当サイトで扱うまでにはまとまっていない直木賞関連情報を、だいたい週イチでアップする「直木賞のすべて 余聞と余分」を平成19年/2007年5月から始めました。こっちの本サイトの更新を怠らないように、心してやっていきたいものです。
▼山口瞳『江分利満氏の優雅な生活』
 初版(受賞後)7万部?
▼田岡典夫「強情いちご」収録『小説 武辺土佐物語』
 初版(受賞前)1万
▼神崎武雄「寛容」収録『寛容』
 初版(受賞後)1万
 3万3,000(受賞後1年で)20万6,000(受賞後6年で)→?
▼佐藤愛子『戦いすんで日が暮れて』
 3万部弱(受賞後2か月で)→?
▼結城昌治『軍旗はためく下に』
 5万(受賞後2か月で)→?