直木賞のすべて
第32回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

永瀬三吾
Nagase Sango
生没年月日【注】 明治35年/1902年9月1日~平成2年/1990年11月19日
経歴 東京生まれ。仏語専修卒。
受賞歴・候補歴
処女作 「軍鶏」(昭和22年/1947年)
サイト内リンク 小研究-ミステリーと直木賞
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第32回予選候補  一覧へ

ばいこくど
売国奴」(『宝石』昭和29年/1954年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「宝石」  別表記表紙 「探偵小説」併記
巻号 第9巻 第14号  別表記12月号
作品名 別表記 「賣国奴」
印刷/発行年月日 印刷 昭和29年/1954年11月25日 発行 昭和29年/1954年12月1日
発行者等 編集兼発行人 稲並昌幸 印刷人 鬼塚昌停 印刷所 日本印刷工業株式会社
発行所 株式会社岩谷書店(東京都)
装幀/装画等  永田 力
総ページ数 316 表記上の枚数 表紙・目次 140枚 基本の文字組
(1ページ当り)
31字
×25行
×2段
本文ページ 14~59
(計46頁)
測定枚数 149
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和30年/1955年8月・岩谷書店刊『探偵小説年鑑1955年版(下)』所収
>>昭和32年/1957年☆月・春陽堂書店/春陽文庫『売国奴』所収
>>昭和36年/1961年3月・東都書房刊『日本推理小説大系9 昭和後期集』所収
>>昭和51年/1976年9月・ベストセラーズ/ベストセラー・ノベルズ『死人実験 探偵作家クラブ賞受賞作集』所収
>>平成7年/1995年5月・双葉社/双葉文庫 日本推理作家協会賞受賞作全集8『短篇集2』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 永瀬三吾 男52歳
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男56歳
0  
村上元三
男44歳
0  
永井龍男
男50歳
0  
木々高太郎
男57歳
0  
小島政二郎
男60歳
0  
川口松太郎
男55歳
0  
吉川英治
男62歳
0  
大佛次郎
男57歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和30年/1955年4月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「一 発表の理由」「二 新聞社長暗殺」「三 横からの憲兵」「四 レストラン・コスモ」「五 紫禁城を拝借」「六 風雲の中」「七 憲兵隊の走狗」「八 痴情の客」「九 錆色のビニール」「十 鍵のない寝室」「十一 旅のはじまり」
時代設定 場所設定
太平洋戦争戦中  天津市
登場人物
里宮良介(華北殖産公司の調査員)
チェリー(レストランのマダム)
ラムンソン(自称宝石商)
楢崎(支那浪人)
馬有礼(貴金属屋)
森原忍(憲兵隊員)
西沢(憲兵隊係長中尉)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ