直木賞のすべて
第36回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/1/22

今東光
Kon Toko
生没年月日【注】 明治31年/1898年3月26日~昭和52年/1977年9月19日
受賞年齢 58歳9ヵ月
経歴 神奈川県生まれ。関西学院中等部中退。
受賞歴・候補歴
  • 第36回直木賞(昭和31年/1956年下期)「お吟さま」
処女作 「軍艦」(大正13年/1924年)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part5
リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第36受賞  一覧へ

ぎん
「お 吟さま」(『淡交』昭和31年/1956年1月号~12月号)
媒体・作品情報
誌名 「淡交」  別表記表紙 「茶道綜合誌」併記
巻号 (1)通巻 第91号/第10巻 第1号 (2)通巻 第92号/第10巻 第2号 (3)通巻 第93号/第10巻 第3号 (4)通巻 第94号/第10巻 第4号 (5)通巻 第95号/第10巻 第5号 (6)通巻 第96号/第10巻 第6号 (7)通巻 第97号/第10巻 第7号 (8)通巻 第98号/第10巻 第8号 (9)通巻 第99号/第10巻 第9号 (10)通巻 第100号/第10巻 第10号 (11)通巻 第101号/第10巻 第11号 (12)通巻 第102号/第10巻 第12号  別表記(1)新年号 (2)2月号 (3)3月号 (4)4月号 (5)5月号 (6)6月号 (7)7月号 (8)8月号 (9)9月号 (10)10月号/発刊百号記念特集号 (11)11月号 (12)12月号
印刷/発行年月日 (1)印刷 昭和30年/1955年12月25日 発行 昭和31年/1956年1月1日 (2)印刷 昭和31年/1956年1月25日 発行 昭和31年/1956年2月1日 (3)印刷 昭和31年/1956年2月25日 発行 昭和31年/1956年3月1日 (4)印刷 昭和31年/1956年3月25日 発行 昭和31年/1956年4月1日 (5)印刷 昭和31年/1956年4月25日 発行 昭和31年/1956年5月1日 (6)印刷 昭和31年/1956年5月25日 発行 昭和31年/1956年6月1日 (7)印刷 昭和31年/1956年6月25日 発行 昭和31年/1956年7月1日 (8)印刷 昭和31年/1956年7月25日 発行 昭和31年/1956年8月1日 (9)印刷 昭和31年/1956年8月25日 発行 昭和31年/1956年9月1日 (10)印刷 昭和31年/1956年9月25日 発行 昭和31年/1956年10月1日 (11)印刷 昭和31年/1956年10月25日 発行 昭和31年/1956年11月1日 (12)印刷 昭和31年/1956年11月25日 発行 昭和31年/1956年12月1日
発行者等 編集兼発行人 千 嘉治 印刷者 安達信雄 印刷所 大日本印刷株式会社京都工場
発行所 株式会社淡交社(京都市)
装幀/装画等 (1)~(12) 三輪晁勢
総ページ数 (1)212 (2)156 (3)156 (4)148 (5)144 (6)142 (7)148 (8)140 (9)132 (10)184 (11)136 (12)140 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
(1)27字
×20行
×2段
(2)~(12)26字
×19行
×2段
本文ページ (1)194~203 (2)136~146 (3)130~139 (4)126~136 (5)122~131 (6)122~132 (7)128~138 (8)122~132 (9)114~124 (10)158~167 (11)118~128 (12)118~127
(計127頁)
測定枚数 255
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和32年/1957年2月・淡交社刊『お吟さま』
>>昭和32年/1957年9月・大日本雄弁会講談社刊『お吟さま』
>>昭和33年/1958年10月・講談社/ロマン・ブックス『お吟さま』
>>昭和34年/1959年3月・講談社刊『現代長編小説全集22 今東光集』所収
>>昭和35年/1960年4月・角川書店/角川文庫『お吟さま』
>>昭和35年/1960年11月・新潮社/新潮文庫『お吟さま』
>>昭和41年/1966年10月・東都書房刊『現代文学26 今東光集』所収
>>昭和43年/1968年9月・講談社刊『お吟さま』
>>昭和44年/1969年2月・集英社刊『日本文学全集59 今東光・今日出海集』所収
>>昭和44年/1969年7月・河出書房新社刊『国民の文学17 今東光』[カラー版]所収
>>昭和47年/1972年12月・集英社刊『日本文学全集59 今東光・今日出海集』[豪華版]所収
>>昭和48年/1973年6月・読売新聞社刊『今東光代表作選集 第5巻』所収
>>昭和53年/1978年4月・淡交社刊『お吟さま』[5版]
>>昭和62年/1987年10月・埼玉福祉会/大活字本シリーズ『お吟さま』
>>平成8年/1996年1月・講談社/大衆文学館『お吟さま』所収
>>平成10年/1998年11月・リブリオ出版/大きな活字で読みやすい本『ポピュラー時代小説 第8巻 今東光集』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 今東光 男58歳
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男58歳
3 「今東光氏はいつだって嚢中の錐ではないかと思った。」
木々高太郎
男59歳
34 「大衆文学に一新生命を拓いているとみるのは、推理や考証の結果、そのテーマがきまり、歴史上の疑問をはらんでいる作品が、大衆文学となるとは思っていなかったので、私は、そうみるのである。」
永井龍男
男52歳
8 「今東光氏は、直木賞候補としてはすでに不適格だと思います。」「今氏の場合だけは、作品の価値如何にかかわらず、反対したいと思います」
村上元三
男46歳
13 「今東光氏のような、作家としても古い経歴を持つ人に、いまさら直木賞を上げても、と思うし、」「今東光氏の作品としては、それほどすぐれたものとは思えない。」
川口松太郎
男57歳
41 「今となっては東光を知る者も少なく、新人同様の地位であり、再出発の「お吟さま」も棄て難い作品だと思った。」「東光よ。旧友の幸福を念ずる愛情を率直に受けよ。」
吉川英治
男64歳
41 「三十年近くも文壇外にいて、活字に見なかった人である。私はむしろその事に意味があるとおもった。」「たしかにこの人は何十年も物は書かないでも何かを蓄積していたことが分るのである。」
大佛次郎
男59歳
10 「精踈のむらがあるのは連載物だったせいだろうが、老熟した作家のものと称せざるを得ぬ。」「この作品にしても群を抜いて肉が厚い。」
小島政二郎
男62歳
16 「こんなもので今東光がほめられては可哀相な気がした。」「(引用者注:『中央公論』に載った)「闘鶏」は、今東光の傑作であるばかりでなく、最近での文壇第一の傑作だと思う。」
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「その一」~「その十二」
時代設定 場所設定
戦国  堺~大坂近辺
登場人物
わたくし(語り手、お吟の奉公人)
お吟(千利休の義娘)
千利休(茶道の大宗匠)
秀吉(太閤)
高山右近(キリシタン大名)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ