同人雑誌評の記録
昭和62年/1987年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
19871月号 評者 松本徹 タイトル 同人雑誌のかけがえなさ 総冊数98冊(創刊号4冊)
ベスト5 梅原勝己 (4) 「能天気にGOOD-BYE」 『安芸文学』53号(広島)
杉本利男 (6) 「唐変木」 『かいだん』2号(東京)
江守善三 (9) 「動物園にて」 『カンナ』115号(鹿児島)
昆道子 (9) 「青葉」 『碑』47号(埼玉)
安東晴子 (6) 「鎖の輪」 『蜂』10月号(横浜)
島尾敏雄 (2) 「続夢日記」連載・第二十一回 『カンナ』115号(鹿児島)
松山春雄 (11) 「神様とのお付合い」 『作家』11月号(名古屋)
芦野信司 (2) 「腕」
吉野孝治 (3) 「波濤の中へ」 『槇』9号(千葉)
宮川ゆみ (1) 「靴裏の冬」 『北方文芸』10月号(札幌)
稲石高章 (1) 「流砂」 『槇』
千葉裕子 (1) 「滑走路の夏」 『昴の会』2号(札幌)
倉永洋 (3) 「渇き」 『雪溪文学』13号(大阪)
原口理恵 (1) 「枯れ川」 『樹林』10月号(大阪)
星野貞治 (7) 「勘定」 『新風土』34号(小平)
神鯨一也 (2) 「炎の中の眠り」 『塔』86号(大牟田)
中村靖子 (1) 「蛇」 『槇』
茅ヶ野玲子 (1) 「リンの話」 『まくた』9巻10号(東京)
大出きたい (6) 「クロの死まで」 『じくうち』11号(東京)
浜田紀子 (6) 「少佐のシェード」 『VIKING』430号(芦屋)
- 「藍の里へ」 『くろ』4号(東京)
いしいあいこ (1) 「街角」 『まくた』
中島治 (3) 「公園の午後」 『八月の群れ』11号(枚方)
望月敦子 (12) 「はるかな声遠い声」 『蜂』10月号(横浜)
今井美嶺子 (2) 「胸を叩く音」 『昴の会』
寺元敏胤 (2) 「坂のある夕景」 『麹町文学』57号(東京)
磯貝治良 (14) 「〈はん〉の火」 『架橋』7号(愛知)
- 「竹内勝太郎の日記」連載八十四回・完結 『VIKING』428号
小島輝正 (13) 「関西文脈人脈」連載五十三回・完結 『樹林』
以下作品名のみの言及
一見幸次 (3) 「魔女の一撃」 『海』34号(四日市)
内田京子 (6) 「凝視」 『豊中文学』15号(豊中)
西口克子 (1) 「白い季節」 『AMAZON』270号(高槻)
生川初恵 (1) 「薄闇」 『樹林』
三角晃 (1) 「ボクの場合」 『塔』
岡田忠彦 (1) 「鴉」 『雪溪文学』
下村益夫 (2) 「六一五号室」 『地平線』2号(国分寺)
藍崎道子 (2) 「汗馬」 『こみゅにてぃ』17号(東京)
佐藤繁子 (1) 「戦友」
安西昌原 (4) 「セミナリヨの秋」 『よんかい』70号(東京)
楠原富美子 (1) 「別離」 『婦人文芸』55号(東京)
三鈴千代子 (1) 「仕掛花火」
飯島みさ子 (1) 「ハルビン挽歌」
浅見利子 (4) 「江岸雑記」 『碑』
本多美智子 (2) 「猛獣の夢」 『作家』
島夜風子 (1) 「ワンタイム三千ドル」 『文芸沖縄』6号(沖縄)
方外広 (1) 「外人街の夜」
稲垣冨陽 (1) 「むら雲」 『斜拗』2号(愛知)
中村英雄 (16) 「生還」 『季節風』80号(東京)
成清良孝 (8) 「ある支局記者の場合」
北川新治郎 (1) 「爆ぜる夏」 『帆』3号(茅ヶ崎)
坂上祐三 (2) 「風の形見」
平野郁代 (2) 「椿の宮」 『現代文芸』36号(武蔵野)
19872月号 評者 松本徹 タイトル 今日的問題と取り組む 総冊数118冊(創刊号2冊)
ベスト5 堀巖 (13) 「沙魚釣りに」 『AMAZON』271号(高槻)
森谷今日子 (1) 「赤い踊り」 『蟹』6号(札幌)
岸田淳子 (4) 「影踏み」 『あしたば』6号(津)
柳光昭 (2) 「あめりか橋」 『作家』12月号(名古屋)
楢信子 (10) 「野の花」 『双鷲』26号(八王子)
山崎楽子 (1) 「秋光」 『文苑』25号(京都)
平井利恵 (1) 「灰色の石が見える」 『クルー』創刊号(大阪)
波佐間義之 (12) 「黄昏の館」 『西域』7号(福岡)
黒田梅子 (4) 「現川」 『虹』412号(佐世保)
豊田一郎 (28) 「ディオギネスの丸太小屋」 『小説家』61号(東京)
上坂紀夫 (2) 「港町にて」 『日本海作家』88号(福井)
沖塩徹也 (1) 「少年の目」 『駟路』4号(姫路)
七条貞之 (2) 「風鈴の海」 『風化』12号(福岡)
岡村嘉作 (10) 「朝のうたげ」 『燔祭』29号(新宮)
深野いと (2) 「薪山」 『午後』55号(横浜)
田中章恵 (2) 「燕」 『ラマンチャ』43号(府中)
小原巳恵子 (1) 「冷たい雨」 『飛翔』24号(東京)
多田尋子 (4) 「逆光」 『蜂』11月号(横浜)
木村和彦 (2) 「Blue Autumn」 『海峡派』47号(北九州)
都満州美 (1) 「触発された魂」 『よんかい』72号(東京)
八木洋見 (1) 「オレンジ色の夏」 『目白文学PARTII』3号(茅ヶ崎)
松本七子 (1) 「南無街(ナムジュ) 『白いノート』41号(長野)
藤井数義 (2) 「盡忠錬成所」 『近代風土』26号(東大阪)
西山梅生 (6) 「檻の中」 『関西文学』12月号(大阪)
三田村博史 (8) 「常世の国」 『文芸中部』15号(愛知)
嶋津義忠 (2) 「ジュロウ」 『文学横浜』15号(横浜)
杉英生 (1) 「公園の住人」 『蕾』2号(東京)
浦野興治 (1) 「笑宅」 『早稲田文学』12月号(東京)
村田しずえ (1) 「妹」 『まくた』11月号(東京)
仙波ひろ子 (1) 「風待ち」 『蟹』
北江青 (3) 「島の手前」 『北方文芸』11月号(札幌)
増沢一平 (3) 「大震災始末記」 『曙』17号(横浜)
有賀史 (2) 「星より遠く」 『上州文学』75号(高崎)
中島道子 (4) 「血」 『日本海作家』
高橋かふみ (1) 「虹の襤褸」 『黎』41号(札幌)
山本梧郎 (11) 「チョゴリが哭いている」 『小説家』
大田正紀 (1) 「花火」 『新文学山河』9号(滋賀)
松原敏夫 (12) 「ある日」遺稿 『文人』11号(東京)
由利大作 (3) 「黄色い眼―哀悼玉貫寛」 『文脈』116号(松山)
- 「和田傳特集」 『農民文学』199号(東京)
- 細田源吉、宮地嘉六、竹森一男のこと 『文芸復興』80集(東京)
長井魁一郎 (8) 「日本談義小説史稿」 『新地方派』4号(熊本)
以下作品名のみの言及
難波田節子 (10) 「紅雀」 『よんかい』71号(東京)
高山としえ (1) 「こぶしの花」 『朱流』8号(千葉)
平山博道 (3) 「影を求めて」 『松柏』54号(市川)
秋野彰夫 (1) 「蜂」 『作家』
橋本裕 (3) 「北国」
益池成和 (1) 「忘れもの」 『クルー』
稲垣瑞雄 (16) 「伊南川」 『双鷲』
川道圭 (1) 「仲間」 『紙風船』4号(長崎)
菊池俊 (5) 「かいつぶり」 『信天翁』9号(綾瀬)
村井修 (1) 「めぐりあい」 『蒼溟』32号(東京)
近藤許子 (3) 「裸木」 『文芸中部』
谷川朝子 (4) 「夏」 『まくた』
松本太吉 (1) 「熱い雪」 『筑豊文学』8号(福岡)
19873月号 評者 松本徹 タイトル 職業の消長 総冊数118冊(創刊号8冊)
ベスト5 森屋耀子 (7) 「沼の見える家」 『文芸生活』82号(東京)
荒木太郎 (9) 「靄の中の橋」 『日暦』81号(東京)
奥野渉 (5) 「海へ出て鳥雲に」 『遡河』21号(東京)
原口真知子 (1) 「金のナイフ」 『午前』43号(福岡)
山入端信子 (1) 「顔がない」 『脈』28号(那覇)
川上杏子 (3) 「春の病葉」 『河』19号(東京)
原田圀彦 (3) 「日の影」 『遍歴』6号(宮崎)
小山勝樹 (1) 「日障(ひぞえ) 『饗宴』1号(東京)
小山登姉子 (2) 「白のフーガ」 『中央文学』11月号(東村山)
高尾まこと (2) 「日々の泡」 『全電通文学』3号(埼玉)
十市梨夫 (4) 「土に魅せられた女」 『なんと』14号(南国)
愛知哲 (3) 「絶望のスパゲティ」 『黄色い潜水艦』6号(枚方)
中丸美繪 (1) 「当世翔女気質(とうせいすちゅわーですかたぎ) 『まくた』12月号(東京)
福間進 (1) 「安息地(ネルワナ) 『河』19号(東京)
曾根聖 (1) 「泥だらけの道程」 『中央文学』
河合泰子 (1) 「サミット・マンション501」 『海塔』19号(大和)
大谷史 (2) 「紋」 『砂』10号(名古屋)
佐方希与子 (1) 「夢の模型」
武蔵愛子 (2) 「遠い記憶」 『積木』2号(神戸)
- 特集「琉球芸能への視点」 『脈』28号(那覇)
又吉栄喜 (1) 「水棲動物」 『季刊おきなわ』4号(宜野湾)
明石善之助 (2) 「山頂」 『午前』43号(福岡)
牧川史郎 (12) 「枯萩」 『半獣神』43号(大阪)
森暁子 (1) 「椎が本」 『時間と空間』19号(町田)
大島むら枝 (1) 「引潮」 『文芸村』12号(東京)
たかぎてつお (5) 「人を待たず」 『小駅』創刊号(志木)
難波田耕 (1) 「別れ雪」 『文学草紙』87号(東京)
谷田達彌 (7) 「夫婦」
九野民也 (1) 「夏がおわって」 『VIKING』431号(芦屋)
佐藤幸 (2) 「形見」 『北域』24号(角館)
佐野良二 (1) 「青い夏」 『士別市民文芸』10号(士別)
島本征彦 (2) 「祭りの時」 『半獣神』
波照間生 (1) 「レモン色をした反乱者たち」 『時間と空間』
宗像浩 (1) 「夕べのアンジェラス」 『えん』1号(東京)
藤沢周 (1) 「憑坐覚書」
桜井康子 (2) 「あの橋の向こう」 『郵政』11月号(東京)
森谷今日子 (2) 「マイナス一の月蝕」 『北方文芸』12月号(札幌)
前川政明 (2) 「戯れのような」 『人間なるもの』42号(松本)
杉本利男 (7) 「グリーン先生とワタシ」 『ヒューマン』14号(八王子)
外本次男 (5) 「愛日のこげ人形」 『半獣神』
中根幸子 (1) 「日めくり」 『関西文学』1月号(大阪)
伊藤礼 (3) 「母のこと」 『遡河』
高野敏夫 (3) 「漢意」 『饗宴』
依田茂夫 (1) 「峡雨、坂本竜馬の未亡人を訪う」 『谺』24号(甲府)
葉樹えう子 (1) 「親切なひと―明治の編集者大橋乙羽」 『蔵王文学』20号(大宮)
以下作品名のみの言及
津木林洋 (7) 「背中にナイフ」 『作家』1月号(名古屋)
藤沢純子 (1) 「雪の情景」 『青鐸群』18号(東京)
枝るい子 (1) 「木蔭の家」 『蜂』12月号(横浜)
塚田脩二 (16) 「殺人者」 『まくた』
高橋里江子 (2) 「湘南海岸ノスタルジー」 『午後』56号(横浜)
中石孝 (5) 「夏、そして冬」 『かるであ通信』2号(東京)
石塚長雄 (11) 「鳥居耀蔵の秋」 『水戸評論』35号(水戸)
内村和 (1) 「とっぴんぱらりのぷう」 『顔』22号(上田)
高橋山陽 (1) 「天皇の軍隊」 『日通文学』462号(東京)
伍堂卓 (4) 「老人の海」 『きらら』8号(東京)
中山みどり (4) 「初夏の挽歌」 『文芸広場』11月号(東京)
森山純吉 (11) 「真田さんの小説」 『白描』18号(東京)
平勢光夫 (13) 「馬に寄す」 『きゃらばん』10号(木更津)
吉住侑子 (6) 「秘色」
満倉淳吉 (2) 「徴兵検査」 『ぽふ』2号(大阪)
大井晴 (3) 「わたしの疎開」 『文学無限』59号(東京)
重信常喜 (5) 「もぐら物語」
佐藤愛 (1) 「暗愁の詩人・萩原朔太郎」 『創造家』4号(岐阜県)
賈島憲治 (1) 「松風の夢」
高井泉 (2) 「青春のお通り」
青海静雄 (13) 「スキー宿」 『午前』
19874月号 評者 近藤信行 タイトル 韓国文学への照射 総冊数137冊(創刊号5冊・終刊号2冊)
ベスト5 日高由仁 (1) 「創始者たちの闘い―李光洙と金東仁」評論 『VIKING』433号(芦屋市)
宮城正枝 (1) 「蜜月」 『四国作家』11号(琴平町)
旭洋子 (1) 「挽歌」 『教育文芸みえ』4号(津市)
久鬼高治 (6) 「雨季茫茫」 『煉瓦』6号(船橋市)
吉成裕昭 (1) 「けものたちは木立の中で」 『阿波文学』4号(徳島市)
日高由仁 (1) 「私に似た人」随想 『VIKING』432号(芦屋市)
- 特集「韓国と云う鏡面」 『早稲田文学』2月号(東京都)
長璋吉、三枝寿勝、川村湊、など 座談会
黄皙暎 (1) 「塔」
申相星 (1) 「原位置」
川村湊 (1) 「“越南”と“越南”の間―韓国現代小説管見」評論
鴻農映二 (1) 「民衆から分断へ―八十年代後半の韓国現代詩」評論
李恢成 (1) 「第三世界の文学と日本文壇」講演記録 『文芸北見』17号(北見市)
泉紀子 (1) 「海辺の夏」 『だりん』13号(船橋市)
武田雄一郎 (18) 「作家志願」 『層』65号(長野市)
さかい久 (1) 「ぼくの処女作」 『文学季節』32号(久留米市)
松田邦彦 (1) 「乞食文士の全集」 『勃海』18号(金沢市)
相松貞三 (1) 「声を忘れた日本人」随想 『教育文芸みえ』4号(津市)
武藤武子 (1) 「お京さん」 『文学と歴史』13号(甲府市)
甲斐ゆみ代 (1) 「共犯者の館」 『北方文芸』1月号(札幌市)
加奈山径 (5) 「眼の中の黒い蝶」 『芸文』140号(座間市)
永松習次郎 (25) 「娼街(いろまち)の学校」 『四人』40号(東京都)
原田重三 (4) 「米騒動始末」 『作家』457号(名古屋市)
橋本裕 (4) 「金魚」
不来方正恒 (1) 「地熱」 『遊鉛筆』43号(東京都)
片野靖子 (2) 「霧」 『まくた』1月号(東京都)
依田静香 (1) 「山門」
天野和之 (1) 「ある死刑囚の手記」
岡信 (1) 「ジャンケンポン」 『田舎者』創刊号(大分県下毛郡三光村)
前之園明良 (2) 「逃げ水」 『酩酊船』復刊2集(兵庫県山崎町)
夏当紀子 (1) 「狐の時間」 『飢餓祭』創刊号(尼崎市)
以下作品名のみの言及
本田タニ (1) 「待ちぼうけのマリア」 『西播文学』90号(竜野市)
北林優 (1) 「雪野」 『鎖群』4号(京都市)
梶川ただし (1) 「紙の城」
青木謙三 (2) 「爽風」
野々山一夫 (4) 「狂う」 『文芸シャトウ』3号(名古屋市)
麻河次郎 (7) 「青ざめた三人の肖像」 『視点』23号(多摩市)
弓透子 (8) 「コレクト・コールを下さい」 『みのお文芸』22号(箕面市)
上田三洋子 (3) 「坂を下りて」 『とぽす』5号(茨木市)
田能千世子 (9) 「影踏み」
刀禰喜美子 (8) 「シャッターのうちがわ」
美浜彩 (1) 「碧い時」 『午後』57号(横浜市)
内山敬子 (1) 「古代祭り」 『玄海派』33号(唐津市)
松浦沢治 (3) 「赤猫の果て」
山田実 (3) 「化石と少年」 『弦』40号(名古屋市)
福岡さだお (1) 「犬の戦場」 『関西文学』2月号(大阪市)
関章人 (1) 「『星と火』再説―『なんと美しい夕焼けだろう』をめぐって」評論 『青磁』3号(福井市)
岩瀬章 (1) 「凡人独語」評論 『煉瓦』
井上輝夫 (2) 「ロスヴィタ・ヘッケ写真集『愛の生活』をめぐって」評論 『三銃士』8号(小平市)
市川博彬 (1) 「レッシングの文学業界批判―『ジェーン・ソマーズの日記』出版をめぐって」評論 『たうろす』54号(神戸市)
木村圭三 (1) 「私小説的〈私〉の行方」評論 『文学季節』
長谷川吉弘 (3) 「内田茜江小伝」評論 『天火』4号(館林市)
19875月号 評者 近藤信行 タイトル 社会情況の変化のなかで 総冊数93冊(創刊号6冊)
ベスト5 飛鳥ゆう (2) 「草地の家々」 『こみゅにてぃ』18号(東京都)
田中阿里子 (4) 「月を抱く」 『人魚』4号(大阪市)
金子桂子 (3) 「変質」 『河』20号(東京都)
三岡昂司 (2) 「お玉ヶ池幻想」 『獣神』13号(東京都)
吉保知佐 (9) 「路地をはさんで」 『AMAZON』274号(高槻市)
池端義廣 (1) 「『高原文庫』のこと」随筆 『NTTジャーナル』(東京都)
根本孝 (1) 「触媒型管理」随筆 『郵政』(東京都)
今崎敏志 (1) - 『製鐵文化』150号(北九州市)
篠原貞治、三原啓、など - 『機関車文学』93号(東京都)
石渕健吉 (4) 「哀しい美談」 『山河』13号(南国市)
島内一夫 (5) 「交遊」
野田悦基 (5) 「港祭り」 『獣神』13号(東京都)
大岩君江 (2) 「佃島」 『樹林』17輯(東京都)
朴重鎬 (1) 「密告」 『北方文芸』2月号(札幌市)
上谷見沙雄 (4) 「貧と炎のなかに」 『詩と真実』2月号(熊本市)
菴とき子 (7) 「春風はグリーンフローラルにのって」 『作家』3月号(名古屋市)
橋本裕 (5) 「夏雲」
須布音樟 (1) 「海からの声」 『オデッセイ』4号(高岡市)
宮入弘光 (4) 「役者という存在―宮口精二について」 『軌跡』第二次創刊号(東京都)[個人誌]
杉崎修 (3) 「病院船からの別れ」 『午後』58号(横浜市)
堀坂伊勢子 (26) 「ちょっと怖い午後」 『文宴』64号(津市)
村山節 (1) 「日曜日のビュンビュン風」
月俣留美 (2) 「遙かなる」 『文芸山口』157号(山口市)
長沼茂子 (2) 「奥儀伝授」 『奇蹟』21号(箕面市)
村野民子 (2) 「パズルは毀れたが」 『よんかい』74号(東京都)
- 高橋丈雄追悼 『アミーゴ』14号(北条市)
高橋丈雄 (2) 「たんす」「戦後手まり唄」ラジオドラマ
本間忠吉、など 新関岳雄追悼特集 『山形文学』47集(山形市)
新関岳雄 (7) 「與吉一家」山形高校「校友会雑誌」29号・昭和9年より転載
以下作品名のみの言及
津木林洋 (8) 「幻の島を見つける方法」 『せる』21号(東大阪市)
大河内恒 (1) 「橋」 『蜂』2月号(横浜市)
塩川治子 (1) 「桂ヶ渕物語」 『文学小諸』8号(佐久市)
春原澄江 (2) 「夜明けの別れ」
宮井洋子 (4) 「木槿」 『るなぱぁく』2号(東京都)
山入端信子 (2) 「冥途」 『脈』29号(那覇市)
鄭閏熙 (3) 「物貰い」 『同人ナグネ』4号(東京都)
鈴木扶 (4) 「縄」 『黎』42号(札幌市)
高木喬 (3) 「明子」 『花盗』32号(豊中市)
信由久 (1) 「夢の重石」 『自在』創刊号(群馬県笠懸村)
尾関忠雄 (4) 「私の物語」 『北斗』334号(名古屋市)
菊地巳恵 (1) 「砧」 『さるすべり』5号(苫小牧市)
まきの・えり (1) 「プツン」 『早稲田文学』3月号(東京都)
伯川博 (1) 「夏が終って」 『虹』2月号(佐世保市)
安部清重 (2) 「雪の記憶」 『ドン』38号(武蔵野市)
宮本貴文 (2) 「黒谷村異聞」39号にて完
矢和田高彦 (4) 「ある少年のなぐり書きの日記から」 『文芸山口』
城戸多喜雄 (1) 「劫火」
清原万里 (1) 「『司馬遷』論」評論 『近代文学試論』24号(広島市)
有元伸子 (1) 「『仮面の告白』試論」評論
国弘浩介 (2) 「茂吉追想(中)」評論 『文宴』
19876月号 評者 近藤信行 タイトル 女の生理小説 総冊数112冊(創刊号4冊)
ベスト5 文珠四郎玲子 (1) 「蝉しぐれ」 『日本海作家』89号(武生市)
望月敦子 (13) 「他人の場所」 『蜂』70号(横浜市)
刺賀秀子 (13) 「雪導べ」 『小説家』62号(東京都)
川添同 (13) 「老人」 『詩と真実』3月号(熊本市)
長嶋公栄 (2) 「遠い声」 『グループ桂』5号(鎌倉市)
不来方正恒 (2) 「路地の闇」 『遊鉛筆』44号(東京都)
原口真智子 (2) 「故郷へ」 『西域』8号(福岡市)
田中壮二 (2) 「たださらさらと」 『西九州文学』7号(長崎県時津町)
池田三叔 (1) 「ぼなべん坂」 『エスプリ文学』14号(室蘭市)
敷田昭朗 (4) 「街のなかで」 『半世界』40号(横浜市)
三上照雄 (5) 「街はそよ風」 『文芸山口』158号(山口市)
黒沢輝雄 (2) 「家族会議」 『文芸生活』83号(東京都)
高畠寛 (7) 「さりげない日々」連作「しなやかな闇」の一部 『アルカイド』8号(大阪市)
朴博子 (3) 「白い海」
国田敦子 (1) 「ブレンダ」 『やまぐち創作文芸』5集(岩国市)
百瀬ヒロミ (1) 「黄色い夏」 『屋上』59号(塩尻市)
寺本一郎 (1) 「鏡の中の白鳥たち」 『新思潮』二十次創刊号(東京都)
山田夏樹 (10) 「セピアの夏」 『函』38号(広島市)
忰山紀一 (2) 「吏曹判事李渓の流浪」 『日曜作家』創刊号(茨木市)
高井田健次 (1) 「酔っぱらいの宰相」
石坂のぼる (2) 「若き魂の軌跡」
五十嵐興治 (1) 「日暮れて道遠く」 『コロニア詩文学』24号(サンパウロ市)
東直己 (1) 「逢いに来た男」 『北方文芸』230号(札幌市)
- 「追悼・島尾敏雄」 『カンナ』116号(鹿児島市)
渡辺外喜三郎 (1) 「『夢日記』と『カンナ』」
- 折目博子追悼特集 『文学空間』7号(芦屋市)
樋口茂子 (1) 「折目さんのこと」
- 折口信夫生誕百年記念号 『源流』6号(東京都)
戸板康二、(きき手)若城希伊子 「折口先生と歌舞伎」
吉田修作 (1) 「いはひごと考」
若城希伊子 (2) 「自由なる道念―折口先生の国学」
津田直子 (1) 「折口先生の思い出」
坂本育雄 (1) 「広津和郎と『松川裁判』」
加藤好雄 (2) 「折口信夫・近代文学史(6)」
以下作品名のみの言及
南禅満作 (6) 「屋上の家」 『ひのき』28号(神戸市)
斎藤勲 (1) 「におい」 『作家』459号(名古屋市)
大久保督子 (4) 「長い助走」
小山内洋治 (1) 「谷間の夏」 『よんかい』75号(東京都)
佐々木元信 (2) 「黄土の丘」 『関西文学』277号(大阪市)
盛田隆二 (2) 「1973年の新宿と犬の首輪」 『早稲田文学』131号(東京都)
佐賀慶子 (3) 「招かれた土地」 『個』3号(東京都)
小林英文 (6) 「コスモスの村」 『農民文学』200号(東京都)
飯塚静治 (3) 「山路」
工藤武雄 (3) 「兼七と幸吉」 『青森文学』42集(青森市)
津川武一 (9) 「ゴミソ・のぼる」
北沢澪 (4) 「DAWN・そしてもう一度夜」 『江古田文学』11号(東京都)
鈴木重生 (12) 「これより乱調子」 『小説家』
田丸成子 (4) 「遠い声」 『蜂』
星剛 (2) 「川の音」 『エスプリ文学』
戸津弘一 (1) 「水の仮面」 『蜃気楼』2号(藤沢市)
菅谷規矩雄、長野隆、坪井秀人、阿毛久芳、米倉巌、山田兼士、など 特集「萩原朔太郎」 『詩論』10号(高槻市)
- 特集「現代文学の変容あるいは可能性」 『北方文芸』
我孫子晴美 (1) 「文学の現在」
北村巌 (1) 「変容する状況、生きてゆく文学」
19877月号 評者 松本道介 タイトル 手紙の衰退 総冊数119冊(創刊号3冊)
推薦作
吉保知佐 (10) 「小匣」 『AMAZON』275号/2・3月号(高槻市)
ベスト5 堀巖 (14) 「堤の風」 『AMAZON』4月号(高槻市)
小島輝正 (14) 「黒い河」 『樹林』3月号(大阪市)
吉岡紋 (1) 「冬の花火」 『らむぷ』11号(福岡市)
伊藤浩一 (3) 「崩れる」 『文芸酒田』創刊号(酒田市)
伊藤礼 (4) 「母のこと」エッセイ 『遡河』22号(川崎市)
花輪莞爾 (13) 「評伝坂本龍馬」評伝風エッセイ 『現代文学』34号(横浜市)
木全圓壽 (16) 「青春覇姿通行―光田文雄の軌跡―」エッセイ 『北斗』4月号(名古屋市)
佐々木達子 (2) 「ハナミズキの下で」 『蕾』3号(東京都)
田代貢 (1) 「光る芝生」 『近江文学』12号(近江八幡市)
水戸部浩子 (1) 「赤いカエデの下で」 『文芸酒田』創刊号(酒田市)
尾崎光憲 (6) 「舟小屋」 『文芸中部』16号(名古屋市)
江口宣 (6) 「三十七階の雛鶏」 『虹』4月号(佐世保市)
沢木葉子 (2) 「白羽の舞」 『河』21号(東京都)
ながやこういち (1) 「年のすえ」 『八月の群れ』12号(枚方市)
塚田脩二 (17) 「便り」 『まくた』4月号(東京都)
上田順子 (2) 「雨滴」 『かいだん』3号(東京都)
朝比奈敦 (1) 「薄陽」 『風響樹』7号(山口市)
三神ふさ子 (8) 「色のない海」 『甲府文学』4号(甲府市)
麻葉佳那史 (1) 「熱帯夜」 『砂』41号(取手市)
清水達也 (1) 「朱土の詩」 『関西文学』5月号(大阪市)
佐々木信子 (2) 「金木犀」 『玄海派』34集(唐津市)
中村裕二 (1) 「牛」 『詩と真実』4月号(熊本市)
楠田康 (1) 「野性の女」 『詩と真実』5月号(熊本市)
糟屋和美 (1) 「虹を紡ぐとき」 『新文学伝習』第二次4号(東京都)
松本政吉 (1) 「中村さんのラブレター」 『青灯』2号(東京都)
以下作品名のみの言及
川添同 (14) 「流転」 『龍舌蘭』114号(宮崎市)
小嶋静枝 (12) 「銀灰色の鳥影」 『柳絮』34号(豊中市)
福元正實 (4) 「隣の家」 『火山地帯』70号(鹿屋市)
19878月号 評者 松本道介 タイトル モノローグの魅力 総冊数112冊(創刊号5冊)
推薦作
森井潤 (1) 「僧院」 『せる』22号(東大阪市)
ベスト5 西村敏通 (2) 「いずこぞ青空」 『飄』21号(宇部市)
南弥太郎 (5) 「あじさい小路」 『文芸復興』81集(東京都)
楢信子 (11) 「レイからの贈物」 『双鷲』27号(八王子市)
田所準 (1) 「憂恨の街」 『赤まんと』4号(三鷹市)
永峰文男 (1) 「山の挨拶」 『いち』創刊号(東京都)
大野光生 (2) 「晩秋」 『飄』21号(宇部市)
兼重猛 (5) 「鄙野に満ちて」
及川文弥 (6) 「夜の塔」 『蒼海』9号(石巻市)
関谷雄孝 (7) 「野の果ての」 『小説家』63号(東京都)
柴田道司 (11) 「臨終」 『山形文学』48号(山形市)
桜田㐂代子 (1) 「行方」
涸沢純平 (1) 「海の人(一)―時雨の町」 『夢幻』19号(大阪市)
上坂高生 (22) 「大島航路―チョークの粉の陰に―」 『碑』48号(埼玉県岩槻市)
片岡虎二 (1) 「秋のまなざし」 『修羅』23号(群馬県玉村町)
昆道子 (10) 「父」 『碑』
土居龍二 (7) 「結婚まで」 『トンボ』8号(東京都)
木村和 (2) 「桜の下で」
山崎章三 (1) 「ある序奏」
安西昌原 (5) 「アルカディアに咲く風」 『よんかい』77号(東京都)
草出正 (1) 「未熟な賭」
菅原元之 (2) 「間歇泉」 『原点』47号(愛媛県北条市)
四宮秀二 (4) 「岬のある町」 『黄色い潜水艦』7号(枚方市)
種田美代子 (6) 「ジグソーパズル」 『芹』7号(大阪市)
中嶋英二 (2) 「萌えいずる日々のなかで」 『江南文学』14号(千葉県流山市)
松岡智 (11) 「息子の進路」 『農民文学』1987春季号(東京都)
田宮慧子 (4) 「同行二人」 『北方文芸』5月号(札幌市)
池上宏一 (1) 「ねじ」 『小説ABC』5月号(名古屋市)
須山哲生 (4) 「光る魚」 『吃水線』創刊号(東京都)
吉田典子 (9) 「三月の客」 『森林鉄道』3号(函館市)
坂本美智子 (2) 「夜の艀」
19879月号 評者 松本道介 タイトル 小説に詩を求めて 総冊数135冊
ベスト5 伊之上健 (3) 「のこり火」 『文学無限』60号(東京都)
谷田達彌 (8) 「チチハル」 『文学草紙』88号(東京都)
須海尋子 (3) 「箱の中」 『ぽふ』3号(大阪市)
松浦豊敏 (1) 「トンキン湾トランバー「砂糖の話」5より 『暗河』42号(熊本市)
安曇笙子 (4) 「鈍色の場所」 『よんかい』78号(東京都)
森中房江 (2) 「夕景色は飾らないで」 『詩と眞實』6月号(熊本市)
三角晃 (2) 「ビーヤ恋唄」 『塔』88号(大牟田市)
田木静枝 (1) 「ついてくる夢」 『ぽふ』3号(大阪市)
天野和之 (2) 「ある死刑囚の手記」 『まくた』6月号(東京都)
野木拓郎 (1) 「夏の長雨」 『虹』21号(船橋市)
林芳野 (1) 「羽音」 『グループ桂』6号(鎌倉市)
前田美樹 (2) 「影模様」 『文苑』26号(京都市)
杉崎修 (4) 「苦悩の日日」 『午後』6巻6号(横浜市)
服部進 (19) 「日本秋色図譜」 『北狄』248号(青森市)
小野誠二 (6) 「お守り」
魚住陽子 (1) 「草の海」 『こみゅにてぃ』19号(和光市)
飛鳥ゆう (3) 「アクエリアスの灯」
島内裕子 (1) 「こんなふうに過ぎていくのなら」 『とぽす』6号(茨木市)
伊藤美音子 (2) 「福寿草」 『文芸秋田』32号(秋田市)
工藤正広 (1) 「武郎 1897年・札幌」 『黎』43号(札幌市)
岩田礼 (4) 「画聖」 『九州作家』88号(北九州市)
王塚跣 (7) 「窯変の譜」
刈谷のぶ子 (1) 「ぼたん雪」 『かいだん』4号(東京都)
以下作品名のみの言及
杉本増生 (11) 「羽衣女房」 『半獣神』44号(大阪市)
牧川史郎 (13) 「浪速夢見小路」
谷口緑 (1) 「メッセージ」 『樹林』5月号(大阪市)
岡安摩奈武 (1) 「蛇女」 『駿河台文芸』4号(東京都)
八十田民子 (1) 「花ぐもり」 『灯』2号(富山市)
佐伯敏光 (5) 「箕面(一九七*年・初秋)」 『VIKING』437号(芦屋市)
赤坂冲也 (6) 「返事をもらえなかった烏(カラス) 『運河』30号(埼玉県富士見市)
左近育子 (5) 「隣り合せ」 『鳥語』18号(大和郡山市)
小山賢二 (2) 「水車小屋」 『駱駝』14号(東京都)
海谷寛 (2) 「花束の終りに」 『葦』12号(奈良県河合町)
森田信子 (8) 「切り取られた空」 『蜂』6月号(横浜市)
藤森恒夫 (2) 「ゆきげ草」 『蠍』25号(諏訪市)
木村美恵子 (1) 「虹に向って」 『白色音』3号(高知市)
岸田淳子 (5) 「他人花」 『あしたば』7号(津市)
奥平亮 (1) 「青い墓標」 『層』66号(長野市)
海野青二郎 (4) 「顔」
小川正人 (3) 「街の影」 『塵』9号(新座市)
野美尾透 (1) 「島の生活」 『コロニア詩文学』25号(サンパウロ市)
冬坂響 (1) 「迂回路」 『伊勢崎文学』7号(伊勢崎市)
高松健 (2) 「あの日の思い」 『標』7号(広島市)
198710月号 評者 大河内昭爾 タイトル 現象と本質 総冊数131冊(創刊号5冊)
ベスト5 村尾文 (5) 「地下足袋」 『松柏』58号(市川市)
一色るい (13) 「雪虫(ゆきむし)」 『視点』24号(多摩市)
川田靖子 (2) 「ある日私の王子さまが……」 『立像』48号(浦和市)
川上杏子 (4) 「地鳴り」 『河』23号(東京都)
坂谷照美 (1) 「風の子、神の子」 『安芸文学』54号(広島市)
陽羅義光 (4) 「よくある話」 『視点』24号(多摩市)
小菅章夫 (3) 「回帰」
浜田雄治 (1) 「大関徳之助の話」
真田利紀 (4) 「戒告」
永松習次郎 (26) 「事件の蔭で」 『四人』41号(東京都)
武井礼二 (1) 「サイレント・ストーン」
木下径子 (3) 「くすの木」
林英三 (1) 「寒椿」
八代千鶴 (11) 「時の移ろい」
松本重真 (2) 「ホモ・セクスパート」
加奈山径 (6) 「上顎下顎観血手術」 『全作家』21号(多摩市)
野辺慎一 (3) 「夏よ、光り輝いて流れよ」
富永信 (1) 「キーボード15」 『北方文芸』7月号(札幌市)
大沢久美子 (5) 「鏡の中の女」 『立像』48号(浦和市)
杉浦里子 (14) 「冬の家族」
水無瀬あき (1) 「狭井川のゆり」
鈴木重生 (13) 「大和しうるはし」 『小説家』64号(東京都)
豊田一郎 (29) 「驕れる日々」
類ちゑ子 (2) 「風の弔い」
羽田令子 (1) 「熱帯のるつぼ」 『個性』19号(横浜市)
千葉耕作 (6) 「『第二貧乏物語』との再会」 『松柏』58号(市川市)
山崎厚子 (1) 「若き日の宋慶齢」
石原マツ子 (1) 「その木の実、食べました」
畑せつ子 (2) 「冬のこおろぎ」 『群鶏』2号(堺市)
堀巖 (15) 「漱石文学の本流」評論 『AMAZON』7月号(高槻市)
福元早夫 (13) 「カギ」
朽木寒三 (6) 「小山田さんの鉄砲」 『人間像』116号(札幌市)
千田三四郎 (3) 「ぎんぎらぎん」
針田和明 (5) 「雄冬の冷水」
- 特集「さよなら小島輝正さん」 『アルカイド』9号(大阪市)
久本洋文 (3) 「おき火」
青木はるみ (1) 「フィルムの切れる音」小島輝正への追悼詩 『樹林』262号(大阪市)
- 川端柳太郎を偲ぶ小特集
有松洋子 (1) 「夜と朝のあいだ」
稲垣成三 (1) 「静かな午後」 『関西文学』8月号(大阪市)
平緒宣子 (3) 「菜種づゆ」 『まくた』7月号(東京都)
中丸美繪 (2) 「迷走飛行」
粕川喜久 (1) 「『彼』へ」 『飢餓陣営』創刊号(鎌ヶ谷市)
森山純吉 (12) 「とぶらい」 『白描』19号(大和市)
加藤一雄 (1) 「キャサリン台風」
以下作品名のみの言及
河合泰子 (2) 「まなざしのプラットホーム」 『海塔』20号(大和市)
中根重昭 (4) 「海の見える教会」
小林栄子 (1) 「きずな」 『あさゆう』29集(小樽市)
戸田昭子 (9) 「骨」 『紅炉』54号(静岡市)
藤原しのぶ (1) 「ひそやかな足音」 『円卓』4号(松本市)
片桐節子 (1) 「石女」
廣重聰 (12) 「愚惰愚惰」 『VIKING』439号(芦屋市)
北牧次郎 (4) 「学年主任」 『文芸広場』7月号(東京都)
久井稔子 (1) 「蒼い荒野」 『原色派』31号(鹿児島市)
片山瓢吉 (3) 「望郷の歌」 『作家』8月号(名古屋市)
橋本裕 (6) 「潮干狩」
波木里正吉 (26) 「歳月」 『詩と眞實』7月号(熊本市)
木暮珣子 (3) 「ニセアカシヤ」 『猿』20号(群馬県山田郡)
高津慎一 (2) 「乾いた水苔」
舟木かな子 (1) 「無花果」 『海馬』13号(神戸市)
山県あさ (1) 「せせらぎの村から」
198711月号 評者 大河内昭爾 タイトル 新鮮さへの渇望 総冊数97冊(創刊号3冊)
推薦作
村尾文 (6) 「地下足袋」 『松柏』58号(市川市)
ベスト5 三宅千代 (2) 「夢―三宅正一・私の覚え書き」 『文芸シャトル』4号(名古屋市)
江口宣 (7) 「塩の柱」 『虹』8月号(佐世保市)
名塚多香子 (2) 「香魚は風に」 『上州文学』77号(高崎市)
岸本みか (2) 「狂いし者への使者」 『午前』44号(福岡市)
清岡清 (1) 「地の塩」 『山河』14号(南国市)
ベスト5以外で捨てがたいもの
外本次男 (6) 「風について」 『されど』4号(大阪市)
関堯 (3) 「地中海」 『山河』14号(南国市)
寺田はるお (1) 「黒い揚げ羽」
島田一夫 (1) 「種のない西瓜」
石渕健吉 (5) 「漂流」
山崎静香 (2) 「バス停まで」
三宅千代 (2) 「男と女」エッセイ 『文芸シャトル』4号(名古屋市)
瀬川純平 (3) 「男たちの旅立ち」
野々山一夫 (5) 「せこめ」
小野里良治 (11) 「目録」 『上州文学』77号(高崎市)
安海ゆき (4) 「八月十五日」 『虹』8月号(佐世保市)
小日向白郎 (2) 「リリエンタール・シャッフル」 『北方文芸』8月号(札幌市)
中紙輝一 (4) 「冬明けの頃―ザ・農家考」
南ゆうこ (3) 「猫は笑った」 『されど』4号(大阪市)
村直子 (1) 「タコの足」
南喜久雄 (5) 「ふたつの夏」
定来文彬 (4) 「山祭り」 『西九州文学』8号(長崎県時津町)
川道岩見 (2) 「鳩」
田中壮二 (3) 「街のきりぎりすたち」
幾田弘二 (3) 「菜の花色の列車」 『こみゅにてぃ』20号(和光市)
幾宮絢子 (2) 「技術者募集」
松島ていこ (2) 「ムルニエクスの女」 『黎』44号(札幌市)
石坂のぼる (3) 「通り過ぎて街」 『日曜作家』2号(茨木市)[一人誌]
忰山紀一 (3) 「異端者」
畑俊子 (1) 「過ぎる秋」 『まくた』8月号(東京都)
藤邑藍子 (11) 「豚伽羅村」
青海静雄 (14) 「冬の海」 『午前』44号(福岡市)
村山節 (2) 「秋の雨」 『文宴』65号(津市)
前田暁 (16) 「火種」
高橋秀紀 (5) 「老父」 『日通文学』8月号(東京都)
面川彌智子 (3) 「遠い絆」
見田誠 (1) 「放哉自身による俳句論」評論 『関西文学』9月号(大阪市)
岡朗子 (1) 「鬼ばば」
今井浩一 (1) 「轍」
金田清志 (1) 「偏心」 『文学横浜』16号(横浜市)
林田宇一郎 (1) 「タンポポ」
須永葵 (1) 「朝の水」
平田好輝 (6) 「崖を攀じる」 『青』9号(東京都)
佐方希与子 (2) 「二十一歳の海」 『作家』9月号(名古屋市)
市尾卓 (11) 「茅屋の日」 『季節風』81号(東京都)
中村英雄 (17) 「敗余」
成清良孝 (9) 「野球風土」
以下作品名のみの言及
中島美雪 (1) 「夾竹桃の咲く長い日」 『偏西風』2号(柳川市)
塩野実 (3) 「正岡子規覚え書」
杉本利男 (8) 「遠い声」 『宴』10号(東京都)
山野烔 (2) 「波の花」 『狼』11号(高崎市)
長井魁一郎 (9) 「京という女」 『新地方派』7号(菊池市)
溝延芳久 (2) 「途中のページ」 『吶喊』8号(青森市)
古川壬生 (1) 「幻郷」
島田和世 (3) 「冬の冬焼け」 『よんかい』80号(東京都)
竹内凱子 (1) 「沈み木」 『蜂』8月号(横浜市)
平原彬子 (1) 「もういくつねると」
198712月号 評者 大河内昭爾 タイトル この一年と今月の充実 総冊数103冊(創刊号4冊)
ベスト5 石井利秋 (3) 「知らない女」 『作家』10月号(名古屋市)
田渕登和子 (2) 「雨の羽衣」 『西播文学』追補1号(竜野市)
福田はるか (6) 「眠れ、やさしく」 『じくうち』13号(東京都)
甲斐ゆみ代 (2) 「されど我なんぢを責めて」 『北方文芸』9月号(札幌市)
ベスト5
(5作目)
佐々木元信 (3) 「A元大佐のこと」 『関西文学』10月号(大阪市)
環登志 (1) 「かに」
鈴木耐子 (2) 「冬の花びら」 『作家』10月号(名古屋市)
印内美和子 (1) 「私たちのラリー」
菅野俊光 (4) 「お力」
松山春雄 (12) 「樫の木ときこり」
山岸龍太郎 (1) 「鳩の断章」遺稿 『荘内文学』10号(鶴岡市)
藤沢周平 (1) 「啄木展」エッセイ
深沢由美子 (1) 「陽炎」
石川恒 (2) 「石楠花」
原田良次 (1) 「若き混血パイロットの最期」
富塚喜吉 (4) 「やることなすこと裏目に出る男」
菱川佐知子 (4) 「棘のある花」
田渕登和子 (2) 「月の飛天」 『西播文学』91号・終刊号(竜野市)
波佐間義之 (13) 「父の落日」 『西域』9号(福岡市)
原口真智子 (3) 「夢家族」
長堂英吉 (1) 「チャンピオン」 『南濤文学』創刊号(那覇市)
阿須森二郎 (1) 「ブーター」
比嘉加津夫 (2) 「病院へ」 『脈』31号(那覇市)
石塚長雄 (12) 「その細き道を求めて」 『水戸評論』38号(水戸市)
東村節子 (2) 「谷間」 『グループ桂』7号(鎌倉市)
西原健次 (3) 「氷雨の残り」
大西幸生 (1) 「明かり取り」 『蒲公英』5号(東京都)
久保敦子 (3) 「後追い豆」
磧朝次 (1) 「コンクリ橋の夏」
野地慎生 (12) 「夢の名残り」 『虹』9月号(佐世保市)
南ゆうこ (4) 「ミヤマサクラ」 『関西文学』10月号(大阪市)
田辺明雄 (12) 「再説真山青果」評論
山上セツ (1) 「罌粟」 『文学空間』8号(芦屋市)
細木常夫 (11) 「煙が目にしみる」 『鶏口』23号(東京都)
北川悠記 (1) 「八十七歳のわかれ」 『日本海作家』91号(武生市)
深井津音夫 (1) 「公園の女」 『宇佐文学』10号(宇佐市)
いぬいじゅん (4) 「別れの海」 『よんかい』81号(東京都)
東天満進 (5) 「漁」 『午後』65号(横浜市)
笹本定 (2) 「ズボンを買う男」 『早稲田文学』10月号(東京都)
- 島尾敏雄追悼号 『詩と真実』9月号(熊本市)
島尾敏雄 (3) 「夢と文学」講演筆記
久保田義夫、中山正道 島尾敏雄追悼記
中村直美 (1) 島尾敏雄作品ノート
太田博子 (3) 「雀」遺作 『群れ』14号(佐世保市)
以下作品名のみの言及
塚田脩二 (18) 「和音」 『まくた』9月号(東京都)
原井カズエ (1) 「コルクガシの家」 『中央文学』8月号(東村山市)
羽島徹哉 (1) 「紅い花なら」 『群』7号(八王子市)
森田定治 (24) 「水の距離」 『文芸広場』9月号(東京都)
中山みどり (5) 「結婚」
三浦仁 (4) 「待子」 『文芸生活』85号(東京都)
朝倉克彦 (2) 「エディプス」 『PATHOS』3号(宇都宮市)
藤沢辰雄 (7) 「坂道」 『雑踏』47号(河内長野市)
今南道子 (2) 「ちりめんじゃこ」
服部洋介 (3) 「真夜中の紙飛行機」 『VIKING』440号(芦屋市)
不来方正恒 (3) 「秋隣」 『遊鉛筆』47号(東京都)
今年度の振り返り(各月で触れられたもの以外)
小山耕二路 (7) 『ペルーの鳥』 甲陽書房
生口十朗 (5) 『蝉時雨』 近代文芸社
落合茂 (15) 『空の海月』 文芸復興社
重富昭夫 (2) 『ワーグマンの肖像』 ほるぷ出版
楢信子 (12) 『星を奪う者たち』 未来社
伊藤礼 (5) 『伊藤整氏こいぶみ往来』 講談社
佐藤睦子 (18) 『それでも明日』 永田書房
北川あつ子 (9) 『道境』 沖積社
村田喜代子 (8) 『鍋の中』 文藝春秋
渋川驍 (16) 『銀色の線路』 青桐書房


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 1986年へ翌 1988年へ