった男」 『群脈』創刊号
岩見明蔵 (1) 「道化者」 『筑豐文學』10号
有本治郎 (1) 「水」 『秩父文學』3号
大高正博 (3) 「恋歌」 『羊眼』創刊号
川越淳三 (1) 「城と街」 『黄土』5月号
町田吉雄 (1) 「房江」 『ディレッタント』4号
伊藤信一 (1) 「フィクションについて」評論 『文藝四季』
佐古純一郎 (4) 「小林秀雄に関する31章」評論 『表現』
鈴木利貞 (1) 「鴎外における傍観者」評論 『内部』
木村不二男 (4) 岡田三郎の回想随想 『人間像』
浅見淵 (1) 下村千秋の回想随想 『内部』
19558月号 評者 平野謙 タイトル 同人雑誌評
高津悠 (1) 「濡れた舗道」 『白門文學』16輯
岡島春枝 (1) 「雨季」 『季節風』7号
宮沢雅夫 (1) 「秋扇」 『日通文學』6月号
三浦哲郎 (3) 「遺書について」 『非情』3号
大石千代子 (1) 「黒い眉」 『隊商』16集
中村邦 (1) 「黒への追想」 『城』2号
下郷山兵 (1) 「寮歌」 『駱駝』8号
堀川潭 (6) 「ワイキキの虜愁」 『文學生活』16号
井上勝子 (2) 「冬空」 『VIKING』62号
堀田珠子 (5) 「死暈」 『クロオペス』12号
三環令子 (1) 「苦悩の週末」 『姫路文學』6月号
南部きみ子 (1) 「二つの環」 『文藝首都』6月号
杉村栄 (2) 「田舎の噺」 『希望』7月号
杉村栄 (2) 「桃子の時間」 『文藻』6号
碓井スズコ (1) 「よみち」 『神戸文學』11号
石川利次 (1) 「黒い手」
小林実 (1) 「七夕祭の頃」 『瀬戸内海文學』2号
斎宮繁雄 (2) 「飯揚げ」 『内海文學』3号
足立ひかる (1) 「哀歓の童子」 『山陰文學』2号
大淵忠之助 (1) 「赤い湯呑」 『木菟黨』創刊号
西村敦 (1) 「発作」 『季節』3号
- - 『位置』4号
谷丹三 (1) 「黄色い雪だるま」 『法政文學』6号
悦田喜和雄 (1) - 『四國文學』2号
一瀬直行 (1) - 『かまらーど』2輯
峰専治 (1) - 『駱駝』
小寺正三 (3) - 『大阪作家』6月号
原田種夫、林逸馬、渡辺庫輔、劉寒吉 - 『九州文學』5月号
- - 『麵麭』
瓜生卓造 (3) 「北極海流」 『文學者』6月号
川本邦衛 (1) 「文学革命論の発端」評論 『作品・批評』
川仁宏 (1) 「灰色の鴎」
小久保実 (4) 評論 『文學思潮』15号
以下作品名のみの言及
中田耕治 (3) 「奇妙な遊び」 『三田文學』6月号
坂上弘 (1) 「息子と恋人」
地引喜太郎 (3) 「旋毛」 『文學精神』3号
飯倉良 (2) 「無邪気な病人」 『眞珠の會』1号
根本茂男 (1) 長篇 『近代文學』
19559月号 評者 平野謙 タイトル 同人雑誌評
森瀬一昌 (1) 「玉簪花」 『南北』6輯
島征三 (1) 「野草の露」 『壁』5集
正木宏尚 (2) 「蝕樹」 『新作品』11号
小野才八郎 (2) 「小さい公園」 『詩と眞實』6号(東京)
木村不二男 (5) 「蛇」 『山音文學』4号
野中堯 (1) 「海女」 『秋大文學』12輯
首藤俊明 (1) 「上京」 『江古田文學』15号
なかのしげはる (1) 大塚甲山のこと 『新日本文學』8月号
和田重三 (1) 「竹刀」 『幹』7月号
椎名和夫 (1) 「雪どけの村で」 『新現實』創刊号
円城淳一 (1) 「蒼い夜」 『赤鉛』4号
中達夫 (1) 「裸の青春」 『駒澤文學』4号
多治川二郎 (2) 「金曜会館」 『關學文藝』18号
野崎亮 (1) 「相剋」 『風貌』4号
滝村達哉 (1) 「雪の門」 『藝術草紙』2号
吉村滋 (1) 「黝い季節」 『詩と眞實』6月号(熊本)
松島久三 (1) 「坂道」 『北狄』4号
伊藤文隆 (3) 「樹氷」 『明大文藝』9号
有馬祐人 (1) 「田舎がたり」 『島々』創刊号
徳広順一 (1) 「轍」 『白門文學』17号
島津利雄 (1) 「飯島二等兵の歌」 『雪線』創刊号
田中茂雄 (1) 「弾薬庫」 『大阪文藝』6号
佐藤謙爾 (1) 「灰色の海」 『新九州文學』9号
大高正博 (4) 「上京記」 『信天翁』8号
牛島春子 (2) 「野薊」 『文學季節』10冊
泉茂久 (1) 「敗北者」 『軌跡』7月号
西村保彦 (1) 「アパート」 『VIKING』63号
斎藤恒夫 (1) 「赤い瓦屋根の家」 『葉脈』2号
天野一也 (1) 「悲願の人」評伝 『島々』
- - 『象』創刊号
- - 『近代批評』
195510月号 評者 平野謙 タイトル 同人雑誌評
佐々三雄 (1) 日記遺稿 『山陽文學』2集
中務保二 (2) 「半生涯」
武本龍介 (2) 「じりふらわあ」
枝広千鶴子 (1) 「退職金」
結城薫 (1) 「称呼番号一二九」
- 編集後記 『振槍』創刊号
引地正俊 (1) 「胎教」
富永邦夫 (1) 「亀の遺書」
寺本一雄 (1) 「戦中派」
ワタナベ ミチアキ (1) 「柱時計とマネキン人形」
勝元喜朗 (1) 「犬の孤独」 『立教文學』7号
平山城児 (1) 「松」
水谷清 (1) 「若い果実」
沢一人 (2) 「行進」
佐藤丈夫 (1) 「二兎物語」 『東北山脈』15号
すずき まさを (1) 「ちぎれ雲」
菅野博行 (1) 「襟脚」
三上善三郎 (2) 「アムール河附近」 『無名群』3巻2号
内山茂子 (1) 「霧の中」
横山利夫 (1) 「今日も明日も」
塩田一将 (2) 「硫酸」 『貌』3号
篠崎阿美 (1) 「ふたり」
岩下五郎 (1) 「河のみえる恋人の部室」
安田武 (2) 「少年自衛隊」ルポルタージュ
久藤達郎 (1) 「キヌ小伝」 『羊眼』2号
佐藤孝 (1) 「珠江」
浜中たけ子 (1) 「敗北」
水野茂一 (1) 「給仕」 『小田原文學』3号
大森澄 (2) 「警備隊」
青木千鶴子 (1) 「牛市」
原石寛 (2) 「淪落の倫理」
伊東修一 (1) 「影絵」 『東九州文學』8号
飯尾憲士 (2) 「黒い影」
山本進 (1) 「犬の周囲」 『新岩手文學』創刊号
茂木照夫 (2) 「マッカーサアと地下足袋」
滝山信 (1) 「もう一人の『私』」
吉成てる子 (1) 「海胆」
田村忠博 (1) 「磯根」
原春雄 (1) 「歯車」 『新思潮』12号
有吉佐和子 (2) 「盲目」
竹島茂 (2) 「老校長」
能島廉 (5) 「事実美談」
長谷川寛 (3) 「春雷」 『白痴群』9号
大瀬東二 (2) 「再会」
臼井国雄 (2) 「記憶」
柳弘行 (1) 「怠惰な心」
三木圭一郎 (1) 「きんもくせい」 『中部文學』1号
土佐久司 (1) 「春秋」
石原文雄 (1) 「暗い風」
布村寛 (1) 「遮断機」 『千里山文學』13号
195511月号 評者 平野謙 タイトル 同人雑誌評 総冊数60冊
小島直記 (1) 「夜の顔」 『幹』9月号
竹内和子 (1) 「斜面」 『内部』2号
石原千代 (1) 「新雪」
井口恵之 (1) 「砂丘」
高橋勇 (1) 「微笑」
高橋璋 (1) 「深夜」
荒木太郎 (4) 「科野路」連載 『文學者』61号
上坂高生 (2) 「宿題」
吉井徹郎 (1) 「征服者の妻」
河原冬蔵 (2) 「燻んだ絵」
田中亨 (3) 「貝殻」
大川内令子 (1) 「いとこ啓吉」
沼佐市 (1) 「女友達」
佐賀秀雄 (1) 「風の音」
加藤富康 (2) 「伴侶」
瀬田栄之助 (1) 「虚しい天」
岡田徳次郎 (2) 「しらゆき抄」 『作家』10月号
日秋七美 (1) 「犬のヨボ」
山下郁夫 (1) 「ぼた山」
荒川法勝 (2) 「飯篠長威斎覚書」
山田享 (1) 「青春の抵抗」
平川虎臣 (1) 長篇 『文學無限』7号
岩井寛 (1) 「変貌」
中島巌 (1) 「トライアングルの幻想」
駒井和夫 (1) 「その人たち」
落合博一 (1) 「流渦」
太田明 (2) 「老鶯」
高橋有恒 (3) 「実験動物」 『作品』9月号
勝又茂幸 (1) 「縄叩きの音」
広瀬進一 (2) 「白雨」
宝谷叡 (1) 「肖像画」 『姫路文學』50号記念特集号
東三平 (1) 「反吐」
左子栄寅雄 (1) 「秀吉と職之」
風真治 (1) 「谷間のさまよい」
貴船英太郎 (1) 「からまわり」
青海静雄 (1) 「信濃川」 『午前』創刊号
- - 『風土』創刊号
小川恵以子 (1) 「アマゾン河」 『位置』5号
- - 『文藝四季』14号
195512月号 評者 平野謙 タイトル 同人雑誌評
中村光至 (3) 「相聞歌」 『藝術季刊』創刊号
水芦光子 (1) 「火をつけにきた男」 『赤門文學』3号
段禎子 (1) 「遠い人」 『九州作家』10月号
二島清 (1) 「夜の抄」 『日通文學』10月号
猪野陽 (1) 「悪臭」
戸崎敏道 (1) 「彼岸」
水谷昭夫 (2) 「流刑」 『青銅』15号
山内昭一 (1) 「『暗い絵』論」評論
鎌原正己 (6) 「古墳群」 『文學草紙』50号
高市郁子 (1) 「七曲り峠」 『表情』2号
槫松弘 (1) 「瘤」 『∧』10号
野中堯 (2) 「酷しき神」 『秋大文學』13号
藤田繁 (1) 「タイヤ・クラウン」
佐々木信夫 (1) 「或る水死」
- 編集後記 『關學文藝』19号
黒田宏 (1) 「蛾」
和田浩明 (1) 「夕陽」
古森康弘 (1) 「執念」
多治川二郎 (3) 「雨」
沼田夏志 (1) 「捲る暦」 『千代田文學』3号
吉村泰 (2) 「暴力」 『白門文學』18集
田中信幸 (3) 「白い船体」 『法政文學』7号
菊田茂男 (1) 「マルクシズム藝術理論の動向」評論 『秋大文學』
澤令二 (1) 「柿の実」 『北の文學』創刊号
石井昭 (1) 「秋田平野」 『形象』3号
三原誠 (1) 「白い鯉」 『季節風』8号
高尾稔 (1) 「暗い春」 『城』3号(佐賀市)
田端重春 (1) 「就職カード」 『北陸文學』8号
森山純吉 (2) 「波紋」 『季節』4号
平岡篤頼 (1) 「天使との闘い」評論
周防叡二 (1) 「心猿」未完 『城』2号(兵庫県)
白木時 (1) 「青い流れ」 『詩と眞實』九州版77号
亀井勝一郎 (2) 随想 『詩と眞實』東京版7号
稲葉清輝 (1) 「傷あと」
利根川裕 (1) 「山貌日記」
松原加枝 (1) 「風物誌」
三木一雄 (1) 「卑屈な群れ」 『文學季節』11冊
冬木好 (3) 「落日」 『駱駝』4号
江澄弘美持 (1) 「脆い神経」 『新文藝』4号
松島久三 (2) 「閉ざされた時間」 『北狄』5号
高橋彰一 (5) 「夏日抄」 『信天翁』9号
町田吉雄 (2) 「再出発」 『運河』1号
中村樹代子 (1) 「浮藻の唄」
色川武夫 (1) 「夜風の縺れ」
佐藤光房 (1) 「風」 『非情』4号
西村喜邦 (1) 「犬」
竹岡準之助 (2) 「揺籃の歌」
田中悠 (2) 「流れの中で」 『前夜』6号
周享平 (1) 「帰島」 『文學世代』2号
加藤民男 (1) 「目覚めし人」


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1954年へ翌 1956年へ