直木賞のすべて
第64回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H29]2017/12/15

梅本育子
Umemoto Ikuko
生没年月日【注】 昭和5年/1930年2月6日~
経歴 本名=矢萩郁子。東京生まれ。昭和女子大学附属高女中退。詩、小説を書き、「文学者」等に発表。『時雨のあと』で好評を博した後、小説に専念。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第64回候補  一覧へ

しぐれ
時雨のあと』(昭和45年/1970年7月・講談社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和45年/1970年7月4日
発行者等 発行者 野間省一 印刷所 豊国印刷株式会社 製本所 有限会社文信社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 赤坂三好
総ページ数 282 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×18行
×1段
本文ページ 3~279
(計277頁)
測定枚数 478
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>初出『文学者』昭和44年/1969年10月号~昭和45年/1970年2月号「時雨の跡」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 梅本育子 女40歳
選考委員 評価 行数 評言
源氏鶏太
男58歳
0  
石坂洋次郎
男70歳
0  
水上勉
男51歳
0  
村上元三
男60歳
4 「実在した作家を裸に剥いて、ひなた(原文傍点)へ引きずり出した形だが、読後感もよくなかった。」
今日出海
男67歳
0  
大佛次郎
男73歳
0  
柴田錬三郎
男53歳
9 「もしこの作家(引用者注:登場人物の吉田絃二郎)を仮名にしたならば、ごく平凡な日記にしかならないだろうと思われた。文章にも、みるべきものがなかった。」
川口松太郎
男71歳
0  
司馬遼太郎
男47歳
4 「実名を外してもなお虚構の浮力があるかといえば疑わしい。」
松本清張
男61歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和46年/1971年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「1」~「26」
時代設定 場所設定
昭和10年代~昭和31年/1956年  東京・瀬田~信州・沓掛~山形・寒河江など
登場人物
わたし(語り手、大村はる子、吉田家の女中)
吉田絃二郎(作家)
山口敏子(はる子の先輩女中)
山本(下関高等女学校の教諭、吉田作品の読者)
富士野(戦争未亡人、吉田家の間借人)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ