直木賞のすべて
第41回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

柳田知怒夫
Yanagida Chinuo
生没年月日【注】 明治40年/1907年12月19日~昭和47年/1972年1月4日
経歴 本名=柳田敏三。群馬県高崎市生まれ。昭和10年/1935年上京、教師を務めるかたわら『新青年』等に作品を発表。太平洋戦争後、昭和28年/1953年に「みづき草子」で第2回オール新人杯佳作、昭和29年/1954年に「お小人騒動」で第5回オール新人杯受賞。時代小説家となる。
受賞歴・候補歴
  • 第2回オール新人杯[佳作](昭和28年/1953年上期)「みづき草子」
  • |候補| 第4回オール新人杯(昭和29年/1954年上期)「熊野」
  • 第5回オール新人杯(昭和29年/1954年下期)「お小人騒動」
  • |候補| 第41回直木賞(昭和34年/1959年上期)『黒白』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第41回候補  一覧へ

こくびゃく
黒白』(昭和34年/1959年1月・穂高書房/現代新人傑作選集)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 「現代新人傑作選集」表記のみ 別刷扉 「現代新人傑作選集 第二卷」  「柳田知怒夫集」
印刷/発行年月日 印刷 昭和34年/1959年1月10日 発行 昭和34年/1959年1月15日
発行者等 発行者 大堀達三郎 印刷所 技報堂 製本 榎本製本
発行所 穂高書房(東京都) 形態 四六判 上製 函入り
装幀/装画等 装釘 賀茂牛之輔
総ページ数 264 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×16行
×1段
本文ページ 5~264
(計260頁)
測定枚数 398
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
みづき草子
>>初出『オール讀物』昭和28年/1953年8月号
お小人騒動
>>初出『オール讀物』昭和29年/1954年12月号
たづねびと
>>初出『週刊朝日別冊』昭和31年/1956年12月
熊野
>>初出『週刊朝日別冊』昭和30年/1955年6月
枯巌図(ファースめいた小篇)
>>初出『週刊朝日別冊』昭和30年/1955年4月
道中藤代宿
>>初出『オール讀物』昭和30年/1955年11月号
黒白
>>初出『オール讀物』昭和33年/1958年5月号
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 柳田知怒夫 男51歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男47歳
0  
川口松太郎
男59歳
0  
大佛次郎
男61歳
0  
海音寺潮五郎
男57歳
6 「新人でなければない新鮮感がない。時代色を持たせようとして作者がこしらえた言葉が随所にあるが、これがひどく目ざわりである。」
吉川英治
男66歳
0  
小島政二郎
男65歳
6 「どうも手際がよくない。読者と作品の間を隔てる膜見たいなものがある。」
中山義秀
男58歳
0  
村上元三
男49歳
5 「発刊されたのは今年の前半期にもせよ候補作品が世に出た時期は、いずれも新しくはない。」
選評出典:『オール讀物』昭和34年/1959年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇集〔7篇〕
みづき草子
章立て
「前説 前田お伽衆」「第一話 野々村勘左衛門語る」「第二話 北村平次郎受けて語る」「第三話 立花半入の話」
時代設定 場所設定
江戸前期  加賀~大阪~伊賀~尾張~江戸
登場人物
野々村勘左衛門(前田若殿のお伽衆、元・大阪方の武士)
立花半入(前田若殿のお伽衆、西国の浪人上がり)
北村平次郎(前田若殿のお伽衆、元・佐々成政の家来)
前田光高(前田家の若殿)
みづき(大阪の奥女中、江戸方の間者)
お小人騒動
章立て
「発端」「評定所開く」「評定所閉ず」
時代設定 場所設定
[同時代]~戦国  伊達藩
登場人物
私(語り手、井田誠一郎、市の官吏)
菰田(郷土史研究家、私の知友)
田中桐山(伊達藩に仕える儒者)
茂庭親元(伊達藩の重臣)
安住惣兵衛(納戸取締、親元と懇意)
湯目周助(目付)
たづねびと
章立て
なし
時代設定 場所設定
戦国  甲府~伊賀
登場人物
生出源五兵衛(老武士、伊賀出身)
和次郎(源五兵衛の長子、忍の者)
細谷佐織(和次郎と同年輩の忍)
小山田角助(和次郎たちの越後行に同行した忍)
熊野
章立て
「一」~「八」
時代設定 場所設定
室町  紀伊~都
登場人物
熊野(湯浅藤並郷の荘官の娘)
六十谷与四郎(熊野の婚約者)
畠山致行(湯浅の守護代)
嘉門(致行に仕える小姓)
枯巌図(ファースめいた小篇)
章立て
「一」~「七」
時代設定 場所設定
江戸前期  伊達藩~江戸
登場人物
桑折参之助(小姓、自らふぐりを割き除睾)
多恵(参之助の友人の妹)
さち(多恵の侍女)
土岐素十郎(参之助の隣家に住む男)
道中藤代宿
章立て
「一」~「六」
時代設定 場所設定
明治末期~幕末  茨城
登場人物
太田蒼休老(語り手)
渡辺宏平(貿易商、元・藤代宿の脇本陣の子)
りん(宏平の姉)
加納与次郎(御家人、普請役、りんの婚約者)
大友静馬(仙台藩の武士、脇本陣の常客)
岡藤十郎(藤代宿の徒目付)
黒白
章立て
「一」~「六」
時代設定 場所設定
戦国~江戸前期  米沢~岩手沢
登場人物
大溝利七郎(大番士)
庵佐仲(旧姓・市倉、悪評の多い大番士)
大溝重安(利七郎の父、番頭)
もや(大番士・庵二右衛門の寡婦、のち佐仲と結婚)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ