直木賞のすべて
第26回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

中山正男
Nakayama Masao
生没年月日【注】 明治44年/1911年1月26日~昭和44年/1969年10月22日
経歴 北海道佐呂間町生まれ。専修大学法科中退。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第26回直木賞(昭和26年/1951年下期)『馬喰一代』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第26回候補  一覧へ

ばくろういちだい
馬喰一代』(昭和26年/1951年11月・目黒書店刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 扉・奥付 「馬一代」
印刷/発行年月日 印刷 昭和26年/1951年11月5日 発行 昭和26年/1951年11月10日
発行者等 発行者 目黒謹一郎 印刷者 三協印刷株式会社 代表者 小泉 昭
発行所 株式会社書店(東京都) 形態 四六判 並製
総ページ数 220 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×14行
×1段
本文ページ 1~220
(計220頁)
測定枚数 288
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和25年/1950年10月・都書院刊『馬喰一代』
>>昭和27年/1952年7月・日本出版協同刊『馬喰一代』
>>昭和29年/1954年☆月・春陽堂書店/春陽文庫『馬喰一代』
>>昭和40年/1965年☆月・東都書房刊『馬喰一代』
>>昭和52年/1977年3月・家の光協会刊『土とふるさとの文学全集11 荒野に挑む』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 中山正男 男41歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男52歳
0  
大佛次郎
男54歳
0  
小島政二郎
男57歳
8 「後半のまずさ加減、古さ加減は、何としたことだろう。前半が素晴らしいだけに、奇異な感じさえした。」
井伏鱒二
男53歳
0  
木々高太郎
男54歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年1月号再録(初出:『オール讀物』昭和27年/1952年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇+短篇〔3篇〕
馬喰一代
章立て
「一」~「四五」
時代設定 場所設定
明治後期~太平洋戦争戦後  北海道~東京
登場人物
片山米太郎(馬喰)
太平(米太郎の一人息子)
小坂六太郎(馬喰出身の代議士)
松澤(ぶち師、料理屋の亭主)
はるの(米太郎の妻)
長沼仁太郎(民政党の代議士、太平の主人)
久美子(太平の妻)
豚を把んだ男(目次では「豚を把んだ話」)
章立て
なし
時代設定 場所設定
太平洋戦争戦後  北海道~神戸
登場人物
太平(追放の身、百姓)
米太郎(太平の父、老馬喰)
松川健(馬喰の倅)
再起の日まで【随筆】
章立て
なし
登場人物
私、父(北海道在の馬喰)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ