直木賞のすべて
第69回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/12/13

仲谷和也
Nakatani Kazuya
生没年月日【注】 昭和3年/1928年10月7日~
経歴 筆名=桑津八郎。大阪府大阪市生まれ。☆☆卒。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第39回読売短編小説賞(昭和36年/1961年7月)「ジュー・明子」
  • |候補| 第69回直木賞(昭和48年/1973年上期)『妬刃』
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第69回候補  一覧へ

ねたば
妬刃』(昭和48年/1973年4月・桃源社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 表紙・背 ルビ有り「ねたば」
印刷/発行年月日 印刷 昭和48年/1973年4月10日 発行 昭和48年/1973年4月15日
発行者等 発行者 矢貴東司 印刷所 太平印刷社
発行所 株式会社桃源社(東京都) 形態 四六判 並製
装幀/装画等 装幀 中島靖侃
総ページ数 253 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
45字
×18行
×1段
本文ページ 7~253
(計247頁)
測定枚数 451
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 仲谷和也 男44歳
選考委員 評価 行数 評言
司馬遼太郎
男49歳
0  
柴田錬三郎
男56歳
0  
源氏鶏太
男61歳
0  
石坂洋次郎
男73歳
0  
水上勉
男54歳
9 「大阪の「ねたば」に執心を示した仲谷和也氏に面白みを感じた。だが如何せん、ごたごたしている。」「迫ってくるものが弱い。もう二度の整理があれば、と思った。」
川口松太郎
男73歳
0  
村上元三
男63歳
8 「読み終ってから背負い投げを食わされた感じがした。つまり、読後に何も残らない、と言おう。」
今日出海
男69歳
5 「宝飾術を丹念に書きすぎて、ために小説発展のテンポが鈍化している。描写力はあるが、その割に感銘が伝わらない。」
松本清張
男63歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和48年/1973年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
長篇
章立て
「(一)」~「(十一)」
時代設定 場所設定
昭和26年~昭和30年代後半  大阪~京都
登場人物
木村太市(宝飾細工師)
鹿取喜平(太市の師匠)
よし枝(喜平の妻)
麻紀子(喜平の娘)
財馬春生(貴金属問屋「秀美堂」の息子)
エマ(太市の母親、今里新地の仲居)
石井信次(喜平のかつての徒弟)
中道弘美(太市の夜学時代の同級生)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ