直木賞のすべて
第11回
予選候補作家の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選考委員の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
マップ

候補作家の一覧へ
前の回へ後の回へ
Last Update[H26]2014/7/31

戸川静子
Togawa Shizuko
生没年月日【注】 明治39年/1906年5月15日~平成2年/1990年☆月☆日
経歴 本名=西郷静子。静岡生まれ。成女高女卒。プロレタリア文学に傾倒し昭和初期に同人誌『各人』に加わり、のち左翼劇場に参加。また、その頃姉とともに早稲田で喫茶店を経営する。昭和14年/1939年~昭和15年/1940年には『文學建設』同人、太平洋戦争後の昭和31年/1956年からは『婦人文芸』同人となり、一時編集長も務める。兄に作家の戸川貞雄がいる。
受賞歴・候補歴
  • |候補| 第7回『改造』懸賞創作[選外佳作](昭和9年/1934年)「心ごころ」
  • |予選候補| 第11回直木賞(昭和15年/1940年上期)「若き日の頁」
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


直木賞 第11回参考候補  一覧へ

わか ぺーじ
若き 日の 頁」(『文學建設』昭和15年/1940年1月号)
媒体・作品情報
誌名 「文學建設」
巻号 第2巻 第1号  別表記新年号/1月号
印刷/発行年月日 印刷納本 昭和14年/1939年12月27日 発行 昭和15年/1940年1月1日
発行者等 編集兼発行人 岡 印刷人 寺嶋篠重 印刷所 株式会社新光堂(東京市)
発行所 文學建設社(東京市)
総ページ数 117 表記上の枚数 基本の文字組
(1ページ当り)
27字
×23行
×2段
本文ページ 2~44
(計43頁)
測定枚数 127
上記のうち紫の太字はブラウザでの表示が困難な異体字(主に正字など)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
書誌
>>昭和17年/1942年4月・大都書房刊『若き日の真実』所収「若き日の真実」に改題
>>昭和33年/1958年9月・第一文芸社刊『独居の女』所収「光と影の青春」に改題・改稿
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
候補者 戸川静子 女34歳
選考委員 評価 行数 評言
小島政二郎
男46歳
0  
白井喬二
男50歳
0  
宇野浩二
男49歳
1 「日本文学振興会から、(引用者中略)送って来なかった」
佐佐木茂索
男45歳
0  
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年10月号再録(初出:『文藝春秋』昭和15年/1940年9月号)
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
文量
短篇
章立て
「1」~「12」
時代設定 場所設定
[同時代]  東京
登場人物
眞山美加(洋裁学校仕立部の内弟子)
高村清志(M新聞演劇部記者)
敏郎(美加の親戚)
眞木恭子(美加の同僚、のち同居人)
柾木浩二(敏郎の友人、北樺太在住)




ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選考委員の群像選評の概要小研究大衆選考会マップ
|| 候補作家の一覧へ前の回へ次の回へ