直木賞のすべて
第88回
候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/6/20

落合恵子
Ochiai Keiko
生没年月日【注】 昭和20年/1945年1月15日~
経歴 栃木県宇都宮市生まれ。明治大学文学部英米文学科卒。文化放送入社、深夜放送『セイ!ヤング』で人気DJに。退社後、著述業に専念。昭和51年/1976年には児童書の専門店・クレヨンハウスを設立。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第35回日本推理作家協会賞[短編部門](昭和57年/1982年)『氷の女』
  • 第2回日本文芸大賞[女流文学賞](昭和57年/1982年)
  • |候補| 第88回直木賞(昭和57年/1982年下期)『結婚以上』
  • |候補| 第91回直木賞(昭和59年/1984年上期)『夏草の女たち』
  • |候補| 第92回直木賞(昭和59年/1984年下期)「聖夜の賭」
  • |候補| 第94回直木賞(昭和60年/1985年下期)『A列車で行こう』
  • |候補| 第96回直木賞(昭和61年/1986年下期)『アローン・アゲイン』
  • 日本ジャーナリスト会議奨励賞(昭和62年/1987年)ラジオ「女と戦争シリーズ」
  • 日本婦人放送者懇談会賞(平成1年/1989年)
  • |候補| 第29回女流文学賞(平成2年/1990年)『バーバラが歌っている』
  • 第41回産経児童出版文化賞(平成6年/1994年)『そらをとんだたまごやき』(和田誠・絵)
  • 第45回産経児童出版文化賞[大賞](平成10年/1998年)『子どもたちの戦争』《翻訳》(マリア・オーセイミ著)
  • エイボン女性年度賞功績賞(平成10年/1998年)
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第88回候補  一覧へ

けっこんいじょう
結婚以上』(昭和57年/1982年11月・中央公論社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 印刷 昭和57年/1982年11月20日(初版) 発行 昭和57年/1982年11月30日(初版)
発行者等 発行者 高梨 茂 印刷所 三晃印刷 製本所 大口製本
発行所 中央公論社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 木村光佑
総ページ数 222 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
43字
×18行
×1段
本文ページ 5~222
(計218頁)
測定枚数 383
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和60年/1985年12月・中央公論社/中公文庫『結婚以上』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 落合恵子 女38歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男48歳
0  
源氏鶏太
男70歳
4 「如何にも才気に満ちた作品のように思えるが、読後の印象は薄かった。」
池波正太郎
男59歳
0  
城山三郎
男55歳
7 「都会的なしゃれた作品で、文章にも当世風のリズムがあって読みやすい。気のきいた構成と展開だが、いかにも人生がわかっているという感じがあるのは、どういうものであろうか。」
阿川弘之
男62歳
0  
山口瞳
男56歳
8 「男女関係の様相が変ってきているという枠組のなかで書いているように思われた。編集部の注文であったのかもしれないが、そんなものを跳ね飛ばさないと海千山千の選考委員を騙すことはできない。」
五木寛之
男50歳
0  
村上元三
男72歳
4 「五篇のうち、はじめの二作だけがおとなの小説になっていたが、あとの三篇はつまらない。」
水上勉
男63歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和58年/1983年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
連作短篇集〔5篇〕
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
ハンガーの花◇402号室
章立て
なし
登場人物
桂木曜子(ジャズ歌手)
木島耕二(コーヒーショップオーナー、曜子の恋人)
赤い驢馬◇502号室
章立て
なし
登場人物
小笠原信一郎(病院理事長)
聖子(信一郎の次男の妻、元看護婦)
こぼれ萩◇302号室
章立て
なし
登場人物
章子(出版社勤務の編集者)
数原俊也(章子の大学時代の恋人)
由美子(章子の娘、高校一年生)
地球を蹴って遊ぶ◇702号室
章立て
なし
登場人物
平戸裕治(大学浪人生、文房具店の息子)
青木圭子(裕治の幼馴染、呉服屋の娘)
小川大輔(喫茶店のオーナー、年齢不詳)
ひとりの風景◇602号室
章立て
なし
登場人物
高木律子(翻訳家)
信乃(律子の祖母、故人)
池田芙二夫(銀行員、律子の恋人)
坪谷隆一(インド帰りの陶芸家、律子の恋人)




直木賞 第91回候補  一覧へ

なつくさ おんな
夏草の 女たち』(昭和59年/1984年1月・講談社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和59年/1984年1月20日(第1刷)
発行者等 発行者 加藤勝久 印刷所 信毎書籍印刷株式会社 製本所 藤沢製本株式会社
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀 牧野鈴子
総ページ数 205 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
38字
×14行
×1段
本文ページ 5~205
(計201頁)
測定枚数 240
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和62年/1987年5月・講談社/講談社文庫『夏草の女たち』
>>平成2年/1990年1月・下野新聞社刊『栃木県近代文学全集 第4巻 短編集』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
夏草の女たち
>>初出『小説現代』昭和58年/1983年6月号「東中野ハウスの夏」/単行本収録にあたり改題
待ち暮れて
>>初出『小説現代』昭和57年/1982年9月号
>>平成7年/1995年4月・ぎょうせい刊『ふるさと文学館 第十巻 栃木』所収
くちづけ
>>初出『小説現代』昭和58年/1983年11月号
>>昭和59年/1984年6月・角川書店刊『ザ・エンターテインメント1984』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 落合恵子 女39歳
選考委員 評価 行数 評言
山口瞳
男57歳
0  
池波正太郎
男61歳
8 「前回の候補作にくらべると、文章の粗さも消えて落ちつき、素直に、好感のもてる短篇集となった。」「精進の結果であろう。」
水上勉
男65歳
0  
源氏鶏太
男72歳
4 「大変な才筆であると思った。しかし、この才筆は、この題材にはそぐわない。」
井上ひさし
男49歳
5 「「女性の幸不幸は、待つ時間の長短に比例する」というテーマの発見は素敵ですが、文章がやや紋切型で惜しい。」
渡辺淳一
男50歳
0  
五木寛之
男51歳
0  
黒岩重吾
男60歳
0  
村上元三
男74歳
4 「「くちづけ」が面白かったが、なんとしても三篇とも弱々しいし、候補になるだけでとどまった。」
選評出典:『オール讀物』昭和59年/1984年10月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇集〔3篇〕
夏草の女たち
章立て
「1」~「9」
時代設定 場所設定
昭和27年/1952年  東京
登場人物
友子(小学生)
雅代(友子の母親、病院勤務)
棚橋謙一(友子の二歳年下の隣人)
待ち暮れて
章立て
「1」~「7」
時代設定 場所設定
[時代不明]  東京~栃木
登場人物
鈴木弥生(養護施設出身の16歳、日本人と黒人のハーフ)
木元カネ(菓子屋の老女)
藤堂信一郎(カネの息子、宇都宮の寺の跡継ぎ)
くちづけ
章立て
なし
時代設定 場所設定
[時代不明]  東京~鎌倉
登場人物
岸田友岐子(ラジオCMディレクター、33歳の離婚経験者)
奥井紀夫(園芸の大学講師)




直木賞 第92回候補  一覧へ

せいや かけ
聖夜の 賭」(『オール讀物』昭和59年/1984年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「オール讀物」  別表記表紙 「文藝春秋」併記
巻号 第39巻 第12号  別表記12月号
作品名 別表記 本文 ルビ有り「せいや」「かけ」
印刷/発行年月日 発行 昭和59年/1984年12月1日
発行者等 編集兼発行人 田所省治 印刷人 鈴木和夫 印刷所 凸版印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
装幀/装画等  文月 信
総ページ数 424 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
20字
×25行
×3段
本文ページ 128~152
(計25頁)
測定枚数 78
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和60年/1985年10月・文藝春秋刊『愛しいひと』所収
>>昭和63年/1988年7月・文藝春秋/文春文庫『愛しいひと』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 落合恵子 女40歳
選考委員 評価 行数 評言
山口瞳
男58歳
0  
池波正太郎
男61歳
0  
渡辺淳一
男51歳
5 「後味は悪くないが、頭でつくりすぎ、人物が類型化しすぎている。男女の小説ではとくに理が勝ちすぎては興を殺ぐ。」
井上ひさし
男50歳
0  
源氏鶏太
男72歳
0  
水上勉
男65歳
0  
黒岩重吾
男60歳
4 「登場人物が類型的で、古色蒼然とした小説になってしまった。」
村上元三
男74歳
4 「いつものことで、この作者は小器用に材料を扱い、そのために軽くなっている。」
五木寛之
男52歳
0  
選評出典:『オール讀物』昭和60年/1985年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
なし
時代設定 場所設定
[同時代]  ある街
登場人物
直子(「群雀」代理ママ)
矢島修(キワの甥、教材販売業)
進藤キワ(修の叔母、宝くじ売り、直子の隣人)
茂田(印刷屋)
真一(直子の息子、小学三年生)




直木賞 第94回候補  一覧へ

エーれっしゃ
A列車で 行こう』(昭和60年/1985年9月・新潮社刊)
媒体・作品情報
作品名 別表記 奥付 ルビ有り「れっしゃ」「い」
印刷/発行年月日 印刷 昭和60年/1985年9月10日 発行 昭和60年/1985年9月15日
発行者等 発行者 佐藤亮一 印刷所 株式会社光邦 製本所 加藤製本株式会社
発行所 株式会社新潮社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 装幀・目次カット 北村 治
総ページ数 233 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
42字
×19行
×1段
本文ページ 5~231
(計227頁)
測定枚数 415
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和63年/1988年8月・新潮社/新潮文庫『A列車で行こう』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 落合恵子 女41歳
選考委員 評価 行数 評言
山口瞳
男59歳
21 「全体を貫く一本の糸のようなものがほしかった。そうでないと、気の利いたセリフが浮いてしまう。」「後半のほうがいい。惜しかった。落合さんは格段に腕をあげた。」
池波正太郎
男62歳
13 「多少の欠点はあるにしても、(引用者中略)あざとさ(原文傍点)がなく、これまでの彼女の候補作の中では、もっともよかったと、私はおもう。ジャズ・スポットを中心にした構成もよく、ことに〔第一夜〕の章がよかった。」「落合さんと、森田誠吾〔魚河岸ものがたり〕を受賞作として推した」
村上元三
男75歳
9 「この作品の面白さは認める。しかしせっかくいろんな人間を描き分けていながら、いかにも軽い。それがこの作者の持味なのだが、もっと深く人間を掘りさげたほうがいい。」
藤沢周平
男58歳
20 「落合さんのこれまでの作品は、疑わずに風俗に乗って書くような性質の軽さで損をしていたように思う。」「後半に移るにしたがって物語に厚みが加わり、第四章の老境の野田の物狂い、第五章のララバイのママを描いたところで、落合さんの筆は人生の深いところにとどいたと思った。あえて森田さんとの二作受賞を主張した理由である。」
井上ひさし
男51歳
12 「はじめて候補にのぼった時分とくらべて、失礼だが大変な腕の上げようだと舌を巻いた。もっとも技術が洗練されるにつれて登場人物たちが小綺麗に、まとまりよく仕上ってしまうという危険もないではない。しかし筆者はこの作品に九十点はさしあげたい。」
黒岩重吾
男61歳
11 「第二章以降はジャズが前面に出て来て人間の物語が稀薄になった。こうなるとジャズに興味のない読者は煩わしいだけである。氏の場合、人間の描写に作った部分が多い。余計なようだがもっと人間を凝視されたい。」
五木寛之
男53歳
0  
陳舜臣
男61歳
16 「最も印象にのこった」「連作の冒頭に、どうしようもない状況が示され、はたして救いはないのかと問いかけてくる。つづいて、さまざまな角度からの切りこみで、救いの可能性が暗示される。」「私はそこに清冽な熱気をかんじた。風俗もみごとに描けているし、この作家が大成することはまちがいない。」
渡辺淳一
男52歳
9 「前回より説得力を増したが、なお人物に気取りがみえ、いま一つ存在感が薄い。」
選評出典:『オール讀物』昭和61年/1986年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
連作長篇〔5篇〕
章立て
「第一章 唄えないひとよ」「第二章 夢一夜(ワン・ナイト・ドリーム)」「第三章 パパは王様」「第四章 ジャズ・キッズ」「第五章 夜明けの子守唄」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京など
登場人物
木島裕一(ジャズピアニスト)
久保田和也(ジャズベーシスト)
真吾(ジャズドラマー)
ケイ夏木(アル中のジャズシンガー)
麦子(ゲイバーのママ)
久仁子(翻訳物の編集者)
璋一(久仁子の夫、バイクで事故死)
野田和平(野田興産社長)




直木賞 第96回候補  一覧へ
『アローン・アゲイン』(昭和61年/1986年11月・講談社刊)
媒体・作品情報
印刷/発行年月日 発行 昭和61年/1986年11月10日(第1刷)
発行者等 発行者 野間惟道 印刷所 株式会社廣済堂 製本所 株式会社黒岩大光堂
発行所 株式会社講談社(東京都) 形態 四六判 上製
装幀/装画等 ブックデザイン・イラストレーション 北村 治
総ページ数 251 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
40字
×18行
×1段
本文ページ 5~251
(計247頁)
測定枚数 394
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成2年/1990年4月・講談社/講談社文庫『アローン・アゲイン』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録作品の書誌
ビッグガール・ドント・クライ
>>初出『別冊小説現代』昭和60年/1985年冬号
ミッドナイト・スペシャル
>>初出『別冊小説現代』昭和61年/1986年春号
ムード・インディゴ
>>初出『別冊小説現代』昭和61年/1986年夏号
アンチェイン・マイハート
>>初出『別冊小説現代』昭和61年/1986年秋号
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 落合恵子 女42歳
選考委員 評価 行数 評言
池波正太郎
男63歳
7 「五回目の候補作だったが、いかにせん、今回の小説はちから(原文傍点)が弱かったと私はおもう。落合さんの場合は「これぞ」という作品を候補にしていただきたい。」
山口瞳
男60歳
10 「受賞しても少しも不思議ではない。」「西洋料理の名人の拵えたポテト・サラダである。今回は、不幸にして、サラダがビーフ・ステーキの副えものになってしまった。」
渡辺淳一
男53歳
0  
村上元三
男76歳
5 「わたしは落合恵子氏のいい読者ではないので、申訳がないとは思うものの、いまのところ落合氏の作品は直木賞のものではない。」
井上ひさし
男52歳
4 「最初の作は感動的だけれど、男が登場すると筆が甘くなる。」
藤沢周平
男59歳
7 「冒頭のディスク・ジョッキーを描いた作品は出色の出来だったが、ほかの三篇が、この作家の安定した力を感じさせはするものの、話が風俗に流れすぎた。」
陳舜臣
男62歳
22 「落合恵子氏のように新しい小説の担い手になるべき作家は、つねに自分の作品が警戒心をもって読まれることを覚悟しなければならない。」「前回の候補作にくらべて肩の力がとれているが、贅肉をそいだという見方と、軽くなったという見方が相半ばしたようだ。現代風俗と人間の深奥の愛憎とを合わせ鏡にして、小宇宙をうつし出す方法はけっしてまちがっていない。」
黒岩重吾
男62歳
0  
五木寛之
男54歳
40 「〈A列車で行こう〉のときとくらべて、作品が少し痩せてきたような気もしないでもない。それにしても五回までも水準以上の作品をコンスタントに発表しつづけた才能は、なみなみならぬものがあると思う。」「(引用者注:「カディスの赤い星」と)落合氏の作家的力量を合わせて二作受賞というところだろうか、とも考えていた。」
選評出典:『オール讀物』昭和62年/1987年4月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
連作短篇集〔4篇〕
時代設定 場所設定
昭和50年代~同時代  東京など
登場人物
彼女(ラジオ局社員で深夜放送DJ、退職後に子どもの本の専門店経営)
千加子(ラジオ局のコマーシャル・ディレクター)
母(「彼女」の母親)
耕太(内装デザイナー)
大北絵里子(子どもの本の専門店の主任)
ビッグガール・ドント・クライ
章立て
なし
ミッドナイト・スペシャル
章立て
なし
ムード・インディゴ
章立て
なし
アンチェイン・マイハート
章立て
なし




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像選考委員の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ