直木賞のすべて
第30回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/8/29

井手雅人
Ide Masato
生没年月日【注】 大正9年/1920年1月1日~平成1年/1989年7月17日
経歴 佐賀県佐賀市生まれ。豊島師範学校本科第一部卒。国民学校訓導となるが間もなく応召、終戦時には陸軍中尉。戦後、国民学校に復職。昭和22年/1947年退職。この頃より小説を書き始め、南條範夫らの燈下会、山岡荘八の青涛会、長谷川伸の新鷹会に参加する。昭和23年/1948年、新東宝入社。昭和26年/1951年に初めてのシナリオ「暁の急襲」を執筆。昭和29年/1954年に退社後は、フリーシナリオライターとして活躍。映画『点と線』『赤ひげ』『乱』『次郎物語』、テレビ『鬼平犯科帳』シリーズなどを手掛けた。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第40回サンデー毎日大衆文芸[選外佳作](昭和25年/1950年下期)「英雄」
  • |候補| 第30回直木賞(昭和28年/1953年下期)「地の塩」
  • 年間代表シナリオ(昭和33年/1958年)「点と線」《シナリオ》
  • 年間代表シナリオ(昭和36年/1961年)「妻は告白する」《シナリオ》
  • 年間代表シナリオ(昭和38年/1963年)「独立機関銃隊未だ射撃中」《シナリオ》
  • 年間代表シナリオ(昭和39年/1964年)「五瓣の椿」《シナリオ》
  • 年間代表シナリオ(昭和40年/1965年)「赤ひげ」《シナリオ・共作》「証人の椅子」《シナリオ》
  • 年間代表シナリオ(昭和43年/1968年)「黒部の太陽」《シナリオ》
  • 年間代表シナリオ(昭和53年/1978年)「鬼畜」《シナリオ》
  • |候補| 第2回日本アカデミー賞[脚本賞](昭和54年/1979年)「ダイナマイトどんどん」「鬼畜」《脚本》
  • 年間代表シナリオ(昭和55年/1980年)「震える舌」《シナリオ》
  • 年間代表シナリオ(昭和58年/1983年)「きつね」《シナリオ》
  • 勲四等瑞宝章(平成1年/1989年)
  • シナリオ功労賞(平成2年/1990年)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第30回候補  一覧へ

しお
地の 塩」(『大衆文藝』昭和28年/1953年7月号、8月号)
媒体・作品情報
分載回数 全2回
誌名 「大衆文藝」
巻号 (1)第13巻 第4号 (2)第13巻 第5号  別表記(1)7月号/復刊4号 (2)8月号/復刊5号
作品名 別表記 「地の鹽」 (2)表紙 「地の塩」
副題等 (1)目次 「(第一部)」 (2)表紙・目次・本文 「(第二部)」
印刷/発行年月日 (1)印刷 昭和28年/1953年6月10日 発行 昭和28年/1953年7月1日 (2)印刷 昭和28年/1953年7月15日 発行 昭和28年/1953年8月1日
発行者等 編集兼印刷兼発行人 島 源四郎 印刷所 新倉東文堂(東京都)
発行所 合資会社新小説社(東京都)
総ページ数 (1)50 (2)50 表記上の枚数 1.表紙 135枚 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ (1)21~44 (2)27~44
(計42頁)
測定枚数 144
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 井手雅人 男34歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男54歳
0  
井伏鱒二
男55歳
0  
吉川英治
男61歳
18 「将来の倦まない精進を期待する。といって作品に沈潜してゆくにあたってそう歯ぎしりなさらない方がよいのではないか。」
小島政二郎
男59歳
6 「相当ボンバスチックな荒さが私の舌に残った。作品をもっと沢山見せて下さい。」
木々高太郎
男56歳
9 「スパイがたやすく白状したりする変に大衆小説的のところがあるが、この筆者には、もっと書かせ度いと思う。」
永井龍男
男49歳
3 「力作だが、従来の「大衆文芸」調に無抵抗なのは残念である。」
大佛次郎
男56歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和29年/1954年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「(1)」~「(25)」
時代設定 場所設定
昭和24年~昭和16年~昭和17年  ソ連・アムール河(黒龍江)畔
登場人物
香川俊介(第五国境守備隊付の見習士官)
岸博直(中尉、監視哨長)
かほる(慰安婦)
新田(中佐、関東軍司令部参謀、蒼龍会の中堅的人物)
ザバロフ(白系ロシア人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ