直木賞のすべて
他文学賞-候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

Last Update[H26]2014/6/20

久間十義 Hisama Jugi
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「候補作家の群像 久間十義」と同じものです。
生没年月日 昭和28年/1953年11月27日~
経歴 北海道新冠町生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒。学習塾経営を経て、昭和62年/1987年に文藝賞佳作。平成2年/1990年より専業作家に。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第23回文藝賞(昭和61年/1986年)「聖マリア・らぷそでぃ」
  • 第24回文藝賞[佳作](昭和62年/1987年)「マネーゲーム」
  • |候補| 第17回平林たい子文学賞[小説部門](平成1年/1989年)『聖マリア・らぷそでぃ』
  • |候補| 第2回山本周五郎賞(昭和63年/1988年度)『聖マリア・らぷそでぃ』
  • 第3回三島由紀夫賞(平成1年/1989年度)『世紀末鯨鯢記』
  • |候補| 第14回野間文芸新人賞(平成4年/1992年)『ヤポニカ・タペストリー』
  • |候補| 瞠目反・文学賞(平成5年/1993年)「海で三番目に強いもの」
  • |候補| 第109回芥川賞(平成5年/1993年上期)「海で三番目に強いもの」
  • |候補| 第28回泉鏡花文学賞(平成12年/2000年)『オニビシ』



サンタ
聖マリア・らぷそでぃ』(平成1年/1989年1月・河出書房新社刊)
書誌
>>平成5年/1993年5月・河出書房新社/河出文庫BUNGEI Collection『聖マリア・らぷそでぃ』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
他文学賞 山本周五郎賞 2回候補 一覧へ
候補者 久間十義 男35歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男54歳
28 3点「まず、もうちょっと神話的文体を考えてほしかったですね。こういう話を書くためには、抽象度が低すぎる。」「後半、因果話になってしまうところも、イージーだという気がします。」「作者の構想力といいますか、狙いそのものは壮とすべきですが、残念ながらそれが空回りしてしまったように思います。」
田辺聖子
女61歳
28 3点「はじめに読んだ時は、シッチャカメッチャカで品は悪いんだけれど、力がすごく強くて、思いついたことを全部並べたててしまう文体が新選に見え、面白いと思ったんですね。」「ところが二へん目は、やっぱり読みづらくて困りました。」「少女たちが、親から逃げてくる、なぜ逃げてくるのか、なぜ集団生活をしているほうが面白いのか、そこのところを書き込まないと、骨格をなさないと思います。」
野坂昭如
男58歳
14 0点「いきいきしている人間は一人もいない。一体この人は、何を、こういう形を借りて言いたかったのか、そういうところがちっとも伝わってこない。」「調子がいいというか、お手軽というか、大体、小説が下手糞というか。」
藤沢周平
男61歳
26 3.5点「主人公がカメラマンと女の子と三人で、マリアの部屋を訪ねていくあたりまでですが、(引用者中略)ブラックなユーモアというのかな、そういう感じの文章で、期待をもたせるところがありますね。」「ところが、その後は全く期待に反して、内容的な展開は何も出て来ない。」
山口瞳
男62歳
9 2点「筆力はあるんだけれど、この文章は小説の文章じゃない、という感じもあるんです。」「マリアの部屋というものを、作者は肯定しているのか否定しているのか、私にはよく分からないんですね。」
最終投票      
選評出典:『小説新潮』平成1年/1989年7月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




うみ さんばんめ つよ
海で 三番目に 強いもの」(『新潮』平成5年/1993年1月号)
媒体・作品情報
誌名 「新潮」  別表記表紙 「THE SHINCHO^」併記
巻号 第90巻 第1号  別表記1月特大号/新年特大号/1056号
印刷/発行年月日 発行 平成5年/1993年1月1日
発行者等 編集兼発行者 坂本忠雄 印刷者 北島義俊 印刷所 大日本印刷株式会社(東京都)
発行所 株式会社新潮社(東京都)
総ページ数 452 表記上の枚数 目次 200枚 基本の文字組
(1ページ当り)
26字
×24行
×2段
本文ページ 52~120
(計69頁)
測定枚数 207
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>平成5年/1993年4月・新潮社刊『海で三番目につよいもの』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
芥川賞 芥川賞 109回候補 一覧へ
候補者 久間十義 男39歳
選考委員 評価 行数 評言
大江健三郎
男58歳
9 「久間十義氏は、独特な大きい趣向で成功した長篇を書いていられる。それがあえて自然体で青春を描くことを試み、氏のリアリズムの弱さがあらわれてしまった、と感じる。」
日野啓三
男64歳
0  
大庭みな子
女62歳
0  
古井由吉
男55歳
0  
吉行淳之介
男69歳
0  
田久保英夫
男65歳
3 「(引用者注:「分界線」と共に)つくる手つきが見えすぎて、持ち前の才能が充分に発揮されていない。」
黒井千次
男61歳
0  
河野多恵子
女67歳
0  
丸谷才一
男67歳
0  
選評出典:『芥川賞全集 第十六巻』平成14年/2002年6月・文藝春秋刊 再録(初出:『文藝春秋』平成5年/1993年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究大衆選考会マップ