直木賞のすべて
第102回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/1/22

星川清司
Hoshikawa Seiji
生没年月日【注】 大正10年/1921年10月27日(本人による公表では大正15年/1926年)~平成20年/2008年7月25日
受賞年齢 68歳2ヵ月
経歴 東京生まれ。山形高中退。
受賞歴・候補歴
  • 第15回シナリオ賞[特別賞](昭和38年/1963年)「暴動」
  • 第25回芸術祭賞[テレビドラマ部門・優秀賞](昭和45年/1970年)「わが父北斎」
  • イタリア賞グランプリ(昭和45年/1970年)「わが父北斎」
  • 第102回直木賞(平成1年/1989年下期)「小伝抄」
  • |候補| 第26回泉鏡花文学賞(平成10年/1998年)『入相の鐘』
サイト内リンク 小研究-記録(高齢受賞)
小研究-記録(高齢候補)
直木賞受賞作全作読破への道Part2
備考 『朝日新聞』平成22年/2010年4月9日が、これまで知られていた生年より、実際は5年早く生まれていた(家族談)を報じた。
そのため、現段階では、生年として大正10年と大正15年を併記しておきます。
([H22]2010/4/9 記)

さらに、日本文学振興会が生年を大正10年と確認した、との報が平成22年/2010年4月22日にありました。
([H22]2010/4/23 記)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第102受賞  一覧へ

こでんしょう
小伝抄」(『オール讀物』平成1年/1989年10月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」  別表記表紙 「文藝春秋」併記
巻号 第44巻 第13号  別表記10月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「こでんしょう」
印刷/発行年月日 発行 平成1年/1989年10月1日
発行者等 編集人 藤野健一 発行人 阿部達児 印刷人 鈴木和夫 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
装幀/装画等  小村雪岱
総ページ数 414 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×26行
×3段
本文ページ 218~263
(計46頁)
測定枚数 156
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『オール讀物』平成2年/1990年3月号
>>平成2年/1990年3月・文藝春秋刊『小伝抄』所収
>>平成5年/1993年2月・文藝春秋/文春文庫『小伝抄』所収
>>平成12年/2000年9月・埼玉福祉会/大活字本シリーズ『小伝抄』(上)所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 星川清司 男68歳
選考委員 評価 行数 評言
黒岩重吾
男65歳
44 「読み終って私は、こういう小説を待っていたような気がした。」「本小説に魅力を与えているのは権八の存在である。」「権八の想いがあればこそ、私は色塗れの小伝に、仄かな香りと哀しみを感じることが出来た。」
陳舜臣
男65歳
11 「うまい作品である。文章と話し口のうまさのわりには、感銘度が浅かった。小伝という女性の燃えるすがたを期待しすぎたかもしれない。この作品はむしろ「権八抄」として読むべきであろう。」
山口瞳
男63歳
36 「私は買わない。小伝は魅力のある女性だということだが、私には恣意的で異常な淫乱女であるとしか思えない。これに従う醜悪な下僕の権八という設定も陳腐だ。」「私は星川さんは力のある作家だと思っているが、同じシナリオライターで隆慶一郎さんが二度落選して星川さんが一度で受賞したことに運命的なものを感ずる。」
田辺聖子
女61歳
16 「絢爛たる文章と素材のわりに、ヒロインの印象がうすく、どこかもどかしいが、これは読み手が女だからだろうか。小伝の「いい女」ぶりが、もひとつよく分らない。」「ただ、凝りぬいた文体と口吻に、昨今の安易なつくりの小説にない、作者の情熱・執念が感じられ、私はそれを珍重して、この作にも一票を献ずることにした。」
平岩弓枝
女57歳
27 「第三者である狂言作者の口を通して語られている分だけ、登場人物の心理が読者から遠くなって歯がゆい思いをさせられる難点がある。」「権八が小伝を殺すという、いわばこの芝居の大詰を、作者は何故か書かなかった。これは、どう弁解しても、逃げたことになる」「やはり、大詰はきちんと書いてもらいたい。」
藤沢周平
男62歳
18 「男たち(ことに南北の描き方が秀逸)はうまく書けているのに肝心の男狂いの小伝のあわれ、またはかわいらしさが伝わって来ない不満があり、読後感もまた快いとも言えない小説だが、作品が暗くて楽しくないという点は、この作者がまだ言いたいこと書きたいことを沢山持っているせいではないかと思われて、むしろ今後に期待を抱かせるものだった。」
五木寛之
男57歳
12 「安定した筆力と円熟した作風をもつ堂々たる大人の作家である。権八という醜男が幼い小伝に、うなぎの串焼きを口うつしのように噛んで食べさせる描写など、僧衣の袖口にちらと鎧の小手を見せられたような気にさせられたものだった。」
井上ひさし
男55歳
26 「短い枚数で三つの人生を描きつくすという困難な事業が、静かに(原文傍点)成就しているところ、上々吉である。」「三つの文体が、書き手によって選ばれたのではなく、題材そのものがそれらの文体で書くように要求しているかの如くに見えるところ、結局は作者がそれを書くのにちがいないが、しかし題材から自然にその文体が選ばれたように見せる工夫――そこに唸ったのである。」
渡辺淳一
男56歳
16 「前半の「あたくし」がいささか嫌味で、三つに分けた構成に難点があるが、小伝と権八の回想部分は生き生きとして迫力がある。」「文章はたしかに古風だが、これほど古風だといっそ新しくも見えてくるし、なによりも、作者の書きたい熱気があふれているところが好ましかった。」
選評出典:『オール讀物』平成2年/1990年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
江戸[文政年間]  江戸
登場人物
あたくし(隠居する狂言作者)
竹本小伝(浄瑠璃語り、淫婦として有名)
権八(札売り、元・船頭、面貌醜怪)
三津五郎秀佳(芝居役者、小伝の旦那)
瀬川菊之丞(立女形、小伝の浮気相手)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ