直木賞のすべて
第108回
  • =受賞者=
  • 出久根達郎
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/3/12

出久根達郎
Dekune Tatsuro
生没年月日【注】 昭和19年/1944年3月31日~
受賞年齢 48歳9ヵ月
経歴 茨城県行方郡北浦町(現:行方市)生まれ。北浦中学校卒。東京・月島の古書店に勤務。昭和48年/1973年独立、杉並区で古書店「芳雅堂」を開く。
受賞歴・候補歴
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part2
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第104回候補  一覧へ

むみょう ちょう ねこ ねこ よにん
無明の 蝶」「 猫じゃ 猫じゃ」「 四人め」「とろろ」
(平成2年/1990年10月・講談社刊『無明の蝶』より)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背 「むみょうのちょう」併記
印刷/発行年月日 発行 平成2年/1990年10月15日(第1刷)
発行者等 発行者 野間佐和子 印刷所 信毎書籍印刷株式会社 製本所 大進堂株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装画 村上 豊 装幀 熊谷博人
総ページ数 230 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×17行
×1段
本文ページ
  • 5~38
  • 39~63
  • 65~101
  • 103~131
(計125頁)
測定枚数 191
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>平成5年/1993年8月・講談社/講談社文庫『無明の蝶』所収
>>平成7年/1995年10月・埼玉福祉会/大活字本シリーズ『無明の蝶』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の収録作品
「靴」「雲烟万里」「赤い鳩」
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 出久根達郎 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
渡辺淳一
男57歳
15 「なかなかの小説巧者で、小太刀の名手という感じを受けた。表題作(引用者注:「無明の蝶」)と「四人め」がとくに印象に残ったが、少し人物やストーリーを動かしすぎる嫌いがある。読者へのサービスのつもりかもしれないが、あまり話をつくりすぎるとリアリティを失い、興醒めする。」
平岩弓枝
女58歳
8 「好感を持ちました。たしかに文章には少々、無造作なところがあるのですが、独特の小世界が巧みに書かれていて、気持のよい作品だと思います。」
陳舜臣
男66歳
5 「達者な作品である。劇画化がオーバーで、そのため登場人物の存在感がかえって薄れてしまった。」
井上ひさし
男56歳
5 「細部の豊かさおもしろさと自在な文章。」「一読して三嘆すべき立派な作品だった。」
田辺聖子
女62歳
16 「面白い素材を、上手な話術で、しかも人生の蓄積深い(ということは、人生に一家言ある、ということだ)オトナが書いているのだから、大人が読んで面白からぬはずはない、……というような小説。しかしこの作品のよさも危うさも、一にかかって、そこのところに在る。」「しかしまあ、私は大いに楽しまされた。」
五木寛之
男58歳
8 「独特の小世界をつむぎ出した佳作である。味のある文章と肩肘張らない語り口で気楽に読みすすむことができるが、その実、なかなかしたたかな小説づくりの仕掛けが隠されていると見た。」
黒岩重吾
男66歳
10 「古本屋という商売が醸し出す黴臭い雰囲気、また裏に隠されている商魂などがよく描かれている。ただ小説を作り過ぎているために、作品が浅く感じられたのは残念である。作者がそのことに気付いたなら凄い小説が生まれそうな気がする。」
山口瞳
男64歳
0  
藤沢周平
男63歳
16 「手の内の古本商売にかかわる話はいきいきと描かれているのに対し、話を作ったと思われる部分、あるいははっきりと虚構とわかるものになると、作意が目立つ弱点があった。」「候補作四篇の中では、(引用者中略)「猫じゃ猫じゃ」がいいと思った。猫の生態の描写も巧みで、佳作である。」
選評出典:『オール讀物』平成3年/1991年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇〔4篇〕
無明の蝶
章立て
なし
時代設定 場所設定
[時代不定]  ある町~鎌倉
登場人物
私(語り手、古本屋)
花田章一(私の店の常連客、夭折)
猫じゃ猫じゃ
章立て
なし
時代設定 場所設定
[時代不定]  ある町
登場人物
私(語り手、古本屋)
福郎(私の店に迷い込んだ猫)
小金井(高校の数学教師)
四人め
章立て
なし
時代設定 場所設定
[時代不定]  ある町
登場人物
私(語り手、古本屋)
粟田(建設会社社長)
吉村(世話好きの未亡人)
とろろ
章立て
なし
時代設定 場所設定
[時代不定]  ある町
登場人物
私(語り手、古本屋)
倉田檀思(老国文学者、蔵書家)




直木賞 第108受賞  一覧へ

つくだじま しょぼう
佃島ふたり 書房』(平成4年/1992年10月・講談社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 平成4年/1992年10月30日(第1刷)
測定媒体発行年月日 発行 平成5年/1993年2月16日(第4刷)
発行者等 発行者 野間佐和子 印刷所 豊国印刷株式会社 製本所 島田製本株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装画 村上 豊 装幀 熊谷博人
総ページ数 292 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×19行
×1段
本文ページ 5~292
(計288頁)
測定枚数 555
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>平成5年/1993年5月・日本点字図書館刊『佃島ふたり書房』4冊
>>平成7年/1995年7月・講談社/講談社文庫『佃島ふたり書房』
>>平成11年/1999年10月・埼玉福祉会/大活字本シリーズ『佃島ふたり書房』(上)(下)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 出久根達郎 男48歳
選考委員 評価 行数 評言
田辺聖子
女64歳
75 「小説に翻弄されるという醍醐味を久しぶりに味わった。」「文章で昂奮させられる作品、というのは、うれしいものだ。」「過去と現在のもつれかたに、えもいえぬ詩情がたちのぼる。」「最後のページを閉じたとき、実にあとあじよく、感慨が心を濡らすのに気付く。」
黒岩重吾
男68歳
47 「私はこの作品一本に絞り選考会に出席した。」「某委員が指摘したように、ところどころに作者の作意を感じなくもないが、これだけの登場人物の一人一人に個性を持たせ、最後まで読者を飽かせない腕力は貴重といえよう。」「作者は小説の本質を?んだような気がする。」
山口瞳
男66歳
117 「一言一句が粒立っているとか、活字が立ち上ってくるとかいう言い方があるが、そういう文章に久し振りにお目にかかったような気がしている。」「第四章の「鬼火あやしき黒い大川」が傑出している。」「畜生! うめえなあと思い、私は何度も唸ったのである。」「これは瑕瑾の多い小説である。(引用者中略)出久根さんにはキリッとした中年男女の恋愛小説の短篇を書いてもらいたいと切に願っている。」
陳舜臣
男68歳
14 「きめのこまかい文章で、前半はみごとで、これはと思わせたが、幸徳秋水や管野スガといった実在の人物が出てくると、とみに厚みを失ったかんじがした。自分ひとりで面白がっていて、その面白さが読者に伝わってこないうらみがある。」
渡辺淳一
男59歳
21 「頭一つ抜けていた。なによりもこの作者の優れているところは、人間を見る目がたしかなことで、その目が老獪ともいえる文章できっかりと裏打ちされている。」「気になったのは、全体としてじじくさく華がないところだが、もしかするとこの作家は、表面じじくささを装いながら、意外に化ける余力を秘めているのではないか。そのあたりへの期待もこめて、授賞に賛成した。」
平岩弓枝
女60歳
34 「如何にも小説的小説というか、よくも悪くも技巧的という印象を受けた。」「主人公のパートナーの人のいい、気の弱い、しかも誠実な男というのも或るパターンではあった。一つ間違うと、えらく古くさい作品になるのを、そう仕上げなかったのは、作者の腕であり、キャリアであろう。」
井上ひさし
男58歳
41 「文章にやや臭み(「いかにも玄人の、プロならではの」という言い方も出来るが)はあるものの、単に意味を伝達するだけではない徳、つまり作者の駆使する言葉そのものがおもしろさと美しさを備えており、かつ的確(とくに、主人公が彫物をする場面)でもある。」「読者はとても気分よく巻を閉じることができるわけで、すべてをひっくるめて作者はまことに練達である。」
藤沢周平
男65歳
55 「作品全体を読み終ってみると、二、三気持にひっかかるものが残る作品でもあった。」「しかし(引用者中略)第一章の最後にあらわれる文章、あるいは関東大震災当日の光景など、この作者が正面から取り組んだ文章には懐の深い、見事な表現力が示されていた。隅田川がブリキの切片を一面にまきちらしたようにさざなみ立ったなどという文章は容易に書けるものではない。」
五木寛之
男60歳
29 「余裕の受賞という感じで今回の選考会は終った。」「なによりも文章が練れているというか、こなれた筆である。」「この作品のなによりの成功は、物語りの舞台に佃島という場所を選んだことだ。(引用者中略)このあたりには、まだまだ沢山の物語りが埋まっていそうである。」
選評出典:『オール讀物』平成5年/1993年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一章 雪ふる佃の渡し」「第二章 藤の花薫る」「第三章 その人は年上の庇髪」「第四章 鬼火あやしき黒い大川」「第五章 雪のした卒塔婆小町」「第六章 螢の光佃の渡し」
時代設定 場所設定
昭和39年/1964年~[明治末期~太平洋戦争戦中]  東京
登場人物
梶田郡司(古本屋)
工藤六司(郡司の商売仲間)
ダクばあさん(かつての「ふたり書房」店主)
千加子(ダクばあさんの姪、六司の妻)
澄子(千加子の娘、「ふたり書房」を継ぐ)
木里初男(「明神書房」店主)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ