直木賞のすべて
選評の概要
131415.
16.
選考委員の群像 トップページ
直木賞・芥川賞受賞作一覧
受賞作・候補作一覧
受賞作家の群像
候補作家の群像
選評の概要
小研究
大衆選考会
リンク集
マップ

選考委員の一覧へ
Last Update[H26]2014/6/20

片岡鐵兵
Kataoka Teppei
このページの情報は「芥川賞のすべて・のようなもの」内の「選考委員の群像 片岡鐵兵」と同じものです。
生没年月日【注】 明治27年/1894年2月2日~昭和19年/1944年12月25日
在任期間 第13回~第16回(通算2年・4回)
在任年齢 47歳4ヶ月~48歳10ヶ月
経歴 岡山県生まれ。慶應義塾大学仏文科予科中退。
新聞記者など職を転々としたのち、大正9年/1920年上京して作家生活に入る。
大正13年/1924年『文芸時代』の創刊同人となり、新感覚派に属するが、プロレタリア文学に転ずる。
昭和5年/1930年大阪共産党事件で検挙。昭和8年/1933年に獄中で転向、出獄後は「花嫁学校」などの大衆小説を発表した。
代表作に「綱の上の少女」「生ける人形」「綾里村快挙録」「愛情の問題」など。
受賞歴・候補歴
備考
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

下記の選評の概要には、評価として◎か○をつけたもの(見方・注意点を参照)、または受賞作に対するもののみ抜粋しました。さらにくわしい情報は、各回の「この回の全概要」をクリックしてご覧ください。

直木賞 13 昭和16年/1941年上半期   一覧へ
選評の概要 (座談会形式) 総行数37 (1行=15字)
選考委員 片岡鐵兵 男47歳
候補 評価 行数 評言
男44歳
14 「支那人というものは、主人公として易しいようで書けないものだ。日本人が一人も出て来ないで、支那人だけ仲々書けるものじゃない。」
大林清
男33歳
8 「あの中に出て来る、大根が売れなくて帰って来て腹を切ろうとする所なんか、僕は非常にいいと思う。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和16年/1941年9月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

直木賞 14 昭和16年/1941年下半期   一覧へ
選評の概要 総行数40 (1行=15字)
選考委員 片岡鐵兵 男48歳
候補 評価 行数 評言
長谷川幸延
男37歳
40 「ささやかなる物の中に国民の愛国心の発露を拾いあつめ、あつめて愛国情緒の普遍的な雰囲気を構成しようとした作者の意図を十分に買うべきである。」
選評出典:『オール讀物』平成14年/2002年12月号再録(初出:『文藝春秋』昭和17年/1942年3月号)
ページの先頭へ
        - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ページの先頭へ

トップページ直木賞・芥川賞受賞作一覧受賞作・候補作一覧受賞作家の群像候補作家の群像
選評の概要小研究大衆選考会リンク集マップ
|| 選考委員の一覧へ