直木賞のすべて
第43回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

木本正次
Kimoto Shoji
生没年月日【注】 大正1年/1912年10月5日~平成7年/1995年1月26日
経歴 徳島県海部郡牟岐町生まれ。神宮皇学館卒。大阪毎日新聞社入社。報道部長、編集委員などを歴任し定年退職。在職中から『大衆文藝』に小説を発表。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第43回候補  一覧へ

かたなづか
刀塚」(『大衆文藝』昭和35年/1960年3月号)
媒体・作品情報
誌名 「大衆文芸」  別表記表紙 「大衆文藝」 目次・奥付・裏表紙 「大衆文芸」
巻号 第20巻 第3号  別表記3月号
作品名 別表記 目次 「刀塚(かたなづか)」 本文 ルビ有り「かたなづか」
印刷/発行年月日 印刷 昭和35年/1960年2月25日 発行 昭和35年/1960年3月1日
発行者等 編集兼発行人 島 源四郎 印刷所 新倉東文堂(東京都)
発行所 合資会社新小説社(東京都)
総ページ数 106 表記上の枚数 編集者の手帳 130枚 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 59~95
(計37頁)
測定枚数 132
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和36年/1961年☆月・大和出版刊『泣女』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 木本正次 男47歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
3 「すこし力み過ぎて、形式的であるところに難がある。」
小島政二郎
男66歳
7 「社長立海壮太郎がよく書けている。」「「刀塚」なんかへ筆がそれた作者の意図が私には分らない。」
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
0  
大佛次郎
男62歳
0  
村上元三
男50歳
4 「材料に頼りすぎている感じがする。小説を書くことを第一に考えてほしい。」
吉川英治
男67歳
8 「一おう読ませながら何か足りない。この何かは氏自身大いに反省してみる必要があると思う。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「8」
時代設定 場所設定
昭和24年/1949年~25年  大阪
登場人物
赤石新平(夕刊新太陽の編集総務)
玄海壮太郎(夕刊新太陽社長)
弥生(赤石が東京で別れた恋人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ