直木賞のすべて
第32回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

石川桂郎
Ishikawa Keiro
生没年月日【注】 明治42年/1909年8月6日~昭和50年/1975年11月6日
経歴 本名=石川一雄。東京市芝区三田生まれ。御田高等小学校卒。家業の理髪店で働くかたわら俳句を詠み、昭和13年/1938年、石田波郷・石塚友二らの『鶴』同人となる。石塚を介して横光利一に師事。昭和15年/1940年理髪店を廃業、戦後は昭和23年/1948年より『馬酔木』同人。日産書房、目黒書店を経て昭和28年/1953年~昭和33年/1958年まで俳句研究社で編集に携わる。昭和35年/1960年に『風土』創刊、昭和39年/1964年より主宰。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第32回直木賞(昭和29年/1954年下期)『妻の温泉』
  • 第1回俳人協会賞(昭和36年/1961年)『含羞』
  • 第25回読売文学賞[随筆・紀行賞](昭和48年/1973年)『俳人風狂列伝』
  • 第9回蛇笏賞(昭和50年/1975年)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第32回候補  一覧へ

つま おんせん
妻の 温泉』(昭和29年/1954年7月・俳句研究社刊)
媒体・作品情報
副題等  「〈續・剃刀日記〉」
印刷/発行年月日 印刷 昭和29年/1954年5月25日 発行 昭和29年/1954年7月10日
発行者等 発行者 西川僖一 印刷者 小山惠市 印刷所 千代田出版印刷社(東京都)
発行所 俳句研究社(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等  肅粲宝  木津静一
総ページ数 254 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
49字
×16行
×1段
本文ページ 11~251
(計241頁)
測定枚数 420
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
年玉稼ぎ
>>『琅〈王+干〉』3号[昭和28年/1953年7月]
ハナクラゲ
>>昭和26年/1951年11月・創元社/創元文庫『剃刀日記』所収
>>昭和26年/1951年11月・創元社/創元文庫『剃刀日記』所収
歌蛙
>>昭和26年/1951年11月・創元社/創元文庫『剃刀日記』所収
太宰治氏のこと
>>昭和26年/1951年11月・創元社/創元文庫『剃刀日記』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 石川桂郎 男45歳
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男56歳
0  
村上元三
男44歳
6 「作品の出来はべつにして、ひ弱な感じがする。直木賞をもらっても、その後に直木賞に応えられる作家活動が出来るか何うか、わたしには心配になった。」
永井龍男
男50歳
4 「小説としては自然過ぎ、純粋過ぎるという感じを持った。」
木々高太郎
男57歳
13 「小説としてうけとれない。」「不賛成をとなえた。」
小島政二郎
男60歳
12 「「炭」「年玉稼ぎ」などには、ペーソスを底に持ったユーモアがあって、石川君でなければ書けないものだと云うのだが、みんな随筆だと云って、私の云うことを通してくれなかった。」
川口松太郎
男55歳
0  
吉川英治
男62歳
0  
大佛次郎
男57歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和30年/1955年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇集〔19篇〕
妻の温泉
章立て
「雪の夜」「夢」「花冷え」
時代設定 場所設定
[同時代]  T村[小田急沿線]~湯河原
登場人物
私(語り手、毛野、雑誌編集者から失業中)
妻(私の妻、三人の子持ち)
年玉稼ぎ
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  鶴川村~東京
登場人物
私(語り手、貧乏な物書き)
徹郎(私の長男、小学校五年生)
ハナクラゲ
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  北海道
登場人物
僕(語り手、東京の俳人)
十虎(俳人、漁村の若者)
鶴川日記
章立て
「ロケーション」「千松」「卒業歌」
時代設定 場所設定
[同時代]  鶴川村
登場人物
私(語り手、江戸っ子の俳人)
草田男(俳人)
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある村
登場人物
私(語り手、失業中)
妻(私の妻)
ひと夜
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  鶴川村
登場人物
私(語り手、失業中)
河上(隣町に住む「先生」)
白洲(私と同村に住む男)
二重橋
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代から20数年前]  東京
登場人物
私(語り手、散髪屋)
九合五勺の酒
章立て
「一」~「五」
時代設定 場所設定
昭和18年  東京
登場人物
私(語り手、石川桂郎、町内の隣組の防火群長)
松本美樹(横光門下の一人、家の光社編集者)
徳田秋声(作家、故人)
章立て
なし
時代設定 場所設定
太平洋戦争直後  鶴川村
登場人物
私(語り手)
赤柿村奇譚
章立て
なし
時代設定 場所設定
太平洋戦争直後  赤柿村[東京都南西]
登場人物
由井耕平(詩人、綽名「疎開先生」)
杉九作(村民、由井の家主)
私の俳句
章立て
「暮から春へ」「いちじゅく」「花衣」「初夏四題」「夏の句」「ねむの花」
時代設定 場所設定
[同時代]  鶴川村
登場人物
私(語り手、俳人)
雪の日―二・二六事件の日の思ひ出―
章立て
なし
時代設定 場所設定
昭和初期  東京
登場人物
私(語り手、毛野、散髪屋)
田坂二郎(A大生、私の友人)
由紀(田坂の妹の友人)
歌蛙
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  東京~鶴川村
登場人物
私(語り手、勤め人)
H(私の友人、俳句雑誌の同人)
美容体操
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  熱海
登場人物
私(語り手)
猿智慧
章立て
なし
時代設定 場所設定
太平洋戦争直後  東京
登場人物
私(語り手、俳人)
二郎(私の家主の弟、少年)
柊の花
章立て
なし
時代設定 場所設定
昭和19年  東京
登場人物
私(語り手、俳人)
久保田万太郎(小説家で俳人)
太宰治氏のこと
章立て
なし
時代設定 場所設定
太平洋戦争中~戦後  東京
登場人物
私(語り手)
太宰治(行方不明の小説家)
花籠
章立て
「石鹸玉」「ちくおんき」「冬隣り」「おもちゃの象」「狂言」「接吻」「鴉」「椿の花」
時代設定 場所設定
[同時代]  T村~M町[T村の隣町]
登場人物
私(語り手)
蜉蝣
章立て
なし
時代設定 場所設定
太平洋戦争直後  東京
登場人物
私(語り手、毛野)
修三(私の弟、やくざ者)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ