直木賞のすべて
第110回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/22

大沢在昌
Osawa Arimasa
生没年月日【注】 昭和31年/1956年3月8日~
受賞年齢 37歳10ヵ月
経歴 愛知県生まれ。慶応義塾大学法学部中退。
受賞歴・候補歴
処女作 「感傷の街角」(『小説推理』昭和54年/1979年)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
直木賞受賞作全作読破への道Part2
リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



しんじゅくざめ
新宿鮫』(平成2年/1990年9月・光文社/カッパノベルス)
書誌
>>平成9年/1997年8月・光文社/光文社文庫『新宿鮫』
>>平成17年/2005年6月・双葉社/双葉文庫 日本推理作家協会賞受賞作全集64『新宿鮫』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 12受賞 一覧へ
候補者 大沢在昌 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男56歳
15 「どこをどっても一級品である。わたしは、読者としては熱狂しつつ、同業としてはいくらかの妬ましさを覚えながら、この常事ではない傑作を読み終えた。読んで損はなく、かえってお釣りがくる小説である。ほんとうに立派な仕事だ。」
尾崎秀樹
男62歳
16 「印象にのこった。」「六本木を背景に鮮やかなハードボイルド物を書いてきた作者が、新たに新宿を舞台に話を展開した作品である。」「新宿という街を縦横に描いたハードボイルドの一収穫である。」
佐野洋
男62歳
9 「最初の投票で満票を獲得した。新しい主人公の創造、警察機構に対する冷静な目、ときにはユーモアもあり、作者の飛躍が読み取れた。副主人公の女性は、六作品中の随一である。」
野坂昭如
男60歳
17 「『新宿鮫』とは、またミもフタもない題名だが、読んでみれば、これすらもしごく妥当に思える、つまり大沢在昌はもはや、斯の道の商売人に違いない、選考委員すべてが推したのも当然。この水準を維持しつづければ、分野をこえて、小説業界に風穴を開けること請合い。」
半村良
男57歳
16 「新宿の新しい風物(敢えて風俗とは言わない)がよく書けていたし、昔はいなかった種類の新しい人物もよく書けていた。」「今回はみごとに自分の型を作ったという感じである。型は人が作って見せれば途端に陳腐にも思えるものだが、『新宿鮫』を自分でやってみれば、もう大沢氏の新宿を抜けないことが判るだろう。化けた、という意味でも受賞は嬉しい。」
選評出典:『群像』平成3年/1991年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第110受賞  一覧へ

しんじゅくざめ むげんにんぎょう
新宿鮫  無間人形』(平成5年/1993年10月・読売新聞社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「しんじゅくざめ むげんにんぎょう」 カバー 「SHINJUKUZAME MUGEN NINGYOH」併記
印刷/発行年月日 発行 平成5年/1993年10月29日(第1刷)
測定媒体発行年月日 発行 平成6年/1994年2月1日(第24刷)
発行者等 編集人 岡野敏之 発行人 中保 章 印刷所 大日本印刷株式会社 製本所 大口製本印刷株式会社
発行所 読売新聞社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 レリーフ 黒鉄ヒロシ 装丁 重原 隆
総ページ数 485 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×21行
×1段
本文ページ 3~485
(計483頁)
測定枚数 1028
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『週刊読売』平成4年/1992年10月18日号~平成5年/1993年10月3日号
>>平成6年/1994年7月・光文社/カッパ・ノベルス『無間人形 新宿鮫4』
>>平成12年/2000年5月・光文社/光文社文庫『無間人形 新宿鮫IV』
>>平成26年/2014年5月・光文社/光文社文庫『無間人形 新宿鮫4』〔新装版〕
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 大沢在昌 男37歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男59歳
26 「物語の展開は快調、とにかくおもしろい。舌を巻くばかりの筆力である。」「登場人物たちの織り出す人生の織物は厚くて豪奢である。もちろん欠点はある。たとえば今回の悪玉には「悪の哲学」がない。あるとしても弱い。」「現在感覚に溢れて生き生きとした作品だ。今回は水準が高かったが、その高い水準をこの作品はさらに頭ひとつ抜いている。」
陳舜臣
男69歳
18 「設定にやや無理があるという意見もあったが、ハードボイルドでは、不条理性が登場人物をよりあざやかに造型する素材でもあるので、大きく減点するにあたらないとおもう。この作家の『毒猿』という作品に感心したおぼえがあるが、ハードボイルドの新しい星として活躍が期待できる。」
藤沢周平
男66歳
19 「「新宿鮫」シリーズは、四作目の「新宿鮫 無間人形」に至って、三作目までの娯楽性が勝った作風を超えたように思われた。主人公鮫島の超人的な設定など、二、三気になっていたところが整理されて、派手なおもしろみは減ったかわりに、ずしりと重い現実感が前面に出てきたのが四作目の特色である。」「直木賞にこのエンタテイメントの傑作を加え得たことをよろこびたい。」
田辺聖子
女65歳
35 「スピードと緊迫感にみち、それでいて、ちょっと甘いところのある味つけが口あたりいい。(引用者中略)大沢氏のお作にある品の良さが、かいなでの作品と一線を劃する。」「構成上やや破綻と思われる個所もあるが、ともかく脂の乗った作家の、みなぎる熱情と荒肝をひしぐ腕力に魅せられ、女の子の描きかたの趣味のよさにも共感。」
黒岩重吾
男69歳
29 「新しい迫力がある。」「問題は前半の汗ばむような緊張感が後半に到って崩れることである。政界人を操るような地方財閥の息子が、危険な覚醒剤を売らなければならない理由が、読者に納得出来るまで描かれていない。」「本家の息子など実に屈折した人物なので、もっと書き込んで貰いたかった。」「苦言を呈したが、私の時代には存在しなかったであろう晶は、作者の筆力においてのみ創り得た女性であることは間違いない。」
五木寛之
男61歳
49 「文句タラタラで読んだが、それでも抜群におもしろかった。決して「文句なしの」おもしろさではない。そこにこの作家の力があると思った。」「総じてこの小説には、タフなジャケットの下から甘さが見え隠れするが、それを排除してしまうと、批評家にはほめられても、売れないだろう。ロックの感覚を生かした歌謡曲、というあたりが、この作品の取り柄なのである。」「大沢さんの一篇を受賞作として推した」
平岩弓枝
女61歳
33 「週刊誌に連載中から愛読していて、次の回が楽しみであった。」「で、(引用者中略)読者として苦情を申し上げたい。」「巨大な権力の中心人物が姿もみせず、その一族にあの老いぼれは、じきに死ぬ、と一人言で片づけてしまったのは、まことに残念。更にいえば、(引用者中略、注:キャンディを作っていた)理由が、でき上った自分のまわりの世界を汚したかったのかも知れない、という、これも独白だけで終らせたのでは、おそらく誰も納得出来ないと思う。」
渡辺淳一
男60歳
25 「いま登り坂の作家の勢いが感じられる。」「裕福な彼等(引用者注:登場人物の香川兄弟)が、麻薬の売買に手を出した理由も弱く、最後が腰砕けになっている。」「あまりにエンターテインメントに過ぎて、手応えが軽すぎるが、シリーズ作品で、他にそうでもないものもあるところから納得した。この作品で最も惹かれたのは晶という女性で、この女性の魅力と、全体を貫く乾いた感性をかって、受賞に賛成した。」
山口瞳
男67歳
25 「こういう小説、私は読み馴れないのだが、なかなか面白くて上等だと思った。文章のテムポがいい。」「その上で無いもの強請りを言うのだが、この小説には哲学がない。(引用者中略)麻薬犯も鮫島も愛人の晶も、恰好はついているが、奥が無くて薄いものになってしまっている。」
選評出典:『オール讀物』平成6年/1994年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1」~「48」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京~ある県
登場人物
鮫島(新宿署防犯課の刑事)
晶(歌手、鮫島の恋人)
香川昇(香川財閥分家、運送会社社長、裏で覚醒剤を密造)
香川進(昇の弟、暴力団との交渉役)
香川景子(香川財閥本家の長女、スナック「K&K」オーナー)
国前耕二(「K&K」従業員)
平瀬(耕二の仲間、チンピラ)
石渡(耕二の仲間)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ