直木賞のすべて
第36回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

村松喬
Muramatsu Takashi
生没年月日【注】 大正6年/1917年5月22日~昭和57年/1982年11月15日
経歴 静岡県生まれ。早稲田大学文学部英文科卒。昭和15年/1940年東京日日新聞社(後の毎日新聞社)に入社し、ビルマ特派員、マニラ支局員などを経て、戦後は学芸部などに勤務。のち、同社論説委員、東海大学文明研究所教授を務めるかたわら、教育評論家として活動した。父は小説家の村松梢風、甥に直木賞受賞作家の村松友視がいる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第36回直木賞(昭和31年/1956年下期)『異郷の女』
  • |候補| 第37回直木賞(昭和32年/1957年上期)『ONLY YOU』
  • 第16回菊池寛賞(昭和43年/1968年)『教育の森』全12巻
  • 第22回毎日出版文化賞(昭和43年/1968年)『教育の森』全12巻
  • 日本ジャーナリスト会議賞(昭和43年/1968年)『教育の森』全12巻
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第36回候補  一覧へ

いきょう おんな
異郷の 女』(昭和31年/1956年12月・虎書房刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和31年/1956年12月25日(初版)
発行者等 発行者 茂木英二 印刷 白陽舎印刷工業 製本 文有堂
発行所 株式会社虎書房(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 装幀 上原重和
総ページ数 270 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×16行
×1段
本文ページ 9~268
(計260頁)
測定枚数 415
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 村松喬 男39歳
選考委員 評価 行数 評言
井伏鱒二
男58歳
13 「なかんづくビルマ人を巧妙に書いている。思うに、これだけ人間を書けるとすれば将来性ある新人に違いない。」
木々高太郎
男59歳
9 「すらすらと読ませるが、それだけのもので、いざとなると躊躇がある。」
永井龍男
男52歳
0  
村上元三
男46歳
15 「この作品は、叙述はあるが描写がない。」「第二作を読ませてもらってからでもいいと思い、今回は見送った。」
川口松太郎
男57歳
0  
吉川英治
男64歳
6 「私の意にあった候補だった。」「よく整った作品で惜しまれたが、いろんな意味で次期の作品をもういちど見てからということになった。」
大佛次郎
男59歳
9 「素直で明るく、また新人らしい新鮮さが感じよく受取れた。一番、好意を持たれたせいで次を見て、と言う話になった。」
小島政二郎
男62歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「一枚の絵」「マンダレーへの道」「ウ・チャウ・ディンの娘たち」「マ・ミヤ・エンの悩み」「陥し穴」「アジア大陸の謎」「マ・ヌエの逃避行」「メイミョウに来たマ・ヌエ」「愛」「占い」「反逆」「ラングーンへ」「放浪」「桃源の夢」「エピローグ」
時代設定 場所設定
太平洋戦争中  ビルマ
登場人物
私(語り手、新聞社ラングーン支局員)
マ・ヌエ(シャン人の娘、祖母と二人暮らし)
バ・シ(ビルマ人の青年、私の秘書役)
マ・ミヤ・エン(前ビルマ文部次官の娘)
王朱明(中国人銀行員、マ・ヌエの許婚)




直木賞 第37回候補  一覧へ

オンリー・ユー よる はな
ONLY YOU――サンパギータは 夜の 花』
(昭和32年/1957年6月・虎書房刊)
媒体・作品情報
副題等 表紙・背・扉 「―サンパギータは夜の花―」
印刷/発行年月日 印刷 昭和32年/1957年6月25日 発行 昭和32年/1957年6月30日
発行者等 発行者 茂木英二 印刷所 白陽舎印刷工業KK
発行所 株式会社虎書房(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 装幀 難波田龍起
総ページ数 268 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
44字
×16行
×1段
本文ページ 7~264
(計258頁)
測定枚数 412
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>書下ろし
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 村松喬 男40歳
選考委員 評価 行数 評言
吉川英治
男64歳
7 「以上三篇(引用者注:「白い扇」「眼」「ONLY・YOU」)は、こんどの候補中ですぐれた作品だったことを今も思っている。」
永井龍男
男53歳
9 「異人種の皮膚なり体臭が感じられず、すべて日本的な音色で終っているのが、私には一番物足りない点だった。」
井伏鱒二
男59歳
0  
木々高太郎
男60歳
12 「白けたような、現実性のないものとなったのは、自分をも女をも抽象的にしかつかめなかったからであろう。」
村上元三
男47歳
9 「前回の「異境の女」よりも劣るという説があったが、わたしはそうは思わない。しかし、こんどは日本の女を書いてほしかった。」
川口松太郎
男57歳
0  
大佛次郎
男59歳
0  
小島政二郎
男63歳
8 「一番すぐれているところは、ガラス越しに女の部屋に四本の足を発見するところだろう。」
選評出典:『オール讀物』昭和32年/1957年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「ひとりごと」「褐色の四本の脚」「冒険と愛の論理」「裏切りと混血娘」「混乱」
時代設定 場所設定
太平洋戦争中  フィリピン
登場人物
私(語り手、新聞社マニラ支局員)
マリヤ・サントス(ダンサー、四児の母)
リンダ(ダンサー兼大学生、北部ルソン出身)
大林祐二郎(私の同僚記者)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ