直木賞のすべて
第132回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

本多孝好
Honda Takayoshi
生没年月日【注】 昭和46年/1971年3月8日~
経歴 東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒。大学4年の時、「眠りの海」で小説推理新人賞受賞。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



モーメント
MOMENT』(平成14年/2002年8月・集英社刊)
書誌
>>平成17年/2005年9月・集英社/集英社文庫『MOMENT』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品
「ACT.1 FACE」「ACT.2 WISH」「ACT.3 FIREFLY」「THE FINAL ACT MOMENT」
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 24回候補 一覧へ
候補者 本多孝好 男31歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男51歳
5 「小ぢんまりした国産セダンの趣きで、まことに完成度が高い。しかし若葉マークのドライバーならともかく、大人のクライアントには食い足りぬ。」
阿刀田高
男68歳
6 「短編の巧みさを感じたが、登場人物の会話などに違和感を覚えた。作者の都合に従って人物たちが話している。」
伊集院静
男53歳
0  
北方謙三
男55歳
4 「才気を感じさせる作品で、ひねりも利いていた。ただ、主要なモチーフである死の気配が、切実に伝わってこないところがあり、推しきれなかった。」
高橋克彦
男55歳
0  
林真理子
女48歳
6 「非常に感じのよい作品である。端正で人間がよく描けていて、上手なまとまり方をしている。今回は「MOMENT」を推そうと選考会に臨んだのであるが、この感じのよさがやがて物足りなさに変わっていった。」
選評出典:『群像』平成15年/2003年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 128回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
小林莉花 平成14年/2002年10月3日 本多孝好さんの「MOMMENT」が絶対イイ!ここで受賞しなくてもいつかは獲る方です。
あお 平成14年/2002年11月26日 淡々と、気負いもなく仕事を請け負う「僕」がいい。クールで静かな文章なのだが、冷たさではなく、透明でやさしい心地よさを残してくれる。おすすめ。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




ファインデイズ
FINE DAYS』(平成15年/2003年3月・祥伝社刊)
書誌
>>平成18年/2006年7月・祥伝社/祥伝社文庫『FINE DAYS』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品
「Fine days」「イエスタデイズ」「眠りのための暖かな場所」「シェード」
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 25回候補 一覧へ
候補者 本多孝好 男32歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男52歳
6 「(引用者注:日明恩の)次に推した」「才能を感じさせる短篇集である。ただし未だ磨かれざる玉であることに作者は気付いていない。満なれば損、謙なれば得という聡明さを持ってほしい。」
阿刀田高
男69歳
3 「才気は充分に感じたが、ストーリーの展開はむしろ月並ではないのか。」
伊集院静
男54歳
0  
北方謙三
男56歳
4 「うまさに溺れるという、危険な領域に入っている、という気がした。才筆である。わざわざうまさを狙う必要はない。」
高橋克彦
男56歳
0  
林真理子
女49歳
3 「好感は持ったものの、物足りなさが残る。」
選評出典:『群像』平成16年/2004年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 129回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
けいた 平成15年/2003年6月12日 流れるような文章に引き込まれました。特に『シェード』が気に入っています。
読後の余韻でこの作品に勝るものはないと思います。
こういち 平成15年/2003年6月14日 何度でも読み返したくなります。受賞はしなくても構いませんが、もっと評価されていいと思います。
なお 平成15年/2003年6月21日 きれいな文章がすきです。
特に私は「イエスタデイズ」がよかったと思います。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



直木賞 第132回候補  一覧へ

まよなか ごふんまえ
真夜中の 五分前』side-A,side-B
(平成16年/2004年10月・新潮社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「まよなか」「ごふんまえ」 表紙・背 「five minutes to tomorrow」併記 A・扉 「five minutes to tomorrow side-A」 B・扉 「after two years from side-A five minutes to tomorrow side-B」
副題等 奥付 「――five minutes to tomorrow」 (A)巻名「side-A」 (B)巻名「side-B」
印刷/発行年月日 (A)(B)発行 平成16年/2004年10月30日
発行者等 発行者 佐藤隆信 印刷所 錦明印刷株式会社 製本所 加藤製本株式会社
発行所 株式会社新潮社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 (A)(B)カバー写真 本城直季 装幀 新潮社装幀室
総ページ数 (A)205 (B)171 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
40字
×17行
×1段
本文ページ (A)3~205 (B)3~171
(計372頁)
測定枚数 584
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
>>平成19年/2007年7月・新潮社/新潮文庫『真夜中の五分前』side-A,side-B
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 本多孝好 男33歳
選考委員 評価 行数 評言
平岩弓枝
女72歳
4 「才気煥発ながら、それだけで勝負をするのは難かしい。」
津本陽
男75歳
3 「全体にゆるんだ感じがしていて、あまり感心できなかった。」
阿刀田高
男70歳
7 「冒頭しばらくは興味深く、また随所に優れた描写を確認したけれど、ストーリーの展開にリアリテーを欠き、寓話として読むには寓意性を捕らえきれなかった。」
林真理子
女50歳
8 「難なくすっと読めたが、残るものがあまりない。人が人を愛するのはどういうことか、人の本質とは何かという大きなテーマがこの文章ではまだ消化されないと思う。」
五木寛之
男72歳
4 「次作を注目して待ちたいというのが率直な感想だ。」
渡辺淳一
男71歳
0  
北方謙三
男57歳
11 「発想は魅力的な作品だった。」「恋人が死んだことが前提のようなかたちで書かれているのが、気になった。双子のトリックも、情愛の曖昧さを表現してはいたが、私は乗れなかった。」
宮城谷昌光
男59歳
0  
田辺聖子
女76歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成17年/2005年3月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 132回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
でめたん 平成17年/2005年1月2日 直木賞を獲る、というより、もう少し評価されてもいいと思う作家の一人。透明感のある文体は印象に残りにくいが心地よさを感じます。ここは
ひとつメジャーな賞で知名度を上げて欲しいところ。
けいた 平成17年/2005年1月12日 正直、本田さんは長編向きではないと思いました。しかし相変わらずの透明感のある文体。彼か伊坂さんがとってくれれば他の村上春樹の後継者達の評価もぐっと上がるのでは・・・という期待も込めて。今回逃したら次は無さそうだし。
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
side-A「1」~「5」side-B「1」~「5」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
僕(語り手、広告代理店勤務)
秋月水穂(僕の大学時代の恋人、故人)
日比野かすみ(電機メーカー勤務)
ゆかり(かすみの双子の妹)
尾崎(ゆかりの夫、弁護士)
小金井(僕の上司)
野毛(IT企業の若手社長)




『チェーン・ポイズン』(平成20年/2008年11月・講談社刊)
書誌
>>平成24年/2012年1月・講談社/講談社文庫『チェーン・ポイズン』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 140回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
1 平成21年/2009年1月4日 なし(同時推薦=>明川哲也池上永一伊坂幸太郎恩田陸海堂尊梶よう子北島行徳笹本稜平恒川光太郎天童荒太橋本紡馳星周畠中恵火坂雅志三田完山本幸久
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



『WILL』(平成21年/2009年10月・集英社刊)
書誌
>>平成24年/2012年3月・集英社/集英社文庫『WILL』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 山本周五郎賞 23回候補 一覧へ
候補者 本多孝好 男39歳
選考委員 評価 行数 評言
浅田次郎
男58歳
18 「小説はつとめて無駄を省かねばならぬ。文章についても筋書においても思想についても、積み重ねるのではなく省き続けるのである。そしてなおかつ、省き抜いた中からさらに主たるものと従たるものの選別をなし、全体の均衡を整える。本作はどうにも、そのあたりの按配が悪く、いわば華奢なわりには贅肉の多い体に見えた。」
北村薫
男60歳
15 「ほっと安心出来るものであることは確かだ。」「だが、ここでは、奇妙な出来事とその背景――の連続が、物語の素材となっている。その《素材》に納得出来なかった。発端は魅力的なのに、解き明かされたところで、無理が目だってしまう。」
小池真理子
女57歳
27 「舞台をどれほど小さなもの、内向きの形に設定しても、作者に力さえあれば、深遠な世界を描いてみせることは可能である。」「だが、登場人物をありがちなヒューマニズムの持ち主ばかりにしてしまったため、描かれるせっかくの人生模様は陳腐なものにしかならなかった。」「爽やかで清潔感のある作風ばかりに固執せず、読者や担当編集者たちを裏切ってみせよう、というほどの心意気を胸に、何よりもミントゼリーの世界から脱することを試みてはいかがだろう。」
重松清
男47歳
32 「作家の持つ強みが逆に作品にとってのネックになってしまうことがありうるのだと、小説の難しさをいまさらながらに痛感させられた。」「「死」や「生」をめぐる主人公・森野の(そしておそらく作者自身の)真摯な姿勢は間違いなく胸を打つ。けれども、それを伝える言葉が整いすぎてはいないか。物語の結構が美しすぎないか。」
篠田節子
女54歳
15 「スタイリッシュで小技の効いたハートウォーミングストーリーで、多くの若い読者から好感を持って受け入れられるというのがよくわかる。一方で、時代を反映しているのか、すべての話がご近所、家族、幼なじみの関係から始まり、そこに収束する。世界の小ささと内向き志向に、私自身はいささかの息苦しさを覚えた。」
選評出典:『小説新潮』平成22年/2010年7月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 142回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
ペペ 平成21年/2009年12月10日 なし(同時推薦=>誉田哲也
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



『at Home』(平成22年/2010年10月・角川書店刊、角川グループパブリッシング発売)
収録作品
「at Home」「日曜日のヤドカリ」「リバイバル」「共犯者たち」
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
大衆選考会 144回推薦候補 一覧へ
大衆選考会での推薦
推薦者 推薦日 推薦文
伊坂幸太郎大好き 平成22年/2010年12月11日 上記(同時推薦=>海堂尊貴志祐介道尾秀介)+時代小説一作、が候補と予想します。
そして道尾さんが直木賞。文藝春秋刊ですし(笑)
    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ