直木賞のすべて
第19回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

山手樹一郎
Yamate Kiichiro
生没年月日【注】 明治32年/1899年2月11日~昭和53年/1978年3月16日
経歴 本名=井口長次。栃木県生まれ。明治中学卒。博文館に入社後、編集活動を続ける傍ら作家活動を始める。息子に、直木賞候補作家の井口朝生がいる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第13回サンデー毎日大衆文芸[選外佳作](昭和8年/1933年下期)「一年余目」
  • |予選候補| 第15回直木賞(昭和17年/1942年上期)「余香抄」
  • |候補| 第1回歴史文学賞(昭和18年/1943年)「獄中記」
  • |候補| 第19回直木賞(昭和19年/1944年上期)「檻送記」
  • 第4回野間文芸奨励賞(昭和19年/1944年)「獄中記」「檻送記」「蟄居記」
  • 第1回大衆雑誌懇話会賞[佳作](昭和21年/1946年)「群盲」
  • 勲三等瑞宝章(昭和52年/1977年)
個人全集 『山手樹一郎全集』全40巻(昭和35年/1960年・講談社刊)
『山手樹一郎短編小説全集』全15巻(昭和50年/1975年・桃園書房刊)
『山手樹一郎長編時代小説全集』全84巻(春陽堂書店/春陽文庫)
『山手樹一郎短編時代小説全集』全12巻(春陽堂書店/春陽文庫)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第15回推薦候補  一覧へ

よかしょう
余香抄」(『大衆文藝』昭和17年/1942年3月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文藝」
巻号 第4巻 第3号  別表記三周年紀念3月増大号/3月記念号
作品名 別表記 「餘香抄」
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和17年/1942年2月15日 発行 昭和17年/1942年3月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市) 本誌広告取扱所 八弘社(東京市)
発行所 合資会社新小説社(東京市)
装幀/装画等  中 一彌
総ページ数 192 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
29字
×22行
×2段
本文ページ 26~49
(計24頁)
測定枚数 63
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和28年/1953年☆月・同光社磯部書房刊『山手樹一郎作品集 第10巻 恋討手』所収
>>昭和30年/1955年☆月・東方社/東方新書『元禄いろは硯』所収
>>昭和32年/1957年☆月・東方社刊『元禄いろは硯』所収
>>平成1年/1989年12月・河出書房新社刊『忠臣蔵傑作コレクション 列伝篇(上)』所収
>>平成9年/1997年12月・桃園書房/桃園文庫『梅の宿』所収
>>平成10年/1998年9月・河出書房新社/河出文庫『忠臣蔵コレクション3 列伝篇(上)』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 山手樹一郎 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男48歳
10 「後半は稍々センチメンタルの為めの甘さが、失敗を招いている。」
佐佐木茂索
男47歳
1  
大佛次郎
男44歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「二月四日」「遺言」「夕かげり」「老人の話」「幾山河」「草庵」「幽暗に咲く」
時代設定 場所設定
江戸[元禄年間]  江戸~赤穂
登場人物
杉源助(水野藩士、矢頭右衛門七の介錯人)
矢頭右衛門七(赤穂浪士の一人)
堀内伝右衛門(細川家の老武士、赤穂浪士の世話役)
右衛門七の母(赤穂在、休茶屋の女将)
雪(右衛門七の妹)




直木賞 第19回候補  一覧へ

かんそうき
檻送記」(『大衆文藝』昭和19年/1944年4月号、5月号)
媒体・作品情報
分載回数 全2回
誌名 「大衆文藝」
巻号 (1)第6巻 第4号 (2)第6巻 第5号  別表記(1)4月号 (2)5月号
作品名 別表記 「檻記(崋山と長英)」
印刷/発行年月日 (1)印刷納本 昭和19年/1944年3月20日 発行 昭和19年/1944年4月1日 (2)印刷納本 昭和19年/1944年4月20日 発行 昭和19年/1944年5月1日
発行者等 編輯兼印刷発行人 和田英雄 印刷所 常磐印刷所(東京市) 配給元 日本出版配給株式会社(東京市)
発行所 合資会社新小説社(東京市)
装幀/装画等  玉井
総ページ数 (1)68 (2)31 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×24行
×3段
本文ページ (1)48~68 (2)14~30
(計38頁)
測定枚数 128
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『大衆文藝』昭和19年/1944年☆月号「崋山と長英」の一部
>>昭和20年/1945年1月・北光書房刊『崋山と長英』所収
>>昭和26年/1951年☆月・同光社刊『天保あらし』所収
>>昭和27年/1952年2月・同光社磯部書房刊『崋山と長英』所収
>>昭和31年/1956年4月・河出書房/河出新書『崋山と長英』所収
>>昭和34年/1959年5月・講談社/ロマン・ブックス『崋山と長英』所収
>>昭和37年/1962年1月・講談社刊『山手樹一郎全集第3 華山と長英・地獄ごよみ 』所収
>>昭和40年/1965年☆月・講談社刊『山手樹一郎代表作シリーズ 第15 崋山と長英・天保うき世観』所収
>>昭和42年/1967年12月・河出書房新社刊『国民の文学16 山手樹一郎』[カラー版]所収
>>昭和44年/1969年☆月・春陽堂書店/春陽文庫『崋山と長英』所収
>>昭和50年/1975年☆月・青樹社刊『崋山と長英』所収
>>昭和53年/1978年10月・春陽堂書店/春陽文庫 山手樹一郎長編時代小説全集『崋山と長英 他一編』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他の内容
「獄中記」「蟄居記」
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 山手樹一郎 男45歳
選考委員 評価 行数 評言
大佛次郎
男46歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和19年/1944年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇の一部
章立て
「出牢」「最後の一つ」「すきま漏る風」「無法者」「鯛」「老先生」「苦衷」「遺憾断腸」「形見」「別離の辞」「波の音」「石経山房主人」「箱根八里」「三島の宿」「貧乏くじ」「掛川の宿」「大愚」
時代設定 場所設定
江戸[天保年間]  江戸~掛川宿
登場人物
渡辺崋山(三宅藩家老、蘭学者)
母(崋山の母親)
鈴木春山(医師、崋山の友人)
健四郎(魚屋の息子、渡辺家の居候)
真木重郎兵衛(三宅藩側用人)
松崎慊堂(崋山の師)
青木半四郎(御徒目付、三州田原までの崋山の護送役)
弥吉(小者、崋山の世話役)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ