同人雑誌評の記録
昭和45年/1970年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19701月号 評者 小松伸六 タイトル 問われる存在価値 総冊数110冊
推薦作
松尾亮 (1) 「ヤップ島ノート」 『AMAZON』86号(尼崎)
ベスト5 清水寥人 (9) 「風樹」 『上州文学』28号(高崎)
安光奎祐 (3) 「めくらかご」 『VIKING』226号(神戸)
小野一二 (8) 「ずたずたの他人」 『文芸秋田』16号(秋田県五城目町)
飯尾憲士 (10) 「他人との靭帯
―一瀬正二の殺人について
『詩と真実』11月号(熊本)
中沢正弘、山本直哉、立岡章平 「地方同人雑誌作家の主張」座談会 『層』31号(長野)
武田雄一郎 (7) 「消えた蜜蜂」
苫洲みつる (1) 「画家たち」 『北限』16号(札幌)
山本則雄 (1) 「雪しずり」
岩崎一枝 (1) 「真昼と少年」
木宮節子 (1) 「望遠鏡」
松居陽子 (4) 「移送」
加戸満 (1) 「水の精」 『葦』5号(大阪)
今村了介 (2) 「冷える」 『まほろば』16号(奈良)
槇俊介 (1) 「イルカの墓」
請川良太郎 (6) 「石の顔(連載・古都残照)」
松本修平 (4) 「健康椅子」
浜本純逸 (1) 「地方芸術文化振興会議」エッセイ 『凾』17号(広島)
藤本正文 (1) 「瞬間の美学」評論
木村逸司 (2) 「ある老サラリーマンの驚駭」
柴田陽一朗 (1) 「瑠璃蝶」
早川和子 (1) 「坂の下」
米花英子 (1) 「うなじ」
酒匂健四郎 (4) 「チベット村」 『文芸秋田』16号(秋田県五城目町)
多田晋 (1) 「芥川賞」批判巻頭言 『水晶群』2号(茨木)
多田晋 (1) 「烈静」
志田四郎 (1) 「文学的自叙伝(四)」
野田行雄 (2) 「泥土の章」 『九州文学』10月号(福岡)
山田敦心 (6) 「告発」
- 「白いゆうわく」 『北斗』9月号(名古屋)
畔柳二美 (2) 「或る戦中日誌(昭和十七年)」第一回目 『北方文芸』11号(札幌)
高野斗志美 (9) 「椎名麟三論」
中沢茂 (12) 「ひとりの賑やかさ」
一ノ瀬綾 (1) 「ある屈折」 『農民文学』77号(日本農民文学会)
平松敏雄 (1) 「長塚節の『土』と農民文学の展開」評論
草野繁 (1) 「子」
寺山輪造 (1) 「隧道」 『内海文学』39号(新居浜)
- 「編集後記」
桑田洋 (1) 「雪の降る夜」 『木鐸』創刊号(大阪)
- 「ちぎれ雲」
名仁一成 (1) 「望郷の海」
石月静子 (1) 「かわせみの宿」 『関西文学』11月号(大阪)
為季康幸 (1) 「零号室異聞」 『新文学』11月号(大阪)
戸塚裕子 (1) 「作家志望」 『塔』27号(浦和)
志村博子 (1) 「極めて遠く」
青木加寿子 (1) 「遠い空」 『文芸東北』10月号(仙台)
19702月号 評者 小松伸六 タイトル 学園紛争のあとから 総冊数116冊
推薦作
持田美根子 (8) 「赤い髪の男」 『華』12号(東京)
ベスト5 森葉児 (3) 「股嚢」 『外語文学』6号(大阪外語大)
一色るい (3) 「鈍色のプリズム」 『華』12号(東京)
福岡徹 (5) 「自刃」「軍神」連載完結 『作家』12月号(名古屋)
堀坂伊勢子 (6) 「半分嫌い」 『文宴』23号(津)
- - 『文芸首都』12月号・終刊
神谷忠孝 (7) 「早川三代治覚え書」エッセイ 『市民文芸』9号(帯広)
氷山暎 (1) 「虜囚の唄」
江田志麻子 (2) 「乾いた葬列」
津田浩治 (2) 「樺太じゃこ」
小高根高二郎 (1) 「伊東静雄研究」 『果樹園』165号(池田)
小川和佑(編) (2) 伊東静雄研究文献目録
関健二郎 (1) 「赤いメルヘン」 『塾生三田文学』2号(東京)
蛭田幼一 (1) 「空の飾り」
南川周三 (3) 「持続と断絶
―芸術の世代に関する三つのメモ
『日本未来派』133号(藤沢)
桑原史治 (1) 「まるでアイラーの/メロディーのよう」
田村さえ (2) 「碑」連載第一回 『碑』20号(戸田)
八幡政男 (5) 「巷のハレム」
葦水章吾 (1) 「ある午後の公園」 『高翔』1号(東京)
水沢未知 (1) 「他者の時間」
北杜夫、加賀乙彦、埴谷雄高、など 辻邦生特集
- 「おはるさん」 『裸』93号(大阪)
- 「集会」
- 「秋の思い出」随筆
- 巻頭言
宮越郷平 (1) 「河の村」 『角館文学』創刊号(秋田県角館)
夏津俊吾 (1) 「斜面の海」
黒坂源悦 (1) 「土芥」
高橋快亮 (1) 「通水完了」 『アマリリス』創刊号(東京)
- 「まわりみち」
瑞穂幸和 (1) 「再発」
林伯民 (1) 「風雪」 『医家芸術』11月(東京)
松本常雄 (1) 「おんな」 『宿』8号(木曽福島)
中野青史 (1) 「しおのみち」 『文芸三原』5号(三原)
三宅豊子 (1) 「湯呑茶碗」 『作文』77号(東京)
- 「男鹿半島、その日」 『たかだ』64号(高田)
- 「小さな店の話」随筆
- 「森の石松の銅像」随筆
北村謙次郎 (1) 「さまざまな思い出」
鈴木元義 (1) 「短い秋」 『文芸静岡』21号(静岡)
- 「レタスを食べる人」
- 「藤枝静男の文学にふれて」
袴田健志 (1) 「偽りの朝」 『蒼群』2号(福島)
松永徹 (1) 「期待」
白土惇 (1) 「夫婦」 『海岸線』9号(原町)
渡辺義昭 (8) 「青い自画像」
山口幸夫 (1) 「東大闘争のはざまで」 『ぶるじえ』創刊号(神奈川県大和)
稲村隆弘 (1) 「人間らしい生き方について」
石川弘 (2) 「ぬくもり」 『この道』12月号(埼玉県毛呂山町)
犬塚昭夫 (1) 「死時計の空間」 『文学大阪』10号(堺)
勝又光男 (2) 「贋創造記」詩論 『北海文学』44号(釧路)
- 「異端者」
- 「いか男と仁丹女」
大西雄三 (6) 「佐伯町内会長の憂欝」 『表情』14号(札幌)[個人誌]
大西雄三 (6) 「徒花」
辻史郎 (14) 「大鉄傘」 『小説家』8号(東京)
長谷川賢一 (1) 「壁の部屋」 『行人』14号(豊中)
西岡正彦 (1) 「虚構」
服部弘 (2) 「魚は、ミンナ死ね」 『裸形』25号(名古屋)
- 創作四篇 『飛騨作家』10号(高山)
中井正義 (12) 和田伝「平野の人々」名著再見 『文宴』23号(津)
伊藤文隆 (7) 「造花」 『蒼』6号
小坂部元秀 (5) 「或る詩人の死」
- - 『軸』創刊号(東京)
- - 『えちうど』創刊号(東京)
瀬田栄之助 (9) 「死の環」 『関西文学』12月号(大阪)
河内幸一郎 (1) 「嫁よこせ村長様」 『農民文学』78号(東京)
遠九立 (1) 「恐怖論」評論 『方向感覚』22号(東京)
島征三 (3) 「ジョホールの西」連作 『文芸復興』43号(東京)
菅原威 (2) 「リベート」 『文芸広場』11月号(東京)
乾尚 (1) 「その裏切りが心に重く」
福島保夫 (1) 「花の寺」 『文学圏』25号(東京)
三田村順次郎 (1) 「風の周辺」 『日本海作家』31号(福井)
才賀昭二 (1) 「バナナフィッシュに最良の日」 『蒼狐』11号(東京)
玉田南子 (1) 「愛玉の花」 『文芸風土』10号(別府)
今川徳三 (1) 「裸身」 『中部文学』3号(甲府)
小杉良蔵 (1) 「深沢七郎論」評論
佐和晋治 (2) 「ある卒業式」 『雑踏』36号(大阪)
楠山雅彦 (1) 「男水戸」
安田早苗 (1) 「キリエ・レイソン」 『現象』34号(東京)
古賀孝之 (4) 「無名への情熱」随想
桑原恭子 (8) 「街」 『作家』12月号(名古屋)
曽田文子 (8) 「愛について」
山村錦子 (4) 「雲の裂けめに」 『炎』20号(東京)
佐藤和子 (4) 「逝く母」 『文学者』12月号(東京)
梅本育子 (2) 「時雨の跡」連載
薬師寺章明 (8) 「野間宏論ノート」連載
轟龍造 (4) 「沈む声」 『九州文学』11月号(福岡)
稲葉清輝 (6) 「サム・サンデー・モーニング」 『でゆえっと』5号(川崎)
江夏美好 (15) 「下々の女」連載完結 『東海文学』39号(名古屋)
千賀正之 (4) 「あれ以来」 『創衛』4号(東京)
入江隆則 (2) 「病毒への複眼」評論
19703月号 評者 小松伸六 タイトル 大関のそろった正月場所 総冊数157冊(創刊号13冊)
推薦作
森岡諒 (1) 「扇状地の夏」 『山形文学』24集(山形)
ベスト7 鈴木久子 (1) 「医師の妻」 『風化』3号(福岡)
神野洋三 (10) 「消しゴム」 『文学者』1月号(東京)
森山純吉 (7) 「沢」 『白描』10号・終刊号(東京)
松元寛 (7) 「まだ来ない明日」 『歯車』18号(広島)
秋元喜久子 (1) 「蔵前」 『婦人文芸』32号(東京)
皆木育夫 (4) 「自主参加」 『動く力』100号(東京)
- - 『マニフェスト』13号(東京)
栖坂聖司 (1) 「田中英光の書簡」 『山形文学』24号(山形)
柴田道司 (3) 「赤い砂丘」
藤井治男 (1) 「動物園の午後」 『文芸生活』22号(東京)
佐藤治子 (2) 「奢れる夏の終りに」
新名規明 (1) 「予備校生たち」 『風化』3号(福岡)
橋本千佳子 (2) 「産道」 『瀬戸内文学』10号(香川県山本町)
松岡肇 (1) 「古田泰造氏の場合」
槍沢新太郎 (1) 「明日の流行」
前田利久 (1) 「椎名麟三私論」評論
秋田豊 (1) 「詩人の風土、田山花袋」 『山河』3号(浦和)
榎本了 (1) 「埼玉文学ノート」
松山壮二 (1) 「堤防にて」
山田敦心 (7) 「遁走譜」評論 『城』40号(佐賀)
大塚巌 (5) 「脱出者の文学」評論
野沢連 (1) 「島抜け」
轟龍造 (5) 「シーズンオフ」
石田みづき (1) 「奇妙な日曜日」
佐藤進 (9) 「メカゴの番兵」 『北狄』132号(青森)
岡本隆 (5) 「白い花」 『花』30号(東京)
- 「南通用門」
石原広 (1) 「玉手箱」 『青銅』2号(京都)
- 「王国についての小さな物語」「野苺」「ジョニー」
松原敏夫 (2) 「旧居」 『ふらて』7号(東京)[個人誌?]
松原敏夫 (2) 「鼾」「父の女」随筆
津山景子 (1) 「あにおとうと」 『日通文学』12月号(東京)
寺岡文太郎 (3) 「赤い風」
武田喜美子 (5) 「海と鉄と女」 『日通文学』1月号(東京)
山田昭夫 (8) 同人雑誌評 『北方文芸』1月号(札幌)
香田真由美 (1) 「水槽」 『新文学』1月号(大阪)
高村三郎 (2) 「走ればはずむおさげがみ」 『新文学』2月号(大阪)
高橋貞夫 (1) 「来訪者」 『人』3号(東京)
栗進介 (1) 「奴の話」 『軌跡』9号(東京)
山村里子 (1) 「思い葉」 『紅炉』19号(静岡)
水郷三輪子 (2) 「渦」
泉草路 (1) 「徳富蘇峰ノート(四)」連載
細川護貞 (1) 「贋作に学ぶ」 『日本談義』1月号(熊本)
美作太郎 (1) 「翻訳について」
高橋伯夫 (2) 「少女渇仰」
小林井津志 (7) 「二つの血」 『青』創刊号(小松)
山中百合子 (2) 「若き日」
山下七志郎 (1) 「合羽」
川田俊夫 (1) 「ひとりぼっちの冒険」 『作家』1月号(名古屋)
横井幸雄 (3) 「きつねには穴、鳥には巣」 『作家』2月号(名古屋)
竜三平 (1) 「稲垣家の崩壊」
庄司肇 (14) 「無名標本」 『日本きゃらばん』22号(千葉)
福田徹、など 小特集「“笑い”をめぐって」
結城亮一郎 (1) 「精液銀行」 『文芸山形』10号(山形)
長谷川佳 (6) 「きものについて」 『白描』10号・終刊号(東京)
高橋たか子 (1) 「骨の城」
松原三枝子 (1) 「吉本隆明論」評論 『歯車』18号(広島)
地川孝明 (1) 「沈黙と饒舌の間」評論
藤本仁 (3) 「倉橋島」
和田聖子 (3) 「水の城」 『婦人文芸』32号(東京)
朝日将臣 (1) 「雪乃」 『氷見文学』19号(富山県氷見町)
伊藤了一 (2) 「癌」
東海稔 (1) 「座敷牢」
田中清一 (1) 「徳田秋声と三島霜川」評論・連載一回 『翰墨』33号(東京)
酒井幸雄 (2) 「クレバス」
- 「華やかな風景」「父と私と」「黒い客」 『高知文芸』4号(高知)
松岡俊吉 (3) 「夢と日常」評論
西崎正彦 (1) 「泣き虫の歌」 『自動車労連』35号(東京)
竹崎昭夫 (1) 「ストイシズムの美学」評論・連載 『詩と真実』247号(熊本)
- 「踊り子」
川崎勤三 (1) 「さ迷う雲」 『新作品』26号(大阪)
石井潤 (1) 「裸体作品問題の変遷」 『銅鑼』21号(東京)
牧屋善三 (2) 「岡田三郎と私」 『北海道文学』28号(札幌)
武井静夫 (3) 「有島武郎関係人名録」
広沢康郎 (2) 「脂土」 『小説と詩と評論』75号(東京)
内山熊治 (1) 「序章」 『農民文学』79号(東京)
19704月号 評者 久保田正文 タイトル いまだ淡し 総冊数99冊(創刊号16冊・詩誌5冊)
推薦作
奥野忠昭 (2) 「空騒」 『新文学』3月号(大阪)
ベスト5 野村隆夫 (1) 「視界零」 『青鐸群』3号(東京)
山下和子 (6) 「雲のきれま」 『非非』創刊号(倉敷)
川崎彰彦 (2) 「霜錦館」 『燃える河馬』創刊号(大阪)
梅本育子 (3) 「時雨の跡」連載5回目・完結 『文学者』2月号(東京)
- 「編集後記」 『非非』創刊号(倉敷)
大月敏正 (6) 「穏やかな眠りを」
谷島昌司 (1) 「墓地改葬公告」 『青稲』創刊号(東京)
秋元有子 (1) 「波間より」
- - 『隠亡』創刊号(東京)
- 「編集雑記」 『燃える河馬』創刊号(大阪)
藤田洪基 (1) 「鴉の冬」 『中央文団』8号(東京)
伊藤ヤスクニ (1) 「白い傷痕」 『DARA』10号(富山)
- 「特集戯作談義」 『再現』37号(大阪)
- 創刊以来の収支決算表 『白描』終刊号(東京)
白垣詔男 (5) 「松原に」 『午前』21号(福岡)
八幡政男 (6) 「無分別」 『内海文学』40号(新居浜)
三浦外喜守 (1) 「失われた海」 『佐賀県文学賞入賞作品集』
森八郎 (1) 「薄明りの村」
山下喬子 (2) 「清涼里」 『文学者』2月号(東京)
祖川悦英 (1) 「神の回帰線」 『独楽』5号(東京)
水谷雅芳 (4) 「艦隊景気」 『創造と批評』17号(佐世保)
松本清張、藤井重夫、緒方昇、小沢栄太郎、杉森久英、など 木々高太郎追悼特集 『小説と詩と評論』76号(東京)
藤井千鶴子 (7) 「虚しくて明るい日」
御厨善定 (2) 「最後の回線」 『AMAZON』89号(尼崎)
北沢輝明 (2) 「道のむこう」 『室蘭文学』72号
向井豊昭 (5) 「掌のなかのつぶて」 『北方文芸』2月(札幌)
山田敦心 (8) 「友だち」 『九州文学』1月(福岡)
宮本勉 (2) 「切株」 『伊豆文学』10号(伊東)
永野浩一郎 (2) 「天の鶴影―故・横光利一先生の霊にささぐ」
門脇英鎮 (3) 「独身」 『日通文学』2月(東京)
- 短篇特集 『農民文学』80号(東京)
松本三郎 (1) 「葱をきざむ女」 『朱楼』冬号(浦和)
福山哲夫 (1) 「ドライ・フラワー」 『屋上』20号(松本)
都築清 (1) 「バス停の女」 『北斗』1月(名古屋)
三神ふさ (1) 「胸像」 『文芸広場』1月(東京)
白鳥崇 (1) 「放埓なる人々へのレター」 『寓話』2号(東京)
以下作品名のみの言及
横山和生 (1) 「金魚」 『無名群』36号(弘前)
小松桂子 (1) 「アラバスターの部屋」 『詩と真実』2月(熊本)
工藤喜美子 (3) 「夕光」 『眼』4号(京都)
邑井聚一 (1) 「回路」 『現代人』20号(東京)
長谷川秀男 (1) 「流木の目」 『楡』4号(札幌)
永友紗千子 (1) 「落暉」 『運河』2号(所沢)
狩野博幸 (2) 「犠牲祭」 『午前』21号
19705月号 評者 久保田正文 タイトル 春寒料峭 総冊数93冊(創刊号5冊・詩誌9冊)
推薦作
松田俊彦 (3) 「以上、進展せず」 『作家』3月号(名古屋)
ベスト5 由利浩 (13) 「蜘蛛」 『文学・現代』20号(横浜)
はら・てつし (2) 「信徒集団」 『軸』15号(名鉄文学会)
古谷敏夫 (1) 「三十才の冒険」 『カリオカ』6号(千葉)
田靡新 (5) 「夏よ急げ」 『十日』13号(大阪)
ベスト5と互角のもの
喜多哲正 (1) 「観察」 『評論』2号(東京)
三吉保 (2) 「ある遺族」 『カリオカ』6号(千葉)
田中冬二、岡崎清一郎、笹沢美明、大江満雄、など 『龍』50号(足利市)[詩誌]
高橋玄一郎、土橋治重、など 文章
松永伍一 (1) エッセイ 『亜ふれる』創刊号(東京)[詩誌]
荒川洋治 (1)
柴田瞭 (2) 「雑談1」エッセイ 『とうしろ』1号(川崎)
- - 『碑』創刊号(発行所不明)
- - 『えちうど』創刊号(川崎)
- - 『世紀』創刊号(東京)
- 終刊記念号 『文藝首都』終刊号
松山春雄 (1) 「酒徒」 『作家』3月(名古屋)
横井幸雄 (4) 「きつねには穴、鳥には巣」 『作家』2月号(名古屋)
龍三平 (1) 「稲垣家の崩壊」
室井肇 (2) 「直衣の人」 『文学・現代』20号(横浜)
鴫野英彦 (1) 「裁判とは何か―東大裁判をもとにして―」評論 『評論』2号(東京)
有馬弘純 (1) 「漱石・その現実と文学」評論
木島靖夫 (1) 「覇者」 『十日』13号(大阪)
井上武彦 (13) 「生きる」 『東海文学』40号(名古屋)
塙作楽 (2) 「裏ちょう」 『現代と文学』2号(東京)
金達寿 (1) 「金嬉老なる人間」
日野善太郎 (1) 「煙も見えず」 『AMAZON』90号(尼崎)
浅田晃彦 (6) 「それは不可能だ」 『小説と詩と評論』77号(東京)
阿部貢 (2) 「天皇と死」 『仮説』9号(柏)
池田和 (1) 「沈年」 『新沖縄文学』15号(那覇)
山川強一 (4) 「冬の夜の酒」 『文芸山口』65号
川村慶子 (1) 「めのこユーカラ」 『冬濤』33号(旭川)
佐藤喜一 (14) 小熊秀雄の調査
槇島信 (3) 「幻の花」 『文学圏』26号(東京)
荒尾城介 (1) 「暗い部屋」 『新未来』39号(東京)
寺門孝徳 (3) 「冬の歌」 『文芸広場』2月(東京)
荒木栄司 (4) 「残照」 『日本談義』3月(熊本)
青木実 (2) 「金昌植」 『作文』79号(東京)
吉岡康 (2) 「樽の中を駆ける狐」 『留萌文学』41号
柚木衆三 (3) 「村上国治のこと」
松岡智 (4) 「黒い地肌」 『荒野地帯』8号(熊本)
小島すみ (1) 「ひこばえ」 『農民文学』81号(東京)
高橋百代 (2) 「死の対話」 『詩と真実』3月(熊本)
平野欽子 (5) 「イチゴの首」 『関西文学』3号(大阪)
森田定治 (8) 「硝子戸の外から」 『九州文学』2月(福岡)
三好文夫 (11) 「濁り水よ去れ」 『愚神群』3号(旭川)
以下作品名のみの言及
三木一雄 (4) 「岬の人」 『久留米文学』17号
松田悦夫 (2) 「シルエットのように」 『文学無限』35号(東京)
面川弥智子 (1) 「あるぜんちな丸」 『河口』(郡山)
山本真一郎 (1) 「お夏ヶ浜」 『静岡作家』2号
瀬戸秀平 (1) 「なにが幸福なのか」 『群盗』16号(東京)
倉持正夫 (5) 「矩形の家・小鳥たち」 『古代都市』12号(東京)
19706月号 評者 久保田正文 タイトル 見わたすかぎり 総冊数109冊(創刊号9冊・詩誌6冊)
ベスト5 小野里良治 (10) 「真夜中の貨物列車」 『上州文学』29号(高崎)
小木曽新 (3) 「泉のために」 『作家』255号(名古屋)
広野照海 (1) 「検診」 『地下水』2号(所沢)
松木修平 (2) 「熔接職人」 『まほろば』17号(奈良)
小林勝美 (1) 「烏の歌」 『全電通作家』19号(東京)
三木一雄 (5) 「岬の人―江口章子の生涯―」 『燐』創刊号(久留米)
山本憲明 (1) 「雲にのりたい」 『EREKTION』創刊号(東京)
中脇修 (1) 「悪夢」 『紙魚』創刊号(東京)
東海林真 (3) 「秘境の人」 『鷺師』創刊号(東京)
- - 『宝島』創刊号(東京)
- - 『FUNN』創刊号(豊橋)
- - 『紀州文学』創刊号(和歌山県)
- - 『ひとり』創刊号(三重県)
清水寥人 (10) 「機関車のある風景」 『上州文学』29号(高崎)
信沢貢 (2) 「炎の笑い」
新道真太郎 (3) 「病衣群像」
豊田穣 (16) 「海鳴り」 『作家』255号(名古屋)
吉見紀子 (1) 「流れの中で」 『全電通作家』19号(東京)
園村昌広 (1) 「テンドロリア式心中」 『詩と真実』250号(熊本)
石海照子 (2) 「幻の梅屋敷」
麻けい (2) 「唐物」 『まほろば』17号(奈良)
小出悦生 (1) 「北風」 『龍舌蘭』33号(宮崎)
岡部哲夫 (3) 「寒菊」
伊藤伸司 (2) 「職工紀行」 『舟』20号(鈴鹿)
板垣昭一 (1) 「席」 『はくぼく』20号(鶴岡)
立松由記夫 (1) 「黒い呪縛」 『宴』9号(東京)
臼井国雄 (7) 「隠花植物」
中山士朗 (4) 「光の檻」 『文学者』4月(東京)
中山士朗 (4) 「消霧燈」 『作家』3月号
石田耕治 (4) 「影について」 『安芸文学』28号(広島)
越智道雄 (6) 「裸の巣」
中島秋男 (1) 「幻影」 『風群』10号(神戸)
下大路由佳 (3) 「アラベスク」
荒木精之、など 300号記念 『九州文学』300号(福岡)
山田敦心 (9) 「幸福のやうに」
乗田貞蔵 (1) 「暗い眠りの時」 『北狄』134号(青森)
山下郁夫 (7) 「望郷」 『塔』47号(大牟田)
源哲麿 (3) 「同宿者」 『海塔』2号(横浜)
木暮克彦 (4) 「軽便剃刃への梗概」 『北斗』13号(東京)
日向野豊司 (4) 「少年の罠」
鈴木正苗 (8) 「傷ついた冬」 『状況』9号(岡崎)
豊田一郎 (4) 「太陽は東に」 『星座』23号(東京)
前田功 (2) 「ゆずり菊」 『文芸広場』3月(東京)
中川静子 (3) 「土俗的なものの中で」 『徳島作家』14号
松原真理子 (2) 「ヨハネたち」 『新文学』4号(大阪)
土方静江 (2) 「谷間の部屋」 『日通文学』4月号(東京)
梶野豊三 (4) 「三日月のコスチ」 『半世界』25号(東京)
吉田時善 (3) 「紐の長さだけの飛行」
田畑麦彦、川上宗薫、佐藤愛子、など 荘司重吉追悼特集
生保内育 (1) 「海への道」 『1970』3号(甲府)
石井尚史 (1) 「裏切られた喜劇」 『やまなみ』24号(東京教育大附属駒場高校)
石井尚史 (1) 「70年アンポ」評論
中原極太郎 (2) 「破壊の裡に恍惚となる」 『NAG』別冊(東京)
- 「農業とは何か・農民とは何か」エッセイ特集 『農民文学』82号(東京)
- 「農民は訴える」座談会 『日高文芸』4号(北海道平取町)
浜辺章太郎 (1) 「われらは『犯罪』を犯し続けるであろう」法廷冒頭陳述 『新文学』
松井恭平 (1) 「葉山嘉樹の晩年」 『北斗』3月(名古屋)
以下作品名のみの言及
久保島保 (1) 「少年時代」 『片掬』8号(甲府)
梶千秋 (3) 「雨」 『甍』3号(東京)
飯島達雄 (1) 「幼年」 『小説と詩と評論』78号(東京)
19707月号 評者 林富士馬 タイトル 同人雑誌読みの娯しみ 総冊数92冊(創刊号3冊・詩誌7冊・小説単行本2冊・個人詩集2冊)
推薦作
佐伯道子 (1) 「ゆずり葉の章」 『日本海作家』32号(福井市)
ベスト5 和島貴司 (1) 「墓石にとまった小鳥たち」 『東濃文学』5集(多治見市)
雨宮正衛 (7) 「落日国の油田」 『秋田文学』40集(秋田市)
津本陽 (2) 「恋の涯」 『VIKING』232号(芦屋市)
青木哲夫 (1) 「個室のメシア」 『原点』13集(松山市)
首藤俊明 (5) 「年溜り」 『芸文』(月刊、東京)
金子珪一郎 (1) 「ヴェテラン作家の活躍」同人雑誌批評
- - 『出水文化』15号(鹿児島県出水市立図書館内)
雨宮正衛 (7) 「人見蕉雨」 『秋田県選抜文学作品集』
中野美代子 (4) 「ゼノンの時計」 『北方文芸』5月号(札幌市)
川嶋至 (3) 「川端康成点描」
大島直 (1) 「午睡の妊婦たち」 『蒼い馬』3号(弘前市)
安藤俊子 (1) 「紙の花」 『東濃文学』5集(多治見市)
堀滋美 (2) 「信州高原」連載第三回
杉原丈夫 (5) 「望郷」 『日本海作家』32号(福井市)
岩消襄太郎 (1) 「易断南窓楼」 『文芸復興』44集(東京)
庄司肇 (15) 「夜のあけたとき」 『新制作』2号(千葉市)
真殿皎 (2)
宗谷真爾 (8) 「地獄考」評論
中田耕治 (5) ヘミングウェイ論ノート「老人と海」について評論
久保龍 (2) 李白詩「酔夢繚乱」を中心にした文章
藤井重夫 (11) -
桜井宏成 (3) 「暗転」 『花』31集(東京)
19708月号 評者 林富士馬 タイトル 雑多な世界 総冊数140冊(創刊号14冊)
推薦作
荒川義清 (1) 「不信感」 『機関車文学』38号(国鉄動力車労組本部内機関車文学会・東京)
ベスト5 杉田瑞子 (4) 「小舟で」 『文芸秋田』17号(秋田県五城目町)
悦田喜和雄 (7) 「おいらく」 『四国文学』48号(徳島市)
北村長史 (1) 「廊下をつっ走れ」 『教育評論』(日本教職員組合情宣局・東京)
堀坂伊勢子 (7) 「幻の港」 『文宴』25集(津市)
- - 『留音讃須』(ルネサンス)
大城立裕、米須興文、江藤淳 「現代における文学と思想」座談会 『新沖縄文学』16号/春季号(那覇市)
浜岡独 (2) 「傷ついたやもり」
譜久村雅捷 (2) 「ジョージの沖縄」
あしみね・えいいち (1) 「コツテキ咲く男」
高山泰彦 (2) 「メルクリウスの城」 『文芸秋田』17号(秋田県五城目町)
佐藤公一 (1) 「老いたる町の」
河邨文一郎 (1) 「白鳳の華」舞踊詩劇・再録 『北方文芸』6月号(札幌市)
高野斗志美 (10) 「倉橋由美子論」評論
福本和夫 (1) 「幸田露伴」評論
菅原政雄 (4) 「イヌガラシモドキ茂れる」
- 特集「農村のなかの都市」会員の短文 『農民文学』84号
亀岡敏恵 (1) 「宇水さんのこと」随筆 『四国文学』48号(徳島市)
中川秀雄 (1) 「ある助教」 『教育評論』(日本教職員組合情宣局・東京)
柴田幸保 (1) 「暗転の舞台で」
麦朝夫 (1) 「わりあて」
原忠義、広畑周子、など
石川幾太郎 (5) 「ペン」 『文宴』25集(津市)
豊田穣 (17) 「ロシアの南」 『作家』6月(名古屋)
洲之内徹 (6) 「雨の多い春」 『文学草紙』68集(東京)
鬼頭恭而 (9) 「呟言(つぶやきごと)
町田志津子 (2) 「杏三伯父」
八並誠一 (1) 「ある湖畔の宿で」
- 富永次郎君追悼
- 宮崎丈二追悼 『この道』6月(東京・新しき村)
- 池上信一追悼 『小説会議』32集(東京)
- 「編集後記」 『新人文学』4集(大阪市)
- 「道化の大声、もしくは溜息」
- 「りんね」
村松千代 (1) 「廊下の曲り角」 『小説と詩と評論』80号(東京)
中村光至 (8) 「雪の失踪」 『南方文学』創刊号(福岡市)
- 「あとがき」
以下作品名のみの言及
藤井泰輔 (1) 「崖」 『文学地帯』36集(大阪市)
原田種夫 (8) 「評伝、女人漂泊(北原白秋前夫人、江口章子)」 『九州文学』5月号(福岡市)
西山安雄 (8) 「しょぼくれ」 『散文芸術』創刊号(東京)
大木坦 (1) 「表札」 『碑』21集(東京)
鈴村満 (4) 「バンザイおじいちゃん」 『福島文学』2号(福島市)
薗部一郎 (4) 「学生封鎖がやってくる」
森光洋子 (1) 「暗きより」 『どまんなか』4集(京都市)
槇昭三 (1) 「どこの馬の骨」 『野田文学』13集(野田市)
堀川潭 (16) 「東京の蝸牛は籠の中に」 『文学生活』67集(東京)
19709月号 評者 林富士馬 タイトル 千差万別 総冊数120冊(創刊号11冊)
推薦作
泉三太郎 (1) 「絵葉書」 『文学者』7月号(東京)
ベスト5 瀬田栄之助 (10) 「禿鷹のように」 『人間像』85集(北海道)
野村隆夫 (2) 「実は、私……」 『青鐸群』4集(東京)
深草獅子郎 (1) 「哀歌」 『歯車』19集(広島市)
小松宰 (1) 「衝動(あるいは、ひらがなとカタカナと漢字と若干の記号によるぼく自身の生の、シュールな、現象学的な、実存的な表出の試み)」 『内的冒険のためのプロローグ』
- - 『愛生』(月刊、長島愛生園慰安会)
- - 『製鉄文化』(新日本製鉄株式会社福利課)
- 創刊百号記念特集 『裸』
中野好夫 (1) 徳富蘆花「みだれあし」の考証 『日本談義』7月(熊本市)
森本忠 (5) 「インサイダー」連載第九回
坂崎善之 (1) 「蝉の声」
小松桂子 (2) 「富士の見える窓」 『詩と真実』7月号/253号(熊本市)
吉津真由美 (2) 「風に逃げる」
伊吹六郎 (1) 「残照のなかで」連載随筆2
三枝和子 (9) 「扉の外には霧が……」 『文学者』7月号(東京)
網代浩郎 (2) 「ナイフ」
沢井準子 (1) 『歯車』19集(広島市)
松原三和子 (1) 「可視の論理(唐十郎論への試み)」評論
千原武英 (1) 「タブリナーズ、出版事情と最初の宣言」評論
地川孝明 (2) 「椎名麟三〈懲役人の告発〉をめぐって」評論
松元寛 (8) 「パラダイス・ロースト」
木村逸司 (3) 「公園の会話」 『文都広島』10集(広島県)
- 「編集後記」 『青鐸群』4集(東京)
後藤光正 (1) 「ある老作家の晩年」随筆 『橋』18集(飯田市)
山内博之 (1) 「がらんどうは歌う」 『風葬』3号(大阪市)
津川武一 (7) 「母」 『弘前文学』41集(弘前市)
- 「内的冒険のためのプロローグ、全体のためのプロローグ」 『内的冒険のためのプロローグ』
奈良茂 (1) 「ノート、発端への錯乱(言葉から私へ 私から言葉へ)」
西村博一 (1) 「四つの序章」
佐藤大作 (1) 「人の原稿を餌にして」
星川道之助 (13) 「定年の周辺」 『四人』14集(東京)
197010月号 評者 駒田信二 タイトル 新人待望 総冊数141冊(創刊号11冊・詩誌6冊)
ベスト5 轟竜造 (3) 「昨日の花火」 『九州人』7月号(北九州市)
沢英介 (1) 「Parnassia Triangurata Maeno」 『階段』10号(館林市)
向井豊昭 (6) 「鳩笛」 『日高文学』5号(北海道沙流郡平取町)
浅岡邦雄 (2) 「不協和音」 『セントポール文学』25号(立教大学文芸部)
長田景 (1) 「埋立島にて」 『現象』35号(東京)
水原悠子 (1) 「揺れる」 『肌』創刊号(富山県滑川市)
中野美代子 (5) 「文芸評論家の文章―拙作「ゼノンの時計」をめぐる二つの誤読―」 『北方文芸』8月号(札幌市)
大岩鉱 (6) 「帰郷」 『農民文学』7月号(東京)
一ノ瀬綾 (2) 「奪う者」
堂本万里子 (7) 「マリアさま」 『洞』2号(東京)
三枝市子 (1) 「白い月」 『詩と真実』8月号(熊本市)
細木常夫 (3) 「楕円形の視野」 『鶏口』4号(東京)
花井俊子 (7) 「通り魔」 『作家』8月号(名古屋市)
下田徳幸 (1) 「叙勲」 『九州文学』7月号(福岡市)
植松要作 (1) 「風やまず」 『村山文学』2号(山形県村山市)
海崎章子 (7) 「アダンの樹の下」 『日本談義』8月号(熊本市)
埴谷雄高、(聞き手)斎藤末弘、宮里政充 「死霊について」座談会 『たね』11号(東京)
- 「梅崎春生特集」 『文宴』26号(津市)
佐多稲子 (1) 「梅崎春生さんのこと」
藤井重夫 (12) 「ウメさんと私」
若杉慧 (1) 「幻化の人」
梅崎光生 (11) 「春生・その周辺」
梅崎恵津 (1) 「散歩道から」
以下作品名のみの言及
馬場武次郎 (3) 「冬のおわり」 『閑』10号(東京)
中村英雄 (4) 「老情」 『季節風』53号(東京)
市尾卓 (7) 「あるタミール娘」
豊田亮 (1) 「砂の底」 『米子文学』17号(米子市)
塩見佐恵子 (5) 「狸」
松田達郎 (2) 「菊」 『風群』11号(神戸市)
今橋亜紀子 (1) 「洞窟の向こうがわ」 『新文学』8月号(大阪市)
曽田文子 (9) 「冷たい雨」 『作家』
誉田晴標 (1) 「未来の想出」 『守護神』4号(東京)
三浦佐久子 (1) 「晩い夏の旅」 『文学者』8月号(東京)
小松久枝 (1) 「気がかりな鳥たち」
益子千代 (4) 「富士と菜の花」 『蜂』10号(松戸市)
197011月号 評者 駒田信二 タイトル 現代の憂欝と孤独 総冊数116冊(創刊号13冊・詩誌8冊)
ベスト5 三樹青生 (1) 「終曲」 『外語文学』7号(東京)
中沢茂 (13) 「太陽叩き」 『北方文芸』9月号(札幌市)
福島保夫 (2) 「棘(とげ)」 『文学圏』28号(東京)
吉津真由美 (3) 「さよなら」 『詩と真実』9月号(熊本市)
市村光 (1) 「処女懐胎」 『日通文学』9月号(東京)
角野昌行 (1) 「うずくまる影」 『雹』創刊号(東京)
安部隆広 (1) 「襲撃」
稲田定雄 (2) 「紙の爆弾」 『外語文学』7号(東京)
以下作品名のみの言及
渡辺行夫 (2) 「黄櫨記」 『文芸復興』45集(東京)
森田定治 (9) 「ピエロA」 『九州文学』8月号(福岡市)
羅木利夫 (1) 「ふいの別れ」 『かたつむり』5号(松戸市)
197012月号 評者 駒田信二 タイトル 印象に残った今年の作品 総冊数98冊(創刊号6冊・詩誌5冊)
ベスト5 井川久 (4) 「戦後動員」 『山形文学』25号(山形市)
森志斐子 (14) 「無名写真館」 『小説と詩と評論』10月号(東京)
桑原恭子 (9) 「風の記憶」 『作家』10月号
水戸英宣 (2) 「晴れた丘の上から」 『文芸北国』17号(旭川市)
下村晴 (2) 「たそがれ」 『詩と真実』10月号
堀巌 (4) 「アメリカ大使館の白い壁(その三)」
「コロッケなら五箇」など
『AMAZON』96号
秋元藍 (2) 「眠られぬ夜の旅(その五)」 『日本きゃらばん』23号
庄司肇 (16) 「唐十郎論」評論
伊藤章雄 (1) 「転落と復活―私の高村光太郎論―」評論
中村一三 (2) 「冴えない祝日」 『玄海派』8集(唐津市)
- 「編集後記」 『小説と詩と評論』10月号(東京)
一条直行 (1) 「無告の人」 『日通文学』10月号
五十嵐崇夫 (2) 「爆破」 『断絶』43号(東京)
藤森司郎 (3) 「除夜・一九六九年」 『軌跡』11号(東京)
図子英雄 (4) 「万年坊や」 『原点』14号(松山市)
河村健太郎 (4) 「ほけまい」 『九州人』10月号(北九州市)
広重聡 (1) 「をんな運」 『VIKING』237号
山川力、牧野法郎、藤本英夫、小笠原克、沢田誠一 「現代においてアイヌ問題とは何か」座談会 『北方文芸』10月号
藤本英夫 (1) 「もう一つの“北方領土”」
違星北斗、バチェラー八重子、森竹竹一 「アンソロジー・近代アイヌ文学三人集」詩・歌・文章
長見義三 (1) 「ほっちゃれ魚族」昭和十年発表
藤沢清典 (3) 「雪虫の次は雪」
- 「高野悦子さんの手記」手記 『那須文学』9号(栃木県西那須野町)
今年度の振り返り(各月で触れられたもの以外)
白石一郎 (1) 「孤島の騎士」 『南方文学』(福岡市)
瀬田栄之助 (11) 「病室にて」 『人間像』(北海道岩内郡共和村)
菅原寛 (4) 「支木なし地色は夜」連載完結 『奥羽文学』(大館市)
鈴木俊平 (10) 「真夜中のぶらんこ」連載中 『文学者』
秋元藍 (2) 「眠られぬ夜の旅」連載中・短篇連作 『日本きゃらばん』(木更津市。その他)
堀巌 (4) 「アメリカ大使館の白い壁」連載中・短篇連作 『AMAZON』
富士正晴 (7) 「竹内勝太郎の形成」評論・連載中 『VIKING』
森常治 (11) 「限定された序章」評論・連載中 『文学者』
- - 『層』10号・終刊(東京)
- 吉田定一追悼特集 『文学雑誌』48号


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1969年へ翌 1971年へ