直木賞のすべて
他文学賞-候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

Last Update[H26]2014/7/23

山田智彦 Yamada Tomohiko
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「候補作家の群像 山田智彦」と同じものです。
生没年月日 昭和11年/1936年3月23日~平成13年/2001年4月17日
経歴 神奈川県横浜市生まれ、岐阜県岐阜市出身。早稲田大学文学部独文科卒、早稲田大学大学院独文科修士課程修了。大学卒業後に、東京相互銀行(のち東京相和銀行)入行。社長室次長、総合企画室特別部長、監査役を経て、平成6年/1994年顧問となる。平成11年/1999年、同行の破綻に伴って退職。銀行員のかたわら小説執筆を続けた。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第21回文學界新人賞(昭和40年/1965年)「予言者の家」
  • 第24回文學界新人賞[佳作](昭和42年/1967年)「犬の生活」
  • |候補| 第59回芥川賞(昭和43年/1968年上期)「予言者」
  • |候補| 第60回芥川賞(昭和43年/1968年下期)「父の謝肉祭」
  • |候補| 第65回芥川賞(昭和46年/1971年上期)「実験室」
  • |候補| 第67回芥川賞(昭和47年/1972年上期)「家を出る」
  • |候補| 第68回芥川賞(昭和47年/1972年下期)「蟻の塔」
  • 第31回毎日出版文化賞(昭和52年/1977年)『水中庭園』
  • |候補| 第1回吉川英治文学新人賞(昭和54年/1979年度)『クレムリン銀行』



よげんしゃ
予言者」(『文學界』昭和43年/1968年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」  別表記表紙 「文藝春秋編集」併記
巻号 第22巻 第6号  別表記6月号
印刷/発行年月日 印刷 昭和43年/1968年5月20日 発行 昭和43年/1968年6月1日
発行者等 編集兼発行人 山本博章 印刷人 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 240 表記上の枚数 目次 100枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 34~65
(計32頁)
測定枚数 96
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和46年/1971年7月・新潮社刊『父の謝肉祭』所収
>>昭和49年/1974年9月・角川書店/角川文庫『予言者 他3篇』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 59回候補 一覧へ
候補者 山田智彦 男32歳
選考委員 評価 行数 評言
三島由紀夫
男43歳
0  
石川達三
男63歳
7 「近頃ときおり感じるのは、作品のなかに用も無いのに描かれている猥褻な性描写である。(引用者中略)「予言者」の中にもある。」
井上靖
男61歳
0  
石川淳
男69歳
0  
川端康成
男69歳
0  
丹羽文雄
男63歳
6 「こわくなった。反省が多すぎてうるさいのが雑だが、何でもない若いサラリーマン夫婦と母親の日常生活を描いて心に残るものがあった。」
舟橋聖一
男63歳
4 「霊媒という材料に抵抗をおぼえたが、その帰るさ、夜の女の宿に連れ込まれ、押入れに入れた娘の泣声に錯覚を感じるところは、ちょっとしたショックである。」
瀧井孝作
男74歳
0  
大岡昇平
男59歳
0  
永井龍男
男64歳
0  
中村光夫
男57歳
3 「興味をもってよみましたが、材料に自信を持ちすぎているか、小説の型に頭をつっこみすぎているかで、」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和43年/1968年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




ちち しゃにくさい
父の 謝肉祭」(『新潮』昭和43年/1968年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第65巻 第12号  別表記12月号/764号
印刷/発行年月日 発行 昭和43年/1968年12月1日
発行者等 編集兼発行者 酒井健次郎 印刷者 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 260 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 70~105
(計36頁)
測定枚数 108
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和46年/1971年7月・新潮社刊『父の謝肉祭』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 60回候補 一覧へ
候補者 山田智彦 男32歳
選考委員 評価 行数 評言
石川淳
男69歳
0  
三島由紀夫
男44歳
0  
石川達三
男63歳
0  
瀧井孝作
男74歳
4 「一応読ませる筆で、善良な老父には、私は好意を持ったが、何か腰の弱い所が惜しかった。」
中村光夫
男57歳
0  
井上靖
男61歳
0  
丹羽文雄
男64歳
5 「私はこの人の前回の作を推していたが、あの作品の方がよかったということになった。運不運というほかはない。」
舟橋聖一
男64歳
10 「最後まで残ったとは云い条、二票では票数が足りなかった。」「父が(引用者中略)息子夫婦に対しても遠慮っぽいところが面白く書けている。」「が、若い細君が主人公の留守中に、酒に酔った弟の友だちに犯されかけるのはわざとらしい、と云う批評があったが、私も同感だ。しかし、前作「予言者」にも、ちょっと惹かれていたので、私は○をつけた。」
永井龍男
男64歳
4 「悪びれた処がなく好意を持ったが、授賞作ではない。」
大岡昇平
男59歳
0  
川端康成
男69歳
10 「候補作九篇のうち四篇まで、老父母と若い息子夫婦との間を扱った作品があったのは、今回の特色で、偶然かもしれないが、今の社会の問題の一つとして、必然のことかもしれなかった。」「実感は自ら動いている。」「いい作品であった。」
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和44年/1969年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




じっけんしつ
実験室」(『文芸』昭和46年/1971年6月号)
媒体・作品情報
誌名 「文芸」
巻号 第10巻 第6号  別表記6月特大号
印刷/発行年月日 発行 昭和46年/1971年6月1日
発行者等 編集者 寺田 博 発行者 佐藤晧三 印刷者 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社河出書房新社(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 10~48
(計39頁)
測定枚数 115
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>『文藝春秋』昭和46年/1971年9月号
>>昭和47年/1972年10月・河出書房新社刊『実験室』所収
>>昭和53年/1978年3月・集英社/集英社文庫『実験室』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 65回候補 一覧へ
候補者 山田智彦 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
石川達三
男66歳
3 「何が書きたかったのか、作者はどんな必然的な理由でこの作品を書いたのか、それが解らない。」
丹羽文雄
男66歳
4 「「実験室」のように、小説の技巧を心得ているひとは信頼ができる」「いまひとつぴりっとしたものがほしかった。」
瀧井孝作
男77歳
6 「何かやろうとした作者の意図は感じられるが、読んでは楽しくなかった。」
大岡昇平
男62歳
0  
中村光夫
男60歳
7 「最後まで話題になりました。」「(引用者注:「渋面の祭」と共に)一種の諷刺を狙った小説で、そこに新鮮さが感じられます。しかし諷刺というひとつの型あるいは思いつきに安住してしまって、材料とじかに組みあっていないせいか、あまり効果があがっていないのは残念です。」
永井龍男
男67歳
4 「私は推した。もっとも短篇小説らしく、計算も相当行き届いていると思ったが、私の一票と他に半票では、他の作品と太刀打ち出来かねた。」
舟橋聖一
男66歳
8 「(引用者注:「黄色い娼婦」の)次に興味を惹いた。これは実験心理学風のリポートを読む感じで、ノンフィクションに近いものである。」「私は森一篇では苦戦なので、正反対の作品である「実験室」との二作授賞を提案したが、賛成委員が少く、とうとう該当作なしになった。」
井上靖
男64歳
0  
石川淳
男72歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第八巻』昭和57年/1982年9月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和46年/1971年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




いえ
家を 出る」(『文學界』昭和47年/1972年4月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學界」
巻号 第26巻 第4号  別表記4月号
印刷/発行年月日 発行 昭和47年/1972年4月1日
発行者等 編集兼発行人 印南 寛 印刷人 高橋武夫 印刷所 大日本印刷株式会社
発行所 株式会社文藝春秋(東京都)
総ページ数 256 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 82~102
(計21頁)
測定枚数 62
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和47年/1972年9月・文藝春秋刊『家を出る』所収
>>昭和52年/1977年4月・角川書店/角川文庫『犬の生活』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 67回候補 一覧へ
候補者 山田智彦 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
大岡昇平
男63歳
0  
井上靖
男65歳
0  
吉行淳之介
男48歳
0  
安岡章太郎
男52歳
4 「感銘をうけた。短篇としても小味であり、賞の対象にはなりにくいものだが、何年か前の文學界新人賞の頃にくらべて、この作家が着実に成熟していることが窺えた。」
中村光夫
男61歳
0  
丹羽文雄
男67歳
4 「材料の扱い方が狭すぎたようである。父と母に筆を向けるべきであった。」
永井龍男
男68歳
0  
瀧井孝作
男78歳
0  
舟橋聖一
男67歳
4 「心に留った。」「前回の「実験室」は力作だったが、「家を出る」はちょっと甘かった。」
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和47年/1972年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




あり とう
蟻の 塔」(『文芸』昭和47年/1972年12月号)
媒体・作品情報
誌名 「文芸」
巻号 第11巻 第12号  別表記12月特大号
印刷/発行年月日 発行 昭和47年/1972年12月1日
発行者等 編集者 寺田 博 発行者 佐藤晧三 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社河出書房新社(東京都)
総ページ数 296 表記上の枚数 目次 120枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 72~111
(計40頁)
測定枚数 119
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和48年/1973年3月・文藝春秋刊『蟻の塔』所収
>>昭和54年/1979年3月・文藝春秋/文春文庫『重役候補』所収
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 68回候補 一覧へ
候補者 山田智彦 男36歳
選考委員 評価 行数 評言
中村光夫
男61歳
0  
永井龍男
男68歳
2 「前作「実験室」に及ばない。」
安岡章太郎
男52歳
0  
吉行淳之介
男48歳
2 「以前の候補作のほうが良かったという意見が多く、功労賞と考えても作品が弱い。」
瀧井孝作
男78歳
0  
大岡昇平
男63歳
7 「(引用者注:「酋長」と共に)今日の小説作りの技法は進歩したと感服したのだが、あまりにも磨かれた表面に、それとなく深い基盤をのぞかせる亀裂のようなものがある方がいい、と思った。」
舟橋聖一
男68歳
4 「もの足りなかった。」「「実験室」に及ばず、」
丹羽文雄
男68歳
5 「(引用者注:「遺る罪は在らじと」と共に)しっかりと書かれていた。が、(引用者中略)内容が地味すぎたので損をした。」「山田君の才能については、すでに定評がある」
井上靖
男65歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第九巻』昭和57年/1982年10月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』昭和48年/1973年3月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




ぎんこう
『クレムリン 銀行』(昭和54年/1979年10月・角川書店刊)
書誌
>>昭和59年/1984年7月・角川書店/角川文庫『クレムリン銀行』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 吉川英治文学新人賞 1回候補 一覧へ
候補者 山田智彦 男43歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男45歳
0  
尾崎秀樹
男51歳
0  
佐野洋
男51歳
0  
野坂昭如
男49歳
3 「あえて文体とはいわないが、(引用者中略)ぼくにとって、とっつきの悪い小説、」
半村良
男46歳
4 「最初のころの作品と随分違ってしまったなあと感じた。背景は大きいのに登場人物がみな凄味を欠いていた。」
選評出典:『群像』昭和55年/1980年5月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究大衆選考会マップ