同人雑誌評の記録
平成15年/2003年
『文學界』同人雑誌評 対象作一覧 トップページ
対象作 一覧
転載作 一覧
評者たち
マップ

ページの最後へ
Last Update[H29]2017/12/15

凡例(作者名の右の記述)
…直木賞の受賞または候補経験者 …芥川賞の受賞または候補経験者 …「文学賞の世界」内に記載のある作者
( )の数字…『文學界』同人雑誌評スタートの昭和26年/1951年以来、言及された回数
20031月号 評者 松本徹 タイトル 深く耕す 総冊数81冊(創刊号1冊)
ベスト5 桜木紫乃 (2) 「明日への手紙」 『北海文学』92号(釧路市)
大塚高誉 (1) 「さとうきび畑に消えた夏」 『播火』45号(姫路市)
和泉志乃部 (2) 「バナナ」 『まくた』237号(横浜市)
池田純子 (3) 「永遠の夏」 『火山地帯』132号(鹿屋市)
明石善之助 (4) 「ハヤ釣り」 『午前』72号(福岡市)
- 編集後記 『荒土』8号(浜松市)
富岡幸一郎 (1) 「『小林秀雄賞』雑感」 『反地球』9号(川崎市)
宮崎栖吾郎 (5) 「かえるの学校」 『西九州文学』22号(諫早市)
鈴木真知子 (3) 「都電に乗って」 『私人』46号(東京都)
神谷遊兎 (1) 「赤いかざぐるま」
さら・さくら (1) 「家族」
納富泰子 (7) 「帰り道」 『午前』72号(福岡市)
青海静雄 (27) 「老い様々」
山田あつし (12) 「句集」 『文芸山口』245号(山口市)
矢和田高彦 (8) 「石の肌」
桂木康彦 (1) 「帰去来」
海野周治 (1) 「雪虫の夜」 『日通文学』652号(東京都)
山村昌大 (1) 「蟹」 『たまゆら』48号(高槻市)
滝百代 (5) 「幻の船」 『まくた』237号(横浜市)
百瀬幾代 (1) 「銀の鈴」
葉山弥世 (12) 「野の花は爽やかに」 『広島文藝派』17号(廿日市市)
園田信男 (1) 「蝉」 『火山地帯』132号(鹿屋市)
井上百合子 (16) 「ゆきずりの神」
立石富生 (7) 「光、揺れる」
青木健 (8) 「舞鶴まで」 『たきおん』50号(調布市)
敷田透 (1) 「ビューティフル・デイズ」 『日曜作家』6号(北九州市)
樋口かずみ (1) 「忘れ物」 『九州文学』36号(佐賀県大和町)
波佐間義之 (17) 「水仙」
稲垣瑞雄 (36) 「巴」 『双鷲』58号(八王子市)
熾天流未知人 (1) 「ヨコハマ・ローズ」 『小田原文藝』12号(神奈川県湯河原町)
日下渓子 (1) 「青頭巾ちゃん」 『スクランブル』10号(松山市)
円航瑠真 (1) 「わたしの部屋」 『リリック』10号(川口市)
以下作品名のみの言及
南廣子 (2) 「外科病室」 『VIKING』621号(茨木市)
仲本瑩 (2) 「樹の幻譜」 『脈』65号(那覇市)
山入端信子 (11) 「隣の女」
鈴木晴夫 (6) 「烏衣」 『四人』70号(東京都)
桜井聡 (1) 「卵」 『水戸評論』秋の増刊号(水戸市)
永野隆一 (4) 「ふるさとの家」 『日本海作家』149号(福井市)
北川悠記 (4) 「透き通る夜に」
寺本親平 (4) 「馬坂幻像」 『荒土』8号(浜松市)
市川倭 (7) 「意識下の殺意」 『小説中之島』27号(大阪市)
20032月号 評者 松本徹 タイトル 越えられない言語の閾 総冊数131冊(創刊号2冊)
ベスト5 木村礼子 (1) 「わすれな草」 『裸木』26号(東京都)
昆道子 (35) 「兄と妹」 『碑』79号(横浜市)
岡充 (8) 「まほ叔母の神様」 『VIKING』622号(茨木市)
和田浩明 (10) 「幻の大投手」 『別冊關學文芸』25号(西宮市)
木島次郎 (2) 「湯ノ川」 『北方文学』53号(長岡市)
佐倉礼 (3) 「ラセンする道」 『凾』54号(広島市)
河村義次郎 (15) 「這う男」
川井孝子 (1) 「飛翔」 『山音文学』102号(北海道豊浦町)
泉りょう (1) 「迦陵頻のように」 『せる』61号(東大阪市)
印内美和子 (6) 「泣く子」 『小説家』111号(国分寺市)
阿部愛子 (4) 「夜の図形」 『蠍』40号(諏訪市)
喜来玲子 (1) 「揺らぎ」 『茜』15号(横浜市)
竹里はるひ (1) 「陣痛」 『革』21号(神戸市)
増原一眞 (2) 「ひとすじの道」 『海』66号(四日市市)
齋藤カレ江 (1) 「ぶち山ぶち野」 『青磁』19号(福井市)
松本文世 (4) 「彼岸花」 『南風』12号(福岡市)
瀬良有為子 (12) 「K先生のこと」 『季刊遠近』19号(東京都)
小見真知子 (2) 「鴉」 『緒里尽』9号(札幌市)
畠中佳子 (7) 「黒い帽子」 『文芸驢馬』44号(東京都)
朝比奈敦 (23) 「木屋の渡し」 『飃』61号(宇部市)
堀江孝雄 (2) 「黄色いさかな」 『しきざき』16号(大阪府島本町)
相馬庸郎 (10) 「師とその『弟子』」 『AMAZON』396号(宝塚市)
浅田厚美 (1) 「毬子の空」
宮内俊介 (1) 「僕が『奇蹟の人』を自称し、今それを返上するに至った顛末」遺稿 『CABIN』4号(大阪市)
保昌正夫 (3) 「浅見さん」
- 廣重聰追悼特集 『VIKING』623号
以下作品名のみの言及
杉本茜 (1) 「夜明けのタンゴ」 『停車場』2号(横浜市)
もりたなるお (11) 「兵士の寝床」 『回転寿司考』61号(武蔵野市)
須崎俊雄 (4) 「ふたりだけの祝祭」 『断層』31号(鳥取市)
山田広 (11) 「江古田へ」 『鉄道林』42号(札幌市)
たかぎてつお (10) 「夢の構造」 『小駅』17号(志木市)
小川登姉子 (7) 「秋の行方」 『中央文学』460号(東京都)
百瀬カオル (1) 「風の熱河路」 『ペガサス』4号(神戸市)
片岡繁男 (7) 「わたしはいつも此処に帰ってくる」 『白磁』19号(伊万里市)
楠本洋子 (1) 「推察」 『葉風』創刊号(東京都)
飯塚静治 (5) 「六道桜」 『農民文学』260号(町田市)
鈴木今日子 (3) 「はるかな青空」 『午後』13号(横浜市)
小松菊子 (9) 「墓碑銘」 『碑』
20033月号 評者 松本徹 タイトル こうした歩きかたは悪くない 総冊数96冊
ベスト5 瀬沼晶子 (2) 「引け前の十六夜」 『銀座線』8号(東京都)
藤原伸久 (10) 「蒼茫の海」 『教育文芸みえ』20号(津市)
岩崎芳生 (10) 「梢の月」 『燔』9号(焼津市)
堀井清 (10) 「厄日の犬」 『文芸中部』61号(東海市)
小久保圭介 (1) 「熊野父」 『じゅん文学』34号(名古屋市)
吉満昌夫 (8) 「夏の花」 『埋火』32号(東京都)
吉満昌夫 (8) 「裸木の風景」
中田重顕 (25) 「さらさら」 『文宴』98号(松阪市)
仲本瑩 (3) 「禁断のアレロパシー」 『脈』66号(那覇市)
菅生かなめ (5) 「木枯しのあと」 『群鶏』10号(大阪市)
畑せつ子 (8) 「荒れ野」
田村美智子 (2) 「戸田家の兄弟」
安田萱子 (6) 「フルート」 『燔』9号(焼津市)
島岡明子 (11) 「裸の祝祭」 『紅爐草子』20号(静岡市)
三枝葉子 (2) 「散骨」 『銀座線』8号(東京都)
岡田四月 (1) 「まねぶっ子」
石原惠子 (2) 「春の地蔵盆」
井上武彦 (33) 「蛍の季節」 『文芸中部』61号(東海市)
高田鈴子 (1) 「ガラスの揺籠」 『河』113号(東京都)
沢木幸 (2) 「Adore」
関幸子 (2) 「二段ベッド」 『湧水』23号(東京都)
扇真知子 (1) 「春あさき日に」
仁淀純子 (4) 「晴子の先生」 『樹海』12号(高知市)
大畑靖 (19) 「銀杏の木の下で」 『時間と空間』50号(小金井市)
鈴木楊一 (33) 「遠い町」 『文学草紙』112号(東京都)
間宮武 (13) 「傾斜面」
碩与志象 (1) 「ペケ」 『白鴉』11号(和歌山市)
奈良美那 (2) 「ソウルで深呼吸」
幾田弘二 (9) 「吹雪の姫川温泉にて」 『こみゅにてぃ』67号(和光市)
葉山弥世 (13) 「冬の花火」 『水流』14号(広島市)
島総一郎 (3) 「室戸岬」 『蒼空』7号(高知市)
湊嘉夫 (2) 「五作」 『顔』54号(上田市)
以下作品名のみの言及
吉田啓子 (8) 「遠い空」 『勢陽』15号(伊勢市)
小野規矩夫 (1) 「麓の沼」 『札幌文学』61号(札幌市)
西村啓 (1) 「知音」 『季刊作家』44号(豊田市)
島田勢津子 (2) 「ネオンテトラ」 『黄色い潜水艦』38号(奈良市)
野沢薫子 (5) 「黄昏」 『長崎文学』43号(長崎市)
今村延孝 (4) 「洪水の時」 『日通文学』654号(東京都)
長崎克貞 (1) 「生きる」 『あしたば』38号(東京都)
角純二 (1) 「田和山の女神」 『山陰文芸』16号(松江市)
星励 (3) 「シルバージャニー」 『内海文学』115号(新居浜市)
山本直哉 (7) 「ホームバード」 『O』31号(佐久市)
木匠葉 (2) 「鏨とハンマー」 『玄界灘』5号(福岡市)
堂迫充 (6) 「雷雨」 『文芸山口』246号(山口市)
久間一秋 (6) 「駅前茶屋日録」 『現実と文学』39号(福岡市)
藤堂りょう (2) 「迦陵頻」 『しゅばる』28号(東京都)
宇佐美宏子 (4) 「ストリッパー」 『カプリチオ』16号(東京都)
原田圀彦 (6) 「日の闇」 『遍歴』38号(宮崎市)
武田民子 (2) 「マリンスノー」 『とぽす』34号(茨木市)
古岡孝信 (4) 「祭日」 『山月』5号(大分県直入町)
宇田本次郎 (13) 「オレゴンパイン」 『グループ桂』47号(小山市)
朝比奈敦 (24) 「津和野にて」 『風響樹』28号(山口市)
大野光生 (18) 「夢幻のひと」
いそのかみときこ (4) 「遍在」 『雪渓文学』45号(大阪市)
林陽子 (1) 「時は過ぎ行く」 『あとらす』7号(神戸市)
今村千賀子 (1) 「父という名の他人」
高橋典子 (1) 「ワンダーランド」 『航』27号(横浜市)
20034月号 評者 松本道介 タイトル 同人雑誌の時代 総冊数82冊(創刊号1冊)
ベスト5 久鬼高治 (23) 「檸檬イエローのトラクター」 『煉瓦』27号(千葉市)
芹沢葉子 (3) 「天窓」 『円』30号(横浜市)
伊藤美音子 (4) 「こころの行方」 『文芸秋田』49号(秋田県五城目町)
藤原初男 (2) 「嘘」 『文芸風土』21号(別府市)
岸田淳子 (20) 「蒔く」 『海牛』23号(津市)
船水清 (2) 「萩原朔太郎墓参」 『セコイア』27号(狭山市)
高野保治 (1) 「市電大塚終点あたり」
千葉文 (1) 「むくげ」
木曾秋一 (1) 「わかれ道」
沖山明徳 (8) 「風の声」 『回帰』4号(東京都)
坂上七郎 (5) 「墓を買う」
高井かほる (1) 「バラを買う老人」 『煉瓦』27号(千葉市)
大沼洸 (1) 「竹の間の客」
宮越郷平 (6) 「穂高」 『文芸秋田』49号(秋田県五城目町)
森静泉 (9) 「赤い風車」 『狼』41号(高崎市)
旭洋子 (19) 「夏の日」 『海牛』23号(津市)
名村和実 (4) 「ジギ谷」
中井眞耶 (4) 「蛾」 『VIKING』624号(茨木市)
毛利省三 (1) 「代継橋」 『南涛文学』18号(浦添市)
下地芳子 (6) 「最後のツキ」
谷本多美子 (5) 「把手のない扉」 『円』30号(横浜市)
高山柳 (4) 「極楽鳥花」 『かいだん』48号(東京都)
猪浦節子 (4) 「シルクロードの雨」
海有一 (2) 「信ずる者は罪を犯す」 『九州文学』37号(佐賀県大和町)
船越節 (1) 「雪の宴」
庭冬明 (14) 「鴉火」 『火』2号(東京都)
立石富生 (8) 「家族もよう」 『火山地帯』133号(鹿屋市)
鳥居厚行 (15) 「石けりの魔」 『北斗』494号(名古屋市)
島永嘉子 (7) 「八丁目、魔女の家」 『まくた』238号(横浜市)
山之内朗子 (14) 「新緑の野」
塚越淑行 (57) 「シャーウッドの森」
- 「マルセル・プルースト」特集 『現代文学』66号(横浜市)
花輪莞爾 (25) 「悪夢小劇場」
20035月号 評者 松本道介 タイトル ふるさと喪失 総冊数66冊(創刊号3冊)
ベスト5 李相哲 (8) 「本荘人」 『山形文学』81集(山形市)
永井美智子 (4) 「春宵」 『VIKING』626号(茨木市)
佐々野喜市 (5) 「保育園の運動会」 『しゃりんばい』25号(宮崎市)
川島英夫 (4) 「養子」 『龍舌蘭』160号(宮崎市)
工藤幸一 (12) 「砂浜へ」 『仙台文学』64号(仙台市)
ひわきゆりこ (14) 「風が吹いた日」 『胡壷・KOKO』創刊号(福岡市)
納富泰子 (8) 「お祭り」
草野茂 (5) 「かけ違い」 『渤海』45号(富山市)
上田千之 (3) 「あのころ」
小川真希 (1) 「同居人」 『文ノ楽』4号(青森市)
逢瀬夜梅 (1) 「少女樹」
森川ひでお (1) 「痣」 『龍舌蘭』160号(宮崎市)
足立正男 (6) 「花火」 『しゃりんばい』25号(宮崎市)
牛島富美二 (6) 「蝿の子」 『仙台文学』64号(仙台市)
近江静雄 (2) 「滝不動」
中浜照子 (2) 「紙ふうせん」 『標』29号(広島市)
小河原範夫 (1) 「瀧」 『ガランス』10号(福岡県古賀市)
小泉貴 (3) 「雲のなごり」 『塔』9号(逗子市)
田村けい (1) 「魚河岸通り」 『空とぶ鯨』3号(我孫子市)
有馬淑子 (1) 「華の河」
三田地智 (6) 「KA」 『鬼子』59号(神戸市)
浅田修 (12) 「運命の色」
川森知子 (1) 「声を失って」 『猿』51号(群馬県山田郡大間々町)
雪竹靖 (1) 「バリア・フリーター」
島田震作 (1) 「緋の記憶」 『科野作家』17号(岡谷市)
武井久 (2) 「眩耀(げんよう)の秋日」
三本琴恵 (1) 「レンズ」 『武蔵野女子大学創作集I』(西東京市)
吉澤有紀 (1) 「自転車日和」
20036月号 評者 松本道介 タイトル ポエジー、そしてユーモア 総冊数78冊(創刊号2冊)
上半期
優秀作
木村礼子 (1) 「わすれな草」 『裸木』26号(東京都)
上半期
奨励作
藤原伸久 (10) 「蒼茫の海」 『教育文芸みえ』20号(津市)
上半期
奨励作
夏海惺 (2) 「みーばい」 『詩と眞實』646号(熊本市)
上半期
優秀作
候補
芹沢葉子 (3) 「天窓」 『円』30号(横浜市)
永井美智子 (4) 「春宵」 『VIKING』626号(茨木市)
栞智恵子 (1) 「風に立つ」 『じゅん文学』35号(名古屋市)
ベスト5 夏海惺 (2) 「みーばい」 『詩と眞實』646号(熊本市)
ひさぎ・ふうじ (1) 「垢」 『ふくやま文学』15号(福山市)
刺賀秀子 (24) 「八月」 『小説家』112号(国分寺市)
西田宣子 (5) 「白い萩」 『午前』28号(福岡市)
八王子琴子 (1) 「燔祭」 『文芸東北』442号(仙台市)
栞智恵子 (1) 「風に立つ」 『じゅん文学』35号(名古屋市)
泉原猛 (3) 「きゅうりの塩漬け、いりこの煮付け」 『原点』86号(松山市)
林さぶろう (2) 「洞穴(あな) 『せる』62号(東大阪市)
大野光生 (19) 「船に乗った猫」 『飃』62号(宇部市)
成清良孝 (15) 「口利き」 『四人』71号(東京都)
成清良孝 (15) 「身辺雑記(十三)」
小網春美 (3) 「別れるまで」 『峠』44号(名古屋市)
高畠寛 (11) 「冬の風鈴」 『アルカイド』26号(川西市)
小嶋静枝 (20) 「霧子夫人と家政婦亜美」 『柳絮』64号(西宮市)
丹羽さだ (11) 「柚子の木は残った」
十八鳴浜鴎 (3) 「夢の番人」 『新松柏』11号(柏市)
原田重三 (6) 「流れ星」 『季刊作家』45号(豊田市)
兼多遙 (3) 「氷河のショパン」
塚越淑行 (58) 「ありったけの思い」 『まくた』239号(横浜市)
山本日米代 (2) 「赤いマニキュア」
ひさぎ・ふうじ (1) 「ジャズの好きな中学生」 『小説のおはか』2号(福山市)
西英三 (2) 「人間」 『SEA GULL』14号(和歌山市)
坂東秀 (1) 「同居生活契約」 『四国文学』82号(徳島市)
花村守隆 (10) 「帰郷せず」 『季節風』101号(国分寺市)
市尾卓 (17) 「面を焼く」
山入端信子 (12) 「カーテンが揺れる」 『脈』67号(那覇市)
仲本瑩 (4) 「雷獣」
20037月号 評者 勝又浩 タイトル 日常平凡の奥行き 総冊数99冊(創刊号3冊)
ベスト5 昆道子 (36) 「雪夜」 『碑』80号(横浜市)
紺谷猛 (3) 「恋愛ごっこ」 『海』67号(四日市市)
福井明子 (3) 「胞衣塚(えなづか) 『森時計』1号(大阪市)
河津武俊 (13) 「間伐」 『日田文學』48号(日田市)
石丸洋志 (1) 「白の記憶」 『四国作家』34号(香川県琴平町)
高木國雄 (4) 「山のはて」 『海』67号(四日市市)
難波田節子 (38) 「親子亀」 『季刊遠近』20号(東京都)
片山郷子 (7) 「美知と曼珠沙華」
藤野秀樹 (1) 「彼岸囃子」
大石恭平 (11) 「夏足袋」 『日田文學』48号(日田市)
江川義人 (1) 「愛しい日々」
河野文男 (1) 「般若心経」
大羽崇之 (7) 「産まにゃあよかった」 『海峡派』97号(北九州市)
衣斐弘行 (12) 「五月闇」 『火涼』50号(鈴鹿市)
上志羽峰子 (1) 「すかんぼん」 『DELTA』38号(川崎市)
篠原しのぶ (1) 「雪どけ道」 『修羅』46号(桶川市)
原口登志子 (1) 「お寺の子」 『群青』62号(武蔵野市)
福富奈津子 (9) 「ツーリスト」 『文芸中部』62号(東海市)
上田千之 (4) 「満州流木」 『とやま文学』21号(富山市)
松丸時春 (5) 「冬の来ない島」 『丹沢文学』33号(綾瀬市)
眉山葉子 (1) 「寂しい女」 『檣』22号(尼崎市)
水野憂 (1) 「とんから」 『荒土』9号(浜松市)
馬込太郎 (2) 「父消える」
伊勢本陽子 (6) 「星まつり」 『湧水』24号(東京都)
関幸子 (3) 「なでしこ美容室」
畑島剛 (3) 「森の音」 『九州文学』38号(佐賀県大和町)
小笠原洽嘉 (1) 「京都にて」 『Cypher(サイファ)』創刊号(室蘭市)
三木善継 (1) 「暮れ泥む」
滝沢達郎 (1) 「支店長の事件簿」 『たきおん』51号(調布市)
吉田信 (2) 「岐路」
もりたなるお (12) 「留守番掛」 『回転寿司考』66号(武蔵野市)[一人同人誌]
長嶋絹絵 (2) 「草萌えのころになりました」 『小説π』5号(さいたま市)
立石富生 (9) 「今いる場所」 『火山地帯』134号(鹿屋市)
以下作品名のみの言及
三原勇作 (1) 「ある参謀の娘」 『エクリール』12号(さいたま市)
豊田一郎 (47) 「マンハッタンの日々」 『日通文学』657号(東京都)
稲垣瑞雄 (37) 「笹川」 『双鷲』59号(八王子市)
楢信子 (22) 「転生」
竹中忍 (8) 「理佐の幸福」 『北斗』496号(名古屋市)
柳谷郁子 (11) 「万池家の人々」 『播火』47号(姫路市)
山田正春 (5) 「メビウスの夜」
有森啓二 (12) 「火影」 『海』56号(福岡市)
中林明正 (5) 「稲の穂波」 『蛮族』30号(島根県加茂町)
林知佐子 (1) 「オイフォリオンの夢」 『奇蹟』55号(交野市)
小野誠二 (20) 「シジュウカラ」 『北狄』322号(青森市)
20038月号 評者 勝又浩 タイトル 老年の仕事 総冊数77冊(創刊号2冊)
ベスト5 関谷雄孝 (17) 「平成海軍落下傘部隊」 『カプリチオ』17号(東京都)
川崎英生 (6) 「愛しているわ」 『文芸事始』20号(所沢市)
相馬庸郎 (11) 「安見児(やすみこ)物語」 『AMAZON』399号(宝塚市)
松本文世 (5) 「牛深港」 『南風』13号(福岡市)
木下正実 (1) 「アセボ峠」 『樹林』460号(大阪市)
吉保知佐 (31) 「夏の花」 『AMAZON』399号(宝塚市)
だてようすけ (2) 「風船」 『高知文学』29号(高知市)
田川肇 (1) 「中里旧道の思い出」 『かいだん』49号(小金井市)
阿部茂巳 (2) 「健ちゃん」 『奥文』5号(盛岡市)
中林亮介 (11) 「よそへ移った」 『文芸事始』20号(所沢市)
国吉史郎 (3) 「相部屋の二人」 『うらそえ文芸』8号(浦添市)
吉田慈平 (1) 「春風」 『りりっく』11号(川口市)
枡谷優 (3) 「惚れ代」 『文学雑誌』79号(宝塚市)
大塚滋 (8) 「歌とライスと」エッセイ
天見三郎 (13) 「まれびとの丘」 『文学地帯』101号(堺市)
森岡久元 (9) 「ハナトラノオ」 『別冊關學文藝』26号(西宮市)
浅田厚美 (2) 「花びらひらり」
三芳公子 (3) 「茜坂」 『あしたば』38号(津市)
明石善之助 (5) 「甘い塩」 『午前』73号(福岡市)
青海静雄 (28) 「いのちの木」
瀬良有為子 (13) 「濁流」 『せ・らふぃ』1号(東京都)[個人誌]
舟山智恵 (8) 「かもめの浮遊」 『ぼんがら』21号(山形市)
池田侃子 (4) 「警固」
紺野夏子 (2) 「曙荘」 『南風』13号(福岡市)
大地賢三 (2) 「蝦夷の切支丹」 『じくうちII』15号(東京都)
梓陽子 (1) 「氷の大陸・南極へ」
里見祥子 (2) 「日曜日」
川村透子 (4) 「雪女」
高木智視 (5) 「変なハーモニー」 『白鴉』12号(和歌山市)
和田悠 (4) 「鰯雲」
黒井千次 (2) 「小説の生まれる場所」講演記録 『樹林』460号(大阪市)
橋本捨五郎 (1) 「九月十一日」 『日通文学』658号(東京都)
三枝禮三 (3) 「異本『下へのぼる歌』」 『たね』33号(埼玉県菖蒲町)
20039月号 評者 勝又浩 タイトル 同人雑誌数の減少 総冊数111冊(創刊号3冊)
ベスト5 大畑靖 (20) 「金木犀」 『時間と空間』51号(小金井市)
中田重顕 (26) 「あの夏の日の傷」 『文宴』99号(松阪市)
小野誠二 (21) 「隙間風」 『北狄』323号(青森市)
沢渡甲児 (1) 「烏兎(うと)村異聞」 『日通文学』659号(東京都)
笹沢信 (9) 「鉱石ラジオ」 『山形文学』82集(山形市)
浜崎尋美 (2) 「司代さんと戦後国鉄文学運動」 『翰墨』76号/終刊号(埼玉県白岡町)
酒井幸雄 (7) 「路地の奥」
竹内和夫 (13) 「鳥たちの楽園
―私的航行記・二〇〇二年エッセイ
『酩酊船』18集(兵庫県宍粟郡)
中西まさき (1) 「私は作家志願」 『木曜日』19号(東京都)
坪倉亜矢 (3) 「蝶の羽根」
木山葉子 (3) 「パパとママ」 『木木』16号(唐津市)
塚越爽子 (1) 「華(はな)と共に」
桐山みち代 (5) 「ありがとう」 『河』116号(東京都)
東築史樹 (8) 「ハーフ・パラダイス」 『鳥語』46号(大和郡山市)
中村南 (3) 「行ってきました」 『河108』18号(札幌市)
山田真弓 (2) 「最後のトレモロ」 『じゅん文学』36号(名古屋市)
上田周二 (4) 「仮幻の女」 『時間と空間』51号(小金井市)
花島真樹子 (4) 「旅立たない小鳥たち」 『グループ桂』48号(小山市)
森なつ美 (3) 「ミラーダ」 『舗石』23号(東京都)
吉田典子 (32) 「ペンキ塗り」 『サボテン通り』3号(函館市)
長谷川恭隆 (1) 「手袋」 『季刊作家』46号(豊田市)
藍崎道子 (11) 「星の時間」 『こみゅにてぃ』68号(和光市)
三沢充男 (3) 「ご神体」
飯田敬三 (1) 「道徳駅物語」 『胞山』8号(多治見市)
島田和世 (20) 「かっぽれ」 『十四階』3号(東京都)
岩淵喜代子 (1) 「蝙蝠」
しん・りゅうう (25) 「死に神」 『山形文学』82集(山形市)
青木哲夫 (4) 「愛縛清浄」 『アンプレヤブル宣言』9号(今治市)
以下作品名のみの言及
愛川弘 (3) 「蚊帳の女」 『飢餓祭』25集(大和高田市)
和泉志乃部 (3) 「背中」 『まくた』240号(横浜市)
栗川剛史 (1) 「偽る亀」 『寄稿』創刊号(大阪市)
西澤建義 (2) 「櫻」 『文芸復興』111号(船橋市)
200310月号 評者 大河内昭爾 タイトル 地方文化のかじ取り 総冊数100冊(創刊号1冊)
ベスト5 野坂喜美 (2) 「抗うつ剤」 『米子文学』20号(米子市)
澤井繁男 (2) 「鬼面」 『北方文芸』357号(札幌市)
津木林洋 (18) 「私たちの望むものは」 『せる』63号(東大阪市)
瀬良有為子 (14) 「夢桜」 『季刊遠近』21号(東京都)
間宮武 (14) 「風葬の座」 『文學草紙』113号(東京都)
出水沢藍子 (10) 「味噌」 『小説春秋』16号(鹿児島市)
相星雅子 (20) 「やどかり」
森田一正 (9) 「都城」
榎本武男 (7) 「二人の女」 『月水金』27号(調布市)
菅龍一、奈良迫ミチ、五代夏夫、門脇照男、星加輝光、風見治、など 島比呂志追悼特集 『火山地帯』135号(鹿屋市)
山下多恵子 (3) 「島比呂志の『帰郷』」
立石富生 (10) 「心もよう
―今いる場所II
谷本多美子 (6) 「春嵐」 『円』31号(横浜市)
若林亨 (1) 「この屋根の下で」 『せる』63号(東大阪市)
奥野忠昭 (20) 「女の部屋」
あかね直 (1) 「雪文様」
結城五郎 (11) エッセイ 『小説家』113号(国分寺市)
印内美和子 (7) エッセイ
関谷雄孝 (18) 「西日の情景」
佐藤睦子 (30) 「キャットテール」
石井利秋 (14) 「しし座流星群」
稲葉有 (3) 「海辺の町で」 『新現実』第8次3号(東京都)
石毛春人 (8) 「花の下」
小山栄雅 (1) 「秋晴れ」
牧野徑太郎 (3) 「野鳥礼賛」
藤澤清典 (8) 「塔の見える時」 『北方文芸』357号(札幌市)
瀬良有為子 (14) 「明けぬ夜」 『せ・らふぃ』2号(東京都)[個人誌]
杉本利男 (16) 「鋏と老人」 『金澤文學』19号(金沢市)
柴田みひろ (1) 「加能作次郎 その人と文学の故郷」
昼間由美子 (1) 「凍る薔薇」 『雪嶺文学』29号(金沢市)
吉村滋 (15) 「失踪」 『九州文学』39号(佐賀郡大和町)
はしもと従子 (5) 「『饒舌』」
舟越節 (1) 「卵たちの青春」
堀勇蔵 (22) 「夢のいた場所」
鈴木楊一 (34) 「郷愁」 『文學草紙』113号(東京都)
- 「山田かん遺作集」 『西九州文学』23号(諫早市)
山田かん (1) 「瀬戸日暮(せどひぐれ)駅」
定来文彬 (8) 「楽しみにしていたのに」追悼文
横手一彦 (1) 「追悼 山田かん」 『舢板 SAN PAN』第III期5号(FDI)
矢部登 (2) 「結城信一の荷風耽溺」
- 聞き書「小沢信男一代記 その3」
宮崎栖吾郎 (6) 「夢の床」 『西九州文学』
木下恵美子 (1) 「義母の旅路」
川道岩見 (4) 「頓馬」
定来文彬 (8) 「ヒトのいる風景」
田中豊英 (1) 「涙をふかなきゃ危ないよ」
柳谷郁子 (12) 「本」巻頭言 『播火』48号(姫路市)
柳谷郁子 (12) 「万池家の人々―風舞い―」
上田三洋子 (7) 「ね・む・る」 『とぽす』35号(茨木市)
堀井清 (11) 「来世の土地」 『文芸中部』63号(東海市)
井上武彦 (34) 「小さな証」
以下作品名のみの言及
中嶋英二 (9) 「メグロの目」 『江南文学』46号(流山市)
坂本紀美子 (3) 「小路川(くうじがわ) 『佐賀文学』20号(佐賀市)
渡辺昭彦 (3) 「芙美子」 『風響樹』29号(山口市)
遠野明子 (12) 「姫神」 『槐』21号(佐倉市)
乾夏生 (8) 「雨男」
宮越郷平 (7) 「羅漢岳」 『文芸秋田』50号(南秋田郡五城目町)
太田真男 (4) 「鴉」 『日本海作家』152号(武生市)
江藤あさひ (4) 「婆神」 『札幌文学』62号(札幌市)
くもくみこ (1) 「エチオピアの棺(ひつぎ) 『AMAZON』400号(宝塚市)
角田真由美 (11) 「いとしい足」 『詩と眞實』650号(上益城郡上益城町)
福島次郎 (15) 「缶燗酒(かんかんざけ)
田島知美 (1) 「化粧」 『いるか』19号(東京都)
三浦瑞子 (3) 「めぐり逢い、ふたたび」 『亜熱帯』7号(鹿児島市)
岡村知鶴子 (5) 「虚鳴り」
勝陸子 (3) 「鹿児島郡ユダヤ村」
200311月号 評者 大河内昭爾 タイトル 文学の核 総冊数83冊(創刊号5冊)
ベスト5 瀬良有為子 (15) 「小さな掌の痛み」 『せ・らふぃ』3号(東京都)[個人誌]
久鬼高治 (24) 「父」 『煉瓦』28号(千葉市)
西村賢太 (1) 「墓前生活」 『煉瓦』28号(千葉市)
坂本美智子 (12) 「ゴッホの靴」 『森林鉄道』19号(函館市)
豊田一郎 (48) 「ラスゴーの洞窟に刻む」 『星座』71号(東京都)
- 五百号記念号 『北斗』9月号(名古屋市)
清水信 (11) 「反主流文学史抄II」 『中部ぺん』10号(名古屋市)
大沼洸 (2) 「甲矢銛」 『煉瓦』28号(千葉市)
寺元敏胤 (7) 「帰郷」
滑川ヤゴ (3) 「珈琲の味は」
青木正美 (2) 「『悪い仲間』考」
芳川幸造 (22) 「雨の通夜」遺稿
- 創刊四十五周年記念号 『文芸山口』250号(山口市)
浜崎勢津子 (9) 「茂太(しげた)叔父」
堂迫充 (7) 「霊水」
堂迫充 (7) 「編集後記」
雨宮湘介 (8) 「みのもの月」 『小説と詩と評論』321号(東京都)
崎村裕 (8) 「マリの出征」
川島徹 (1) 「団地の男」
田中純子 (10) 「朱い実」 『森林鉄道』19号(函館市)
吉田典子 (33) 「声」
美倉健治 (10) 「歪んだ系図」 『星座』71号(東京都)
岩田光子 (1) 「陽羅文学私論―《母恋い》の源流を探りつつ―」
宮林太郎 (11) 「無縫庵日録」
吉田典子 (33) 「最後の虹」 『カンテラ』16号(西宮市)
時任生子 (2) 「光と影の間で」 『しゅばる』29号(東京都)
藤堂りょう (3) 「飢餓」
山岸淳郎 (1) 「闇夜の光―少年期(五)―」連載
もりたなるお (13) 「ことしも櫻桃忌」 『回転寿司考』67号(東京都)[一人同人誌]
瀬良有為子 (15) 「光」 『河』117号(東京都)
亀山知枝子 (1) 「ヤツデの家」 『朝』21号(我孫子市)
高橋佑子 (3) 「山峡」 『海峡』創刊号(函館市)
安芸宏子、平田真弓、竜崎攻、杉本京子 田辺明雄追悼エッセイ 『半獣神』75号(高槻市)
杉本増生 (18) 「師父と親しむ―田辺明雄と私―」追悼エッセイ、未完
安芸宏子 (9) 「さびしい夏」 『雑木林』8号(枚方市)
相馬正一 (5) 「井伏鱒二と重松静馬―『黒い雨』成立の経緯―」 『安藝文學』71号(広島市)
岩崎清一郎 (7) 「鉱脈探訪(十七)」
以下作品名のみの言及
西向聡 (6) 「もっこすの夜」 『法螺』49号(枚方市)
福原成津 (2) 「おはぎ」 『風』2号(東京都)
佐藤孝次 (1) 「帰郷」 『横手の街で』11号(横手市)
清水谷のぶ子 (1) 「シャドー」 『文学岩見沢』67号(岩見沢市)
久保三也子 (5) 「廃墟」 『柳絮』65号(西宮市)
三神ふさ子 (12) 「ヒエラポリスの丘」 『甲府文学』14号(甲府市)
水木亮 (4) 「ヤスエの休日」
永島みつる (1) 「待ちくたびれて」
原あやめ (1) 「亭主売ります」 『峠』45号(名古屋市)
丹羽良子 (7) 「春めいて」
菅礼子 (3) 「秋田娘(おばこ)同盟」 『北門文学』6号(秋田市)
尾津晃代 (1) 「昼の月」 『凱』23号(東京都)
200312月号 評者 大河内昭爾 タイトル 刺戟的な主題 総冊数85冊(創刊号4冊)
下半期
優秀作
梅川真由美 (1) 「虚数の海」 『アミーゴ』50号(北条市)
下半期
奨励作
古木信子 (3) 「寒の森」 『季刊午前』29号
下半期
奨励作
関谷雄孝 (17) 「平成海軍落下傘部隊」 『カプリチオ』17号(東京都)
下半期
優秀作
候補
昆道子 (36) 「雪夜」 『碑』80号(横浜市)
紺谷猛 (3) 「恋愛ごっこ」 『海』67号(四日市市)
川崎英生 (6) 「愛しているわ」 『文芸事始』20号(所沢市)
大畑靖 (20) 「金木犀」 『時間と空間』51号(小金井市)
中田重顕 (26) 「あの夏の日の傷」 『文宴』99号(松阪市)
野坂喜美 (2) 「抗うつ剤」 『米子文学』20号(米子市)
澤井繁男 (2) 「鬼面」 『北方文芸』357号(札幌市)
瀬良有為子 (15) 「小さな掌の痛み」 『せ・らふぃ』3号(東京都)
久鬼高治 (24) 「父」 『煉瓦』28号(千葉市)
西村賢太 (1) 「墓前生活」 『煉瓦』28号(千葉市)
ベスト5 梅川真由美 (1) 「虚数の海」 『アミーゴ』50号記念号
古木信子 (3) 「寒の森」 『季刊午前』29号
緒方コウタ (1) 「不発弾」 『外套』11号(函館市)
山之内朗子 (15) 「れんげ畑で」 『舗石』24号(東京都)
柴田宗徳 (17) 「開国の夢」 『流氷群』46号(鳥取市)
竹宮よしみ (2) 「鬼の恋」 『アミーゴ』50号記念号
菊池佐紀 (16) 「歩き続ける宮本武蔵」
菊池佐紀 (16) 「編集後記」
藤沢すみ香 (2) 「月島もんじゃストリート」探訪記 『舗石』24号(東京都)
山田美枝子 (8) 「中丸美繪著『杉村春子 女優として女として』」読書案内
- 「例会通信」 『AMAZON』401号(宝塚市)
くもくみこ (2) 「エチオピアの棺(ひつぎ) 『AMAZON』400号(宝塚市)
森脇善明 (9) 「小林秀雄論 美と知の遠近法」
堀巖 (28) 「私小説の方法」
射場鐵太郎 (7) 「信濃路駆け巡り」探訪記 『AMAZON』401号
岡田晃 (6) 「神の味方は多くして」
堀巖 (28) 「続百日紅堂漫筆」
- 栖坂聖司追悼特集 『山形文学』83集(山形市)
高橋菊子 (6) 「もなか屋」
しんりゅうう (26) 「歌子」
有松周 (3) 「十九年」
饗庭孝男、朝比奈誼、など 清水正和、田口義弘追悼号 『現代文学』67号(横浜市)
花輪莞爾 (26) 「悪夢小劇場」
桂木怜 (1) 「母の子もり歌」 『ほむら』10号(室蘭市)
北村遼子 (1) 「幸福の借景」
木下順一 (21) 「死者を探す」 『外套』11号(函館市)
十八鳴浜鴎 (4) 「ナルシストの憂鬱」 『新松柏』12号(柏市)
山田あつし (13) 「展望風呂の男」
渡辺利喜子 (1) 「『日本母性』と田畑修一郎」 『作文』184集(逗子市)
井上郷 (2) 「都忘れの宿で」
秋原勝二 (2) 「満洲時代の『作文』(3)」
秋原勝二 (2) 「世界で一番小さな海27」
「八路(バーロ)の軍票」「長城を越えてきたもう一つの中国軍隊」
塚越淑行 (59) 「定年直後」 『まくた』241号(横浜市)
黒崎芙沙子 (6) 「遺影」
川田信子 (2) 「桜木町まで(他三篇)」
伊神ごん太 (2) 「びわこ雲(上)」 『熱砂』5号(名古屋市)
高瀬スミエ (1) 「龍舌蘭」 『九州作家』119号(北九州市)
橘かがり (4) 「判事の娘」 『湧水』25号(東京都)
馬淵典夫 (3) 「帰国」 『流氷群』46号(鳥取市)
枡井和道 (7) 「犬殺し」
久保三也子 (6) 「廃墟」 『柳絮』65号(西宮市)
以下作品名のみの言及
高橋光子 (20) 「私のアイルランド紀行」 『群青』63号(武蔵野市)
堀田明日香 (2) 「今日にはじまり今日におわる」 『じゅん文学』37号(名古屋市)
堅田信 (1) 「そのひとことが」 『草の葉』48集(高知市)
岩本昭吉 (3) 「黒い紙」 『周防灘』9号(宇佐市)
こしばきこう (1) 「五月の漂流」 『ざいん』7号(室蘭市)
古岡孝信 (5) 「擬装」 『山月』6号(大分県直入町)
上田千之 (5) 「馬のいたころ」 『渤海』46号(富山市)
山口馨 (4) 「風景―四匹目の猫―」
三神ふさ子 (13) 「ヒエラポリスの丘」 『甲府文学』14号(甲府市)
水木亮 (5) 「ヤスエの休日」
永嶋みつる (1) 「待ちくたびれて」
朽木京子 (1) 「父の海」 『素粒』創刊号(高岡市)
大黒恵子 (9) 「春の夜に棲む」
遠山あき (10) 「裸の捕虜」 『槇』26号(千葉市)
山口伊東子 (1) 「東籬の下」
矢和田高彦 (9) 「臭い息」 『文芸山口』251号(山口市)
堂迫充 (8) 「翳りのある風景」
夏森修平 (1) 「磁力」 『八月の群れ』42号(神戸市)
野元正 (8) 「羽化」
兵頭道子 (4) 「覗き見」 『原点』87号(松山市)


ページの先頭へ

トップページ対象作 一覧転載作 一覧評者たちマップ
|| 前 2002年へ翌 2004年へ