直木賞のすべて
第47回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

金子明彦
Kaneko Akihiko
生没年月日【注】 昭和2年/1927年2月18日~平成11年/1999年☆月☆日
経歴 本名=金子昭夫。兵庫県姫路市生まれ。関西大学法学部卒。写真新聞の編集者などを務める。俳句を詠み、下村槐太の『金剛』創刊などに携わる。その後、『十七音詩』を創刊、主宰。師に下村槐太がいる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第47回直木賞(昭和37年/1962年上期)「格子の外」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第47回候補  一覧へ

こうし そと
格子の 外」(『文学61』創刊号[昭和37年/1962年4月])
媒体・作品情報
誌名 「文学61」
巻号 創刊号
印刷/発行年月日 印刷 昭和37年/1962年4月1日 発行 昭和37年/1962年4月10日
発行者等 編集委員 小川 悟、重本利一、芝 弘、加藤あき、脇田澄子、金子明彦
発行所 文学61の会(大阪市)
総ページ数 92 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×22行
×2段
本文ページ 2~39
(計38頁)
測定枚数 105
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 金子明彦 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
木々高太郎
男65歳
0  
海音寺潮五郎
男60歳
0  
源氏鶏太
男50歳
5 「私は、相当高く買った。最後の「無罪の意である」との一語が、この残酷物語をぐっと引きしめている。」
村上元三
男52歳
0  
中山義秀
男61歳
3 「それぞれ読みごたえがあった。」
小島政二郎
男68歳
2 「残念の思いがあとに残った。」
大佛次郎
男64歳
2 「力が分裂している。」
川口松太郎
男62歳
0  
今日出海
男58歳
0  
松本清張
男52歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和37年/1962年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
江戸前期[寛永年間~元禄年間]  土佐
登場人物
衣斐金左衛門(土佐藩の役人)
桑名古庵(切支丹と疑われた獄囚)
てう(古庵の一人娘)
金子平内(金左衛門の先輩役人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ