直木賞のすべて
第58回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

加藤葵
Kato Aoi
生没年月日【注】 昭和3年/1928年☆月☆日~
経歴 本名=加藤栄二郎。京都府生まれ。☆☆卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第14回同人雑誌賞(昭和42年/1967年)「残り火」
  • |候補| 第58回直木賞(昭和42年/1967年下期)「残り火」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第58回候補  一覧へ

のこ
残り 火」(『新潮』昭和42年/1967年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第64巻 第12号  別表記12月号/752号
作品名 別表記 「殘り火」
印刷/発行年月日 発行 昭和42年/1967年12月1日
発行者等 編集兼発行者 酒井健次郎 印刷者 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 260 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 58~73
(計16頁)
測定枚数 48
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 加藤葵 男(40歳)
選考委員 評価 行数 評言
石坂洋次郎
男67歳
6 「私自身は(引用者中略)一番好きだったが、直木賞――つまり大衆向きではないせいか支持者があんがい少かった。」
源氏鶏太
男55歳
4 「うまかったのだが、どうして芥川賞でなく、直木賞候補になったのだろうかと思った。」
海音寺潮五郎
男66歳
0  
川口松太郎
男68歳
0  
水上勉
男48歳
0  
松本清張
男58歳
0  
大佛次郎
男70歳
0  
柴田錬三郎
男50歳
7 「水準を抜いている。ただ、直木賞ともなると、水準を抜いた出来ばえの上に、もうひとつ、作者の意気込みを示している必要があろうか、と思う。」
今日出海
男64歳
0  
中山義秀
男67歳
0  
村上元三
男57歳
5 「うまい小品だが、この人も次作を期待したい。最後は、こういう事件で片づけずに、もっと押し切ったほうがいいと思う。」
選評出典:『オール讀物』昭和43年/1968年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  京都
登場人物
文治郎(元・織屋の隠居)
佐絵(文治郎の亡き長男の嫁)
鷲津(佐絵の職場の近くに勤める会社員)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ