直木賞のすべて
第42回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/2/15

戸板康二
Toita Yasuji
生没年月日【注】 大正4年/1915年12月14日~平成5年/1993年1月23日
受賞年齢 44歳1ヵ月
経歴 東京生まれ。慶応義塾大学文学部卒。
受賞歴・候補歴
  • 第1回戸川秋骨賞(昭和24年/1949年)「丸本歌舞伎」
  • |候補| 第4回毎日出版文化賞(昭和25年/1950年)『歌舞伎への招待』
  • |候補| 第5回毎日出版文化賞(昭和26年/1951年)『続 歌舞伎への招待』
  • 第3回芸能選奨文部大臣賞[演劇部門](昭和27年/1952年度)『劇場の椅子』『今日の歌舞伎』その他
  • 第42回直木賞(昭和34年/1959年下期)「團十郎切腹事件」その他
  • |候補| 第22回読売文学賞[随筆・紀行賞](昭和45年/1970年)『劇場歳時記』
  • 第29回日本推理作家協会賞[短編部門](昭和51年/1976年)「グリーン車の子供」
  • 第24回菊池寛賞(昭和51年/1976年)
  • 第33回日本藝術院賞[文芸](昭和51年/1976年度)
  • 第3回東京都文化賞(昭和62年/1987年)
  • 第17回明治村賞(平成3年/1991年)
処女作 「車引殺人事件」(『宝石』昭和33年/1958年7月号)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
直木賞受賞作全作読破への道Part4
備考 以前どこかで読んだ話を紹介する。
――この直木賞受賞作を「団十郎切腹事件」と、旧字を新字に直して表記するのは、あまり好ましくない。
作品内のとある箇所で、「團」という文字そのものに意味を持たせているからだ。――
たしかに作品を読むと、「団」ではなく、明らかに「團」でないと駄目だと思わされる。
なので、当サイトでも一貫して「團」の文字を用いている。
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第42受賞  一覧へ

だんじゅうろうせっぷくじけん
團十郎切腹事件」(『宝石』昭和34年/1959年12月号)その他
媒体・作品情報
誌名 「宝石」  別表記表紙 「江戸川乱歩編集」「EDOGAWA RAMPO'S MYSTERY MAGAZINE」併記
巻号 第14巻 第14号  別表記12月号
作品名 別表記 目次・本文 「団十郎切腹事件」
印刷/発行年月日 印刷 昭和34年/1959年11月25日 発行 昭和34年/1959年12月1日
発行者等 編集兼発行人 稲並昌幸 印刷所 統計印刷工業KK
発行所 株式会社宝石社(東京都)
装幀/装画等  神保朋世
総ページ数 314 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×24行
×3段
本文ページ 54~73
(計20頁)
測定枚数 60
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和35年/1960年2月・河出書房新社刊『團十郎切腹事件』所収
>>昭和35年/1960年2月・東都書房刊『日本推理小説大系10 坂口安吾・久生十蘭・加田伶太郎・戸板康二集』所収
>>『文藝春秋』昭和35年/1960年3月号
>>昭和35年/1960年7月・宝石社刊『探偵小説年鑑1960年版』所収
>>昭和47年/1972年7月・講談社刊『現代推理小説大系10 鮎川哲也・土屋隆夫・戸板康二』所収
>>昭和49年/1974年☆月・いんなあとりっぷ刊『宝石推理小説傑作集 第3』所収
>>昭和52年/1977年9月・立風書房刊『團十郎切腹事件 雅楽探偵譚I』所収
>>昭和56年/1981年10月・講談社/講談社文庫『團十郎切腹事件』所収
>>平成3年/1991年2月・新潮社/新潮文庫『昭和ミステリー大全集(中)』所収
>>平成17年/2005年7月・メディアファクトリー刊『消えた直木賞 男たちの足音編』所収
>>平成19年/2007年2月・東京創元社/創元推理文庫『團十郎切腹事件―中村雅楽探偵全集1』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
その他の業績
「車引殺人事件」(『宝石』昭和33年/1958年7月号)
「尊像紛失事件」(『宝石』昭和33年/1958年11月号)
「立女形失踪事件」(『宝石』昭和34年/1959年3月号)
「等々力座殺人事件」(『宝石』昭和34年/1959年5月号)
「松王丸変死事件」(『宝石』昭和34年/1959年7月号)
『車引殺人事件』(昭和34年/1959年6月・河出書房刊)/「車引殺人事件」「尊像紛失事件」「立女形失踪事件」「等々力座殺人事件」「松王丸変死事件」
「盲女殺人事件」(『宝石』昭和34年/1959年9月号)
「ノラ失踪事件」(『サンデー毎日特別号』昭和34年/1959年11月号)
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 戸板康二 男44歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
5 「推理小説としての面白さはあるけれども、一種の遊戯に終っているような気がして、まだ、直木賞ではなかったと感じている。」
木々高太郎
男62歳
24 「戸板康二を、心の一方でおしていながらふみ切れない状態で委員会へ出たのは、今度の候補作品「団十郎切腹事件」が気に入らなかったためであることが、あとで自分で判った。」「特に「団十郎切腹事件」その他(傍点)ということに改めて貰えば、この作者を第一におしてよいと発言したら、それは賛成者が多かった。」
中山義秀
男59歳
0  
小島政二郎
男65歳
46 「「車引殺人事件」一本槍で出席した。ただこれは参考作品で、予選作品は「団十郎切腹事件」だった。ところが、当の「団十郎」はそれほど面白くない。」「外の予選作品と比べて、気品があり、芸術が感じられたことは何よりの喜びだった。」
村上元三
男49歳
5 「やはり「車引殺人事件」というよき短篇集があったので、直木賞にすることにわたしも反対はしなかった。」
吉川英治
男67歳
25 「私はひとつひとつに敬服した。」「読まされるし、またたんたんとした文脈やさりげない傍証などもまことに確かなタッチである。」
海音寺潮五郎
男58歳
23 「ぼくはこれをあまり買わなかった。「半七捕物帳」と「時の娘」との方法を適当にアレンジした行き方で、独自な道とは思われなかったからである。」
川口松太郎
男60歳
25 「正直にいって私は最初反対したのだ。」「知人だけに私は彼を辛く見ようと思った。」「「団十郎切腹事件」等一連の雅楽ものには文体や構成にまだもの足りない箇所が多い」
大佛次郎
男62歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]~幕末  江戸~名古屋~大阪
登場人物
私(語り手、芸能記者)
中村雅楽(歌舞伎役者)
八代目市川團十郎(幕末の歌舞伎役者、自害)
嵐瑠璃五郎(幕末の上方役者)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ