直木賞のすべて
第99回
受賞作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

受賞作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/10/17

西木正明
Nishiki Masaaki
生没年月日【注】 昭和15年/1940年5月25日~
受賞年齢 48歳1ヵ月
経歴 本名=鈴木正昭。秋田県生まれ。早稲田大学教育学部社会科学中退。
受賞歴・候補歴
  • 第7回日本ノンフィクション賞[新人賞](昭和55年/1980年)『オホーツク諜報船』
  • |候補| 第84回直木賞(昭和55年/1980年下期)『オホーツク諜報船』
  • |候補| 第90回直木賞(昭和58年/1983年下期)「夜の運河」
  • |候補| 第98回直木賞(昭和62年/1987年下期)「ユーコン・ジャック」
  • 第99回直木賞(昭和63年/1988年上期)「凍れる瞳」「端島の女」
  • 第14回新田次郎文学賞(平成7年/1995年)『夢幻の山旅』
  • 第13回柴田錬三郎賞(平成12年/2000年)『夢顔さんによろしく』
処女作 『オホーツク諜報船』(昭和55年/1980年7月・角川書店刊)
サイト内リンク 直木賞受賞作全作読破への道Part2
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第84回候補  一覧へ

ちょうほうせん
『オホーツク 諜報船』(昭和55年/1980年7月・角川書店刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和55年/1980年7月30日(初版)
発行者等 発行者 角川春樹 印刷 大日本印刷株式会社 製本 株式会社宮田製本所
発行所 株式会社角川書店(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 イラストレーション 滝野晴夫 装丁 長友啓典+K<2>
総ページ数 283 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
46字
×20行
×1段
本文ページ 5~280
(計276頁)
測定枚数 569
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和60年/1985年10月・角川書店/角川文庫『オホーツク諜報船』
>>平成4年/1992年12月・社会思想社/現代教養文庫ベスト・ノンフィクション『オホーツク諜報船』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 西木正明 男40歳
選考委員 評価 行数 評言
山口瞳
男54歳
8 「作者の心血を注ぐという感じの濃かったのが西木正明さんの「オホーツク諜報船」だった。しかし、小説としての結構に破綻があって、わかりにくいのが難になっている。」
阿川弘之
男60歳
0  
村上元三
男70歳
7 「資料をよく漁っているが、どうも構成に無理があるし、読んでいて混乱するところがある。なまじ小説仕立てにしないで、ドキュメントの形にしたらどうだったろうか。」
水上勉
男61歳
4 「舞台のおもしろさに固唾をのんだが、人間描写が類型にすぎるかと思った。」
五木寛之
男48歳
2 「作品の新鮮度では西木正明氏の「オホーツク諜報船」(引用者中略)をあげるべきだろう。」
源氏鶏太
男68歳
5 「よく調べてあり、面白過ぎる程面白かった。しかし、この面白過ぎるところが、文学的な香気を薄めているように思われた。」
城山三郎
男53歳
8 「描写は、ダイナミックで活力があり、汐のにおいや雪の冷たさが身にしみてくる。こわい話を荒々しくたたみかけてくるのだが、手をひろげすぎというか、少々散漫になってしまったうらみが残る。」
今日出海
男77歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和56年/1981年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「(一) イントロ=根室海峡の”影”たち」「(二) オケッチウシ」「(三) 拿捕と収容所」「(四) ケラムイ浅瀬―アナマ」「(五) ハバロフスク」「(六) 根室」「(七) 別海」「(八) 横浜」「(九) 志発水道」「(一〇) アナマ」「(一一) 千歳」「(一二) 野付」「(一三) 三角水域」「(一四) アナマ=クラボーツク」「(一五) 東京」「(一六) 古釜布=ユジノクリルスク」「(一七) エピローグ」
時代設定 場所設定
昭和40年代 北海道東部~札幌~ハバロフスク~オホーツク沖など
登場人物
星太一(漁師、第一二北斗丸船長)
山室豊作(第一二北斗丸船主)
泉正光(第一二北斗丸機関長)
石沢保(海産問屋社長)
吉武宗夫(公安調査官)
椿原稔(根室署外事課警部補)
アレクセイ・サーロフ少佐(ソ連国境警備隊地区隊長)




直木賞 第90回候補  一覧へ

よる クロン
夜の 運河」(『別冊文藝春秋』164号[昭和58年/1983年7月])
媒体・作品情報
誌名 「別册文藝春秋」
巻号 第164号  別表記164特別号
作品名 別表記 目次・本文 ルビ有り「クロン」
印刷/発行年月日 発行 昭和58年/1983年7月1日
発行者等 編集兼発行人 阿部達児 印刷人 鈴木和夫 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 426 表記上の枚数 目次 150枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 52~105
(計54頁)
測定枚数 157
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和63年/1988年5月・文藝春秋刊『凍れる瞳』所収
>>平成3年/1991年5月・文藝春秋/文春文庫『凍れる瞳』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 西木正明 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
池波正太郎
男60歳
0  
源氏鶏太
男71歳
3 「前に候補作となった「オホーツク諜報船」に比較すると落ちる。」
村上元三
男73歳
6 「読みはじめてすぐ、話の中味が割れてしまう。文章をもっと練ってほしい。せめて最後に救いがあったので、ほっとしたが、この材料はもう古い。」
五木寛之
男51歳
5 「すでに読んだもののほうに水準の高い作品があって、それが影響したせいか、今一歩の感をうけた。」
水上勉
男64歳
0  
山口瞳
男57歳
3 「滑稽も哀れもある好短篇であるが焦点が定まっていない。」
井上ひさし
男49歳
6 「〈日本人が東南アジアに生みつけてしまったものを、当の日本人が拒否してしまう〉という皮肉な構造に、作者の眼が光っている。」
選評出典:『オール讀物』昭和59年/1984年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「1」~「7」
時代設定 場所設定
[同時代]  埼玉~東北北部~バンコク
登場人物
クムサット・アラム(タイ人ホステス)
大石実(バー経営者)
荒井和行(電気工務店主)
チリキット・ナムグン(アラムの同僚)




直木賞 第98回候補  一覧へ
「ユーコン・ジャック」(昭和62年/1987年10月・講談社刊『ケープタウンから来た手紙』より)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和62年/1987年10月30日(第1刷)
発行者等 発行者 加藤勝久 印刷所 信毎書籍印刷株式会社 製本所 株式会社堅省堂
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 装幀 辰巳四郎
総ページ数 288 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×18行
×1段
本文ページ 158~288
(計131頁)
測定枚数 228
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『別冊小説現代』昭和61年/1986年秋季号/単行本収録にあたり加筆訂正
>>平成2年/1990年10月・講談社/講談社文庫『ケープタウンから来た手紙』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の収録作品
「ボード・オブ・トレード・バー」(『別冊小説現代』昭和60年/1985年秋季号)
「寝袋の子守唄」(『別冊小説現代』昭和61年/1986年春季号)
「ケープタウンから来た手紙」(『別冊小説現代』昭和61年/1986年夏季号)
>>平成28年/2016年10月・集英社刊『冒険の森へ 傑作小説大全9』所収
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 西木正明 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
山口瞳
男61歳
13 「面白さ(読んでいてワクワクする感じ)では一番だった。」「しかし、全滅を伝えられたアッツ島で、どのようにして捕虜になったのか、どうやって原住民に化けられたのか、どうして麻薬中毒になったのかなど、疑問点が多過ぎた。」
黒岩重吾
男63歳
4 「主人公が敗戦を知った時からこの小説は始まるべきであろう。」
村上元三
男77歳
16 「面白く読んだ。」「二度目に読んだときは、どうも嘘が表面へ出てきて、白々とした気持になった。自分の素性が明らかになる軍隊手牒を、ジャックがこれほど大切にしていたのは何故なのか、大事な点だし、そこを作者は隠している。」
陳舜臣
男63歳
12 「二十数年、あるいは十数年という歳月が、そこにぽっかりと空いたままである。なにかが遥曳して、それを埋めるような工夫がほしかった。」
藤沢周平
男60歳
11 「抽象的な言い方で申しわけないが、終始ノン・フィクションの文章を読んでいるような気がした。書くべきことは書けているが、小説的な感興がいま一歩というほどの意味である。」
平岩弓枝
女55歳
13 「荒唐無稽を百も承知の上で読者を虚構の世界へ誘い込もうとするものでしょう。この場合、(引用者中略)一ヶ所でも、こんなことは可笑しいと指摘されたら、作者のねらいは挫折してしまいます。」
井上ひさし
男53歳
22 「〈日本人であることを余儀なくやめなければならなくなった日本人を通して、日本人を考える〉というのが作者の主題であったと思われるが、とするならば、第二の謎(引用者注:インディアンの薬草行商人がなぜコカイン常用者として事故死したのか)の解明こそ大切であったはずである。」
田辺聖子
女59歳
12 「題材としては面白いのだが、小説の醗酵度が不足しているように思えた。終り近く、元日本兵の手帖のくだりで、今までの文章と、ふと風合が違い、私としては興を殺がれてしまった。」
渡辺淳一
男54歳
5 「前半は快調だが、後半になるとご都合主義が目立ち、人物も浮いてしまう。」
五木寛之
男55歳
8 「これが受賞作となっても異論はないと思っていた、とだけ言っておこう。小説をつくろう(原文傍点)とするこの作家の意欲を、高く評価して今後を見守りたい。」
選評出典:『オール讀物』昭和63年/1988年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
「1」~「9」
時代設定 場所設定
同時代~1967年~太平洋戦争中  東京~カナダ~アメリカ
登場人物
わたし(語り手、会社員)
ジャック・カムロ(アスバスカン・インデアン、ユーコン川流域の薬商人)
フランク・オコーナー(元FBI捜査官)
阿木(B新聞外信部記者)




直木賞 第99受賞  一覧へ

しば ひとみ はしま おんな
凍れる 瞳」「 端島の 女」
(昭和63年/1988年5月・文藝春秋刊『凍れる瞳』より)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背 ルビ有り「しば」 奥付 ルビ有り「しば」「ひとみ」
印刷/発行年月日 発行 昭和63年/1988年5月30日(第1刷)
発行者等 発行者 西永達夫 印刷 凸版印刷 製本 中島製本
発行所 株式会社文藝春秋(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 荒川じんぺい 装画 野原幸夫
総ページ数 302 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×21行
×1段
本文ページ
  • 5~76
  • 229~300
(計144頁)
測定枚数 287
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成3年/1991年5月・文藝春秋/文春文庫『凍れる瞳』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
凍れる瞳
>>初出『オール讀物』昭和63年/1988年5月号
端島の女
>>初出『別冊文藝春秋』172号[昭和60年/1985年7月]
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の収録作品
「頭領と親友」(『別冊文藝春秋』160号[昭和57年/1982年7月])
「夜の運河」(『別冊文藝春秋』164号[昭和58年/1983年7月])
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 西木正明 男48歳
選考委員 評価 行数 評言
黒岩重吾
男64歳
39 「群を抜いており、」「(引用者注:「凍れる瞳」は)読後に北海道の雲が囁き合うような余韻が感じられたのは作者の人間への愛情のせいである。」「これだけストーリーがたくみだと、普通なら作為を感じるものだが、本作品にはそれがない。」「「端島の女」もなかなかの力作である。この小説の魅力はそこに育った土地と人間の関係が鎖を引きずるように重く描かれているところにある。」
陳舜臣
男64歳
12 「ひとくちでいえば、しっかりした作品である。」「前回の候補作とのはばを考えると、西木氏の実力は着実に拡大安定にむかっているといえる。すでに実績を積みあげたのだから、これからは思い切った冒険も試みてほしいとおもう。」
村上元三
男78歳
29 「(引用者注:「凍れる瞳」は)敗戦国の悲しさが、田原の婚約者の良子を通じて語られている。」「「端島の女」は、一人称で書いてあるので、終末で池原の死を知るところが、やや弱くなっているような気がする。しかし、両作とも取材が行きとどいているし、「ユーコン・ジャック」のときに感じた筆力が、すっかり安定している。」
田辺聖子
女60歳
13 「うまい小説だというばかりでなく、「端島の女」にはほとんど感動さえした。〈女の一生〉物語の向うに現代日本の宿命的な転変が透けて見える。」「私は二作受賞、ということに不満ではない。」
藤沢周平
男60歳
47 「一応受賞圏内の作品を考えて選考会にのぞんだ」「快いおどろきを感じた。」「欠点はあるものの、「凍れる瞳」、「端島の女」はともに人間の体温が感じられる情感ただよう作品になっていた。」「万全の本命作品とは言えなかったが、才能という点では際立っていた。」
山口瞳
男61歳
10 「事実の面白さはあっても小説的な感動を受けなかった。私の好みで言えば、破綻はあっても前回候補の「ユーコン・ジャック」のほうが好きだ。いずれにしても受賞作は西木さんの作品としてベストのものだとは思われない。」
五木寛之
男55歳
10 「私はいまひとつ物足りなさを感じて、強く推さなかった。これも前回の「ユーコン・ジャック」のほうに魅力をおぼえるせいである。」
平岩弓枝
女56歳
19 「西木さんの作品は以前から好きだったが、着想の面白さに対して平仄の合わない部分があってまことに惜しいと思っていた。今回の二作品にはそれがなかった。」「委員の中に、西木さんの前回の候補作品のほうがよいというような声もあったが、私はむしろ、けれんのない今回の作品が西木さんの本領であって欲しいと思っている。」
井上ひさし
男53歳
27 「私は推す作品を、景山、西木、小松の三作品に決めていた。」「小説といえど社会の函数であるとする作者の覚悟に心を打たれた。」「とくに『端島の女』の仕掛けはみごと! のひとことに尽きる。」「詩情もあり、この作家はやがて現代日本の叙事詩を書くかもしれない。」
渡辺淳一
男54歳
22 「最初から反対意見がなかったように、無難に書かれた小説らしい小説であった。」「わたしの好みからいえば、「端島の女」のほうが、ひたひたと地べたを歩くような女の生きざまが滲んできて心を惹かれたが、いささか盛り上りに欠ける。二作とも、いま一つの感はあるが、手堅い人であり、受賞に異論はない。」
選評出典:『オール讀物』昭和63年/1988年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇〔2篇〕
凍れる瞳
章立て
「一、昭和六十三年一月十二日」「二、昭和二十一年六月十七日」「三、昭和二十一年六月二十日」「四、昭和二十一年六月二十六日」「五、昭和二十一年八月二十九日」「六、昭和二十一年九月二十七日」「七、昭和二十二年七月二十九日」「八、昭和八年七月三十日」「九、昭和二十二年七月二十九日」「十、昭和六十三年一月十二日」
時代設定 場所設定
昭和21年/1946年、昭和63年/1988年  北海道・旭川~美瑛~東京
登場人物
藤堂良子(旅館の娘)
ヴィクトル・スタルヒン(元・旭川中学野球部の投手、戦後CIC部隊所属通訳)
田原完次(良子の婚約者、捕虜収容所長、元・野付牛中学野球部の投手)
端島の女
章立て
「1」~「7」
時代設定 場所設定
昭和30年代~[同時代]  長崎・端島~東北・湯の沢
登場人物
あたし(語り手、諄子)
岡部貞幹(諄子の父親、炭坑夫)
岡部サト(諄子の母親)
池原耕作(諄子の夫、発破作業員)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧候補作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 受賞作家の一覧へ前の回へ次の回へ