直木賞のすべて
第77回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/23

松代達生
Matsushiro Tatsuo
生没年月日【注】 昭和9年/1934年3月5日~
経歴 兵庫県神戸市生まれ。神戸市外国語大学英米学科卒。
受賞歴・候補歴
  • 第44回文學界新人賞[佳作](昭和52年/1977年)「子殺し」
  • |候補| 第77回直木賞(昭和52年/1977年上期)「飛べない天使」
  • |候補| 第6回泉鏡花文学賞(昭和53年/1978年)『飛べない天使』
備考 平成13年/2001年3月21日、松代達生さんご本人から
管理人宛にメールをいただきました(!)
無論、サイトオープン以来はじめての経験で、
管理人、かなり感激しております。
ちなみに上記情報の生年月日は、ご本人から教えていただいたものです。
『飛べない天使』はドイツ語に翻訳されて、iudicium verlag社(ドイツ)から、
『Engel ohne Flügel』の題で出版されたそうです。
また、松代さんの他の著書には
『愛の動詞・普段活用』(昭和61年/1986年11月・主婦の友社刊)があり、
『酒場漂流―サントリークォータリー傑作選』
(昭和61年/1986年4月・TBSブリタニカ/TBSブリタニカ・ペーパーバックス)に
「京都―祇園・先斗町―万華鏡の夜」という文章も寄せられています。

メールをくださった松代さんに深く感謝いたします。
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第77回候補  一覧へ

てんし
飛べない 天使」(『航路』30号[昭和51年/1976年12月])
媒体・作品情報
誌名 「航路」
巻号 第30号
印刷/発行年月日 印刷 昭和51年/1976年12月10日 発行 昭和51年/1976年12月20日
発行者等 編集発行人 平井清裕 印刷人 藤本留雄 印刷所 神戸刑務所
発行所 航路同人社(大阪府)
総ページ数 161 表記上の枚数 目次 185枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×23行
×2段
本文ページ 2~67
(計66頁)
測定枚数 191
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和52年/1977年10月・文藝春秋刊『飛べない天使』所収/単行本収録にあたり大幅加筆
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 松代達生 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
水上勉
男58歳
0  
今日出海
男73歳
0  
松本清張
男67歳
0  
司馬遼太郎
男53歳
0  
源氏鶏太
男65歳
4 「小説というよりも作文に終っていて、せっかくの材料が活かし切れなかった。」
村上元三
男67歳
3 「作者の甘えには、どうしてもついて行けない。」
石坂洋次郎
男77歳
23 「抜群に面白いと思ったが、会議の席上では下位の作品だということにされた。」「考え直してみると、私がこの作品にひきつけられたのは、まじめな勤人である夫は元・高校教師、堅実な主婦であるその妻はかつての教え子、健全な兄息子、不具者の二男、などという人物構成だったことによるもののようだ。」「私は大学を出てから、十三、四年間、東北地方の中等学校で教師を勤めていた。だから、理屈なしに「飛べない天使」にひきつけられたのであろう。」
柴田錬三郎
男60歳
0  
川口松太郎
男77歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和52年/1977年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
中篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代] 東京
登場人物
私(語り手、二児の母)
アキラ(私の二男、知的発達障害のある6歳児)
パパ(私の夫、広告会社勤務、元・高校教師)
お兄ちゃん(私の長男)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会マップ || 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ