直木賞のすべて
他文学賞-候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

Last Update[H26]2014/12/14

上野瞭 Ueno Ryo
生没年月日 昭和3年/1928年8月16日~平成14年/2002年1月27日
経歴 本名=上野瞭(うえの・あきら)。京都府京都市生まれ。同志社大学文学部文化学科卒。高校勤務。自ら童話を創作しながら児童文学評論を手がけ、昭和49年/1974年から同志社女子大学で児童文化を担当。その後、大人向けの小説も多く書いた。
受賞歴・候補歴



あな なか
『アリスの 穴の 中で』(平成1年/1989年8月・新潮社刊)
他文学賞 山本周五郎賞 3回候補 一覧へ
候補者 上野瞭 男61歳
選考委員 評価 行数 評言
井上ひさし
男55歳
37 3点「実際、こうして上野さんが小説にして下さったことによって、残念ながらやっぱり男が妊娠する小説は面白くないという貴重な実験結果を、われわれ同業者は得ることになりました。」「危ない方向へ思い切って足を踏み出せばいいと応援しながら読んでいるのですが、倫理とか常識とか、そういうところに、作者自ら話を閉じ込めてしまう。」
田辺聖子
女62歳
50 1点「ほんと、肩が凝った(笑)。」「作者にユーモアの天賦がないとは思えないんだけれど、ちょっと計算違いではないでしょうか。」「一番不満なのは、男が子供を産むという画期的事業をなしとげて会社へ帰ってみると、もっと周りが変わるとか、本人が変わるとかしないといけないのに、ただ窓際族になっているという結末。」
野坂昭如
男59歳
23 0点「男が妊娠したとなれば、かなり当人は深刻になるはずで、単に胎動がどうの、他人の目がどうのより、書かなきゃいけないことは別にいっぱいあるはずなんです。」「産道がないわけだから、いざ出産となれば、帝王切開せざるを得ない。こんなこと、はじめっからわかっているわけです。これひとつとっても、思いつき以上のことを、作者はやっていないですよ。」
藤沢周平
男62歳
17 3点「気持ちの悪い小説でした。男が子供を産んで、性の境界点を超えるわけなんですが、それにどういう意味があるのか、さっぱりわからないですね。」
山口瞳
男63歳
22 2点「一つは、こんなに夢を使ってはいけないんじゃないか。」「それから、男が妊娠するといった時の、滑稽な感じがほとんどないんですね。」「まったく拒絶反応だけです。」
最終投票      
選評出典:『小説新潮』平成2年/1990年7月号
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究大衆選考会マップ