直木賞のすべて
第54回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

千葉治平
Chiba Jihei
生没年月日【注】 大正10年/1921年10月31日~平成3年/1991年6月23日
受賞年齢 44歳2ヵ月
経歴 本名=堀川治平。秋田県生まれ。南満州工専通信工学科卒。
受賞歴・候補歴
  • 月刊さきがけ一千円懸賞小説(昭和21年/1946年)「蕨根を掘る人々」
  • 第1回地上文学賞(昭和28年/1953年)「馬市果てて」
  • 第54回直木賞(昭和40年/1965年下期)「虜愁記」
処女作 「蕨根を掘る人々」(『月刊さきがけ』昭和21年/1946年4月号)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part6
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第54受賞  一覧へ

りょしゅうき
虜愁記」
(『秋田文学』23号~27号[昭和39年/1964年8月~昭和40年/1965年11月])
媒体・作品情報
分載回数 全4回
誌名 「秋田文学」
巻号 (1)第23号 (2)第24号 (3)第26号 (4)第27号
副題等 (2)目次 「(第二部)」 (3)目次 「承前」 (4)目次 「(承前)」
印刷/発行年月日 (1)発行 昭和39年/1964年8月1日 (2)発行 昭和39年/1964年11月1日 (3)発行 昭和40年/1965年5月1日 (4)発行 昭和40年/1965年11月1日
発行者等 発行人 小国敬二郎 印刷人 株式会社秋田中央印刷
発行所 秋田文学社(秋田市)
総ページ数 (1)97 (2)71 (3)128 (4)69 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
(1)~(4)29字
×26行
×2段
本文ページ (1)52~96 (2)51~70 (3)86~96 (4)49~68
(計96頁)
測定枚数 336
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和41年/1966年3月・文藝春秋刊『虜愁記』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 千葉治平 男44歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男68歳
10 「まだ省略をほどこして磨きがかかると信じた。」「やや微温な、ひとりよがり(作中人物)の甘さを感じた。」
海音寺潮五郎
男64歳
27 「該当作なしならそれでもよいが、出すならこれだと思ったのだ。」「肩肱張らず、おとなしい書きぶりの中にほのぼのとした詩情のあるのをうれしいと思った。」「ともあれ、想像もここまで行けば大したものだ。」
小島政二郎
男71歳
16 「平板過ぎるのが欠点だろう。」「直木賞候補作品の中に文学を感じると、私は推薦したくなる癖がある。(引用者中略)半票を投じた所以である。」
源氏鶏太
男53歳
6 「詩情も漂い、それだけに多少緊張感に欠ける感じもしたが、しかし、この授賞に反対する気はなかった。」
村上元三
男55歳
7 「宗家の人々が、なぜ「私」をはじめ日本の兵隊をこれほど信頼するのか、そこのところを、もっと突っ込んで書いて欲しかった。」
中山義秀
男65歳
9 「私はこの「虜愁記」と「大佐日記」とを推した。」「読後共感をよぶ感情の快い豊富さがただよっている。」
木々高太郎
男68歳
6 「私は本来戦争ものは嫌いである。然し、この戦記はちょっと変っている。それでやっと満足した。」
松本清張
男56歳
0  
今日出海
男62歳
0  
川口松太郎
男66歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和41年/1966年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1」~「30」
時代設定 場所設定
太平洋戦争戦後  中国湖南省
登場人物
私(語り手、森、元軍曹・班長)
矢崎(元兵長)
篠田(元一等兵)
宗玉貴(捕虜を収容する一家の主)
宗淑蓮(玉貴の娘、戦争未亡人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ