直木賞のすべて
第57回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

中田浩作
Nakada Kosaku
生没年月日【注】 昭和13年/1938年4月17日~
経歴 本名=中田浩二(ナカダ・コウジ)。東京市日本橋区(現・東京都中央区日本橋)生まれ。慶応義塾大学文学部国文科卒。読売新聞社入社。文化部記者から、文化部次長、文化部長を歴任し、「文芸」時評を担当。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第57回直木賞(昭和42年/1967年上期)「ホタルの里」
  • |候補| 第33回オール讀物新人賞(昭和43年/1968年下期)「凍った沼」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第57回候補  一覧へ

さと
「ホタルの 里」(『三田文学』昭和42年/1967年1月号)
媒体・作品情報
誌名 「三田文学」  別表記表紙・目次・奥付・裏表紙 「三田文学」
巻号 第54巻 第1号  別表記1月号
印刷/発行年月日 発行 昭和42年/1967年1月1日
発行者等 編集兼発行人 石坂洋次郎 編集所 三田文学編集部(東京都) 印刷所 図書印刷株式会社(東京都) 編集委員 遠藤周作、北原武夫、白井浩司、丸岡 明、山本健吉 編集担当 長尾一雄
発行所 三田文学会(東京都)
総ページ数 111 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
30字
×25行
×2段
本文ページ 81~108
(計28頁)
測定枚数 97
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 中田浩作 男29歳
選考委員 評価 行数 評言
石坂洋次郎
男67歳
17 「十点が満点で、(引用者中略)八点をつけ、(引用者中略)出席した。」「私自身は「ホタルの里」が好きだったが、(引用者中略)むしろ、あの青年教師を主人公にして描くべきではなかったかと思った。」
川口松太郎
男67歳
0  
源氏鶏太
男55歳
5 「高く評価した作品である。人の胸を打つ作品であるが、何んとしても暗い。」
村上元三
男57歳
7 「きれいな小説だが、最後の日記のところでわたしはこだわった。自分の妻が強姦されるのを、そのまま見過して逃げた教師の気持が、もっとはっきり描いてあれば、と思う。」
海音寺潮五郎
男65歳
0  
今日出海
男63歳
0  
中山義秀
男66歳
0  
柴田錬三郎
男50歳
4 「題材はいいのだが、いかにも、稚い表現力である。しかし、こん後の期待はできる人である。」
水上勉
男48歳
0  
松本清張
男57歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和42年/1967年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  宮城県K町~仙台
登場人物
私(語り手、久我、草畑分校の教師)
津田(定年間近の教師、ホタル研究に情熱を傾ける)
マサ(津田の妻)
英子(津田の一人娘、大学生)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ