直木賞のすべて
第90回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/1/25

高橋治
Takahashi Osamu
生没年月日【注】 昭和4年/1929年5月23日~平成27年/2015年6月13日
受賞年齢 54歳7ヵ月
経歴 千葉県生まれ。東京大学文学部卒。
受賞歴・候補歴
  • 第20回芸術祭賞[演劇部門・奨励賞](昭和40年/1965年)「白鳥事件」《脚本・演出》
  • 小野宮吉戯曲平和賞(昭和45年/1970年)『告発―水俣病事件』《戯曲》
  • |候補| 第15回「新劇」岸田戯曲賞(昭和45年/1970年)『告発―水俣病事件』《戯曲》
  • 第5回泉鏡花記念金沢市民文学賞(昭和52年/1977年)『派兵』
  • |候補| 第88回直木賞(昭和57年/1982年下期)『絢爛たる影絵』
  • |候補| 第89回直木賞(昭和58年/1983年上期)「地雷」
  • 第90回直木賞(昭和58年/1983年下期)「秘伝」
  • |候補| 第13回泉鏡花文学賞(昭和60年/1985年)『風の盆恋歌』
  • |候補| 第16回泉鏡花文学賞(昭和63年/1988年)『名もなき道を』
  • 第1回柴田錬三郎賞(昭和63年/1988年)『名もなき道を』『別れてのちの恋歌』
  • |候補| 第19回泉鏡花文学賞(平成3年/1991年)『さまよう霧の恋歌』
  • 第30回吉川英治文学賞(平成8年/1996年)『星の衣』
  • |候補| 第25回泉鏡花文学賞(平成9年/1997年)『冬の炎』
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part3
リンク集
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第88回候補  一覧へ

けんらん かげえ おづやすじろう
絢爛たる 影絵―― 小津安二郎』(昭和57年/1982年11月・文藝春秋刊)
媒体・作品情報
副題等 「――小津安二郎――」
印刷/発行年月日 発行 昭和57年/1982年11月30日(第1刷)
測定媒体発行年月日 発行 昭和58年/1983年7月15日(第4刷)
発行者等 発行者 西永達夫 印刷所 精興社 製本所 加藤製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 AD 鬼澤 邦 装画 福田隆義 写真提供 川喜多記念映画文化財団 使用台本 著者使用の『東京物語』撮影台本
総ページ数 317 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×18行
×1段
本文ページ 5~311
(計307頁)
測定枚数 535
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『オール讀物』昭和57年/1982年8月号~10月号/単行本化にあたり加筆
>>昭和60年/1985年5月・文藝春秋/文春文庫『絢爛たる影絵』所収
>>平成15年/2003年3月・講談社刊『絢爛たる影絵』所収
>>平成22年/2010年9月・岩波書店/岩波現代文庫『絢爛たる影絵』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高橋治 男53歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男48歳
10 「手がたい仕上げで文章も練達です。ただし大事な個所、いいと感じ入った個所の多くが他からの引用、あるいは証言という手法なので、だいぶ損をしたのではないかと思います。作者は正直すぎたのです。」
源氏鶏太
男70歳
6 「私には面白かったのは第三部だけで、第一部第二部は、論文を読まされているようで味気なかった。」
池波正太郎
男59歳
0  
城山三郎
男55歳
15 「わたしには読みごたえがあった。人間分析の鋭さ、周到さ。」「偉大な個性とは組織にとって何であったか。その組織まで斜陽に追いやったものは何なのか。人生論、芸術論を超えて考えさせるものがあった。」
阿川弘之
男62歳
0  
山口瞳
男56歳
4 「意外にも文学青年であることに驚く。つまりは生硬であって、ここを脱けださないと小説にならない。」
五木寛之
男50歳
0  
村上元三
男72歳
6 「題名は、内容にふさわしくないし、小津安二郎のエピソードを扱った部分だけが面白い。評伝としても生煮えで、その点が物足りない。」
水上勉
男63歳
25 「いちばん魅かれた。」「説明が多くて、描写が少ない、という欠点もあった。「伝」を語ることのむずかしさだ。これが小説か、といわれれば、作者も、考えこまざるを得ないだろうが、私は推すつもりでいた。作者の小津さんへの畏敬のふかさに魅かれたからだ。不運にも、賛成委員が少なかった。」
選評出典:『オール讀物』昭和58年/1983年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「第一部 春」「第二部 夏」「第三部 秋」
時代設定 場所設定
昭和20年代~30年代  大船~京都など
登場人物
私(語り手、高橋治、新人助監督)
小津安二郎(映画監督)
原節子(女優)
笠智衆(俳優)
野田高梧(脚本家)
厚田雄春(カメラマン)
森栄(小津の生涯の恋人)
城戸四郎(松竹映画の重鎮)




直木賞 第89回候補  一覧へ

じらい
地雷」(『小説新潮』昭和58年/1983年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「小
巻号 第37巻 第6号  別表記6月号
作品名 別表記 目次・本文 ルビ有り「じらい」
印刷/発行年月日 発行 昭和58年/1983年6月1日
発行者等 編集兼発行人 川野黎子 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
装幀/装画等  辰巳四郎
総ページ数 426 表記上の枚数 目次 130枚 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 212~246
(計35頁)
測定枚数 115
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高橋治 男54歳
選考委員 評価 行数 評言
山口瞳
男56歳
15 「地雷を踏んでしまうところの緊迫感は相当なものだが、その前後の状況がわかりにくい。」「以上四氏(引用者注:北方謙三、山口洋子、連城三紀彦、高橋治)、なにか、近々満期になる定期預金を四口座持っている感じで、リッチな気分になった。」
池波正太郎
男60歳
0  
井上ひさし
男48歳
3 「スリリングな設定」「どの作品にも魅せられた。」
水上勉
男64歳
0  
源氏鶏太
男71歳
5 「映画のシナリオを小説にしたような作品である。作者が狙ったであろうスリルもサスペンスもこちらの胸に迫ってこなかった。」
村上元三
男73歳
7 「作りものの面白さがあったし、犬の扱いかたなどもうまいが、戦争のむなしさを伝える前に、この作品は文章のうまさに自分で酔ってしまって、映像的なむなしさだけで終っている。」
五木寛之
男50歳
0 「紙数がつきたので別な場所で感想を述べたい。」
城山三郎
男55歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和58年/1983年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「11」
時代設定 場所設定
1973年  ベトナム
登場人物
石村健一郎(フリーカメラマン)
ロジェ・クレール(フランス人、FNS通信社サイゴン支局長)
グエン・ミンマン(フーコク島守備隊司令官、少佐)
タン・ティ・ヒエン(ミンマンの内縁の妻)




直木賞 第90受賞  一覧へ

ひでん
秘伝」(『小説現代』昭和58年/1983年11月号)
媒体・作品情報
誌名 「小説現代」
巻号 第21巻 第12号  別表記創刊250号記念特別号/11月号
印刷/発行年月日 発行 昭和58年/1983年11月1日
発行者等 編集人 川端幹三 発行人 大村彦次郎 印刷人 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社講談社(東京都)
装幀/装画等  田代素魁 ルビ有りたしろ そかい
総ページ数 510 表記上の枚数 表紙 200枚 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×26行
×3段
本文ページ 196~248
(計53頁)
測定枚数 178
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和59年/1984年2月・講談社刊『秘伝』所収
>>『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
>>昭和62年/1987年2月・講談社/講談社文庫『秘伝』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 高橋治 男54歳
選考委員 評価 行数 評言
池波正太郎
男60歳
17 「ようやく、小説の構築と文章になってきて、これまでの候補作にくらべると見ちがえるばかりだが、この素材とテーマなら、二百枚の必要はない。」「魚釣りの描写は、ちからがこもってはいても長すぎ(原文傍点)て、二人の名人の描出とバランスがとれなくなってしまった。」
源氏鶏太
男71歳
11 「やや力み過ぎの感がないではなかったが、(引用者中略)文章にも張りがあり、申し分のない作品となっている。」
村上元三
男73歳
14 「魚の種類などには全くうといわたしも、ぐんぐん引きつけられた。」「最後に百五十キロもの巨魚の正体を見せるあたりに、ちょっと不満が残った。しかし、前作の「地雷」より、はるかにすぐれている。直木賞にふさわしい作品と言っていい。」
五木寛之
男51歳
34 「前に候補になった「地雷」とは、がらりと変った作風の力作である。」「人間の業の象徴としての怪魚であるから、原寸大で目に見えてしまうより、遂に得体の知れない幻の生きものとして海中にひそませておきたい思いもあった。そこを描き切れば、この小説はひとつの神話的な世界にまで高まったかもしれない。」
水上勉
男64歳
20 「ふたつわずかな註文が生じた。題名にひねりが足りない。それと最後に出てくる深海の巨魚の描写が少しあっけない。」「それにしても、材料がよい。取り組み方も誠実で方言に苦心している。」「「絢爛たる影絵」から、ここに辿りついた氏の小説づくりの真率さに文句はない。」
山口瞳
男57歳
18 「二人の狙う巨魚に魅力がない。それと今日性に欠ける憾みが残ったが、毎回違った題材、異なるテーマで力作を書く気合に打たれた。」「(引用者注:授賞は)力量のある作家の将来性に賭けるという意味あいが濃い。」
井上ひさし
男49歳
13 「物語はパターン通りに進行するが、それが読む者には非常に快いのである。パターン通り、定石通りの物語が、言葉を信じさえすれば(原文傍点)、骨太な神話になることを作者はよく知っていた。」「今回はこれだと思いながら、わたしは会場へ向ったのだった。」
選評出典:『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「一」~「十一」
時代設定 場所設定
[同時代]  長崎県
登場人物
永淵良造(茂木の漁師、鯛釣りの名人)
岸浪庸助(式見の老漁師、鯛釣りのもう一人の名人)
永淵清次(良造の父親)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ