直木賞のすべて
第43回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H28]2016/4/29

左舘秀之助
Sadate Hidenosuke
生没年月日【注】 大正13年/1924年10月8日~
経歴 青森県八戸市生まれ。青森師範学校卒。教員となる。
受賞歴・候補歴
  • 第1回東奥小説賞(昭和31年/1956年)「たづな抄」
  • 第11回講談倶楽部賞(昭和33年/1958年)「鳥ぐるい抄」
  • |候補| 第14回オール新人杯(昭和34年/1959年上期)「風樹」
  • |候補| 第43回直木賞(昭和35年/1960年上期)「木石抄」
  • |候補| 第4回サンデー毎日小説賞(昭和37年/1962年)「鳥獣」
  • 第5回青森県芸術文化報奨[小説](昭和54年/1979年度)
  • 第9回デーリー東北賞(昭和54年/1979年)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第43回候補  一覧へ

ぼくせきしょう
木石抄」(『小説会議』11号[昭和35年/1960年3月])
媒体・作品情報
誌名 「小説会議」
巻号 第11号
印刷/発行年月日 発行 昭和35年/1960年3月
発行者等 編集兼発行人 池上信一 印刷所 精文堂印刷KK(東京都)
発行所 泉の会(東京都)
総ページ数 65 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 43~65
(計23頁)
測定枚数 84
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和49年/1974年12月・津軽書房刊『修羅』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 左舘秀之助 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男48歳
0  
小島政二郎
男66歳
4 「変に佶屈で、人間に血が通ってこず、読みづらかった。最後に至って生彩を生じ、面白かった。」
川口松太郎
男60歳
0  
木々高太郎
男63歳
6 「この作だけだとかなり専門に明るい人々は書けると思うが、この作者の第二作も別のテーマでこの位にゆけば見込み十分である。」
大佛次郎
男62歳
0  
村上元三
男50歳
0  
吉川英治
男67歳
6 「小説としての構成ではかつての平岩弓枝氏の“鑿師”に遠くおよばないものである。」
海音寺潮五郎
男58歳
0  
中山義秀
男59歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和35年/1960年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「5」
時代設定 場所設定
太平洋戦争前~同時代  ある街~ある海岸
登場人物
杉子(「三彩園」の一人娘、バー経営)
松本菊治(杉子の夫、「三彩園」の現当主でかつての弟子)
三上将吉(「新光園」主人、「三彩園」の弟子)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ