直木賞のすべて
第33回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

鬼生田貞雄
Oniuda Sadao
生没年月日【注】 明治42年/1909年7月15日~昭和41年/1966年12月20日
経歴 本名=鬼生田貞淳。福島県田村郡三春町生まれ。明治大学独法科中退。昭和11年/1936年に藤口透吉(藤口透吾)らと一八会を結成し『文学部落』を創刊。昭和13年/1938年より社会保険協会出版部に勤務、また『文藝首都』同人となる。昭和16年/1941年に実業之日本社に入社。昭和20年/1945年に召集、ソ連国境で終戦を迎え、シベリア捕虜収容所で過ごす。帰国後、雑誌『ホープ』編集長などを務める。昭和27年/1952年に実業之日本社を退社、石上玄一郎らと『現象』結成。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第33回直木賞(昭和30年/1955年上期)「衆目」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第33回候補  一覧へ

しゅうもく
衆目」(『作品』昭和30年/1955年5月号)
媒体・作品情報
誌名 「作品」  別表記表紙・奥付 「「現象」改題」併記
巻号 第10号  別表記5月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和30年/1955年5月1日 発行 昭和30年/1955年5月10日
発行者等 編集兼発行人 古賀孝之 編集所 (杉浦方)(東京都) 印刷人 堀内文治郎 印刷所 堀内印刷所(東京都)
発行所 作品同人會(東京都) 発売元 三笠書房(東京都)
総ページ数 67 表記上の枚数 目次 70枚 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×26行
×2段
本文ページ 3~23
(計21頁)
測定枚数 76
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 鬼生田貞雄 男46歳
選考委員 評価 行数 評言
川口松太郎
男55歳
0  
吉川英治
男62歳
3  
永井龍男
男51歳
0  
井伏鱒二
男57歳
0  
小島政二郎
男61歳
0  
村上元三
男45歳
4 「わたしが点を入れたのは、谷崎照久氏の「箱」と鬼生田貞雄氏の「衆目」の二作であった。」
大佛次郎
男57歳
0  
木々高太郎
男58歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成15年/2003年3月号再録(初出:『オール讀物』昭和30年/1955年10月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「(1)」~「(7)」
時代設定 場所設定
ある時代  ロシヤのラーゲル(捕虜収容所)
登場人物
岩井(捕虜、軍隊生活8年の兵長)
竹丸(捕虜、分隊員)
渡邊(岩井の同年兵、中隊本部付の曹長)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ